遺品整理の時期について徹底解説

洗濯機の捨て方6選|リサイクル法に基づいた処分方法を詳しくご紹介。

洗濯機の捨て方6選

洗濯機が粗大ゴミとして捨てられないってホント?どうやって捨てればいいの?

処分する方法は決まっているけど沢山あるよ!この記事で見ていこう!

洗濯機は、市区町村の粗大ゴミとしての処分ができないってご存じでしたか?

実は洗濯機は家電リサイクル法に基づいたリサイクルが義務付けられています、正しい方法での処分が必要です。正直言って洗濯機などの家電の処分はお金もかかるし面倒くさいですよね?しかしそういった問題を解決できる方法は以外にも沢山あるんです!ちょっとした工夫や知識だけで得した気分になれるし面倒くさいこともなくなる場合があります。

この記事では、不要になった洗濯機の処分方法やちょっとお得な売れる洗濯機の特徴などを紹介していきたいと思います!

この記事を読んでわかること

・洗濯機の処分はリサイクル義務がある
・まだ使える洗濯機は売ることができる
・処分方法は1つだけじゃないこと
・売れる洗濯機と売れない洗濯機の違い
・回収業者「KADODE」について

→KADODE公式サイトはこちら

洗濯機が適用される家電リサイクル法とは

家電リサイクル法は別名特定家庭用機器再商品化法と呼ばれ、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの、

特定家庭用機器廃棄物から、まだ利用できる部品などをリサイクルし、廃棄物の減少や資源の有効活用を推進するための法律です。

早速様々な処分方法について見ていきましょう!

【洗濯機の処分方法①】フリマサイトで買い手を探す

フリマサイトで買い手を探す

最近ではインターネットのオークションサイトやフリマアプリを利用する方が増えてきていますよね。

衣服やゲーム機、カー用品など出品されているものは様々です、もちろん洗濯機などの家電も出品可能です

この方法の場合、処分費用が掛からないだけでなく、売り上げとして利益が出るため新しい洗濯機の購入代金に充てるなどできるため、とてもお得な方法です!

ただし、壊れているものや使用できる状態でないようなものでは買い手を見つけることは難しいかもしれませんね。

売れる洗濯機の特徴

年式の新しいものや、元値が高いもの、使用頻度が少ないものなどは、売れる可能性が高い傾向がありますね、そのほかにも、

・単身用は新生活シーズンの3~4月に狙って売り出す。

・ファミリー用は洗濯物が増加する夏場に売り出す。

取扱い説明書、ホース類などの付属品を揃えて売る。

このように、様々な工夫が売れる為の工夫として挙げられます!

フリマサイトでの販売相場

販売相場ですが、やはり人気メーカーや人気モデル、年式が新しいと値段が高くなっていく傾向が見られます。

洗濯機1つでも千円~10万円とピンからキリまで幅広く、

特に国内メーカーのドラム式洗濯機などは高値で売買されています。

【洗濯機の処分方法②】リサイクル業者に依頼する

リサイクル業者に依頼する

次はリサイクル業者に依頼する方法です、フリマアプリなどを使っても買い手がつかなかった場合などは、なんでも買い取ってくれるリサイクル業者の出番です。

ここではリサイクル業者を利用するメリットとデメリットを説明していきます。

リサイクル業者を利用するメリット

まず大きなメリットとして挙げられるものは、運搬をしてもらえるという点です。

大きくて重い洗濯機を運んだり持ち上げることは、手間だけでなく危険も伴いますよね、自分でこの作業をしなくてよいという点だけでも大きなメリットですよね。

多くのリサイクル業者が無料で運搬をしてくれる為、大変お得なメリットです。

その他にも、買い取ってほしい別のものがあった時などに査定額がアップするかもしれないといったメリットもあります!

リサイクル業者を利用するデメリット

リサイクル業者利用のデメリットとしては、やはりネットで自身で販売する時よりも買い取り価格が極端に落ち込んだり、古すぎると無料で引き取られるといった点が挙げられます。

【洗濯機の処分方法③】購入した店で回収してもらう

購入予定がないけれど、洗濯機が不要になった場合、その洗濯機を購入した店舗に依頼すれば、引き取ってもらうことができます!

これは家電リサイクル法によって販売した店舗に義務付けられているため、断られることはありません!

ただし引き取りの為、収集運搬料金と、リサイクル料金が発生します

回収サービスがある家電量販店一覧

・ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ケーズデンキ・エディオンなど大手家電量販店の場合大体がどこでも引き取りサービスがあります。ただし回収費用はお店によって異なるようです。できるだけ価格を安く引き取ってもらうためにも、ホームページや店頭で直接聞くなどして価格を比較したほうがお得です。

回収費用相場

メーカーによって料金が異なる場合もあり、2500円~5000円の範囲内で引き取ってもらうことが可能です。特に収集運搬料によって各店舗のバラつきがあります。この価格で処分も面倒でないのなら納得のいく価格です。

【洗濯機の処分方法④】新しい洗濯機を購入する店で引き取ってもらう

新しい洗濯機を購入する店で引き取ってもらう

これは洗濯機だけでなく、色々な大型家電に共通する処分方法ではないでしょうか?新しい洗濯機を購入した際に、古い洗濯機を下取りに出したり、引き取ってもらうことで、購入代金が安くなったり、運搬料金が安くなったりと、お得です。洗濯機を取り換える感覚で面倒な手間もかからないため、非常にポピュラーな方法ですね!

