遺品整理の時期について徹底解説

制服・学生服を洗うのにおすすめの宅配クリーニング!料金相場や日数・洗う頻度もわかりやすく解説

制服・学生服を洗うのにおすすめの宅配クリーニング

学生服の宅配クリーニングってどのくらいの料金でできるの?

上下あわせて1,500円~2,000円でできるところがほとんどだよ

制服や学生服を自宅近くの店舗型クリーニングに出している方は多いと思います。

実は宅配クリーニングでもほぼ同じくらいの料金で、学生服のクリーニングを行うことができるのです。

急ぎで仕上げたい場合は店舗型クリーニングをおすすめしますが、特に急ぎではない場合は宅配クリーニングの方が安く済む場合も

宅配クリーニングなら、料金重視や質重視など、自分の好みにあわせて選べるのでぜひ活用してみてくださいね。

この記事では学生服を洗う頻度、クリーニング日数や料金の相場、おすすめの宅配クリーニング、つけておきたい加工オプションなどを紹介します。

制服(学生服)はクリーニングに出すべき?自宅で洗うのはよくない?

制服(学生服)はクリーニングに出すべき?自宅で洗うのはよくない?

制服は毎日着用するものなので、正しい手入れの方法がわからないといった方もいるのではないでしょうか。

ブレザー、セーラー服、学ランといった制服には汗や汚れが付着しているので、定期的にクリーニングに出すことをおすすめします。

制服の素材によってはご自分で洗うことも可能です。

ただし、洗濯機に入れて洗おうとすると型崩れやシワの原因となります。

クリーニングに出すべきか悩んだ時は、制服についている洗濯表示タグを見て判断しましょう。

以下の水洗い不可のマークがついている素材はご自身で洗濯するのが難しいので、クリーニングに出すと良いです。

水洗い不可のマーク
参照:消費者庁

制服(学生服)のクリーニングにかかる料金相場と日数

制服(学生服)のクリーニングにかかる日数・料金の相場

制服(学生服)をクリーニングに出すとなると、気になるのが料金や仕上がりまでの日数です。

店舗型クリーニング、宅配クリーニング、それぞれの料金相場やクリーニングにかかる日数の相場をまとめてみました。

制服をクリーニングに出すときの料金相場は、男女関わらず上下セットで1,000円から2,000円程度です。

クリーニングにかかる日数は通常2〜4日ですが、最短1日で対応する「当日仕上げ」サービスを提供しているお店もあるので、すぐに制服が必要になる場合は利用してみましょう。

品目 店舗型 宅配クリーニング
学生服の上着 600~800円 800~1,300円
ズボン・スカート 500~600円 550~1,000円
上下合わせて 1,100~1,500円 1,300~2,300円
日数 ・最短1日~
・通常2~4日
・最短2日~
・通常5~10日

※地域や店舗によって差があるため、おおよその参考価格です。

制服のクリーニングにかかる日数・料金で知っておきたいポイント

かかる日数・料金で知っておきたいポイント
  • ブレザーと学ランではほぼ値段が変わらない
  • セーラー服は表よりも数割ほど高いところが多い
  • プリーツ(ひだ)の多いスカートは別料金がかかるなど少し高い料金になる可能性がある

また、上記の表では店舗型よりも宅配クリーニングの方が料金が高くなっています。

しかし、宅配クリーニングでは初回割引や会員割引などがあり、実際にはもっと安く済むケースがほとんど

そうした割引を利用すれば、店舗型も宅配クリーニングも料金的にはほぼ同じくらいです。

クリーニングにかかる日数は、宅配クリーニングの方が時間がかかります。

急ぎの場合は、店舗型を利用するようにしましょう。

高品質で低価格の業者ならリネットがおすすめ!

なるべく安くて品質の高い宅配クリーニングにお願いしたい

明後日着たい服があるけど、今のままじゃ着られない…
リネットは宅配クリーニング満足度調査でNo.1を獲得し、品質・価格・サポートに定評があります。
最短2日で仕上がり、初回なら送料無料とサービスが充実しており、アプリで簡単に注文できることから忙しい人にもおすすめです。
会員になると30日間無料サービスや全額返金もついているので、大切な服も安心して預けられます!

