遺品整理の時期について徹底解説

粗大ゴミの回収券はコンビニで買える?貼り方や使い方、注意点をご紹介!

コンビニ 回収券

自治体が行っている粗大ゴミの回収はとても便利ですよね。低価格で粗大ゴミを捨てられるとあって、利用したいという方も多いでしょう。

しかし、粗大ゴミを自治体に回収してもらうまでの手順などは、初めてする方などには少々複雑で、シールの買い方や貼り方、手配の仕方などわからない!という方は多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな方のために粗大ゴミの回収券の買い方、シールの貼り方、手配の仕方などを詳しく解説いたします。

ぜひ、この記事を参考にして粗大ゴミを回収してもらってみてください。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券とは?

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券とは?

ゴミ処理券とは、自治体にて粗大ゴミを回収してもらう際に購入する必要があるものです。コンビニなどで気軽に購入することができ、粗大ゴミのサイズに合わせて料金は異なるのでそれに合わせて購入する必要があります。

ここでは、このゴミ処理券の料金などについて詳しくご紹介していきます。参考にしてみてください。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券とは?

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券は、家庭で出た粗大ゴミを自治体に回収してもらう際に粗大ゴミに貼付するシールのことです。

自治体によって料金などが変わります。また、品目によって料金が変わるので、事前に回収してもらいたい粗大ゴミのサイズを確認して、それに当てはまる料金の券を購入してください。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の料金

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の料金は、自治体によって異なります。

しかし、基本的にとても安価です。

料金は、200円〜数千円程度で設定されています。サイズが大きくなると基本的に、料金も上がっていくので大型家具などの場合は、数千円程度になるでしょう。

詳しい料金は、自治体のホームページで確認してください。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券が必要ない場合

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券が必要のない場合をご紹介いたします。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券は、基本的に自治体の有料粗大ゴミ回収において必要です。そのため、燃えるゴミで捨てることが可能な場合は、必要がありません。

例えば、元々大きな家具であっても、自分で解体して燃えるゴミの回収の袋に収めることができれば、粗大ゴミとしてでなく燃えるゴミとして捨てることができます。

必要のない物
  • 家電リサイクル法の対象品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機)
  • 小型家電リサイクル法の対象品目(パソコン、ゲーム機、デジカメ、プリンターなど)
  • 有害性・引火性・危険性のある物、著しく悪臭を発する物、毒物
  • 事業で発生した粗大ごみ、オフィス家具類
  • 消火器、タイヤ、金庫、ピアノ、大型バッテリー
  • 石油類
  • プロパンガス・酸素などのガスボンベ
  • 石・砂・土などの自然の物
  • 長さや高さが180cmを超えるもの(スキー板、サーフボード、釣竿など)
  • 大人2人で持ち上げられないような重量のある物

このように手間はかかりますが、無料で捨てることができるので、解体などができる方にはおすすめと言えます。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の購入方法・買い方

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の購入方法・買い方

粗大ゴミ回収シールは、ご自身で購入して粗大ゴミに貼る必要があります。

この購入する際は、コンビニなどで気軽に購入することができますが、そのほかにも様々な場所で販売されています。ここでは、ゴミ処理券の買い方、支払い方法について詳しく解説いたしますので、確認してみてください。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券を購入できる場所

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券を購入することができる一番馴染みのある場所は、コンビニです。

粗大ごみ収集シール取扱店で取り扱っています。これは、家の近くで探してみてください。

取り扱いのあるコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ

コンビニなどでは、レジで購入したいことを話すと、サイズを聞かれるので伝えましょう。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の支払い方法

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の支払い方法は、基本的にクレジットカードや交通系電子マネーの利用はできません。

購入するには、現金のみとなりますので注意してください。

ゴミ処理券を使って粗大ゴミを回収してもらうまでの手順

ゴミ処理券を使って粗大ゴミを回収してもらうまでの手順

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券を使って粗大ゴミを回収してもらう手順をここで紹介いたします。慣れるととても簡単ですので、是非参考にしてみてください。

【ステップ1】回収の対象か調べる

粗大ゴミの回収を自治体に依頼する初めのステップとして、回収の対象である物かどうかを確認しましょう。

基本的に危険物などは、回収の対象外となります。また、エアコン、テレビ、洗濯機(衣類乾燥機等)、冷蔵庫も家電リサイクル法によって処分しないといけないため、自治体では回収の対象外となります。

このほかにも、回収してもらえないものなどが細かく自治体のホームページなどに記載されていますので、必ず初めに確認しましょう。

表などに記載されていないものなどは、電話窓口で直接聞くと教えてもらうことができます。

【ステップ2】粗大ゴミ回収受付窓口に連絡

粗大ゴミを回収してもらうには、窓口に電話をして収集日、収集場所、収集品目を伝える必要があります。

各自治体には、粗大ゴミ回収に関する窓口がありますので、お住まいの自治体のホームページをご確認ください。

自治体の粗大ゴミ回収は、地域によってはとても混み合っています。そのため、電話が全然つながらないということも珍しくはありません。

また、やっと電話がつながっても収集日は最短で2週間後ということもあります。収集の希望日は、余裕をもって決めるようにしましょう。

年末年始や大型連休前、2月、3月などは、特に混み合うことが予想されます。そのような繁忙期を避けて、お願いするようにしましょう。

【ステップ3】粗大ゴミ処理券を購入する

受付が終了したら、粗大ゴミ回収シールを購入しましょう。先に紹介した、コンビニやスーパーなどで購入することができます。

料金は、それぞれ品目によって手数料が設定されていますので、その手数料に合ったシールを購入しましょう。(料金は、自治体ホームページにて事前に確認しておいてください。)

