くらしのマーケットの口コミ評判について解説

ソファクリーニングのおすすめ業者3選!注意点から自分で行う方法までご紹介!

ソファってクリーニングできる?自分で行う方法や業者を徹底解説

ソファのクリーニングを依頼できるおすすめの業者はどこ?

ソファのクリーニングって自分一人でもできる?

本記事ではこのような疑問をお持ちの方に向けて、ソファのクリーニング方法を詳しく解説していきます。

ソファのクリーニングは業者に依頼するのが一般的ですが、ある程度は自分で手入れが可能です。

クリーニング時の注意点、おすすめの業者など幅広く紹介していきますので、ぜひとも参考にしてくださいね。

クリーニングをした綺麗なソファで、気持ちよく過ごしましょう!

ソファのクリーニングをするには?

ソファのクリーニングをするには?

ソファのクリーニングは主に以下の2つの方法で行います。

ソファクリーニング方法

基本的には業者に依頼しますが、軽い汚れであれば、業者に依頼しなくても、自分でソファを綺麗に仕上げられます。

自分で行う方法と、業者で依頼する方法、それぞれのメリットやデメリットなどを詳しく見ていきましょう

自分で行う

ソファの汚れが酷くない場合は、自分でクリーニングができます。

ソファの素材に合わせて、適切なクリーニング方法を行う必要があるので、ある程度の知識が必要です。

非常に大変ではありますが、業者に依頼する方法に比べて、お金がほとんどかからないのが大きなメリットです。

ただし自分で行うクリーニングには限界があるので、徹底的に綺麗にしたい場合は業者に依頼したほうが良いでしょう。

業者に依頼する

自分で行うのは大変・面倒だと感じる場合は業者に依頼しましょう。

ソファの素材によって料金相場は大きく変動しますが、基本的には5,000円~10,000円ほどで利用できます

プロの力で徹底的に綺麗にしてもらえますし、シミ取りなどの専門的な作業も可能なのが大きなメリットです。

ただし料金はそれなりにかかるので、何度もクリーニングを依頼するくらいなら買い替えたほうが良い場合も。

コスパをよく考えて利用しましょう。

ソファクリーニングを自分で行う方法

ソファクリーニングを自分で行う方法

ソファクリーニングを自分で行う方法を紹介します。

布製・革製でそれぞれクリーニング方法が違うので、それぞれ解説していきますね。

布製のソファをクリーニングする方法

布製のソファをクリーニングする方法は以下の通りです。

STEP.1
掃除機などで表面にある汚れをとる
掃除機や粘着クリーナーなどを使って、ソファ表面の髪の毛やゴミなどの汚れをとります。座面や背もたれが取り外せる場合は、それぞれ取り外して汚れをしっかりと吸い取りましょう。
STEP.2
重曹やセスキを使って臭いをとる
重曹やセスキを使うと臭いが取れます。重曹を使う場合は、粉のまま振りかけて半日ほど放置したら掃除機で吸い取りましょう。重曹水やセスキ水を作ってスプレーする方法でも十分臭いが取れます。
STEP.3
シミがある場合は中性洗剤などを使う
シミをとる場合は中性洗剤が万能です。中性洗剤を含ませた布を使ってシミを叩いてください。その後、ぬるま湯を含ませたタオルで洗剤を拭き取り、乾拭きをしましょう。
STEP.4
座らずに十分乾燥させる
重曹水やセスキ水、洗剤などを使って濡れたソファはしばらくの間、座らずに乾燥させましょう。乾いていない状態で座ると新たに臭いが発生する可能性があります。

日常的には、掃除機などで表面の汚れを落とし、臭いが気になる場合は重曹水やセスキ水をスプレーするだけでOKです。

シミができてしまった場合は、洗剤などを用いてシミ取りを行いましょう

革製のソファをクリーニングする方法

革製のソファは基本的にクリーニングを行う必要はありません。

強いて言うなら、定期的に素材に合わせたクリームを使って手入れをしましょう。

皮の素材によっては、水や洗剤を使うと劣化してしまうので、注意してください。

どうしても汚れが気になる場合は、専門知識を持つ業者に依頼しましょう。

ソファクリーニングを業者に依頼する方法

ソファクリーニングを業者に依頼する方法

ソファクリーニングを業者に依頼する基本的な方法は以下の通りです。

STEP.1
業者を選ぶ
まずは自分に合った業者を探します。料金や実績など良く調べて業者を選びましょう。質の低い業者を選んでしまうと、ソファの汚れがさらに広がってしまったり、皮が劣化してしまったりするので注意しましょう。
STEP.2
依頼をする
業者を決めたら、住所や電話番号などの必要事項を入力して依頼を進めましょう。依頼をしてからキャンセルをすると、キャンセル料金がかかる可能性があるので、日時は慎重に決めましょう。
STEP.3
ソファのクリーニングをしてもらう
予約日時に、自宅に作業員が来るのでクリーニングをしてもらいましょう。ソファの大きさや、作業員にもよりますが、2時間ほどで作業は完了します。

