遺品整理の時期について徹底解説

布団の宅配クリーニングおすすめ8社を厳選!

布団のおすすめ宅配クリーニング8社

毎日寝ているうちに、布団にはたくさんの汚れが溜まっていきます。

しかし、人生の3分の1は布団の上で過ごすと言われることもあり、キレイにしておきたいものです。

そういった意識の高まりもあって、最近では布団をクリーニングに出す人が増えています。

でも、どれくらいの頻度で洗えばいいの?料金や仕上がりまでの日数はどれくらい?

など、クリーニングするにしても疑問がある人も多いのではないでしょうか。

ここでは、布団をクリーニングに出すべきタイミングや、その際の注意点、クリーニング業者の選び方を解説します。

そして、布団のクリーニングができる宅配クリーニング業者も紹介しています。

重い布団をお店に持っていかなくても、自宅にいながらクリーニングができるため、忙しい人でも布団のクリーニングをあきらめなくて済む、便利なサービスです。

きちんとクリーニングすることで、清潔、フワフワになった布団でぐっすり眠って、気持ちよい毎朝を迎えましょう。

布団を洗う頻度は?洗わないとどうなる?

布団を洗う頻度は?洗わないとどうなる?

布団には、想像以上の汚れが付いてしまっています。

人は一晩でコップ一杯ほどの汗をかいていると言われ、その多くが布団に吸収されていきます。

皮脂やフケなども身体から出て、布団に付着していきます。

これらの汚れを放置し続ければ、雑菌やカビが繁殖してしまい、ニオイの元にもなります。

また、ダニが発生することも問題です。

人間のフケや垢などのエサがあり、汗の湿気や体温で温められた布団は、ダニにとっては快適な環境です。

もしダニが死んだとしても、その死がいや卵、フンが布団に残り続け、アレルギーの原因となることもあります。

赤ちゃんや小さなお子様、お年寄りがいるご家庭は、とくに注意が必要です。

そういったダニや汚れを取りきるには、水で丸洗いすることが最も効果的です。

その頻度は、できれば6カ月に一度、最低でも1年に一度がよいと言われています。

もちろん、日ごろから布団を干したり、乾燥させたりすることは大切ですが、それだけでは汚れを落としきるのは難しいでしょう。

また、カバーを頻繁に洗ったとしても、布団本体には汚れが溜まっていきます。

しかし丸洗いすれば、汚れがキレイに落ちるうえに、ダニなどのアレルギー源をほとんど減らせるでしょう。

布団を洗うなら宅配クリーニングに出すのがおすすめ

そんな布団の丸洗いは、クリーニングに出すのがおすすめです。

最近では家庭で洗濯できる布団も売られています。

しかし、大きな洗濯機がない場合や、洗濯機の使用ができない布団であれば、手洗いするしかありません。

また、干すときも、晴れの天気が数日以上続くタイミングを狙わなければいけません。

しかし、クリーニングに出してしまえば、そういった手間や時間をかけずに洗えます。

また、布団の傷みにくさや、仕上がりのよさという点でもクリーニングに頼んだほうがよいかもしれませんね。

布団は普通の衣服とは違うため、布団に合わせた洗い方や乾燥のしかたが必要です。

クリーニングならば、プロによる洗濯でしっかりとキレイになり、仕上がりもフワフワになります。

布団のクリーニング 料金相場・かかる日数

布団のクリーニング 料金相場・かかる日数

実際に布団をクリーニングに出すことは少ないため、その情報はあまり知られていません。

しかし、料金や納期などは気になるものです。

布団は重くて持ち運びにくく、宅配クリーニングに依頼するという人も多いのですが、街なかにある店舗型のクリーニング店でも受け付けているところがあります。

そこで、店舗型クリーニング店と宅配クリーニング店、それぞれの料金相場と仕上がりまでの日数を調査しました。

店舗型クリーニング店の1枚あたりの料金

まず、店舗型クリーニング店の、1枚あたりの料金は下記のとおりです。

店舗型クリーニングの料金相場
  1. シングル布団(掛または敷):3,500~5,000円
  2. ベビー布団(掛または敷):1,500~3,000円
  3. 毛布(シングルサイズ):1,000~2,000円
※おおよその参考価格(1枚あたり・税抜)となります。

