遺品整理の時期について徹底解説

物干し竿の捨て方は?処分方法を5選|引き取りサービスやリメイク方法も解説!

物干し竿 捨て方

物干し竿が曲がってしまって洗濯物が干せなくなっちゃった…。買い替えたいけど、捨てる時どうしたらいいの?

物干し竿って、簡単に捨てられないの?

物干し竿は普段捨てる機会が少ないため、いざ捨てることになった時に捨てる方法が分からないという方も少なくないはず。

「曲がってしまって使えなくなった」「サビがひどくて買い替えたい」など理由は様々だと思います。

しかし、物干し竿はその素材や大きさから、一般ゴミとして捨てられるのでしょうか?
この記事では、そんな少し捨てるのに悩んでしまう物干しざおの捨て方についてご紹介していきたいと思います。

物干し竿を捨てるのは難しいの?

物干し竿を捨てるのは難しいの?

そもそも、物干し竿は大きさがあることから一般ゴミのように指定されたゴミ袋には入りません。

住んでいる地域によって異なりますが、殆どの場合物干し竿は「粗大ゴミ」に分類されるため、一般ゴミとして捨てることは出来ないでしょう。

また、粗大ゴミとして捨てる場合は回収できる大きさが定められているので、それ以上の長さは解体を必要とする場合があります。

これらのことを踏まえると、物干し竿の処分は他のゴミに比べて捨てるのが難しいと言えるでしょう。

物干し竿を簡単に捨てる5つの方法

物干し竿を簡単に捨てる5つの方法

物干し竿が簡単に捨てられないことが分かったうえで、一体どうすれば処分出来るのでしょうか。

一見、捨てるのが面倒な物干し竿ですが、出来れば簡単に処分したいと考える方も少なくないはず。

今回は、そんな意外と知られていない物干し竿の捨て方についての5つの方法を、それぞれのメリットやデメリットも交えながらご紹介していきたいと思います。

【物干し竿を捨てる方法①】不用品回収業者に回収してもらう

始めにご紹介するのは、不用品回収業者に依頼して、物干し竿を回収してもらう方法です。

不用品回収業者のメリットとして、回収できる範囲が広いというのが一番のポイント。

その為、わざわざ分別したり、解体する必要がなく、その分手間をかけずに捨てることが出来ます。

出張回収にも対応している会社が多く、見積もり後は、当日の回収と支払いだけで済みます。

車がない方や、仕事や、引っ越し作業などで、なるべく時間を取らずに捨てたい方には一番オススメの処分方法です。

最近では、即日対応している会社も多いので、急な回収依頼も安心して利用することが出来ます。

回収にかかる費用は、会社によって異なりますが、殆どの場合「積み放題式プラン」といった、トラック一台の値段になっているものが多いでしょう。

オススメのなのは「KADODE」という不用品回収業者です。

他とは違ってゴミの面積量に合わせて料金プランを選べるので、少量からでもぴったりの料金プランを選ぶことが出来ます。

【物干し竿を捨てる方法②】解体して一般ゴミで捨てる

物干し竿を、粗大ゴミとして自治体で処分してもらう方法です。

粗大ゴミとして捨てる場合、リサイクル券を購入して物干し竿を捨てなければなりません。

料金は住んでいる地域によって様々なので、あらかじめ自治体のホームページから確認しておくと良いでしょう。

注意点として、粗大ゴミを捨てる場合は大きさが「230cm以内」と定められているので、物干し竿の大きさによっては解体する必要があります

どうしても、大きさが規定を超えてしまう場合は、百円ショップやホームセンターで売られている「パイプカッター」などで切断し、コンパクトになるようにしましょう。

解体作業に必要なもの

  • 百円ショップやホームセンターで売っているパイプカッター
  • 物干し竿を支えるためのすべり止め付きの軍手
  • 破片などが目に入らないようにするためのゴーグル