店舗によっては手数料等がかからずに無料で引き取ってもらうこともできるため、調べてみると良いかもしれませんね!

古い洗濯機は引き取ってもらえない?

これはお店によって差があると思われますが、下取りなどの際には正常に動作することや、本体に破損や目立った汚れがないことなどに注意する必要がありますね。壊れていて全く動かないものなどは無償で引き取り、もしくは手数料を払って引き取ってもらうことになるかもしれません。

自分で運ぶ必要がある?

お店によっては、宅配買取や出張買取などがないところもあるので自分で運ばなければいけない場合があるかもしれません、運搬中にキズをつけたりする可能性なども考えられるので宅配での引き取りが可能な場合などはなるべく利用したほうがいいかと思われますね。

【洗濯機の処分方法⑤】市町村指定の方法で処分する

市町村指定の方法で処分する

地域によって値段や処分方法は違いますが、市区町村指定の方法によって洗濯機を処分することも可能です。

ただし、その地域が許可している引き取り業者なのか、指定場所が正しいのか、など色々確認することが必要です。

市区町村で洗濯機を処分したい場合は自治体のホームページを見てみたり、役所に問い合わせてみると良いでしょう。

処分方法

具体的な例としては、粗大ゴミ券を買って洗濯機に貼って出す、手間はかかりますが指定の引き取り場所まで運んで処分するなどの方法があります。

引き取り場所まで運ぶ場合、収集運搬費用が掛からないため、低コストで引き取ってもらうことが可能でしょう!ただし郵便局でリサイクル料を払って、家電リサイクル券を購入する必要がありますので忘れないようにしましょう!

【洗濯機の処分方法⑥】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する

仕事や家事に追われ、時間がない!面倒なことは嫌い!お金はかかっても構わない!とにかく処分したい、そんな方にオススメなのがこの不用品回収業者を利用した処分方法です。とりあえず処分したい方には1番の方法です。

洗濯機の回収相場

不用品回収業者の相場は4000円~7000円と他の方法より少しかかりますね、家電量販店と同様に、収集運搬料とリサイクル料がかかっています。

不用品回収を利用するメリット

メリットとしてはとにかく面倒な手間がかからない点が大きいですね、家まで業者が来てくれますし、運搬もすべてスタッフが行ってくれる為、手間がかかりません。また洗濯機以外の不用品も一緒に回収してくれたりします。

お金がかかる分時間や手間は省けるので、面倒なことが嫌いな方にはぴったりの方法ですね!

売れる洗濯機の特徴

売れる洗濯機の特徴

年式が比較的新しく、メーカー、ブランドがしっかりしているもの(日立、SHARP、東芝、パナソニック等)原則製造から5年以内のものは売れやすい傾向があるようです!ドラム式の洗濯機は高く売れる傾向にあり、新品時の価格や売れ具合に比例して上昇する傾向もあります。

また、本体の汚れや動作の具合などのコンディションも重要視されるポイントだと考えられます。自分の身にまとう衣服を洗濯するので、やはり清潔感は大事ですね!売り出す前に綺麗な状態にしてから売り出したほうが買い手が付きやすいのではないでしょうか?

売れない洗濯機の特徴

売れにくい洗濯機の特徴としてはやはり先ほどの例とは逆に年式が古く、使い込まれているようなものや、ノーブランド品などのよくわからないメーカーのものは売れにくい傾向があると言えます。

また、正常に動作しなかったり汚れがあるもの、傷があるものなどはやはり売れにくいでしょう。清潔感というのは洗濯機に限らず、フリマアプリなどの人から人への売買をするうえで利益を上げたい場合必要不可欠なのではないかと思います。

洗濯機を安全回収!回収業者の「KADODE」

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
冷蔵庫の回収費用5000円~
受付時間24時間対応
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

皆さんは回収業者のKADODEについてはご存じでしょうか?KADODEは東京、大阪、神奈川、愛知などを中心に不用品回収、粗大ごみ回収を行っている不用品回収の業者です。

先ほど説明した不用品回収業者のメリットをたくさん備えていて、特に24時間365日体制でどんな時でも連絡ができる点、また処分したいものの大きさや量に応じて価格を調節できるシステムなど、洗濯機をはじめとした色々な物の処分に特化した不用品回収業者であると言えます。出張費や見積もりにも費用は掛からないため、忙しい方や面倒な作業が苦手な方にはもってこいのサービスです!

まとめ

いかかがでしたでしょうか?洗濯機を処分する方法は指定されておりますがこのようにたくさんの方法があります。それぞれのライフスタイルに合わせた処分の仕方があるため選択の幅は広いです。

洗濯機を売って得た利益でまた新しい洗濯機が買えちゃったりしたらこんなお得な話なかなかないですよね?

ちょっとした工夫と知識だけで面倒な作業もいらなくなります。洗濯機など家電を処分する際には市区町村のそれぞれのルール、売却する際にも買い手へのマナーを守って気持ちの良い取引、処分ができるように心がけることが大切ですよ。最後まで見ていただき、ありがとうございました!

洗濯機の処分に関する関連記事

電子レンジを簡単に処分|ヤマダ電機・ケーズデンキでは無料引き取り!?5つの処分方法を紹介! エアコンを回収してもらいたい!適切な回収方法をご紹介します