表の料金は、よく利用される価格帯のクリーニング店で、中綿の布団を出した場合を参考にしています。

羽毛や特殊な素材になると3~5割料金が上乗せされるのが一般的です。

多くの場合、掛け布団と敷布団は同じくらいの価格となっています。

布団のサイズに関しては、セミダブル・ダブル・キングサイズと大きくなるごとに、値段も上がっていくお店が多くなります。

宅配クリーニングの料金

次に、宅配クリーニングの料金は下記のとおりです。

宅配クリーニングの料金
  1. 布団1枚(掛または敷):8,000~12,000円
  2. 2枚パック:9,500~17,000円
  3. 3枚パック:12,000~20,000円
※おおよその参考価格(税抜)となります。

宅配クリーニングでは、枚数で値段が変わるパック料金の業者が多くあります。

枚数が増えるごとに、1枚あたりの値段が下がっていくのが一般的です。

そのため、表では3枚までの料金を載せています。

4枚以上をパックで受け付けている業者もあり、その場合、さらに1枚あたりの料金が安くなっていきます。

布団のサイズは、「シングル」と「セミダブル・ダブル」は同じ扱いの業者も多く、少し大きな布団はお得です。

クイーンサイズやキングサイズは追加料金が発生する場合や、1点で2枚扱いとなるところなど、対応はそれぞれ違います。

また、中綿の素材は、羽毛などでも料金が変わらない業者も多くあります。

ちなみに、気になる送料は、料金に含まれていて無料のケースがほとんどです。

宅配クリーニングでのベビー布団や毛布の扱いどうなる?

それから、宅配クリーニングでのベビー布団や毛布の扱いはどうなるのかというと、下記のとおりです。

宅配クリーニングでのベビー布団・毛布の扱い
  1. ベビー布団:2枚で1枚としてカウントするところもある
  2. 毛布:2~3枚で1枚としてカウントするところもある

※詳細は各業者によって異なります。

ベビー布団や毛布は2枚で1枚としてカウントする業者もあります。

その場合の料金は、先ほどの普通の布団の半分ということとなります。

ただし、ベビー布団や毛布であっても普通の布団と同じ1点として扱う業者もあるため、詳しくはそれぞれの業者を確認しましょう。

こうして店舗型クリーニングと宅配クリーニングの料金を比べてみると、1枚であれば店舗型が安いケースが多くなっています。

ただ、宅配クリーニングでは枚数が増えるにしたがって1枚あたりの料金が低くなります。

数枚以上の場合は、何枚出しても同じ料金の店舗型クリーニングよりもお得に利用できそうです。

クリーニングにかかる日数

続いて、納期を見てみましょう。

店舗型クリーニング店では、お店に出してから受け取り可能日まで、2週間~1カ月が平均となっています。

中綿の掛け布団や、毛布だけならば、最短で1~2週間というお店もあります。

宅配クリーニングでは、業者に到着してから発送まで10日~2週間が平均的です。

最短では2日、最長で1~2カ月の業者もあります。

往復の配送にかかる日数は、お住まいの地域にもよりますが、数日から1週間と考えておくとよいでしょう。

こうして納期を確認してみると、敷布団を含めて出すならば、宅配クリーニングのほうが仕上がりの早い業者が多くあります。

毛布や掛け布団だけならば、近所のクリーニング店のほうが早い場合もあるでしょう。

布団をクリーニングに出す際の注意点

布団をクリーニングに出す際の注意点

せっかく布団をクリーニングに出すのであれば、キレイでフカフカになって、無事に返ってきてもらいたいものです。

そのためにも、クリーニングに出す際に気をつけたほうが良いポイントがいくつかあります。

布団をクリーニング出す際の注意点
    • 中綿の素材、生地を確認しておく
    • 布団の大きさを把握しておく
    • ほつれ、破れがないかチェックしておく

