遺品整理の時期について徹底解説

不要なサーフボードの処分方法は?状態を見極めて適切な捨て方を決めよう

サーフボード 処分方法

シーズンが終わっていらなくなったサーフボードはどうして捨てよう…

ウォータースポーツで人気のサーフィン。サーフィンに欠かせないものは、サーフボードですよね。古くなったサーフボードやもう使わなくなったサーフボードは、その大きさから捨て方に困る方も多いかと思います。

この記事では、サーフボードの捨て方とその手順、注意点について詳しくご紹介いたします。お持ちのサーフボードの状態やご自身の状況に合わせて、処分方法を選んでみてください。

買取してもらえるサーフボードの特徴

買取してもらえるサーフボードの特徴

まだ状態の良いサーフボードをお持ちの方は、サーフボードを買取してもらうことも視野に入れているでしょう。そこで、ここでは買取をしてもらえるサーフボードとしてもらえないサーフボードの特徴をそれぞれご紹介いたします。

お持ちのサーフボードがどちらに当てはまるか、ここでチェックしてみてくださいね。

買取をしてもらえるサーフボードの特徴

買取をしてもらえるサーフボードの特徴

・老舗や有名ブランドのサーフボード
・状態の良い、または使用年数が少ないサーフボード
・買取相場が高いブランドのサーフボード
・人気のデザイン

買取をしてもらえるサーフボードは、状態が良く人気の高いブランドや定番ブランドのサーフボードとなっています。状態の良さや傷が少ないというのは最低条件となります。

保管方法などきちんとしていれば、状態が良く保つことができますので買い取ってもらいたいサーフボードは、しっかりと良い状態で保管することが大切です。

買取をしてもらえないサーフボードの特徴

買取をしてもらえないサーフボードの特徴

・傷が多くあるサーフボード
・ブランドのコピー品
・黄ばんでしまっているサーフボード
・古いサーフボード
・需要があまりないロングボード

買取をしてもらいにくいサーフボードとして、上記の特徴があります。

ブランドのコピー品や壊れている、黄ばんでいるボードは買取をしてもらえません。また、ボードの傷から内部に海水が入ってしまっている場合も難しいでしょう。

また、ロングボードですが需要が少ないので買取をしてもらえない場合もあります。

【サーフボードの捨て方①】自治体で粗大ゴミとして回収してもらう

自治体で粗大ゴミとして回収してもらう

家庭で出る不用品を自治体で処分してもらえる便利な粗大ゴミ回収!

サーフボードは、自治体で粗大ゴミとして回収してもらうことが可能です。自治体で粗大ゴミとして回収してもらえば、処分費用も低価格です。

粗大ゴミの回収をしてもらうには、いくつかの手順を踏む必要がありますのでしっかりと方法を確認して、間違いのないようにしたいですね。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・処分に急いでいない方
・使えないサーフボードをお持ちの方
・費用を安くしたい方

自治体の粗大ゴミ回収を利用して、サーフボードを処分したい方は、処分に急いでいない方にお勧めです。自治体の粗大ゴミ回収は、最短でも1週間、最長で1ヶ月程度申請を行ってからかかります。

また、粗大ゴミ回収は繁忙期になるととても混み合うので申請の電話が繋がらないこともしばしば。

粗大ゴミ回収の費用は、低価格なのでできるだけ安く費用を抑えたい方にお勧めです。各自治体によって処分費用は異なりますので、申請の前に金額を聞いておく必要があります。

注意点として、自治体によっては2m以上のサーフボードの回収を行っていません。ロングボードなどをお持ちの方は回収の対象なのかご確認ください。

手順

STEP.1
粗大ゴミの品目と料金を確認
粗大ゴミの品目と料金は、各自治体のホームページで確認してください。料金が記載されていない場合は、申請の際に聞いてみてください。
STEP.2
粗大ゴミ回収の申請を行う
申請は、自治体によって電話とウェブで異なります。指定された方法で申請を行いましょう。電話での申請の場合、繋がるまで時間がかかる場合があります。
STEP.3
粗大ごみ処理券を購入する
粗大ゴミ処理券は、コンビニなどで購入することができます。指定の金額分を購入しましょう。払い戻しや返金はできないので、間違いのないように購入しましょう。
STEP.4
回収日を待つ
指定された回収日の朝に指定の場所にシールを貼った粗大ゴミをおきましょう。シールは剥がれないように、しっかりと見やすい位置に貼ってください。

