遺品整理の時期について徹底解説

スーツの宅配クリーニングおすすめ10社を比較!料金が安い・納期が早い宅配クリーニングならリネット

スーツの宅配クリーニングおすすめ10社を比較!

スーツのクリーニングって、店舗と宅配どちらがいいの?

急ぎなら店舗型、安さなら店舗も宅配もそんなに差はないかな

毎日のお仕事で着ることの多いスーツ。

できるだけ安くクリーニングしたいですし、急ぎでクリーニングしたいときもありますよね。

このページでは、大手宅配クリーニング業者10社のクリーニング料金や納期を比較。

スーツを洗うのにおすすめな宅配クリーニングを紹介しています。

日頃からスーツをキレイに保ち、相手に与える印象を良くしましょう。

この記事でわかること
  1. 仕上がりが早いのは店舗型クリーニング
  2. スーツのクリーニング料金は店舗型も宅配もあまり変わらない

スーツのクリーニングができる宅配クリーニング業者を比較

スーツのクリーニングができる宅配クリーニング業者を比較

宅配クリーニングサービス9社を比較しました。

 スーツ上下の
料金
送料日数
リネット上下で
1,610円~
条件つきで無料最短2日後~
リナビスビジネスコース
6点4,770円
(1点あたり795円)
無料
※1
最短10日後~
ネクシー上下で
1,680円~
条件つきで無料
洗濯倉庫上下で
1,160円~
条件つきで無料最短2日後~
せんたく便5点5,980円
(1点あたり1,196円)
無料
※1
最短5営業日~
クリコム上下で
1,500円~
条件つきで無料最短5日後~
キレイナ上下で
6,000円
条件つきで無料最短10日後~
クリーニング東京5点6,780円~
(1点あたり1,356円)
無料
※1
最短6日後~
ホワイト急便上下で
1,560円
条件つきで無料到着より
7日後~

※すべて税抜価格
※1 送料無料は、北海道・沖縄・離島を除く

料金の安さで選ぶなら、リネットか洗濯倉庫

リネットは一見高いようにも見えますが、初回の会員割引を利用すれば安くなります。

複数枚(3枚以上)まとめてクリーニングに出すならリナビスのパック料金を利用すると安いです。

品質で選ぶならキレイナですね。

クリーニング料金の安さで選ぶなら「リネット」

リネットでスーツをクリーニングする場合の料金は下記のとおり。

 通常料金(税抜)初回30%割引
スーツ(上)950円665円
スーツ(下)660円462円
上下合わせて1,610円1,127円

リネットは仕上がり品質の高さやコスパフォーマンス、便利さが人気の宅配クリーニングです。

一見すると少し料金が高い様に見えますが、実は「初回30%割引・送料無料」の特典があり、かなりお得に利用できます

初回割引を適用するには、最初の注文の時点で「プレミアム会員」と呼ばれる有料会員になる必要があります。

プレミアム会員の月額会費は390円(初月の会員費は無料)です。

お試しでクリーニングを利用する方も、会員になっておいて損はないです(初回料金が30%引きになるので)。

会員なら、2回目以降の送料無料の基準額が下がったり、納期が早まったり、クーポンや割引情報も配信されます。

リネットと同じくらい料金が安い「洗宅倉庫」

洗宅倉庫でスーツをクリーニングする場合の料金は下記のとおり。

 シルバー会員ゴールド会員
スーツ(上)850円680円
スーツ(下)590円480円
上下合わせて1,440円1,160円

※価格は税抜き

「洗濯倉庫」はコスパフォーマンスが良く、様々な使い方ができて便利な宅配クリーニングです。

洗宅倉庫にも、リネットと同じように会員制度があります。

洗宅倉庫の会員制度
  1. シルバー会員 …無料会員
  2. ゴールド会員 …月額280円の有料会員(初月無料)

ゴールド会員は初月の会員費が無料になるうえに、クリーニング料金も割引になるので、1回きりの利用だとしてもゴールド会員になった方がお得ですね。

他にもゴールド会員の特典としては、最大50%の割引がある、通常2,000円かかる送料が、4,000円以上の注文で無料になる、キャンペーン情報の配信、ポイント付与率アップなどがあります。