    布団の素材、生地を確認する

    最初に、クリーニングしたい布団が預かってもらえるのか確認しましょう。

    まずは、中綿の素材を確認します。

    シルクやムートン、ウレタンなどは洗濯すると傷んでしまうため、クリーニング業者によっては、洗えない場合が多くあります。

    また、生地の加工も確認しておきましょう。

    縫い目が接着剤で仕上げられているノンキルト加工や、遠赤外線加工など、特殊な加工がされているものはクリーニングでも洗濯できないことがほとんどです。

    生地に金糸や銀糸で刺繍が入っている布団も、同じように預かってもらえないケースが多いでしょう。

    布団の大きさを把握しておく

    それから、布団の大きさも把握しておくとよいかもしれません。

    ダブルやキングサイズといった規定のサイズで値段が変わってくる場合があります。

    また、宅配クリーニングに依頼するときは、たたんだ布団のサイズと、業者からもらう集荷袋の大きさ確認しておくと安心です。

    とくに、まとめて複数枚を送る場合には、布団がかさばって入り切らない、といったことのないように注意しましょう。

    自分の布団の取り扱いがどうなるのか確認したい場合は、お願いしたいクリーニング業者に問い合わせると確実です。

    宅配クリーニングであれば、だいたいは公式ホームページを見れば確認できます。

    ほつれ、破れがないか確認する

    そして最後は、ほつれ、破れがないかのチェックです。

    布団のクリーニングでは丸洗いをするため、穴があれば、大きく広がってしまう可能性があります。

    そのため、ダメージの大きい布団はクリーニングをお断りされることもあります。

    もしクリーニング中に大きな穴が発生すれば、補償がきくケースも多いですが、お気に入りの布団がボロボロになった姿は、見ていて悲しいものです。

    とくに長年使っていた布団の場合は、傷んで破れやすいため、念入りに見ておくことをおすすめします。

    クリーニング業者の選び方

    クリーニング業者の選び方

    最近では布団のクリーニングを行っている業者が増えてきたため、どう選べばよいのか迷うこともあるでしょう。

    しかし、いくつかのポイントを確認していけば、その中から自分に合った業者を選ぶことができます。

    布団をクリーニング出す際の業者の選び方
          1. オプション
          2. 納期
          3. 立地や受付時間

      宅配クリーニング業者のオプションをチェック

      まずは、必要なオプションがあるかどうかをチェックしておきましょう。

      オプションを付けることで、より長いあいだ布団を清潔に保ったり、収納の不便を解消できたりします。

      たとえば、防虫・防ダニ加工を付けることで、布団の虫食いやダニの発生を抑えられます。

      抗菌・防臭加工を付ければ、菌の増殖を抑えて気になるニオイの付着を防いでくれます。

      また、湿気の多い季節であれば、防カビ加工なども効果的です。

      これらのオプションは布団をキレイに保ってくれるため、ダニや菌、汚れが気になる人にはとくにオススメです。

      そして、布団の収納スペースに困っているという人には、圧縮サービスや保管サービスが最適です。

      圧縮サービスは、納品のときに布団を圧縮して返してもらえるサービス。

      布団を省スペースで収納できます。

      なお、宅配クリーニングでは、オプション扱いではなく、最初から圧縮して返却してくれる業者もあります

      そもそも保管するスペースがないという場合は、保管サービスを利用することで、布団を長期間預かってもらえます。

      クリーニング業者の納期・立地を確認

      次にチェックすることは納期です。

      毎日使っている布団をクリーニングに出す場合は、とくに確認が必要です。

      代わりの布団がある場合はあまり気にしなくてもよいのですが、ない場合は、お急ぎコースなどがあって早く納品してくれる業者を選ぶ必要があるでしょう。

      また、最近では、代わりの布団を用意してくれる宅配クリーニング業者もあるので、そういったサービスを利用してもよいかもしれません。

      そして、店舗型のクリーニング業者に依頼するなら、お店の立地や受付時間もチェックしておきましょう。

      自分が持っていけるタイミングに営業しているかどうかや、持ち運ぶ距離が短くて済むか、など大切です。

      これらの条件が不便だと、受け取りに行くのも気が引けてしまうので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

      布団をクリーニングに出すなら店舗型よりも宅配クリーニングがおすすめな理由

      布団をクリーニングに出すとしたら、宅配クリーニングがオススメです。

      その理由は、手間や時間がかからないことです。

      店舗型のクリーニング店だと、重たくてかさばる布団をお店まで持っていく必要があります。

      歩いて持っていくのは体力的にきつい作業ですし、車に乗せて持っていくとしても、積み下ろしの作業が大変です。

      しかし、宅配クリーニングであれば、自宅で集荷をしてもったら、あとは待っているだけでクリーニングされて、清潔・フカフカになった布団が届きます。

      家事や育児で忙しい人でも、自分のタイミングで集荷してもらえば、時間を気にせず利用できます。

      平日は仕事で忙しい人も、布団をクリーニングに出すために、貴重なお休みの時間を使う必要がなくなります。

      また、料金や納期の面でも、店舗型が特別に優れているわけではありません。

      なぜなら、店舗型のクリーニング店に布団のクリーニングをお願いしたとしても、衣類とは違う特別な工場へと運ばれていくため、そのぶんの配送時間や料金が上乗せされているからです。

