遺品整理の時期について徹底解説

家庭ゴミや粗大ゴミを捨てる方法を種類別に徹底解説!【衣類・小型家電・大型家電】

引っ越しの準備をする前にまずは、必要ないものを捨てようかしら。買い替えたいものもたくさんあるし、この際いろいろ捨てようかしら?

ゴミを捨てるんだったら、しっかりと捨てるものに合った捨て方をするんだぞ。家具や家電製品は物ごとに捨て方が違ったりするんだ。

日常でゴミを出すことは当然よくあることだと思います。でも、大掃除や引っ越しなどのイベントの時に出てくるゴミは、いつもと勝手が違いますよね?

燃えるゴミやプラゴミは決められた日に出すことで捨てることは出来ますが、家具や家電製品などの大きなゴミはそのようにはいきません。

分からないからと言って地域のゴミ捨て場に勝手に捨ててしまったら、不法投棄になってしまいます…!

ではどうしたらいいのでしょうか?大丈夫です。難しいことではありません。

ゴミを捨てる方法は各地域ごとに決められたルールがあるので、それに従って捨てる必要があります。

住んでいる自治体のホームページに、各ゴミの捨て方が記載せれています。そちらを確認すれば捨て方は分かりますが、細かい部分は分かりずらいです。

今回は、そんな普段捨てることのないゴミを捨てる方法について、詳しく解説していきたいと思います!

【ゴミの種類別捨て方①】:衣類

ゴミの種類別捨て方:衣類

気が付くと洋服がクローゼットに溜まっているなんてことは、よくあることです。引っ越しや大掃除の時でなくても、服を捨てることはあると思います。

難しいことはないので、気軽に捨てていきましょう。

衣類は燃えるゴミで捨てることができる?

まず、どのゴミにも言えることですが、地域によっては捨て方が違います。その地域での捨て方があるので、ゴミを捨てる際は必ず確認しましょう。

衣類の捨て方は、基本は燃えるゴミに出しても大丈夫です。普段捨てているゴミと一緒に捨ててしまいましょう!

基本は燃えるゴミと書きましたが、古着回収に出すことで処分することもできます。地域によっては、平時に古着回収を実施しているところもあります。

一緒に靴も回収していますので、服や靴を処分したい時は古着回収に出して処分しましょう!

また、古着はリサイクルショップやフリーマーケットで売ることができます。リサイクルショップではブランド物は一着ずつ値段が付き、ノーブランドの場合はまとめて重さで金額が付くので、お金に換えることができます。

最近では、フリマアプリが広く利用されているので、アプリを利用して古着を処分することもできます。リサイクルショップと違い、自分で価格の設定ができるので、売りたい値段で売ることができます。

要らなくなった古着をお金に換えて処分したい方は、利用してみてはいかがでしょうか!

衣類を捨てる際の注意点

服を燃えるゴミに出す場合、チャックやボタンなどの一部金属が使われている服が捨てられるか気になるところです。

結論から言いますと、これは、地域によって捨てれらない場合があります。

ちなみに札幌市のホームページではベルトについている留め具は外さなくても燃えるごみに捨てることができると記載されています。

気になる方は、自分が住んでいる自治体のホームページで確認してみましょう!

【ゴミの種類別捨て方②】:小型家電

ゴミの種類別捨て方:小型家電

家電とひと口に言っても色々あります。その中でも、小型家電と呼ばれるものについて説明したいと思います。

小型家電について簡単に説明すると、4品目の大型家電以外の家電です。

大型家電として扱われているのは、冷蔵庫、洗濯機(乾燥機)、エアコン、テレビの以上4品目です。

この4っつ以外の物が小型家電として扱われるので覚えておきましょう!

小型家電を捨てる方法は使用感や状態によって変えるとお得!

小型家電は、粗大ゴミとして決められた日に、指定された場所に出すことで捨てることができます。

地域によっては、処理券をコンビニなどで購入して捨てるものに貼り付ける必要があります。その場合は必ず処理券を買い求めて出しましょう。処理券が無ければ持って行ってもらえません。

また、パソコンやタブレットなどの電子機器を回収ボックスを設けて随時回収している地域もあります。電子機器を処分する時は回収ボックスを利用するとすぐに処分できます。

まだ使えるものがある場合は、リサイクルショップやフリマに出してお金に換えることができます。

家電製品は新しい物であれば比較的高く売れやすいので、年式が新しくて綺麗なものだったら高額買取が期待できるかもしれません!