\\ 初回全品30%OFF 初めての利用なら送料無料 ////


制服(学生服)を洗う頻度・タイミングは「1シーズンに1回」がおすすめ

制服(学生服)を洗う頻度・タイミングは「1シーズンに1回」がおすすめ

学生服を清潔に保つためには、月1回の洗濯が理想的です。

しかし、平日はほぼ毎日着て、部活や行事で土日も着ることがあるなど、頻繁に洗濯するのは難しいものです。

制服を洗う頻度・タイミング
  1. 替えの制服があるなら 月1回
  2. 替えの制服がないなら 1シーズンに1回

タイミングとしては、春休み・夏休み・冬休みなど長期の休みに洗うのがベストです。

もちろん、中に着ているワイシャツやブラウスは毎日洗います。

学生服は紺や黒、グレーなど暗い色合いが多いため目立ちませんが、意外に汚れが蓄積しています。

着ている時間も長く、大人よりも活発に動くため、ホコリや汗・皮脂の付着、シワや型崩れなども起きがちです。

汗をかく時期であれば、ニオイも気になるところ。

制服(学生服)は自宅での洗濯が難しいので、クリーニングに出すのが一般的です。

クリーニングなら、しっかりと汚れやシミを落とせますし、プロによる洗濯で生地の傷みが最小限で済むため、制服を長持ちさせることができます。

また、自分でアイロンがけをする必要もないですし、洗濯に失敗して型崩れを起こす心配もありません。

長期休みにしっかりとクリーニングを行い、新学期にはピシッとした制服で子どもを送り出しましょう。

家事の時間や手間を減らせることもメリットですね。

リネットバナー画像
 

制服(学生服)をクリーニングに出す際の注意点

制服(学生服)をクリーニングに出す際の注意点

学生服をクリーニングに出すと、こちらは何もしなくてもプロによる洗濯でキレイになります。

しかし、クリーニングに出す前に下記の点に注意しましょう。

クリーニングに出すときの注意点
  • 外せるボタンや校章、名札などは取り外しておく
  • 制服は上下セットでクリーニングに出す
  • ほつれや破れ、大きなシミがないか確認しておく

外せるボタンや校章、名札などは取り外しておく

まず外せるボタンや校章、名札などは、念のため取り外しておきます。

同時にポケットに物が入っていないかどうかも確認しておきましょう。

万が一の紛失を防ぐためです。

クリーニング店では機械のトラブルを避けるために、洗濯前に制服のボタンを外したり、ポケットの中身などを取り出したりすることが多く、その際にボタンやポケットの中身を紛失することがまれにあります。