      宅配クリーニングでは、直接クリーニングされる工場などへ運び込まれるため、業者によっては最短2日で返送してくれるなどスピーディな対応のできる業者もあります。

      そして料金も、2枚以上であれば、店舗型よりも安い場合が多くなっています。

      もし、1枚であっても送料無料になるケースがほとんどなため、重い布団を運ぶ手間賃と考えれば、納得できる価格と言えるのではないでしょうか。

      布団のクリーニングができる宅配クリーニング業者

      布団のクリーニングができる宅配クリーニング業者

      布団のクリーニングができる宅配クリーニングのなかで、よく利用されている業者や、オススメの業者を紹介します。

      それぞれ個性がありますので、自分に合ったサービスを選びたいところです。

      リネット

      その便利さとコストパフォーマンスの良さから衣類の宅配クリーニングでもおなじみのリネット。

      布団のクリーニングも行っています。

      たっぷりの水と、防臭・抗菌効果のある洗剤で丸洗いし、清潔な状態を保てる布団にしてくれます。

      仕上がりは、専用の乾燥室と乾燥機で二度乾すことで、フワフワな触り心地です。

      納期は最短で10日とスピーディ。

      料金は1枚だと8,800円(税抜)、枚数が増えると4枚で14,800円(税抜)(1枚あたり3,700円)とリーズナブルです。

      また、毛布は、布団2枚以上と一緒に出すと、1枚1,500円とお得です。

      オプションは、1枚あたりプラス1,000円で防ダニ加工をつけることもできます。

      そして、お届け時は圧縮袋に入れて配達されるため、収納するときに自分で圧縮する手間が省けるのも助かります。

      時期によっては、初回割引などもありますので、利用を考えているなら、一度公式ホームページを見てみてはいかがでしょうか。

      ベルメゾン

      通販で有名なベルメゾンですが、実は衣類や靴、布団の宅配クリーニングも行っています。

      職人さんの手によるシミ抜きと、専用の機械での洗濯によって布団の汚れがきれいに落ちます。

      また、遠赤外線乾燥機を使って乾燥することで、除菌・消臭効果があるほか、フワフワの仕上がりになります。

      料金は、2枚で10,500円(税込)、3枚で13,800円(税込)となっています。

      小さなお子様や赤ちゃんがいるご家庭には、ベビー布団4枚セットが10,800円(税込)~と、使い勝手よくて割安です。

      納期は1カ月以内と少し長めですが、お急ぎの場合は、1割ほど料金アップすれば、工場到着から最短2日で返送してくれる「お急ぎ便」もあります。

      お届けは圧縮袋に入っているため、収納の手間も省けます。

      普段からベルメゾンを利用している場合や、・お急ぎ便を利用したい場合はオススメできる業者です。

      しももとクリーニング

      しももとクリーニングは、布団の丸洗いを専門にしている宅配クリーニング業者です。

      水がきれいなことで有名な高知県・四万十川の源流水と、無添加の石けんを使用した、人と環境に優しい、こだわりの洗い方が特徴です。

      合成洗剤や漂白剤などの化学薬品を使用していないため、敏感肌やアレルギーの人、デリケートな小さなお子様への影響が気になる人でも、安心して利用できます。

