遺品整理の時期について徹底解説

タイヤの捨て方とは?処分する方法をタイプ別に詳しくご紹介!

不用品回収 タイヤ

使わなくなったタイヤの処分の仕方が分からなく、悩みや懸念を抱えてしまっている方も多くなっていると思います。

車をはじめバイクや自転車などの処分をするタイヤ(廃タイヤ)は、適正処理困難物にあたってしまうため、家庭ゴミのような自治体へ回収を頼むことができないのです。

そこで「タイヤを処分するのに、どうすればいいか」をこの記事で紹介し、タイヤの処分方法・買取などを細かくご解説します。

またタイヤに関する悩みや懸念は、この記事ですべて解決できるでしょう。

廃タイヤは自治体で回収してもらえない

廃タイヤは自治体で回収してもらえない

車やバイク、自転車などの使わなくなったタイヤは、保管しておくスペースを広めに確保しなければいけないので、使わなければ早急に処分したいですよね。

処分の方法として、自治体が回収している粗大ゴミ捨てれるかもと考える方も多いでしょう。

しかしながら、処分する廃タイヤは自治体に回収してもらう依頼ができません。また、ゴム・ワイヤーなどの素材を組み合わさっているタイヤは、自治体での廃棄処分が非常に困難なので、適正処理困難物として環境省が指定しています。

どんな手段を使おうとも、家庭ゴミのように自治体に回収を依頼することは原則不可能といえるでしょう。

タイヤを処分する方法5選

タイヤを処分する方法5選

自分の車をお持ちの方で、寿命が近いタイヤの処分に悩むと思います。また、入念に手入れをしてきた愛車だとしても、走行距離が増えていくほどタイヤは当然劣化し入れ替え時が必ず来ます。

そこで、皆さんは処分したいタイヤの処分方法はご存じでしょうか。タイヤを処分する方法がいくつかあるので、具体的にご紹介していきます。

5種類の処分方法
  1. タイヤ用品店で引き取ってもらう
  2. ガソリンスタンドで処分する
  3. カーディーラーで処分する
  4. 車の整備工場で処分する
  5. 不用品回収業者に依頼して処分する

タイヤ用品店で引き取ってもらう

タイヤをメインに扱っているタイヤ用品店、自動車関連の用品を販売しているカー用品店などでも、処分することは可能です。

有名どころで例えると、オートバックスやイエローハット、タイヤ館などが挙げられます。このようなタイヤ用品店で、タイヤの処分にも対応してくれます。

タイヤ用品店などで引き取ってもらう場合に手数料がとられますが、それぞれのお店でさほど違いはないので、1本あたりで数百円で引き取りが可能です。

ただし、処分するタイヤが1本の場合では引き取ってもらえないということがあるので、その時は2本か4本セットにしたり、不安な方は引き取ってもらう店舗にお問い合わせをして事前に確認しましょう。

ガソリンスタンドで処分する

タイヤを処分するにあたり、思い浮かびやすいのがガソリンスタンドだと思います。給油する際には、ここでという行きつけのようなガソリンスタンドがあるでしょう。

実際にパンクなどをしてしまったときにタイヤの交換などを頼んだりしたこともあるかもしれませんね。

一般的には、タイヤの処分をするような機会といいましたら、タイヤ交換時に今まで使ってきたタイヤを処分料として、引き取ってもらうということがほとんどです。

各ガソリンスタンドによってですが、古くなったタイヤを回収してもらえる店舗もあります。しかしながら、手数料がかかってしまいます。また、手数料はそれぞれの店舗によって変動するので、あらかじめ確認しておくことが必要です。

カーディーラーで処分する

新車を購入したタイミングでディーラーにタイヤの交換をお願いするという方もいると思います。その時に無償で処分もらえることもあると思いますが、廃タイヤを持ち込むとなると各ディーラーごとに、対応も料金も変わってきます。タイヤの交換依頼を頼む場合に確認してみましょう。

個人で経営している中古車販売店舗では、良心的な価格でタイヤを引き取ってもらえるところもあります。しかし、お店のスタッフとの関係性にもよってきてしまうそうなので、一概にはいえません。