スーツをまとめて出すならリナビス

スーツをまとめてクリーニングに出す場合、一枚あたりの料金が一番安いのはリナビスです

料金は下記のとおり。

 料金1点あたりの料金
ビジネスコース
(スーツのみ最大6点まで)
4,770円795円
衣類3点コース
(スーツ以外も可) ※1
4,920円1,640円

※価格はすべて税抜き
※1 衣類コースは上記以外にも、5点・10点・20点コースがあります。

おせっかいなクリーニングということで定評のあるリナビス。
「おせっかい」というだけあって、たくさんの要望に応えるように色々なクリーニングサービスを提供しています。

中でも、スーツを一番安くクリーニングできるのは、「ビジネスコース」というスーツ上下のみ対象のコース

ビジネスコースの概要
  1. ビジネスコースの料金は4,770円(税抜)
  2. 対象となるのはスーツやワイシャツ、ネクタイなどビジネスで着用機会が多いもの
  3. レディススーツ、ブラウスも対象
  4. スーツ上3点、スーツ下3点(全部で6点)のクリーニングが可能(最低枚数は3点~)
  5. 納期は最短10営業日~(申し込み後3営業日以内に集荷キットお届け)

ビジネスコースで6点まとめて出す場合は、1枚あたり795円(税抜)という安さです。

ただ、ビジネスコースは納期が少し長めなので注意しましょう。

スーツ以外の服とあわせてクリーニングに出したい場合は、通常の衣類コースも利用できます。

納期の早さで選ぶなら店舗型クリーニング!東京23区内ならリネットも早い

納期の早さで選ぶなら店舗型クリーニング!東京23区内ならリネットも早い

納期の早さで選ぶなら、宅配クリーニングよりも店舗型クリーニングに出しましょう

宅配クリーニングはどうしても発送に日数がかかってしまいます。

地方なら、なおさら時間がかかるので店舗型クリーニング一択ですね。

ただ、東京23区内にお住まいなら、店舗型に負けないくらいリネットの納期も早いです。

超速配達サービスを利用すれば「18時までに預けた衣類を、翌日の21時~24時には配達」と、かなり早いので23区内にお住いの方はリネットも検討してみると良いと思います。

(※ただし、超速配達サービスは1注文あたり300円の利用料がかかります)。

スーツをクリーニングに出す際の注意点

スーツをクリーニングに出す際の注意点

スーツはお仕事や行事など、日頃から大事な場面で着るもの。

よりキレイに仕上げてもらい、無事に返ってきてもらうためにも、クリーニングに出す際に気をつけたほうが良いポイントがあります。

スーツをクリーニング出す際の注意点
  • タグの洗濯表示を確認する
  • 上下セットで出す
  • ポケットの中身を確認する
  • シミやほつれ、破れがないかチェックしておく

1:タグの洗濯表示を確認する

まずはタグの洗濯表示を必ず確認します。

洗い方の表示がすべて×になっているものは、クリーニング店でも取り扱いできません。

特に高級スーツなどは、洗濯表示がすべて×になっていることが多いです。

ちなみに、洗濯表示がすべて×になっているからと言って、クリーニングに出せないわけではありません。

特殊衣装もクリーニングできる業者(キレイナなど)に相談してみましょう。

2:上下セットで出す

スーツは、できれば上下セットでクリーニングに出しましょう

上着とパンツ、どちらか汚れてしまった方だけをクリーニングに出したくなることもあります。

しかし、どちらか一方だけをクリーニングに出すと、「片方だけ色合いが違う!」ということになりかねません

上下でチグハグなスーツは格好悪いですよね。

見た目のバランスを考えると、多少料金はかかりますが上下セットでクリーニングすることをおすすめします。

3:ポケットの中身を確認する

ポケットの中身を確認しておくことも大事です。

クリーニング店では、洗浄前にポケットの中身を確認して取り出すのが普通。

しかし、まれに見落としがあったり、取り出した物が紛失したりすることがあります。

プロとは言っても人間なので、絶対はないです。

万が一のときのために、なくして困るようなものが入っていないか見ておきましょう。

4:シミやほつれ、破れがないかチェックしておく

シミやほつれ、破れの有無も確認しましょう。

トラブルの防止はもちろん、より的確な依頼をするためです。

クリーニングに出す際、「このコーヒーのシミを落としてほしい」など具体的に伝えることができます。

宅配クリーニングであれば無料で対処してくれる業者もありますが、事前に伝えることでより満足のいく仕上がりになります。

スーツをクリーニングに出す頻度やタイミングは?洗わないとどうなる?