実際に解体するには最低限これらのものが必要になります。

殆どは百円ショップで購入できるので、コスト自体はそんなにかかりません。

パイプカッターによっては切れる素材が異なる場合があるので、購入時にはしっかり確認しておきましょう。

不用品回収業者に比べてコストは低いですが、これらの解体作業が必要になる分、時間がかかりやすいと言えます。

【物干し竿を捨てる方法③】DIYでリメイクする

「捨てるのがもったいない!」という方には、リメイクして再利用するという方法がオススメです。

普段めったに壊れることが無い物干し竿ですが、雨風にさらされて水垢やサビで見た目だけがボロボロの状態になっていることも少なくありません。

後ほど詳しく紹介しますが、こういった見た目の劣化が激しい場合は、百円ショップやホームセンターなどでリメイクシールや、塗料を使うことで、もう一度使えるようになります。

また、竿受けも一緒にリメイクすることで、インテリアもガラりと変えることが出来ます。

費用は、リメイクの度合いによって異なりますが、塗装やリメイクシート程度のDIYであればそこまでの費用はかからないでしょう。

【物干し竿を捨てる方法④】必要な人へ譲渡する

知り合いや必要な人に譲ることで処分する方法です。

引越しで要らないくなった場合や、捨てずにリサイクルしたいという方にオススメ。

最近では、「ジモティー」などのような地域密着型のサービスもあり、掲示板を通して、不要になった家具や家電を譲ることが出来るようになっています。

他と比べて、手数料などの料金が発生しないため、費用をかけずに捨てることが出来ます。

そのままの状態での受け渡しになるので、解体の必要もなく手間をかける必要もありません。

ただし、譲渡する際は車で運び出しをするため、自家用車がある方のみに制限されることがあるので注意が必要です。

また、あまりにも使用感のある状態のものは引き取り手が見つからないこともあるので、しばらく経っても声がかからないようであれば、他の方法で処分するのが良いでしょう。

【物干し竿を捨てる方法⑤】ホームセンターで引き取ってもらう

ホームセンターで買い替えなどによって、物干し竿を引き取ってもらう方法です。

要らなくなった物干し竿を引き取ってもらえるので、買い替えを考えている場合には、処分も同時に出来るというのが嬉しいポイント。

ホームセンターの中には無料で引き取りをしている店舗もあり、普通に捨ててしまうよりも、お得になる可能性があります。

ここからは、引き取りサービスを行っているホームセンターについての紹介と、そのサービス内容について詳しく見ていきましょう。

引き取りサービスを行っているホームセンターでは、ニトリ、カインズ、コーナンなどが有名です。

店舗によって、サービスを利用するための条件が異なるため、ここからは各ホームセンターごとの引き取り条件や、費用などについて詳しく見ていきたいと思います。

ニトリ

ニトリ

引き取り条件
  • 購入した同等のサイズに限る
  • 購入したレシートが必要

上記のように、買い替える商品が同じ容量、または同じ数量であれば引き取りが可能になります。

配送料として1点につき3,000円の費用が必要になります。
他のホームセンターと比較すると条件はそこまで厳しいわけではありませんが、費用がやや高めのようです。

一部の店舗ではサービスが利用できない場合もあるので、事前に店舗へ確認しておくことをオススメします。

注意点としては、電化製品はすべてサービス対象外という点です。

物干し竿と他のものを、まとめて引き取りに出す場合は家電以外のものを選びましょう。

カインズ

カインズ

引き取り条件
  • カインズ店舗で対象の商品をご購入いただいた場合
  • 後日持込される場合には、必ずご購入時のレシートを持参

条件はニトリに比べると購入時のレシートが必要だったりと、少々難しいところはありますが、無料で引き取ってもらえるというのが大きなメリットです。

また、対象品目は幅広く一部家電も引き取りが可能です。

