遺品整理の時期について徹底解説

植木の処分・伐採方法|植木に付いている土の捨て方は?疑問に答えます!

植物のある生活はとても華やかです。葉の美しい色は癒しをもたらしてくれ、ときにはゆっくり眺めるといった時間を過ごすこともあると思います。

しかしながら、「時間がなくて手入れができない」「放置している間に大きくなってしまった」「また新しく植えたい」という、様々な理由から植木の処分や伐採などを考えると思います。

いざ、処分しよう!となっても処分ってどうすればいいか分からないですよね。

そんな悩みに応えるべく、今回は植木の処分方法についてや土の処分方法から伐採方法など、詳しくご紹介していきます。

おすすめな不用品回収業者もご紹介していますので、最後までご覧ください。

植木の処分方法5選!

植木の処分方法5選!

様々なわけがあり植木を処分したい場合には、いくつか方法があります。

自分の力で無理のない範囲で行うのならば、3メートルくらいの大きさぐらいであれば、無難に伐採が可能な範囲だといわれ、3メートルを超える大きさだとどうも難しくなります。

そこで他に植木を主文する方法がないなどをいくつかご紹介します。

「どういった植木なのか」「何本か」「どのぐらいの大きさか」などの条件・状態によって、処分可能な方法とできない方法が存在します。さらに、処分の方法によっては費用の目安もかなり変わってきます。

【植木の処分方法①】可燃ゴミとして出す

1つ目の処分方法としては、植木を可燃ゴミとして捨てるということになります。原則として、ゴミ袋に入る大きさの植木であれば、可燃ゴミとして処分が可能です。

ゴミ袋に植木を入れるときは、土をよく落としましょう。東京23区をはじめとした多くの自治体では、土や砂など「自然物」のためゴミとしてだすことができません。枯れた植木の枝や根などを取り除くのかや回収可能な量がどのくらいなのか、決まっていることがあるので事前に確認しましょう。

ゴミ袋などにトゲのある枝木を入れる場合は、「危険・トゲあり」などというようにゴミ袋に注意書きをしておくと周囲に危険なのを知れせることができ、安全に対応することが可能になります。

【植木の処分方法②】自治体に回収を依頼する

植木・木の枝などの処分は、住んでいる自治体に回収を依頼することが可能なっています。しかし、回収するうえで大きさが決まっている場合があるので、指定されている大きさに合わせて切断用具で切っておくことが必要になります。

自治体の通常ゴミという形で回収をお願いする場合は、かなり短くして切っておかなければなりません。住んでいるゴミ出しルールに従いましょう。

庭に撒くことができない大量の土や植木鉢などは回収の対象外になっていて、気になることがあれば事前にお問い合わせをしましょう。

また大きな植木や大量のゴミ袋などは、各地域に設置している「クリーンセンター」といったゴミ捨て場がある場合は、そちらに持ち込むという手段もあります。

どうしても大量の土を処分したいというのなら、「KADODE」のような不用品回収業者に一度相談してみましょう。

【植木の処分方法③】オークションやネットで売る

以前から人気ありましたが、さらにここ数年でインターネットを使ったオークションだったり、フリーマーケットアプリなどが普及しているので活用できます。

大きく育ててしまった庭木を売ることが極めて難しいですが、盆栽や植木などであれば欲しがる人もいるかもしれません。

オークションやフリマアプリでは、最低限の売れてほしい価格を設定して、入札や注文などが来ればちょっとしたお小遣いが得られるのが最大のメリットです。

さらに、オークション形式であって複数の購入希望者がいれば、少しずつ価格が上がって想像してた以上に売れるという可能性もあります。

また購入者が見つかった場合は、発送などで壊れたりしないよう注意が必要です。

【植木の処分方法④】不用品回収業者に依頼する

このあとご紹介する「KADODE」という不用品回収業者などに、依頼をして処分するという方法もあります。植木の大きさや種類などで注意が必要ですが、回収してくれます。

