遺品整理の時期について徹底解説

タンスの捨て方6選|リサイクルや家電量販店の引き取り、回収業者について紹介。

大きいし重いし…タンスの処分ってホントに大変だわ。

確かに大変だね、よし!いい方法を教えてあげるよ!

数ある家具の中でも大きくて重いタンスの処分に困っている声はたくさんあります。

運ぶのさえも一苦労で気付けば放置されて何年もたっているというパターンも見られます。

この記事では家具の中でも大きくて重いタンスの処分方法について紹介します。実は以外にもタンスの処分方法は色々あり、使い方によっては得したり手間が省けたりと、いいこともたくさんあります。

大掃除や引っ越しの際にいざ捨てようと思っても捨てられないことは意外と多いものです。

この記事を読んでわかること

・回収してもらう方法は何個もあること
・タンスはゴミとしても捨てられる
・家電量販店でもタンスは引き取ってもらえる
・インターネットを使った引き取り
・不用品回収業者KADODEとは

→KADODE公式サイトはこちら

【タンスの捨て方①】リサイクル業者に依頼する

リサイクル業者に依頼する

 

リサイクル業者に依頼する方法は一般的な方法でとてもポピュラーな方法です。

お金を払って物を引き取りに来てくれるので便利ですし、身近にリサイクル業者は存在します。場合によっては高値で買い取ってくれる為、処分出来て得までする可能性もあるということです。そう考えるといいことばかりです。

しかし何事にもメリットもデメリットも存在します。それでは説明していきます。

リサイクル業者を利用するメリット

先述したように、リサイクル業者では不用品を買い取ってもらえることが一番のメリットです。

不用品を回収してもらった上にお金まで帰ってくることはまさに一石二鳥の方法でしょう。

また、自治体では回収不能なものまで回収してくれる為非常に融通が利くところも魅力的です。またタンスを処分する際に一緒に不要となった着ることがなくなった服やバッグなども一緒に売却してしまえば、断捨離等する際にも便利です。

リサイクル業者を利用するデメリット

リサイクル業者を利用する上でのデメリットとして挙げられるのは買い取ってくれる業者の数が少ない点が挙げられます。

電化製品などであれば引き取ってもらいやすいですが、タンスなどの大型家具は安いうえにスペースをとるため引き取ってくれる業者が少ない現状があります。

小型のタンスやヴィンテージなどの価値のあるものであれば話は別ですが普通の大きなタンスを引き取ってもらうとなった場合断れることも想定したほうが良いでしょう。

【タンスの捨て方②】自分で解体して燃えるゴミで出す

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

見出しの通り、自分で解体して燃えるゴミに出す方法です。タンスの素材が可燃性のものであれば自分で解体して小さくすることで燃えるゴミとして出すことが可能です。

この方法は碑文の労力のみでタンスを処分できる方法なのでお得です。手順と注意点について説明していきます。

手順

ハンマー、のこぎり、バール(くぎ抜き)などの工具を一式用意→毛布などの衝撃緩和剤を床に敷く→解体作業→ごみを細かく切ってゴミ袋へ→燃えるゴミに出す。の手順です。簡単に書きましたが手間のかかる作業です。

しかしコツを掴めば意外と楽しかったりします。また床に衝撃緩和するものを敷くときにビニール袋なども一緒に敷くと木くずなどの処理が面倒でないのでオススメです。

注意点

タンスにかかわらず大型家具などを解体する際に注意しなければならないことはたくさんあります。その中でも特に注意するべき点はまず安全です。

のこぎりなどの工具は便利ですが危険が伴っています。特に普段から工具を扱わない方が解体作業をするときにはケガをしやすいでしょう。

必ず軍手などをして最低限のケガ対策をしましょう。その他にもアパートやマンションの部屋の中などで作業する場合、周りの住人への配慮を心掛けましょう。

作業はできるだけ昼間に行い、一声かけてから作業したり、騒音対策で衝撃緩和になるものを必ず敷くことなどが大切です。

【タンスの捨て方③】家電量販店で引き取ってもらう

家電量販店で引き取ってもらう

タンスなどの家具は家電量販店でも有料で引き取ってもらうことが可能です。

新しい家具を新調したい時などに利用される方が多いです。家具を入れ替えるような形で引き取ってもらえるので非常に効率がいい方法の一つです。

購入したものと同数の引き取りの場合が多いため事前によく調べてから引き取ってもらうのがいいでしょう。

引き取りを行なっている量販店一覧

ニトリなどの大手家具家電量販店では引き取りサービスがあります。約¥3000ほどで購入したものと同数の家具を引き取ってくれるサービスの為、家具を新しく新調した方などにはとてもうれしいサービスでしょう。

