遺品整理の時期について徹底解説

粗大ゴミの引き取り/処分方法|おすすめの業者や処分方法を徹底解説!

粗大ゴミって引き取ってもらえるの?

粗大ゴミの処分方法を全て詳しく知りたいよね。

粗大ゴミを引き取ってもらうのはなんだか難しそう!気分でどこまでしないといけないの?と疑問に思っている人も多いでしょう。

安心してください!この記事で、粗大ゴミの処分方法を詳しく紹介していきます。自分にあった処分の仕方を選んでみてくださいね。

→KADODE公式サイトはこちら

粗大ゴミの処理方法に関する基礎知識

重くて運びにくい上に、どうやって処分すれば良いのか分らないのが粗大ゴミ。

一般的になかなか捨てることがない品物が多いため、いざ捨てるとなるとその処分方法に困ってしまう方も多いです。

そんな粗大ゴミですが、実は手軽に処分できる方法があるのをご存じですか?

今回は粗大ゴミの処分方法について、どのような方法があるのか全て解説していきます。

一般的に粗大ゴミとは

そもそも粗大ゴミとはどのようなゴミのことを指すのでしょうか?

実際は各自治体の規定にもよりますが、高さ・幅・奥行きのいずれかが30センチを超える品物は一般的に粗大ゴミ扱いになります。

材質などは関係ないため、家具などの木材製品や自転車などの鉄製品、布団などの綿製品などが全て該当します。

また大きさが小さくても、燃やす前に解体する必要がある小型家電などの電化製品も粗大ゴミと同じ扱いになります。

そのため、小さいからといって普通のゴミと同じように処分できないので注意が必要です。

なかには自治体では回収してもらえない品物もあるので、処分する際はそのような商品に該当していないかの確認も必要です。

粗大ゴミで回収してもらえない品目はある?

先ほど少し触れたように、中には自治体などでは回収してもらえない品物もあります。

その代表格とも言えるのが、家電リサイクル法に該当する品物です。

家電リサイクル法とは、ある特定の家電製品を処分する際に、必ずリサイクルすることを義務付けた法律です。

これにはエアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機などが当てはまります。

これらを品物の回収は、家電量販店や回収業者が行っており、リサイクル費用は消費者が負担することになっています。

また、パソコンの特殊機器も粗大ゴミの対象外であり、同じく家電量販店や専門の業者に引き取りを依頼しなければいけません。

普通の粗大ゴミと比べて処分にかかる費用が高くなってしまうことが多いです。

代表的な家電リサイクル法対象粗大ゴミ
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン

粗大ゴミの引き取り/処分方法6選

それでは肝心の処分方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

単に粗大ゴミを処分すると言っても、今すぐに処分したい方や少しでも費用を安く済ませたい方など、人によって処分の方法は変わってきます。

ここでは粗大ゴミの処分方法について6つの方法を紹介します。

それぞれメリットとデメリットがあるので、皆さんに合った処分方法を見つけてみてください。

【1】不用品回収業者に回収を依頼する

最初に紹介する方法が不用品回収業者に依頼する方法です。

業者に依頼すると聞くと、非常に大げさに聞こえるかもしれませんが、実はそうでもありません。

基本的に粗大ゴミを処分しようとすると、どのような方法を使っても処分するのに費用がかかってしまいます。

また先ほど紹介したエアコンやテレビなどの電化製品は、普通に処分しようとしても最低5,000円近くはかかってしまいます。

不用品回収業者に依頼する場合は、単品よりも複数のゴミを回収してもらうことが多いので、どの業者も10,000円以上のところが多いです。

しかし業者に依頼してしまえば、品物の運び出しから回収、その後の処分までを全て引き受けてもらえるので、非常に手軽な方法になります。

【2】引越しのタイミングで引き取ってもらう

粗大ゴミが一番出やすいタイミングといえば、やはり引っ越しの際でしょう。

この引っ越しのタイミングで一緒に粗大ゴミを処分できたら楽ですよね?

実は依頼する引っ越し業者によっては、家具や家電などの粗大ゴミを一緒に引き取ってくれる事もあります。

とはいえ粗大ゴミの回収は引っ越し業者のメインではないので、回収できる粗大ゴミの量が決まっている場合や、引っ越し料金とは別に追加料金などがかかってしまう場合がほとんどです。

