遺品整理の時期について徹底解説

パソコンの捨て方6選|高く売れる方法から壊れたパソコンの処分方法まで。

パソコンを捨てたいけど、どうやって捨てたらいいのかしら?中には個人情報とか家族の写真とかが入っているし不安だわ…

パソコンを捨てるんだったら、しっかり中のデータは削除しないとな。でもまだまだ使えるようだったら、捨てるんじゃなくてお金にするものいいかもしれないぞ!

パソコンが要らなくなって捨てようと考えていませんか?

でも少し待ってください!パソコンの中には大事な情報がたくさん入っています!そのまま捨ててしまうのはとっても危ないことです。

それに捨ててしまうのは勿体ないかもしれません。パソコンは高価なものです。売ることでお金になるかもしれません。

今回は、パソコンの捨て方や売れるパソコンの特徴などを解説していきたいと思います。

この記事を読んでわかること

・パソコンを捨てる時にチェックしたいところ
・要らないパソコンをお金に換える方法
・高く売れるパソコンとは
・売れないパソコンって?
・パソコンを回収してくれる業者

→KADODE公式サイトはこちら

パソコンを処分する際の注意点

パソコンを処分する際の注意点

パソコンを処分するには、まずデータの削除が必要です。

情報漏洩に注意

パソコンは個人情報の塊です。

パソコンを手放した後に誰の手に渡るか分かりません。もしも、パソコンの中に残ったデータを掘り出して悪用するような人の手に渡ったら、自分の知らないところで個人情報を悪用されてしまうかもしれません。

そうならないためにも、パソコンを処分する時は、完全に中のデータを削除して処分しましょう。

不法投棄などは避けて

パソコンは通常のゴミとして捨てることは出来ません。とくにデスクトップ型の大きなパソコンは、粗大ゴミとして自治体では回収してもらえません。

パソコンを含む多くの家電製品は法律によって保護されています。

家電製品の捨て方は自治体できちんと決められているので、ルールに従って処分する必要があります。

ルールを知らずに誤った方法で捨ててしまうと、不法投棄とされてしまいます。粗大ゴミ回収の日だからと言って安易にパソコンを置いてしまえばそれだけで不法投棄として処罰の対象になってしまうこともあります。

パソコンを捨てる時はきちんとルールに従って処分しましょう。

もちろん、もう必要なくなったからと言って山奥や海に捨ててはいけません。

【パソコンの処分方法①】メーカーの下取りサービスを利用する

メーカーの下取りサービスを利用する

古いパソコンを下取りに出すことで新しいパソコンの購入資金にすることができます。

現在使用しているパソコンが古くなって買い替えを考えている方は、下取りに出すとお得に処分できるんです。

買取の場合、パソコンが古かったり、壊れていたりすると買取金額が付かなかったり、少額になってしまうことがありますが、パソコンを下取りに出す場合は、買取よりも値段が高くなることが多いです。

下取りは新しいパソコンの購入を促すシステムなので、多少古かったり壊れていても、買い取ってもらえます。

パソコンの新調を考えている方は、古くなったパソコンを下取りに出してオトクに処分しましょう!

【パソコンの処分方法②】リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込むことでお金に換えて処分することができます。

パソコンは粗大ゴミとして出すことが難しいものですが、使えるものであればリサイクルショップに持ち込んで処分した方が簡単です。

更に買い取ってもらうのでお金に換えることができます。

ただし、リサイクルショップではデータの完全削除のサービスをしているわけではないので、リサイクルショップに売りに出す場合は、あらかじめパソコン内のデータを完全削除しておきましょう。

リサイクルショップは、手軽にパソコンを処分できるところですが、お金になる方と言っても、思ったより高額にはなりません。パソコンの年数やスペックにもよりますが、期待しているほどの金額は付きません。

パソコンを高く売りたい場合は次に紹介するオークションに出品しましょう!

【パソコンの処分方法③】オークションで販売する

オークションで販売する

オークションに出品することで、パソコンを高く売って処分することができます。

下取りやリサイクルショップなどでパソコンをお金に換えようと思っても、なかなか希望の金額で買い取ってもらうことができません。

パソコンを希望の金額で売りたかったら、オークションに出品しましょう!