それぞれの不用品回収業者によって異なりますが、有料かつ自治体にお願いした場合よりも費用が高くつくこともありますが、土と植木を分けなくても回収してくださったり、都合が合えば当日にすぐ回収にきてくれたりすることもあり、早急に処分をお願いしたい人にとっては便利なサービスになっています。

料金の設定は、不用品回収業者によって大きく異なるので、事前に確認しておきましょう。

また、本来必要のない余計な費用を支払うといったことのトラブルが起きないように、初めて不用品回収業者を利用する場合は、事前にお問い合わせして見積もりを依頼するなどして、納得したときに依頼するという心構えが大事です。

植木についた土の処分方法

植木についた土の処分方法

植木を処分したいと思ったとき、それと同時に土の処分もどうしたらいいのか困りますよね。

土を処分する際には、最初に自治体への処分の方法を調べてみましょう。自治体によって、土の処分する方法は様々です。

可燃ゴミや不燃ゴミで通常通り処分可能な場合もあったり、通常通りで回収を行っていない場合もあります。

公園などの土に捨ててもよいと許可している自治体もあったり、それを不法投棄としている自治体もあるので注意してください。また、基本的に自治体が回収するのは少ないと思っておいた方がよいです。

自治体での回収が困難だった場合は、有料になってしまいますが専門的な業者や廃棄物処理業者、「KADODE」といった不用品回収業者に回収してもらうことも可能です。

園芸商品を扱っているホームセンターなどに問い合わせる方法もよいと思います。

植木を処分するための伐採方法

植木を処分するための伐採方法

自らで伐採をすること際には注意が必要です。木の大きさは高さが3メートル以内、太さは20センチメートルまでが限度です。それ以上の大きさで伐採するのはとてもリスクが大きいです。

家と家の間に植えてある庭木や斜面に植えている庭木の場合では、自ら伐採するととても危険です。前述した木の大きさや植えてある場所・状態を考慮して、自分で伐採可能かを判断しましょう。

必要な道具

ノコギリまたはチェーンソー
ノコギリはチェーンソーと比べると比較的安く購入できます。切る植木が細い場合はのノコギリで十分です。
スコップ
木の根っこを掘り起こすときに使用します。
ガムテープまたはひも
伐採した植木をまとめて捨てることができたりします。
ほうきまたはちりとり
伐採時に多くの木くずが飛び散ってしまうので、あれば便利です。
除草剤
伐採したとしても、根っこの方まで完璧に取り切るのは難しいです。
脚立
高い植木の場合は、必ず使用しましょう。

植木の伐採方法

伐採手順としては、横に広がっている邪魔な枝を最初に切り落としましょう。

【ステップ1】分割して幹を切る

3メートルと大きな植木を伐採する際には、上部の方から細かく分割して切っていきましょう。

【ステップ2】膝くらいまでの位置で幹を切る

少し長さを残しておき、幹を切ることによって根っこを取り作業が進めやすくなります。

【ステップ3】根っこを掘り起こす

用意したスコップで、残った根っこを掘り起こしましょう。

【ステップ4】最後に除草剤を施して土に戻す

全ての根っこを取り除くのは難しいので、最後は根っこにある除草剤を施し、上から土をかけるようにしましょう。

植木を回収してもらえるおすすめの業者「KADODE」

KADODE

KADODE
対応エリア日本全国の広い地域
最安値プランSSパック 5,000円
対応可能業務不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど
営業時間24時間365日
ホームページhttps://kado-de.jp
電話番号0120-966-926

KADODEは、出張費0円だったりお見積もりも0円で、24時間365日作業してくれるが大きな特徴です。さらには、不用品の回収費が安くて、買取価格が高いという特徴もあります。

不用品の回収は即日対応しており、簡単なお申し込みで依頼することができます。また、買取価格の高さの理由は、査定力・実績・販売力などが他と差を生んでいるのが高さの秘密です。