価格帯が引き取り価格の中でもなかなか安いため、家具の購入や入れ替えを検討している方にオススメな方法です。またニトリは引き取りのみのサービスは行っていないため、購入した方限定のサービスです。

手順

ニトリで家具を買う(購入時に引き取りの連絡)→配送でトラックが自宅に到着→引き取ってもらう。と、このように流れ的には非常にスムーズです。

当日や前日の予約での引き取りなどはやっていないためあらかじめ日程などを調整したうえで利用するのが1番の方法ですね。

購入する際に引き取りのことを事前に連絡しておくだけでよりスムーズになります。

【タンスの捨て方④】引越し業者に回収してもらう

引越し業者に回収してもらう

引っ越し業者に不用品として出たタンスを引き取ってもらうことが可能です。

さらに買い取ってもらった金額を引っ越し代金から引くことができるまさに一石二鳥な方法です。

余計な手間がかからず不要なものを処分した上に引っ越し費用と引き取り費用がまとめて決済できるため非常にオススメな方法です。

【タンスの捨て方⑤】ジモティーなどでもらい手を探す

ジモティーなどでもらい手を探す

ジモティーといった引き取り専門のアプリをご存じでしょうか?インターネットの普及によって近所の欲しい人に家具を引き取ってもらうことが可能なアプリです。

うまく条件とマッチした人が見つかればその人に無償で引き取ってもらうことのできる便利なアプリです。

ほかにもフリマアプリやオークションアプリを利用して幅広く引き取り手を探す方法もオススメです。

【タンスの捨て方⑥】不用品回収業者に依頼する

最後の方法は不用品回収業者に引き取ってもらう方法です。不用品回収業者はその名の通り不用品の回収に特化した業者です。

電話一本で自宅まで不用品を回収しに来てくれるので効率的で手間がかからない方法です。メリットデメリットを紹介していきます。

不用品回収業者を利用するメリット

不用品回収業者のメリットは何といっても手間がかからないことです。電話一本で専門のスタッフが駆けつけて不用品を運んで行ってくれる為非常に効率的で自分の時間がない方や忙しい方には非常にオススメな方法です。

運搬や解体など普段からやらないようなことを行ったときにおこるケガなどをするリスクを回避するといった意味でも、利用する価値が充分にあります。

不用品回収業者を利用するデメリット

デメリットとしてはお金がかからない方法がいくつかある中でも、コストがほかの方法よりも多くかかってしまうのはデメリットです。自治体などの引き取りと違い、日時を選ばず自分のタイミングで処分できる代わりに料金はかかってしまいます。

しかしメリットの記事で説明した通り、効率的なだけでなく安全面においてもリスク回避などができる点から、価格以上の価値があるとも言えます。

不用品回収業者KADODEとは?

KADODEの基本情報

KADODE

KADODE
対応エリア東京 名古屋 神奈川 福岡等の主要地域全般
最安値¥5000~
営業時間年中無休
対応業務不用品回収・ゴミ屋敷片付け・遺品整理
カード決済可能
電話番号0120-966-926

KADODEは主要都市を中心に幅広い地域に展開している不用品回収業者です。

悪徳業者なども多く存在する世の中ですが。KADODEは業界の中でも実績があり信頼できるオススメな業者です。

なんといっても24時間対応が可能といった点が素晴らしく、事前準備などや見積もりもスピーディーなため効率的にタンス等の家具を引き取ってもらうことが可能です。

24時間365日対応してもらえるため、急な引っ越し等にも対応できる点が魅力的です。

→KADODE公式サイトはこちら

タンスを処分するときの注意点

注意点としてはコストや安全性時間などのバランスを考えて処分しなければいけない点です。

処分したいタンスに合った適正な方法で処分しなければかえって損する可能性が十分にある為、どんな方法がいいのか色々とリサーチをしたうえで処分をしましょう。

また、大きい家具などを解体、運搬などする際にはケガはもちろんのこと、近隣への迷惑にならないように配慮することが大切です。

タンスの捨て方まとめ

いかがでしょうか?何種類か処分方法を紹介しましたがどれも魅力的な方法です。処分したいものの条件によっては効率的かつお得に処分できるということがわかっていただければ幸いです。

大切なのは自分が何に重点を置いて処分したいかなので自分に合った方法を見つけることが大切です。

効率的かつお得に処分するためにも色々なリサーチをして処分方法が見つけられれば幸いです。最後まで見ていただきありがとうございました。

タンスの処分方法に関する関連記事

タンスの処分方法8選!処分方法、売る方法、買い替え方法などを紹介 タンスの処分方法を徹底解説あなたにピッタリのタンスとの別れ方 タンスを買取してもらう方法とおすすめ業者を紹介!