オークションは出品するものの価格設定が自分でできるので、希望の金額でパソコンを売ることができます。最近ではオークションは広く利用されているので非常に買い手が付きやすいです。

とはいっても、あまりに高額で、商品と金額が釣り合っていないと売るまでに時間がかかります。パソコンの状態や、相場に合わせて出品すると、時間もかからずに処分することができます。

オークションに出品する場合は、パソコンの状態をきちんと購入希望者に分かるよう記載しておきましょう。取引が成立して、発送した後に故障や破損が発覚すると、相手とトラブルになります。

あらかじめ、記載しておくことで、トラブルを防ぐことができます。出品の際は、必ずパソコンの状態を確認しておきましょう。

もちろん、パソコン内のデータも完全に削除しましょう。どんな人にパソコンが渡るか分かりません。パソコンに詳しい人であれば、初期化されたパソコンでも復元して個人情報を手に入れることができるので、自分を守るためにも、パソコン内のデータは必ず削除しましょう。

【パソコンの処分方法④】小型家電として回収ボックスへ処分

小型家電として回収ボックスへ処分

ノートパソコンを処分する場合は、自治体に回収してもらうことで処分できます。

パソコンは粗大ゴミとして処分できないと前述しましたが、それは、デスクトップ型のパソコンです。

ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどの電子機器は、自治体の回収サービスを利用して処分することができます。

各自治体ごとに回収方法は違いますが、多くの場合、市役所などに回収ボックスが設置されていて、そこに入れることで回収してもらえます。

もちろん、回収された後にデータの削除をしてくれるわけではないので、データ削除は必ず自分で行いましょう。

デスクトップ型のパソコンは、回収対象ではないので、小型家電として回収ボックスに入れることは出来ません。

自治体のホームページに回収ボックスの設置場所や、回収方法について記載されているので、回収ボックスを利用の際は確認しておきましょう。

【パソコンの処分方法⑤】不用品回収に依頼する

不用品回収に依頼する

不用品回収業者を利用することでラクにすぐに処分することができます。

パソコンを処分する方法を紹介してきましたが、手間がかかるものが多いです。リサイクルショップに持ち込んだり、オークションに出品したりと、すぐに捨てたい場合面倒なものが多いです。

パソコンを手間なく簡単に処分したい方は、不用品回収業者を利用しましょう。

不用品回収業者は、名前の通り、要らなくなったものを引き取りに来てくれる業者です。電話一本で来てくれてパソコンを持って行ってくれるので、とっても簡単にパソコンを捨てることができます。

24時間365日営業している業者が多いので、仕事で忙しくてなかなか時間が作れなくても大丈夫です。深夜や早朝などの仕事の合間に利用することができるので、忙しい現代人の強い味方です。

不用品回収業者を利用する時は、とくに、デスクトップ型のパソコンを処分する時に利用するといいでしょう。ノートパソコン型と違ってデスクトップ型は重く、ハードディスクやキーボード、ディスプレイなどの機器が多く運ぶのが大変です。

不用品回収業者を利用すれば、業者の人が代わりに運んでくれるので、ラクチンです。

逆に、ノートパソコン1台を処分してもらうと割高になってしまいます。不用品回収業者は利用するトラックによって金額が変わります。回収するものが小さかったり、少量だと非常に割高です。

不用品回収業者を利用する時は、他にも回収してもらいたいものがあるといいでしょう!

【パソコンの処分方法⑥】施設などに寄付する

パソコンを捨てて処分するのではなく、寄付してみるのはいかがでしょうか。

パソコンの寄付を募集している団体はたくさんあります。

必要なくなったものを必要な人に渡すことで、いろんな場所で役立てることができます。

パソコンの寄付を募集している団体

  • NPO法人Class for Everyone
  • NPO法人シャプラニール
  • ワールドギフト

これらの団隊は、発展途上国や貧困で苦しむ人たちのために活動している団体です。

壊れたパソコンでも、中の部品が使えるものであればお金にすることができるので、壊れているものでも、支援することができます。

パソコン以外にも、衣類や食料品、日用品などの生活用品も多く募集しています。

社会支援に興味がある方は、パソコンと一緒に生活用品も送ってたくさん寄付しましょう!