スーツをクリーニングに出す頻度やタイミングは?洗わないとどうなる?

スーツを洗う頻度については、「汗をかく量」と「スーツの素材」で考えましょう。

スーツをクリーニングに出す頻度は、下記のとおり。

 スーツを洗う頻度
春・夏最低でも2週間に1回
秋・冬1シーズンに1回

 
スーツにはホコリや汗、皮脂はもちろん、知らないうちに食べ物や飲み物のシミが付くなど、さまざまな汚れが付いています。

例えば、よく汗をかく春夏と、秋冬では当然洗う頻度が違います。

春夏のスーツは通気性のよい化学繊維を使用しているものが多く、こまめに洗ってあげないとニオイの元になりがちです。

さらに、汗の塩分や湿気によって生地の傷み・型崩れが起きるため、スーツの状態によっては1週間に1回など短い期間で洗ってもよいでしょう。

一方で秋冬のスーツは、春夏のスーツと比べてかなり洗う頻度が下がります。

その理由は汗の量だけではなく、秋冬のスーツの素材が関係しています。

秋冬物のスーツには、ウールを多く含む生地やフランネル、ツイードなど保温性や厚みのある生地を使用。

デリケートな生地のため、あまり洗いすぎると傷んでしまいます。

ですので、普段はブラッシングや陰干しなどの手入れをして、シーズンの終わり、または衣替えの時期に洗ってから収納しましょう。

ちなみにスーツを洗う際は、基本的にはクリーニングに出すことをおすすめします。

素材によっては自宅で洗えるものもありますが、汚れの落ち具合や生地へのダメージの少なさを考えると、自分で洗うよりもクリーニングに出した方がスーツを長持ちさせることができます。

パリッとした仕上がりで返ってくるため、見た目の印象もよくなるでしょう。

スーツのクリーニングにかかる日数・料金相場

スーツのクリーニングにかかる日数・料金相場

スーツは着る頻度が多く、クリーニングに出す回数も多いことから、料金や納期が気になります。

店舗型クリーニング、宅配クリーニング、それぞれの料金相場や仕上がりまでの日数をまとめてみました。

 店舗型宅配クリーニング
※単品料金の場合
スーツ(上)700~900円850~950円
スーツ(下)500~700円600~700円
上下合わせて1,200~1,600円1,450~1,650円
日数・お店に出してから最短で当日
・通常で2~4日
・集荷から最短で翌日
・通常では5~10日

 
※地域や店舗によって差があるため、おおよその参考価格です。

シンプルなスーツ(スカート)は、スーツ(ズボン)と同じくらいの料金で引き受けてくれるお店が多いです(店舗型・宅配クリーニングともに)。

また、防寒やオシャレのため、ジャケットの中にベストを着用する方もいると思いますが、ベストはスーツの下とほぼ同じ価格帯です。

上記の表を見てもらうとわかりますが店舗型クリーニングと宅配クリーニングを比べてみると、そんなに料金に差はありません

宅配クリーニングでは初回割引や会員割引があったりするので、実際にはもっと安く利用できるケースがほとんどです。

ただ、宅配クリーニングを利用する場合は送料がかかる場合もあるので、選ぶ際は送料も含めた料金で選ぶようにしましょう。

クリーニングでかかる日数については、やはり店舗型クリーニングのほうが早く仕上がることが多いです。

宅配クリーニングでも追加オプションを利用すれば、店舗と同じくらい早く仕上がる業者もあります。

宅配クリーニング業者を比較したい!という方はこちらの記事も参考にしてください。

【まとめ】急ぎでスーツをクリーニングしたいなら店舗型クリーニング一択

スーツのクリーニングは、夏場なら2週間に1度、秋冬は1シーズンに1回の頻度でクリーニングすることをおすすめします。

スーツのクリーニング料金は店舗型・宅配どちらも同じくらいです。

ただ、急ぎのクリーニングなら断然、店舗型クリーニングの方が早く仕上がります。

納期までゆとりがある方は、ぜひ質の良い宅配クリーニングも検討してみてくださいね。