小型家電を捨てる際の注意点

タブレットやパソコンを捨てる場合は、中のデータを完全に削除してから捨てましょう。

回収されてしまえば、誰の手に渡るか分かりません。パソコンのデータは初期化だけでは完全に削除されないので、手に入れたパソコンから個人情報を掘り出そうとする人がいます。

知らないうちに、自分の情報が悪用されてしまうかもしれませんので、個人情報が入っているものを捨てる時は、必ず中のデータを完全削除しましょう。

【ゴミの種類別捨て方③】:大型家電

ゴミの種類別捨て方:大型家電

家電の中でも、大型家電と呼ばれるものは、他の家電とは捨て方が違います。

小型家電は、自治体で回収してもらうことができますが、大型家電に含まれる冷蔵庫、洗濯機(乾燥機)、エアコン、テレビは自治体で回収してもらうことができないんです。

自治体で回収できないんだったら捨てられないのでは?と思うかもしれませんが、大丈夫です。ちゃんと決められた処分法があります。

大型家電の処分は不用品の回収業者がおすすめ!

大型家電を処分するには、主に、業者に依頼をして処分してもらいます。

利用する業者は、不用品回収業者や家電量販店などです。

家電量販店は、大型家電を回収することが義務付けられています。近くにある家電量販店に処分したい家電を持ち込んでリサイクル料金を支払うことで回収してらうことができるます。

不用品回収業者は、要らなくなったものを引き取りに来てくれる業者です。引き取りに来てくれるので、多少回収料金が高額になりますが、持ち込む必要がないので、非常にラクチンです。

業者を利用して処分するので少なくはないお金を払うことになりますが、リサイクルショップなどに売るに出せば逆にお金に換えることができます。

ただし、持ち込みや梱包・発送(フリマの場合)があるので、捨てるよりは手間がかかることがあります。お金が入用の方はリサイクルショップやフリマサイトなどを利用してみてはいかがでしょうか。

大型家電を捨てる際の注意点

家電量販店に回収してもらう場合、捨てたい大型家電を持ち込む必要があります。引き取りに来てくれるわけではないので、自分で運ばなければいけません。

大型家電は一人で運ぶことが難しいので、必ず複数人で運び出しましょう。

運び出しが難しい場合は、不用品回収業者を利用するのがいいです。引き取りに来てくれるので、わざわざ自分で運び出す必要はありません。

ただし、回収してほしいものが単品で少ない場合は回収料金が割高になる場合があります。不用品回収業者を利用する時は、回収してほしいものがたくさんあると料金が割高になりません。

【ゴミの種類別捨て方④】:小型家具

椅子や、サイドテーブルなどの小さな家具を捨てたい場合は燃えるゴミに出してもいいのでしょうか?

小型家具は粗大ゴミとして回収してもらうのがおすすめ!

小型家具は、地域によってはそのまま燃えるゴミに出すことができます。しかし、椅子やサイドテーブルほどの大きさになると燃えるゴミに出しても持って行ってもらえません。

燃えるゴミに出したい場合は、解体して小さくすることで出すことができます。ドライバーやのこぎりなどを使用して、木の板にしてまとめてしまえば燃えるゴミとして捨てることができます。

小型家具を捨てる場合は、ほとんどは資源回収や粗大ゴミの日に出すことになります。解体して捨てることが面倒な場合は指定された日が来るのを待って、決められた場所に捨てに行きましょう。

小型家具を捨てる際の注意点

小型家具を粗大ゴミとして捨てる場合も、処理券を買い求めて指定された日に決められた場所へ捨てに行く必要があります。

ゴミを捨てる場合はお金をかけて捨てることが基本ですので、必ず処理券を買い求めて処分しましょう。

ゴミを捨てるだけでお金を払うことに抵抗がある方は、リサイクルショップなどを利用して処分しましょう。お店に持ち込んだりと手間がかかることもありますが、お金をもらって処分することができるので、オトクに捨てることができます。

【ゴミの種類別捨て方⑤】:大型家具

ゴミの種類別捨て方:大型家具

タンスや、ベッドなどの大きな家具を捨てる場合、先ほど説明した小型家具と同じように捨てるのは難しいです。

大きくて重たい大型家具の捨て方について説明したいと思います。

大型家具の処分は自治体での回収を利用できる!