物干し竿以外でも、是非とも利用したいサービスですね。

注意点としては、一部家電の引き取りは出来るようですが、「家電リサイクル対象品」は引き取りができないこと。同じくまとめて引き取りを依頼する場合は注意しましょう。

いらない物干し竿をリメイクする方法

いらない物干し竿をリメイクする方法

新しい物干し竿のようにリメイクする方法は、リメイクシールなどを貼って古いものでも新しい物干し竿のようにリメイクできます。

リメイクシールで見た目をアレンジ

百円ショップや、ホームセンターなどで売っているリメイクシールを張ることでボロボロだった物干し竿も、インテリアに合わせて変えることが出来ます。

最近のリメイクシールは木目調のものからタイル調のもの、大理石風なものまで幅広く売っているので、自分のお部屋のインテリアに合わせてみるのもオススメです。

木目調のリメイクシートでナチュラルなデザインにすれば、他のインテリアとも合わせやすく、オススメです。

ペンキとローラーでもっとオシャレに

ペンキや塗装スプレーを使ってリメイクすれば、本格的なリメイクが可能になります。

黒色や、オフブラックをローラーや刷毛などをつかって塗れば、落ち着いた雰囲気のあるシックな物干し竿にリメイクすることが出来ます。

ナチュラルな感じにしたい場合は、白色やきなり色で塗ると良いでしょう。

また、竿受けも同じ色にすることでまとまりが出来て、一気に印象が変わるのオススメ。

外干しタイプの物干し竿の場合は、「プライマー」という塗装専用の下地を付けてから塗ると、雨が降った場合でも、塗料が落ちにくくなりますよ。

物干し竿を捨てる際に知っておきたい注意点!

物干し竿を捨てる際に知っておきたい注意点!

物干し竿を捨てる際には、気を付けなければならない注意点がいくつかあります。

捨てる上で、誤った方法で捨てると回収してもらなかった…なんてことも。

ここからは、物干し竿を捨てる上での注意すべきことを事前に確認しておきましょう。

【注意点①】下取りやフリマサイトを利用するのは難しい

「少しでも費用を抑えたい」、「ちょっとした収入にしたい」と考える方が多いはず。

しかし、物干し竿を下取りやフリマサイトを利用するのはかなり難しいでしょう。

下取りに出す場合、未使用に近いような状態でないと、受け付けてもらえないということが殆どです。

また、フリマサイトを利用する場合も、状態によってずっと売れないまま…ということも。

万が一売れた場合でも、梱包や発送は自己負担になるので、売れた収益はそれらの費用で全て消えてしまう可能性があります。

【注意点②】素材を確認して捨てよう!

物干し竿の多くは、「ステンレス」「スチール」「アルミ」などの素材から出来ています。

その為、切断して指定袋に入るほどの大きさまで短くすれば、「燃えないゴミ」として捨てることも出来る地域もあります。

ただし、素材によっては燃えないゴミとして処分出来ないものもあるので注意が必要です。

既に前述しているように、殆どの場合、粗大ゴミとして捨てることになるでしょう。

この場合も、自治体によって回収できない素材があるか事前に確認しておくことが必要です。

物干し竿の簡単な捨て方まとめ

まとめ

  • 物干し竿は粗大ゴミとして捨てる
  • 大きさが230cm以上の場合は解体が必要
  • 時間や手間を省きたいなら不用品回収業者を利用する
  • 買い替える場合はホームセンターでの引き取りがお得
  • DIYでリメイクすれば再利用できる
  • 物干し竿を捨てる際は素材に注意すること

いかがでしたでしょうか。

引っ越しや、物干し竿が壊れたなど、急なトラブルで捨てることになった時でも、これだけの方法があることを知っておけば、状況にあわせてお得に処分することが出来ます。

「費用を抑えたい」「時間をかけたくない」「手間を省きたい」など条件を決めておくことで、捨てる方法も選びやすくなりますよ。

物干し竿を捨てようかと考え中の方は、是非この記事を参考にしてみて下さいね。