      その技術力の高さから、他では断られるようなオーガニック布団やムートンの寝具も取り扱っています。

      また、完全個別洗いを行っていて、他人の布団と一緒に洗濯されない点もメリット。

      納期は、通常で1~2週間(繁忙期は3~4週間)。

      料金は、1枚8,800円(税抜)から、3枚になると13,800円(税抜)で1枚あたり4,600円です。

      清潔な布団を貸し出してくれるサービスもあるため、代わりの布団が無くてクリーニングに出すのを迷っている人でも、安心して利用できます。

      せんたく便

      宅配クリーニングだけではなく、多数の実店舗を経営してきた実績のある、せんたく便。

      徹底的に布団がきれいになるクリーニングで、東京都衛生研究所による試験では、コナヒョウダニの死亡率は100%と認定。

      また、黄色ブドウ球菌や大腸菌などに対しても高い除菌効果をもたらすことが証明されています。

      料金も、利用しやすい価格です。

      2点パックしか受け付けていませんが、2枚で9,800円(税抜)と非常にリーズナブル。

      二度目以降の利用は9,100円(税抜)とさらに安くなります。

      ベビー布団や毛布、肌掛けは2枚で1枚の扱いとなる点も助かります。

      この料金には、無料の6カ月の保管サービスがついているほか、シミ抜きも追加料金なしです。

      納期は、最短で20日となっています。

      少ない枚数をリーズナブルに、なおかつ高品質でクリーニングしてほしい場合は、最適な宅配クリーニング業者です。

      リナビス

      熟練の職人さんによるクリーニングが売りのリナビス。

      一枚ずつ丁寧に検品し、素材や状態に合わせた高品質な洗い方をしてくれます。

      乾燥も、自然乾燥させてから熱風乾燥させることで、布団の傷みが少ないうえにフカフカの仕上がりです。

      料金は、1枚11,200円(税抜)から。

      枚数が多くても依頼でき、6枚では24,900円(税抜)、1枚あたり4,150円とさらにリーズナブルになります。

      毛布やベビー布団、タオルケットなどは2枚で1枚としてカウントになるためお得です。

      また、羽毛布団や羊毛布団、こたつ布団も普通の布団と同じように洗ってもらえるので、さまざまな種類の布団を一緒に出したい場合にも便利です。

      さらに、納期が注文日から最短で10日と早めなのも嬉しいところ。

      さまざまな種類の布団をたくさん一緒にクリーニングできるなど、都合に合わせて使える便利な宅配クリーニング業者です。

      カジタク

      大手のイオングループによる家事代行サービス、カジタク。

      さまざまなサービスを展開していますが、布団のクリーニングも行っています。

      1点ずつ検品した布団は、中までしっかりと水洗いされ、布団に合わせた乾燥方法を使い分けることで、布団へのダメージが抑えられながらも品質の高い仕上がりです。

      そして、圧縮せずにお届けされるため、フカフカの布団をそのまますぐに使いたいという人には最適です。

      料金システムは、2点パック11,800円(税抜)、3点パック17,000円(税抜)となっています。

      ベビー布団や肌掛け布団は2枚で1枚カウントになるほか、毛布は3枚で1枚の扱いとなりさらにお得。

      納期は、最短で10日となっています。(混雑時は1カ月)