紛失があれば保証してもらえるケースが多いものの、とくにボタンや校章など替えを確保するのが難しいものが無くなると困るため、取り外しておきましょう。

制服は上下セットでクリーニングに出す

制服は上下セットでクリーニングに出すことをおすすめします

なぜなら、どちらか片方だけ頻繁にクリーニングをしていると、色あせて見た目のバランスが悪くなってしまうからです。

子どもたちに制服をカッコよく着てもらうためにも、上下セットでクリーニングに出しましょう。

ほつれや破れ、大きなシミがないか確認しておく

最後に、ほつれや破れ、大きなシミがないかも確認しておきます。

あらかじめ把握しておくことで、クリーニングに出す際に補修を依頼することもできるからです。

制服(学生服)のクリーニングで追加しておきたいオプション

制服(学生服)のクリーニングで追加しておきたいオプション

通常のクリーニングにプラスして有料のオプションを追加しておくと、よりきれいな状態を保つことができます。

絶対必要ということではないのですが、余裕があればつけておくことをおすすめします。

学生服のクリーニングにおすすめの加工
  1. 汗抜き加工
  2. はっ水加工
  3. 折り目加工
  4. 花粉防止加工

汗をかく季節であれば、「汗抜き加工」をすることで、汗のニオイやベタつきなどを取り除いて、より快適に長く着ることができます。

「はっ水加工」をすれば、雨風の水分を弾くだけではなく、ホコリや汚れの吸着を予防できるので、頻繁に洗えない制服には最適。

ズボンの折り目がよく消えてしまう場合には、「折り目加工」のオプションを付けると良いかもしれませんね。

1学期分くらいはズボンのセンターラインを維持してくれるでしょう。

また、花粉症のひどいお子様には、「花粉防止加工」のオプションもおすすめです。

制服に特殊な加工をすることで花粉が繊維の奥へと入り込むのを防いでくれて、玄関前ではたくだけで花粉を落とせます。

必要に応じてオプション加工をつけることで、よりクリーニングの効果を実感できますよ。

リネットバナー画像
 

制服(学生服)のクリーニング後の保管方法

制服(学生服)のクリーニング後の保管方法

制服をクリーニングに出したあと適当に保存しておくと、シワがついてしまいます。

正しい保管方法を確認しておきましょう。

STEP.1
ビニール袋から出す
制服がビニール袋に入っていたら、袋から出しましょう。衣類の湿気や溶剤の匂いをとるために、半日ほど風通しのいい場所に干すことをおすすめします。
STEP.2
制服の肩幅にあったハンガーにかけ直す
次に制服のハンガーを変えましょう。肩幅にあっていないハンガーを使用し続けると、型崩れやシワの原因となります。
STEP.3
制服の汚れ・ほつれを確認する
制服の汚れ・ほつれを確認します。保証がついているクリーニングなら不具合があったときに対応してくれます。ただし、保証期間が決まっているのですぐに確認するようにしましょう。
STEP.4
ボタンをつける
クリーニングに出す前にボタンを外した場合は、ボタンを付け直しましょう。
STEP.5
長期保管なら防虫剤で防虫・防カビ
衣替えのタイミングで制服をクリーニングに出した場合は、保管期間が長いため防虫剤や除湿剤を利用するのがおすすめです。適当に保管しておくと虫やカビが発生してしまうので、気をつけてください。

制服(学生服)のクリーニングにおすすめの宅配クリーニング

制服(学生服)のクリーニングにおすすめの宅配クリーニング

急ぎで仕上げたい場合は、店舗型クリーニングに出すようにしましょう。

宅配クリーニングだと、どうしても配送日数の分、仕上がりまでに時間がかかってしまいます。

特に急ぎではない、できれば質の良いクリーニング店を利用したいという方には宅配クリーニングをおすすめします。

質の良い宅配クリーニング
  1. コスパと質の良さで選ぶならリネット
  2. コスパ重視で選びたいならネクシー

コスパと質の良さで選ぶなら「リネット」

コスパと質の良さで選ぶなら「リネット」

  通常クリーニング 贅沢手仕上げ
学ラン
男子ブレザー(上)
1,010円 1,710円
セーラー
女子ブレザー(上)
1,010円 1,710円
男子ズボン
女子スカート
670円 1,370円
日数 プレミアム会員:最短5日~
通常会員:最短7日~

仕上がり品質の良さはもちろん、便利さとコストパフォーマンスの良さで
人気の「リネット」。

料金は一般的なクリーニング店と同じように単品ごとの料金体系で分かりやすく、普段使いにも適しています。

下記のようなオプションが充実している点も魅力。

リネットのオプション
  1. なかなか洗濯できない制服に最適な「はっ水加工」や「花粉ガード加工」
  2. 抗菌・消臭・防臭効果のある「潔癖加工」

ライフスタイルによって受取日時・時間を指定できるオプションサービスもあります。

ヤマト運輸の集配で、コンビニでの出荷ができる点も便利ですね。

また、お届けから30日以内なら再仕上げ無料など、充実した補償もあることから安心して利用できます。

リネットバナー画像
 

コスパ重視で選ぶなら「ネクシー」

コスパ重視で選ぶなら「ネクシー」

通常会員 プリモ会員
(有料会員)
学ラン
男子ブレザー(上)
990円 通常会員の料金からいつでも10%引き
セーラー
女子ブレザー(上)
990円
男子ズボン 690円
女子スカート 790円
日数 最短6日~

 
「ネクシー」は、創業80年以上の経験と最新技術を生かした仕上がりの品質、リーズナブルな価格が評判の宅配クリーニング業者です。

もともとの料金も手頃ですが、有料会員になればかなり割安になり、数百円の会員費もすぐにもとが取れます。

ネクシーで行っている下記のようなオプションは、制服のメンテナンスにも最適。

ネクシーのおすすめポイント
  1. ドライ洗いと水洗い、2度洗うことで汚れを徹底的に落とす「ダブルウォッシュ加工」
  2. ニオイを取って防臭もする「デオドラント加工」

お届けから1週間以内の再仕上げが無料だったり、発見したシミ・ほつれ・毛玉などに無料で対応してくれたり、利用者に優しいのも嬉しいポイントです。

万が一トラブルがあった際の対応もホームページにはっきりと記載されているので、宅配クリーニングが初めてという人でも安心して利用できます。

宅配クリーニング業者の違いをもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事も参考にしてください。

制服(学生服)のクリーニングについて【まとめ】

学生服は汚れやすく、できれば月1回、最低でも長い休みの間にクリーニングしましょう。

クリーニングする際に加工オプションを付けることで、制服を清潔に長持ちさせることができます。

急ぎで仕上げたい場合は店舗型クリーニング一択ですが、自宅にいながらクリーニングの申し込みができるのは宅配クリーニングです。

宅配クリーニングは、まとめて利用したり、会員登録をすることで、店舗型よりもお得に利用できるところあります。

クリーニングを上手く活用して、お子様の制服をキレイに保ちましょう。

要点まとめ
  1. 制服・学生服は1シーズンに1回洗うのがおすすめ
  2. 色合いなどをあわせるためにも、上下セットでクリーニングに出す
  3. コスパと質の良さで選ぶなら「リネット」
  4. コスパ重視で選ぶなら「ネクシー」