購入する際は、クレジットカードなどのキャッシュレス決済は使用できませんので、現金をご用意ください。

粗大ゴミの処理券は返品、交換等ができないので間違いのないように、購入前に再度確認してください。

【ステップ4】粗大ゴミ処理券に必要事項を記入する

粗大ゴミ処理券には、収集日、氏名を記入する場所があります。(自治体によって違う場合があります。)

シールを貼る前に、粗大ゴミ処理券に必要事項を記入してください。間違えの無いように、消えないペンで記入をします。

記入が終わったら、シールを粗大ゴミ本体に貼り付けてください。貼り付ける場所は、平面で見やすい位置がおすすめです。

家具などの裏などに貼ると、作業員のかたが見つけられない可能性がありますので注意です。

【ステップ5】回収日の朝に粗大ゴミを指定された場所に出す

シールに記入し、粗大ゴミに貼り付けるとあとは回収の日を待つのみです。

回収日の当日朝に、粗大ゴミを指定の場所へ運び出します。前の日の夜などに粗大ゴミを出す人もいますが、基本的にはNGなので注意してください。

また、粗大ゴミはとても大きい場合が多いので、歩道などにかからない場所、また、車の邪魔にならない場所におきましょう。

道路にはみ出していないかなどをチェックしてください。

【ステップ6】粗大ゴミを回収してもらう

収集日の朝に指定の場所に粗大ゴミを出したら、全て完了です。何も問題がなければ、そのまま回収されます。

何か問題がある場合、回収されずそのまま残っているはずなので、指示に従いましょう。

少し手間はかかるものの、格安で粗大ゴミを処分できるので、とても便利ですよね。あなたも、早速、粗大ゴミを回収してもらいましょう。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の品目ごとの料金相場

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の品目ごとの料金相場

自治体ごとに、粗大ゴミの回収費用、手数料は異なります。ここでは、目安として相場の値段をご紹介していきますので、参考にしてください。

基本的に、大きさが大きい粗大ゴミなどは、1000円を超えることがあります。しかし、基本的には1000円以内で収まる価格になっています。

重量のあるタンスなどは、2000円を超える地域もあるようです。

いす(応接用いすを除く。)200円〜
車いす400円〜
テーブル800円〜
テーブル(座卓)600円〜
両そで机2,400円〜
机(両そで机を除く。)1,600円〜
卓球台2,600円〜
鏡台800円〜
ベッドマット800円〜
テレビ台400円〜
敷物(カーペット、ホットカーペット)4.5畳以上400円〜
ダブルベッド(ベッドマットを除く。)2000円〜
ソファーベッド1200円〜
自転車600円〜
仏壇1000円〜
リヤカー1000円〜

各自治体では、とても細かく各品目に対して料金が設定されており、自治体ホームページなどで確認することができます。

また、大きな粗大ゴミだけでなく、キーボードや電気毛布、ステレオなどのどうして捨てていいかわからないようなものまで回収してもらうことができます。

捨てたい粗大ゴミがある際は、是非、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用して見てはいかがでしょうか。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の注意点

粗大ゴミの回収シールを初めて利用する方は、是非行動に移す前に注意点を確認してください。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の注意点をここでご紹介いたします。貼り方や購入時の注意点など、知っておいた方が良いことですので是非確認してみてください。

返品はできない

「粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券を多く購入してしまった」、「使わなかったから返品したい」などあることでしょう。

しかし、粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券は、一回購入すると基本的に返品することができません。

これは、コンビニやクリーンセンター、ゴミ処理場などでも同じです。

返品ができないため、余ってしまった場合は、他の人に譲ったりしましょう。また、粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券には、有効期限がありませんので後々使うときのために取っておくのも良いでしょう。

余るということがないように、受付を済ませてから購入することをおすすめします。

無記名などは避けたほうが良い

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券は、収集日と氏名を記入する箇所があります。

基本的に氏名には、フルネームで名前を書くのが好ましいです。しかし、このご時世ですからプライバシーなどを考えてフルネームを書きたくないという方もいるでしょう。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券にフルネームを書くことに抵抗がある方は、苗字、または名前だけでも構いません。また、体験談としてカタカナで書いても回収されたとの声もあります。

このように、カタカナもしくは苗字、名前、での記入は大丈夫そうですが、無記名となると、回収されない場合があります。

回収されないと、手続きなどを再度しないといけないため、とても面倒です。確実に回収してもらいたい場合は、フルネームでシールに記入することをおすすめします。

剥がれないようにシールを貼り付ける

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券は、シールとなっているため、回収してもらいたい対象の粗大ゴミに貼り付けて、外に置くことで回収をしてもらえます。

もし、シールなどが剥がれてしまった場合は、当たり前ですが回収してもらうことができません。

そのようなことが内容に、平面な場所にしっかりとシールを貼り付けましょう。シールには記入しないといけないところがあります。

剥がれそうな場合は、記入が終わった後に上から透明のガムテープなどで補強すると良いでしょう。

ガムテープで補強する際は、しっかりと記入しているところが見えるようにして貼りましょう。

粗大ゴミ回収シール・ゴミ処理券の買い方まとめ

この記事では、粗大ゴミの回収の手配の仕方などをまるっとご紹介いたしました。

いかがでしたか?ご自身でもできそうでしたか?少し自信がない、という方は自治体に電話して確認してみてください。丁寧に教えてもらえるはずです。

それでも難しいという方は、不用品回収業者KADODEをおすすめします。

面倒な手配などは一切なく、とても簡単に依頼ができ、粗大ゴミを処分することができますので是非ご利用ください。