【サーフボードの捨て方②】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する

サーフボードを捨てるにあたって、とても便利なのが不用品回収業者へ依頼して処分してもらうことです。

自宅まで取りに来てもらえ、日時も指定できるので忙し方などに向いています。また、長さが270cm以上あるロングボードでも回収してもらえるので、ロングボードを処分したい方にとってとてもありがたいですね。

不用品回収業者は、不用品を処分するプロですのでわからないことや不安な点がある場合は、サーフボードを処分したい趣旨を伝え問い合わせをしてみましょう。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・今すぐ処分したい方
・手間をかけずに処分したい方
・処分の仕方がわからない方
・ロングボードを処分したい方

不用品回収業者は、最短即日で回収してもらうことができます。そのため、場所を取る大きなサーフボードをできるだけ早く処分したい方にとてもおすすめです。

また、ロングボードを捨てたい方は粗大ゴミでも難しい場合が多いので不用品回収業者に依頼することで手間をとることなく大きなボードを処分できますよ。

費用は、自治体の粗大ゴミ回収よりかかってしまいますがその分とても簡単なので人気があります。複数サーフボードを処分したい方にもおすすめです。

手順

STEP.1
KADODEに連絡する
おすすめの不用品回収業者KADODEは、LINE、問い合わせフォーム、電話での見積もり相談が可能です。お好きな方法で、問い合わせを行いましょう。
この時に、サーフボードを処分してもらいたいこと、そしてサイズなども伝えておくとスムーズです。
STEP.2
見積もりを出してもらう
見積もりは、現地またはウェブで行ってもらいましょう。
STEP.3
回収の当日は、指定場所で待つ
回収の当日は、あなたが指定した場所で指定の日時で待ちましょう。回収や運び出し等は、業者のスタッフが行ってくれるので何もする必要はありません!

【サーフボードの捨て方③】燃えるゴミとして捨てる

燃えるゴミとして捨てる

サーフボードを捨てる裏技として、燃えるゴミや可燃ごみとして捨てる方法があります。燃えるゴミとして出せば、費用も掛からず処分することができます。

サーフボードの素材は木材やポリウレタン、発泡剤などで樹脂でコーティングされていることが一般的です。そこで、このような素材の場合は、いらなくなったサーフボードを小さくカットして可燃ゴミとして捨てることができます。

各自治体の指定のゴミ袋に入るサイズまで小さくカットしていくのはとても大変ですが、電動ノコギリなどがあればカットしやすいでしょう。

工具などがないと素人では少し危険も伴いますので、できるかどうか見極めてから行ってください。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・工具など板をカットできるものがある方
・費用をかけたくない方

サーフボードを可燃ゴミで捨てることは可能ですが、あまりおすすめはできません。電動ノコギリなどの厚い木材なども簡単にカットできる工具をお持ちの方にはおすすめの方法です。

普通のノコギリでもカットできないことはないですが、時間がとてもかかってしまうのと、上手にカットできない場合もあります。

可燃ゴミで捨てる前に、お住まいの自治体にサーフボードを可燃ゴミで捨てることができるか確認しておくと安心でしょう。

手順

STEP.1
サーフボードの素材を調べる
まずは、サーフボードの素材を知りましょう。特殊な素材の場合は素人がカットできないものもあります。まずは調べてからカットを行うことをお勧めします。サーフボードを購入したお店などに聞くこともできます。
STEP.2
工具を準備する
サーフボードの素材によって必要な工具は変わってきます。まずは素材が分かってから工具を準備しましょう。
ホームセンターのコーナンなどは、工具のレンタルも行っています。持っていない場合は、このような工具のレンタルサービスを利用することもできますよ。
STEP.3
カットして可燃ゴミの日に出す
サーフボードのカットが終われば、可燃ごみ、燃えるゴミの日にゴミ袋に入れて回収場所に出しましょう。サーフボードのカットした破片は鋭利なこともあります。袋が破れないように袋を二重にして捨てることをおすすめします。