大型家具を捨てる場合は、自治体の受付であらかじめ申し込みをして回収の依頼をする必要があります。

日付と回収場所を指定されるので、処理券をコンビニなどで買い求めて、指示された場所に置くことで処分することができます。

ただし、タンスやベッドは大きなものなので、運び出すのは非常に難しいものです。

大型の家具を処分する場合は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。

電話一本で駆けつけてくれるので、持ち運びする必要がなく非常に楽に処分することができます。

大型の家具を捨てる時は不用品回収業者を利用しましょう!

大型家具を捨てる際の注意点

自治体に申し込みして処分する場合は、自分で運び出しをする必要があります。

タンスなどの家具は大きくて重たいものです。運び出す時は必ず複数人で実施しましょう。

人手を集めることが難しかったり、階層が高い場合は不用品回収業者を利用して処分することで、安全に楽に処分することができます。

大型家具は、大きく、重たいものがほとんどなので、扱いには気を付けましょう!

ゴミを簡単に処分できる回収業者は「KADODE」

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
予約方法電話受付
受付時間24時間対応
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

KADODEは広い地域に対応している回収業者なので、都市部や地方関係なく利用することができます。

また、24時間365日対応可能で、即日対応も請け負っていますので、急いで処分したい場合でも気兼ねなく利用することができます。

不用品回収業者は悪徳業者が多いものです。その点でもKADODEは実績が豊富でリピーターの数もたくさんいるので、安心して利用することができます。

KADODEの回収費用は5000円からです。金額は回収してもらいたいものや量によって変わってきます。

どこの不用品回収業者も同じですが、小さいものや単品で回収してもらいたい場合は、割高になることが多いです。金額は使用するトラックの大きさによって変わりますので、トラックに乗り切ればたくさんあっても金額は変わりません。

引っ越しや大掃除などでたくさん処分したいものがある時に利用すると一度にまとめて持って行ってもらえるので、家がすぐにスッキリします。

回収してほしいゴミがたくさんある時にKADODEを利用するといいでしょう!

KADODEの口コミ

みんなの口コミ

大晦日の大掃除の時に、たくさん捨てたいものが出てきたのでKADODEさんに回収しに来てもらいました。細かい家具から、大きな電化製品までたくさん出てきたので、まとめて持って行ってくれたので助かりました。これを自分で処分していたらとても大変でした…たくさんあった割には思っていたほど料金がかからなかったので大満足です!年末年始という時期にも対応してもらえて有難かったです。

みんなの口コミ

冷蔵庫の買い替えで古くなった冷蔵庫を処分する時に利用しました。マンションの高い階層に住んでいて人手も集められず、どうやって捨てたらいいのか困っていた時に友達に相談して紹介してもらいました。重たい物なのにテキパキ作業していたので安心して任せられました。普段仕事でなかなか時間が取れなく、夜中に対応してもらい助かりました。次もまたお願いしたいです。

KADODEの料金プラン

料金プラン
  • かご車サイズ(少量のゴミ)・・・5000円
  • 軽トラ以上(ちょっとした片付け)・・・10000円
  • 中型トラック(一人暮らし向け)・・・20000円

ゴミの捨て方まとめ

今回は、ゴミを捨てる方法について解説してきました。

普段捨てることのないものは、いざ捨てる時はどうしたらよいか分からなくなるものです。

しかし、生活していれば必ず必要になる知識です。いざとなったときに困らないように、しっかりと覚えて備えておくといいでしょう!

とくに、まとめて処分するなら不用品回収業者を利用して処分するのがラクチンです。

ゴミをまとめて処分したい時はKADODEを利用して家の中をスッキリさせましょう。