どんな場合でも、処分したいタイヤだけで持ち込んだとして処理してもらうことができるのか、その場合はどのぐらい費用がかかるのかを事前に確認しましょう。

車の整備工場で処分する

車の整備工場や自動車修理工場でも、タイヤの処分を行っています。さらには、比較的に安い価格で対応していますが、各工場によっても変わるので注意が必要です。

工場に普段お世話になっている人は、無料でいらなくなったタイヤの処分をしてもらえるかもしれません。

自宅付近に自動車の修理や整備の工場があって、一度も回収依頼を頼んでいない人は、あらかじめタイヤの処分の有無や料金についてお問合せしましょう。

車検などのついでのタイミングで、引き受けてくれる場合もあります。工場で処分する場合でも、自らでタイヤを持ち込まなければいけないです。

不用品回収業者に依頼して処分する

大型の家具・家電を扱い回収している不用品回収業者も、使わなくなったタイヤを引き取ってもらうことが可能です。

不用品回収業者に処分の依頼を頼むと、自分でタイヤを持ち込むことなく回収してもらえる場合があり、自宅で回収してもらうこともできます。このような場合は、別の料金がかかってしまうので、それぞれの不用品回収業者にお問い合わせしましょう。

大型の家具・家電で転売が可能なものは無料で回収してもらえますが、残念ながら使わなくなったタイヤの回収は無料ではないのです。

タイヤの原料のゴムの中に強度を増やすためのワイヤーが組み込んでいて、それを処分するために費用がどうしてもかかります。

おすすめの不用品回収業者としては、「KADODE」のサービスをおすすめします。KADODEは年中無休の24時間体制で稼働していて、出張での見積もりも無料です。

見積もりに納得がいかない場合でもキャンセルができ、タイヤ1本からの回収もできます。

タイヤの寿命はどれくらい?

タイヤの寿命

車やバイクなどのタイヤの寿命として、適切であるタイヤの交換タイミングは、安全に走ることができなくなった時になります。具体的にいいますと、タイヤの溝の部分が1.6㎜以下になってしまったとき、タイヤ自身にひび割れしてしまったり、亀裂が入ってしまったときです。

前述した通りタイヤに溝がなければスリップしたり、ひび割れ。亀裂が入ってしまったタイヤで走っていると、破裂する危険性があります。

スリップサインによって、タイヤの溝の目安となるでしょう。タイヤの溝が1.6㎜以下になった場合、タイヤの交換時を知らせるスリップサインがでます。

1箇所であってもスリップサインがでてきたら、すぐにタイヤの交換が必要です。また、溝が1.6㎜以下での走行は道路交通違反になってしまうので注意しましょう。

タイヤを買い取ってもらうことはできる?

タイヤを買い取ってもらうことはできる?

タイヤは買い取りできるのか、気になるところですよね。

中古タイヤ販売業者の中には、中古のタイヤやホイールなどの買い取りをしているところも存在します。さらには、一般的な中古買い取り業者の中でも、中古車やタイヤなども含むカー用品も対象で買い取る業者だあれば、買い取りに応じることもあるでしょう。

そこで、不要だからただ捨てればいいのに、買取を依頼するのがめんどくさいという方も多くいらっしゃるでしょう。

前述した通りにタイヤを処分するのはめんどうで、ほぼ全ての自治体ではタイヤなどを燃えるゴミや粗大ゴミで処分してもらえません。なので、自力で廃棄するとしたら、購入したお店やガソリンスタンド、不用品回収業者などから選ぶ必要があります。

ここで理解しておきたいのが、タイヤを廃棄するのにお金がかかってしまう可能性が高いということです。タイヤの種類にもよってきますが、4本捨てる場合で1,000円以上かかってしまいます。

買い取り業者に依頼をすれば、業者にもよって変わりますが自宅に出張買取をしてもらえたり、お金を払うのではなく貰うことが可能です。労力やコスパを考えても買取業者に依頼する方がお得ですね。

買い取ってもらえいやすいタイヤの特徴

タイヤの商品状態はもちろんのこと、年式や走行距離、メーカーによって大きく変わってきます。今持っているタイヤの状態によっては、値段がつかないという可能性があるので注意が必要です。

買い取ってもらえやすいタイヤの種類と特徴をいくつかご紹介します。

ブリヂストンは、世界中でもっとも使用されている日本発祥のタイヤです。タイヤの安定性や駆動力、制動力が伝わりやすいのが特徴的で、低燃費の性能や静粛性の技術力がとても高いのがポイントになります。