【サーフボードの捨て方④】リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップは、スポーツ用品用も取り扱っている店舗があります。そのような店舗では、サーフボードなども買取を行ってもらえる可能性が高いです。

しかし、リサイクルショップでは状態の良いサーフボードでも店舗の方針で買い取ってもらえないこともあります。事前にリサイクルショップへ持ち込む前にサーフボードが買取の対象なのかを聞いておきましょう。

サーフボードは、大きさや重さもそれなりにあります。リサイクルショップの場所によっては、車が必要なこともあります。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・状態の良いサーフボードをお持ちの方
・少しでも早く売りたい方
・車などでサーフボードを持ち込める方

リサイクルショップのメリットは、すぐにその場で買い取ってもらえるということです。お近くのリサイクルショップでサーフボードの買取を行っている場合は、ぜひ利用してみてください。

サーフボードでは、人気のブランドや老舗のブランドなどの場合高く買取をしてもらえる可能性があります。また、ノーブランド品に関しては無料でも引き取ってもらえない場合もあるので、ノーブランド品はご注意ください。

手順

STEP.1
サーフボードの状態を確認する
リサイクルショップへ持ち込む前に、きちんと動作するか自宅で確認しておきましょう。また、フィンなどが欠けていないかも確認しましょう。
STEP.2
サーフボードをリサイクルショップへ持ち込む
お近くのリサイクルショップへサーフボードを持ち込んでください。
STEP.3
査定してもらう
リサイクルショップの買取カウンターで査定を行ってもらいましょう。査定金額に納得がいけば、買取をしてもらうことができます。査定には10分〜かかりますので時間に余裕があるときに行うことをお勧めします。

サーフボードを回収してもらえるおすすめ不用品回収業者「KADODE」

KADODE

KADODE
対応エリア日本全国の広い地域
最安値プランSSパック 5,000円
対応可能業務不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど
営業時間24時間365日
ホームページhttps://kado-de.jp
電話番号0120-966-926

KADODEは、歴史は浅いですが実績が十分の不用品回収業者です。サーフボードを簡単に処分でき、最短即日で処分できるとあって忙しい方などに人気です。

サーフボード1つから処分してもことができ、サーフボード以外にも処分したい方はパック料金を利用することで他の不用品もまとめて処分することができます。

KADODEでは、24時間対応していますので深夜や早朝しか時間がない方にもおすすめです。

KADODEの対応地域

対応地域一覧
東京都、大阪府、福岡県、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、兵庫県、静岡県、奈良県、三重県、滋賀県、岐阜県、京都府、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県など

不用品回収業者のKADODEは、対応地域がとても広く日本の広い地域でサービスを利用することができます。KADODEは、最短即日で回収に来てもらえるので、お急ぎの方はお早めにお電話で問い合わせてみてくださいね。

サーフボードを処分する際の注意点

サーフボードを処分する際の注意点

サーフボードを処分する際は、無料回収トラックに注意しましょう。街中で無料回収とアナウンスをして巡回している軽トラックを見ることはありませんか?

そのような回収トラックは、許可を得ていない業者の場合もあり、利用することでトラブルの原因になる可能性があります。サーフボードの処分相場よりも大幅に請求されたり、無料と言われたのに料金を請求されたり、回収後に不法投棄されたりなどの被害が報告されています。

サーフボードを捨てたくても、巡回トラックを利用するのではなくホームページなどに会社情報がきちんと明記されている許可を得た業者に依頼しましょう。

サーフボードの捨て方まとめ

この記事では、サーフボードの捨て方について詳しくご紹介いたしました。サーフボードは、大きくて処分するのは大変ですよね。

どうしても手間をかけずにサーフボードを処分したい方には、不用品回収業者のKADODEを利用することをおすすめします。KADODEなら、オンラインで見積もりをしてもらうことも可能です。

各種クレジットカードも利用でき、サーフボードを最短即日で処分できるのでとても便利です。経験豊富なスタッフが対応しますので、少しでも気になる方はお問い合わせしてみてくださいね。