「必ず要望にお答えする」と強気な姿勢も人気の1つですね。対応地域も広く多くの人がサービスを利用できます。

KADODEの対応地域

対応地域一覧
東京都、大阪府、福岡県、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、兵庫県、静岡県、奈良県、三重県、滋賀県、岐阜県、京都府、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県など

対応している地域はかなり多く、様々な都府県・地域で利用することが可能でとても便利です。東北の方ではまだ対応できていないので、今後の広がりが期待でき待ち遠しいですね。

大手の安心安全なサービスが、全国で利用できるようになれば、たくさんの方が救われると思います。

公式ホームページに、対応可能な都府県・地域が詳しく載っているので、ぜひご覧ください。

KADODEの口コミ・評判

他社で不用品回収を予約していたのですが、途中から「基本料金」と「出張費」がかかると言われキャンセルしました。KADODEさんは、上記の費用がかからないということが分かり、すぐに依頼させていただき、回収してもらえました。

楷書が移転する時に依頼させていただきました。不用品の回収とリニュース可能なものをみて頂き、思っていたより査定額が高く回収費用を抑えることができました。

植木を処分してくれる業者選びの注意点

植木を処分してくれる業者選びの注意点

植木の処分を請け負ってくれる業者はとても多くあります。

業者は、専門的な知識を持っていてスピーディーで安全な作業をしてくれたり、処分の方法を無駄に考えなくてもよいのがメリットです。

業者に依頼することによって、費用がかかってしまったり、植木の状態によっては重機が必要になるのでさらに負担することになります。

なので早くて処分したいからといって、業者を適当に選ぶのはやめましょう。

見積もりは必ず事前にもらう

植木屋や伐採業者であっても、伐採や処分時にボッタクルということが多発しているので注意しましょう。2回目の作業がないので、あとから高いことがあっても後戻りはできません。

なので、先にお問い合わせをし見積もりをしましょう。いくつかの業者に見積もりをし、比較してながら決めましょう。

また、費用を抑える方法として自分でできる範囲のことを事前にやっておくことで、費用を抑えることができます。要するに、チェーンソーなどの工具がなかったとしても、簡易的な道具を用いて伐採しておくことで業者の手間をはぶくことができるので、処分費用を抑えれるということです。

口コミや評判をチェックする

費用の面でクリアしても、口コミや評判もチェックしましょう。

前述した「KADODE」の口コミを紹介したように、費用がないサービスだったり、口コミや評判をみることによってメリットが浮き彫りになります。

業者のHPだけでは、ちゃんとしたサービスを行ってくれるのか心配だったりする人は、積極的に口コミなどを調べ検討しましょう。

そうすることによって、トラブルが起きにくくなります。

植木を処分してもらえる確認する

前述したとおり、回収するためには大きさを確認しなければいけません。それぞれの回収業者によって、違ってくるので一概には言えませんが、「依頼したのに回収してくれなかった」ということがないようにしましょう。

大きさによっては、どうしても2回に分けなければいけなかったりしますが、別の依頼した回収業者なら1回で済んだというようなことが起きれば、損してしまいます。

事前にお問い合わせをして、処分できるかの確認をしましょう。

まとめ

今回は、様々な植木の処分だったり、伐採方法などをご紹介しました。小さい植木などであれば、可燃ゴミとしてだせたりできるほか、自治体や専門的な業者に依頼するといった処分方法があります。

大きな植木などを処分したい場合は、伐採をしなくてはいけませんが、自らで伐採するにはとてもリスクが伴ってしまいます。

大きな植木など、処分しづらい土などは専門の業者に依頼した方が速やかに行えます。

また、今回紹介した不用品回収業者の「KADODE」では、料金が安かったり、手間が最小限に抑えられるといったメリットが多いので、ぜひ一度相談をしてみてはいかがでしょうか。