      対象エリアは全国(沖縄や一部離島を除く)であることや、Amazon Payにも対応しているなど大手ならではの使い勝手のよさと、安心感があります。

      洗宅倉庫

      洗濯倉庫は、衣類のクリーニングでも人気のある宅配クリーニング業者です。

      布団のクリーニングもしっかりとしていて、前処理の段階で、特殊な洗剤を中綿まで浸透させてから水洗いすることで、しっかりとシミや汚れを落としています。

      また、高温熱風で短時間乾燥させることで、ニオイや菌の増殖を防いでいます。

      そして、追加料金はかかりますが、布団シーツやカバーも一緒に送ればクリーニングしてもらえます。

      料金は、通常会員(無料)が、2点パック12,280円(税抜)、3点パック15,280円(税抜)です。

      ゴールド会員(有料)であれば、料金は、2点パックが10,280円(税抜)、3点パック12,280円(税抜)とリーズナブル。

      ただし、敷布団は、1枚あたり別途2,000円が必要です。

      オプションは、「抗菌・防ダニ・防カビ加工」がセットになって1枚あたり2,000円と他店よりもお得。

      納期は、工場到着から約10日~2週間となっています。

      洗濯倉庫を利用していてゴールド会員の人や、抗菌・防ダニ・防カビ加工を検討している人にオススメのサービスです。

      ホワイト急便

      日本全国で約8,500店舗を構える、クリーニングチェーンのホワイト急便。

      店舗だけではなく、衣類や布団の宅配クリーニングも受け付けています。

      そのクリーニング品質は、大手の安心感があります。

      破れやほつれ、汚れをしっかりと検品した後は、最新のふとん用洗濯機で大量の水を使用して、7種類の高級洗剤を使い分けて、しっかりと汚れを落とします。

      乾燥機も専用のもので、素材に合わせた温度で乾燥と加熱殺菌をして、ふっくら、清潔な仕上がりに。

      料金システムは3枚パックのみの取り扱いですが、3枚で13,000円(税抜)、1枚あたりでは約4300円と割安です。

      ベビー布団や毛布は1枚カウントとなってしまいますが、ダブルサイズの布団や羽毛・羊毛布団は追加料金がありません。

      納期は、工場到着から約2週間となっています。

      防ダニ加工や抗菌加工などのオプションはありませんが、大人用の布団を大手の安心感でクリーニングしてもらいたい場合には適したクリーニング業者と言えます。

      白洋舎

      白洋舎はクリーニング業界大手の老舗で、700以上の実店舗があります。

      こちらでもネットで注文できる布団の宅配クリーニングを行っています。

      布団のクリーニングの内容に関しては、さすがしっかりとやってくれます。

      型崩れや色落ちを防ぐために前処理を丁寧に行ったうえで、常温水でしっかりと布団の内部まで洗濯。

      専用の仕上げ機を使うから、布団本来のふくらみが復活します。

      料金は、2枚パックで17,000円(税抜)、3枚パックで19,500円(税抜)。

      ダブルサイズや羊毛・羽毛布団が含まれていても同じ料金です。

      ただし、ベビー布団や毛布は1点としてカウントされるので、店舗に単品で持ち込んだほうが安いようです。

      なお、オプションや保管サービスなどはなく、納期は工場到着から約3週間となっています。

      サービス内容はシンプルで、料金は高めの設定ですが、老舗の信頼感を重視したい人にはオススメです。

      追記:「布団の取り扱いはあるが、毛布・シーツは宅配クリーニングでは取扱対象外」
      「(4)-7 白洋舍」のHPに毛布・シーツの記載が無かったため、下記番号に問い合わせたところ、宅配での毛布・シーツの取り扱いはできないとのことでした。
      白洋舍0120-86-8944

      クリーニングだけでなく布団の保管サービスも行っているのは?

      クリーニングだけでなく布団の保管サービスも行っているのは?

      以前はスッキリとしていた家の中も、生活しているうちに、だんだんと物が増えていき、気づいたら収納がいっぱいに。

      そのようなときに、スペースを占領している布団を、預かってもらえるサービスがあれば助かると思いませんか?

      上で紹介した宅配クリーニング業者の中には「布団の保管サービス」を行っているところがあります。

      下記の表はその業者名と、預かってもらえる期間、通常の料金にいくら追加すれば保管サービスが受けられるかまとめたものです。

      業者名保管期間(最大)料金
      ベルメゾン9カ月1パックあたり約300~800円追加
      せんたく便6カ月無料
      カジタク9カ月1パックあたり1,000円追加
      洗宅倉庫9カ月1パックあたり2,000~4,500円追加
      ホワイト急便9カ月1パックあたり2,000円追加

      ※料金は税抜き計算です。

      保管サービスは、冬物・夏物の布団を入れ替えるときなどに利用すれば、便利です。

      次のシーズンまで押入れやクローゼットがスッキリします。

      また、クリーニングした布団をキレイな状態のままで保管できるところもメリットですね。

      各社、プロのクリーニング屋さんなので、温度や湿度などが管理された環境で保管してくれるため、自宅で保管するよりも清潔な状態を保てます。

      まとめ

      布団は寝ているうちに汚れがたまり、ダニも発生するため、できれば半年に1回、最低でも1年に1回のクリーニングが最適です。

      クリーニングに出す際は、素材や大きさなどを確認しておきましょう。

      また、必要に応じてオプションなどを付けることで、布団をより清潔な状態にできます。

      そして、布団をクリーニングに出すなら、宅配クリーニングをオススメします。

      重い布団をお店まで運ぶ手間や時間が必要なく、自宅にいながら布団をキレイにしてもらえるため便利です。

      料金や納期は、店舗とそれほど変わらないばかりか、むしろ安かったり、仕上がりが早かったりもします。

      日頃から忙しい人も、宅配クリーニングで家族や自分の布団をキレイにしてあげてみてはいかがでしょうか。

      きっと快眠できて、気分の良い毎日を過ごせるでしょう。