業者に依頼すると、基本的には業者が自宅まで来てくれて、その場でクリーニングをしてくれます

自分でソファを店舗などへ持ち込む方法もありますが、手間がかかり料金も安いわけではないので、おすすめしません。

ソファクリーニングにおすすめの業者3選

ソファクリーニングにおすすめの業者3選

続いて、ソファクリーニングにおすすめの業者を3つ紹介します。

「どの業者を選べばいいのか分からない…」と悩んでいる方は、ぜひとも参考にしてくださいね。

ソファクリーニングにおすすめの業者3選

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ダスキン

業者・サービス名 ダスキン(ファニチャークリーニング)
料金 2,860円~
対応エリア 全国
支払い方法 クレジットカード・銀行振込・現金
特徴 ビニールレザーでも依頼可能

ダスキンのファニチャークリーニングでは布だけでなく、ビニールレザーのソファでもクリーニングが依頼できます。

料金はソファの素材・サイズ・エリアによって細かく分けられています。

例として、東京で依頼する場合は、布の1人掛けソファで4,537円~です。

汚れの度合いによって、料金は高くなるので注意しましょう。

ダスキンはハウスクリーニングに非常に定評のある業者なので、ソファのクリーニングにおいても非常に技術が高いです。

口コミも非常に良好なので、安定感のあるソファクリーニングを依頼したい場合はダスキンのファニチャークリーニングがおすすめですよ。

もちろんソファクリーニングと一緒に、家の別の個所のクリーニングも可能です。

ソファと一緒に自宅をピカピカにしてみてはいかがでしょうか。

くらしのマーケット

業者・サービス名 くらしのマーケット(ソファクリーニング)
料金 4,000円~9,000円
対応エリア 全国
支払い方法 オンラインカード決済・現金
特徴 口コミを見て業者を選べる

くらしのマーケットは、暮らしに関するさまざまな依頼ができるサービスです。

さまざまな業者が登録しており、口コミや情報を見ながら自分に合った業者を選べます

個人でソファクリーニングをしている人から、会社としてソファクリーニングをしている業者まで、数多くの出店者がいます。

口コミだけでなく、アイコンの写真の雰囲気や、今までの実績などからも選べるので、後悔しにくいのが大きな特徴です。

また、気に入った業者に何度も依頼することも可能なので、一度お気に入りの業者が見つかれば、何度も安定したクリーニングをしてもらえます。

料金は業者によって大きく変わるので、値段と質・口コミなどのバランスを考慮して業者を選んでくださいね。

くらしのマーケットの口コミ評判を知りたい方はこちらの記事もチェック!

くらしのマーケットでの引っ越しって安いの?評判や料金相場など徹底解説 くらしのマーケットでの引っ越しって安いの?評判や料金相場など徹底解説

おそうじ本舗

業者・サービス名 おそうじ本舗(ソファ・椅子クリーニング)
料金 5,000円
対応エリア 全国
支払い方法 クレジットカード・楽天ペイ
特徴 専用の機材とプロの技で布製のソファを徹底クリーニング

おそうじ本舗では布製のソファをクリーニングしてもらます。

おそうじ本舗は、ハウスクリーニングや家事代行などに定評のあるサービスなので、専用の機材を使ったクリーニングが大きな魅力です。

布製のソファにしか対応していませんが、その分非常に技術が高いので、安心して依頼できます。

2人掛けのソファで料金は5,500円と分かりやすいのも嬉しいポイントですね。

布製のソファのクリーニングを依頼する場合は、おそうじ本舗が安定です。

おそうじ本舗の他のメニューも一緒に依頼できるので、ついでに家の中で綺麗にしてほしい箇所があれば相談してみましょう。

おそうじ本舗の口コミ評判を知りたい方はこちらの記事もチェック!

おそうじ本舗 評判 おそうじ本舗がひどいって評判は本当!?悪評・クレームが多いハウスクリーニングなのか徹底調査!

ソファのクリーニングをする際の注意点3選

ソファのクリーニングをする際の注意点3選

最後にソファのクリーニングをする際の注意点を紹介します。

それぞれしっかりと確認して、後悔することのないようにしましょう。

特殊な生地だと高額になる可能性が高い

ソファのクリーニングは特殊な生地だと高額になる可能性が高いです。

特に本革のソファのクリーニング・手入れは専門的な知識・機材が必要なので、布などと比べると圧倒的に高額になります。

そのため、特殊な素材のソファは、日頃から汚れないように手入れをしておくことが重要です。

素材によっては縮むことも

ソファのカバーごとクリーニングをする場合は、カバーの素材によっては縮むことがあります

自分でクリーニングをする際は、素材の状態、クリーニング方法をしっかりと考えて、業者に依頼する場合は、事前に確認しておきましょう。

無理に自分で行わない

ソファのクリーニングは、無理に自分で行わないようにしましょう。

特にシミ取りは自分で行うと、更にシミが広がってしまう可能性があります

日頃から、簡単に洗濯ができるソファカバーを付けるなどして、ソファにシミがつかないようにしておくと良いですよ。

もしシミがついてしまったら、プロに任せたほうが無難です。

ソファのクリーニングまとめ

ソファのクリーニングは、ソファの素材によってクリーニング方法が大きく変わります。

また、簡単なゴミや汚れをとったり、臭いを取るのは簡単ですが、シミを取るのは慣れていないと難しいです。

場合によってはシミがさらに広がってしまう可能性があるので、無理に自分で行わないようにしましょう。

ソファのクリーニングを行っている業者は、さまざまありますが、技術が疎かな業者も少なくありません。

口コミや評判、実績などをしっかりとチェックして、自分に合った業者を選びましょう