高く売れるパソコンの特徴

高く売れるパソコンの特徴

パソコンをお金に換えることでオトクに処分できると紹介してきましたが、とくに、高額買取が期待できるパソコンの特徴を紹介したいと思います。

年式が新しいもの

パソコンの年式は買取金額に大きく影響します。パソコンは時代とともに進化していくものですので、新しいパソコン程性能が高いです。

高性能なパソコンは人気が高いので、高く売ることができます。

年式が新しければそれだけ、性能が高いパソコンになるので、年式が新しいパソコンであれば高額買取が期待できます。

付属品が全て揃っているもの

パソコン以外でも多くの電化製品に言えることですが、付属品が揃っていると高く買い取ってもらえます。

パソコン本体以外に、電源ケーブルや説明書がないと使用に不便です。これらがないものは商品としてなかなか売れないので、買取金額が下がります。

パソコン本体と他に、電源ケーブル、説明書、化粧箱など、パソコンを購入した時についてきたものが残っていると高く売ることができます。

価値が下がらないメーカー

安定して高額で売ることができるメーカーを紹介していきます。

  • 富士通
  • 東芝
  • Panasonic
  • Apple
  • NEC
  • DELL
  • HP

上記にあげたメーカーはパソコンの性能が高くデザイン性も優れたものが多いので、かなり人気が高いです。

人気が高いパソコンは当然欲しがる人も多いので、おのずと高い値段で売ることができます。

売れないパソコンの特徴

売れないパソコンの特徴

高く売ることができるパソコンを紹介してきましたが、ここでは、売ることができなかったり、少額でしか売ることができないパソコンを紹介していきます。

故障箇所がある

故障個所があると、値段が下がってしまいます。

起動することができないと、パソコンとして使うことができないので、当然値段が下がります。

しかし、パソコンは故障していたとしても中の部品が使うことができれば、買取金額は付きます。

キーボードやディスプレイ、ハードディスクなど様々な部品が組み合わされてパソコンは出来ています。

一部が壊れていたとしても、他の部品が使い物になれば、パソコンとして使えなくても部品として使い物になるので、値段が付きます。

高い値段で売ることは出来ませんが、壊れているからと言って捨ててしまうのは勿体ないことです。

壊れていても買取金額は発生しますので、是非買取を考えている方は挑戦してみましょう。

古い年式のパソコン

年式が古いパソコンは人気がないので、高く売れません。

パソコンでなくても、電化製品は古いと買いたくありませんよね?

とくにパソコンは、性能が重視されているので、古いものは人気がありません。

性能が悪いパソコンをわざわざ買う人は多くありません。パソコンの性能は年式で判断されることが多いので、年式が古いパソコンは性能が低いと見られ、より新しいパソコンの方が高性能であると見られます。

パソコンの値段は年式によって大きく変わります。

不用品回収「KADODE」でパソコンを処分する方法

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
冷蔵庫の回収費用5000円~
受付時間24時間対応
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

パソコンの処分方法を紹介してきた中で、手軽に処分ができる不用品回収業者を紹介しました。

ここでは、不用品回収業者の中でおすすめの業者「KADODE」を紹介したいともいます!

KADODEとは

KADODEは広い地域で利用されている不用品回収業者です。関東以外の地方でも対応しているので、都市部以外にお住いの方でも利用することができます。

不用品回収業者は悪徳業者が多いですが、KADODEは信頼度が高い業者です。数多くの実績があり多くのリピーターがいるので、安心して依頼をすることができます。

24時間365日対応で、即日対応も可能なので、仕事で忙しくなかなか暇な時間が無くても大丈夫!深夜や早朝などの仕事の合間に利用することができるのが魅力的です。

KADODEで処分するメリット

不用品回収業者は様々な要らなくなったものを引き取ってくれます。

KADODEは回収に来る時、トラックなどの大きな車で回収に来てくれます。

パソコンだけでなく家にある要らなくなったもの、とくにタンスや冷蔵庫などの大きな家具や家電を引き取ってもらいたい時にとっても便利です。

家の中にあるものには粗大ゴミに出せないような捨てるに困るような物が意外と多いです。

そういったものを処分する時にKADODEを利用すると、簡単に処分することができます。

KADODEを利用することでパソコンだけでなく、家にある要らなくなった物をまとめて引き取ってもらえます!

パソコンの処分方法まとめ

今回は、パソコンの処分方法について解説してきました。

パソコンは個人情報の塊です。多くの情報がパソコン内にデータとして残っているので、パソコンを手放す時は必ず中のデータを完全削除しましょう。

パソコン内のデータが消去出来たら、KADODEを利用してパパっとパソコンを処分してしまいましょう!

→KADODE公式サイトはこちら