全ての分野で安定したクオリティなので、安心して高価買取ができます。

ミシュランは世界のタイヤ市場でのシェア率が2位で、フランスで生まれて過去に世界トップのシェアを誇っていたタイヤメーカーです。

摩擦に強いのが大きな特徴で、長持ちしやすい点で高く売れやすくなっています。

ダンロップは、世界で初めて空気入りタイヤを売り始めた企業で、タイヤの歴史とともに進んできたといっても過言ではないほどです。

低燃費で長持ちするタイヤが標準や仕様なのが特徴で、消費者が安心して購入ができるメーカとして、買い取りしてもらえやすい要因になっています。

買い取ってもらえにくいタイヤの特徴

2万㎞以上走ったタイヤやスリップサイン呼んでいるタイヤの溝がなくなっているものは、買い取り不可という業者が多いです。その中でも、溝の深さが6㎜以下は買い取り不可にしている業者もあります。

また、タイヤのゴムの部分は使ったか使ってないかに関わらず、年々劣化してしまうものなので、使ったことがなかったタイヤだとしても製造年が古いといった理由で、買い取りを断られてしまう場合があります。

仮に、3か月前にタイヤを購入し、走行距離は300㎞くらいだとしましょう。ロードノイズがひどいので、買い取りを検討します。

上記のタイヤで本来であれば、高値での買い取りを依頼できるのですが、それができませんとうこともありえいるでしょう。その理由としては、タイヤの製造年が関係しています。

上記のタイヤの製造年数が9年前に製造されたタイヤのため、古すぎず買い取りが不可ということです。このため、タイヤが未使用に近いとしても、古すぎる場合は買い取りが難しいということになります。

どこで買い取ってもらえる?

前述した通り、中古タイヤ販売業者や一般的な中古品を買い取っている業者で、中古やタイヤを含むカー用品をも対象にしている業者などは買い取ってもらえる場合があります。

ただし、中古のタイヤっといってもなるべく新品に近いというのが前提であり、2~3年以上経ってしまっているのは、基本的に買い取ってもらえない場合があるでしょう。

さらには、タイヤのみで買い取るのではなく、ホイール付きのタイヤしか買い取ってもらえない場合があるので注意が必要になってきます。

買い取りをしたいタイヤがあれば、査定する依頼する前に使用した年数やタイヤの状態を事前に確認しておきましょう。

中古タイヤやホイールはネットオークション・フリマアプリなどでも活発的に取引がされています。中古のタイヤをネット購入したい人にいくつかのニーズがあり、タイミングよくマッチングすれば想定よりも高値で売買成立することがあるようです。

その際に、タイヤのメーカやサイズ感、使用した年数などを明確に詳細を書いてれば、ニーズがある人により目に留まりやすくなります。

今ある不用品買取業者などの買い取り基準が厳しいので、オークションやフリマアプリに出店するのも1つの手段です。

タイヤを処分する方法まとめ

タイヤを処分するのには、どのような方法があるのかや特徴などをご紹介しました。

最後に、タイヤは貴重な資源になります。タイヤはタイヤとしての使い方を終えた後も、別の形の資源として再利用されます。皆さんは再利用されていることはあまり知られていないでしょう。

具体的に挙げますと、熱利用だったり原型加工利用などになります。実際に処分されたタイヤの9割が、何らかの形としてリサイクルされています。

なので、使わなくなったタイヤは買い取ってもらう、回収してもらうなど他社にゆだね、使えなくなったタイヤはすぐにリサイクルするために行動しましょう。

今のサービスは多岐に渡っているので、ストレスなくすぐに手配することが可能です。

処分したいタイヤの処分方法や買い取りの際の特徴などが、今回の記事でご紹介したことでお分かりいただけたと思います。

今まで活躍してもらったタイヤに、感謝を感じながら次の役割のために送り出すという思いが加われば、処分するタイヤをいつまで経っても家に置いていたり、不法に扱ったりすることがなくなるでしょう。

\タイヤを処分してもらえるおすすめの業者は「KADODE」/

不用品回収業者KADODEの評判・口コミをご紹介|リアルな口コミ投稿付き