なので、引っ越しはするが処分したい物はそれほど多くない時などには、引っ越し業者に確認した上で回収を依頼するのが最善の方法といえるでしょう。

【3】解体して可燃ゴミとして処理

自分で解体できるのであれば、解体して可燃ゴミとして処分してしまうことも可能です。

基本的には一辺の長さが30センチ以内であれば粗大ゴミではなく可燃ゴミとして処分できます。

小さめの本棚やタンスなどの木製製品は、解体して処分してしまうのも一つの手になります。

小さく解体してしまえば、運び出しも楽になるので、重くて一人では運びきれない品物を処分する際にも実践することが出来ます。

ただし小さく解体しても、量によっては一度に回収してもらえない場合もあるので、何回かに分けて処分する必要があります。

また解体には専用の器具を必要とする品物もあるので、この方法を行う際は細心の注意を払い、自分で解体することが出来る品物のみを扱うようにしましょう。

【4】自治体に粗大ゴミとして回収してもらう

自治体に回収してもらう方法は最も一般的な粗大ゴミを処分する方法です。

しかし普通のゴミとは処分の仕方が違うので、どのように回収してもらうのかイマイチ分らない方もいると思います。

自治体に粗大ゴミを回収してもらうには、まずあらかじめ自治体に連絡して、処分する品物と量を伝える必要があります。

その後自治体の方から回収場所と日付の指定がされるので、当日になったら処分費用分の粗大ゴミ処理券を張り、回収してもらいます。

この粗大ゴミ処理券はコンビニや郵便局で買うことができるので、自治体にお願いして回収してもらう際には忘れずに購入しましょう。

【5】リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうのも一つの方法です。

理由があって処分しなければいけないが、まだまだ使うことの出来る家電や家具であっても、処分するとなるとリサイクル費用や回収費を取られてしまいます。

そんな時、リサイクルショップに持って行って買い取ってもらえれば、無駄な出費を抑えて処分することが出来ます。

しかし、一般的にリサイクルショップでの買取価格は、相場よりもかなり低めに設定されている場合が多いので、苦労して運んだのにお小遣い程度にもならなかったというケースが多々あります。

買取価格を少しでも上げるためには、購入時に付属していたスペアパーツや取扱説明書を綺麗に保管しておくことが大切になります。

またリサイクルショップに運ぶ前にきちんと掃除をしておくだけで、査定にかなり違いがあるので、そこは怠らないようにしましょう。

【6】知人や友人に引き取ってもらう

身の回りの友人や知人に、処分する予定の品物をほしがっている人がいれば、その人に引き取ってもらうのもよいでしょう。

もしそのような人を見つけられれば、処分する費用がかからずに処分できるので、お互いに有益な取引といえるでしょう。

また知人や友人であれば、取引の日時や場所も自分たちで決めることができるので、比較的自由な取引が可能です。

一方で、品物の運び出しや引き渡しは全て自分たちで行わなければならないので、大きい家具や家電を引き取ってもらう際には注意が必要です。

また品物をあげる際は、サイズの確認などを怠ると、搬入した後で予定していた場所に収まらないという事態もあるので注意が必要です。

【簡単】電話一本で粗大ゴミを引き取ってもらえる業者一覧

気軽で誰でも依頼することができる不用品回収業者ですが、なかには回収した品物を違法な方法で処分している業者もあり、依頼する際には注意が必要です。

また回収作業後に事前に聞いていた金額とは違う料金を請求されて、業者とのトラブルになってしまったケースもあります。

ここではそのようなトラブルに遭わないためにも、ここなら絶対安全というおすすめの不用品回収業者を紹介します。

【おすすめNo. 1】KADODE

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
ゴミの回収費用10,000円~
営業時間24時間365日
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★

全国19都府県という幅広い範囲で回収作業を行っているKADODEは、依頼件数や口コミが他の業者と比べても圧倒的に多く、信頼度が高いことが特徴です。

24時間365日営業していて、即日の依頼にも対応しているので、いつでも回収作業を依頼することができます。

またKADODEには定額パック料金というものが10,000円から用意されており、運搬料から回収品の運び出し作業までを全部請け負ってくれます。

これには全ての費用が含まれているため、あとで業者とのトラブルになりづらいこともポイントです。

こんな方におすすめ
  • どの業者に依頼すればよいのか分らない方
  • 急ぎで回収して欲しい方
  • 後でトラブルになることは避けたい方

ECOクリーン

ECOクリーン

ECOクリーン
主な対応エリア全国47都道府県
ゴミの回収費用1,000円~
営業時間24時間365日
お問い合わせ電話番号050-3186-4780
お問い合わせフォームhttps://form.ecoclean-fuyohin.com/site/form1/?src=wp_1_no
公式HPhttps://ecoclean-fuyohin.com/
口コミ評価★★★★

ECOクリーンは不用品回収業者の中でも珍しい全国47都道府県で回収作業を行っている業者になります。

口コミなどでも非常に満足度の高いECOクリーンは、他社と比べて圧倒的に料金が安いことで定評があります。

品物ごとの回収費用を公式HPに掲載しているので、処分したい品物をいくらで回収してもらえるのかがすぐに分るのが便利です。

また全国1000カ所以上にECOクリーンの拠点があるので、最短30分で回収に来てもらえるという点も他の回収業者と比べてもかなり早く、非常に魅力的なポイントである。

こんな方におすすめ
  • 自分の地域に対応している業者が分らない方
  • 回収料金が明確であって欲しい方
  • 急な回収を必要としている方

おかたづけ110番

110番

おかたづけ110番
主な対応エリア東京、埼玉、神奈川、千葉、※一部茨城も対応可
ゴミの回収費用12,000円~
営業時間24時間365日
お問い合わせ電話番号0120-911-107
お問い合わせフォームhttp://www.okataduke-110.com/app.html
公式HPhttp://www.okataduke-110.com/
口コミ評価★★★★

千葉を中心に関東を拠点として回収作業を行っているおかたづけ110番は、24時間365日営業で即日対応もしている業者です。

粗大ゴミの処分に時間を取られたくない方や、出来るだけ早く処分してしまいたい方におすすめの業者になります。

おかたづけ110番は処分にかかる料金を回収する不用品の量によって決めています。

そして回収作業を依頼する前にメールや電話などで、費用の見積もりを無料でしてくれます。

そういった点からも初めての方でも安心して回収を依頼することが出来ます。

また早割キャンペーンなどを頻繁に行っているので、うまく活用すれば回収費用をより安く済ませることができます。

こんな方におすすめ
  • すぐに処分したい方
  • 回収料金が明確であって欲しい方
  • 回収費用を安く済ませたい方

粗大ゴミを業者に引き取ってもらうメリット

普段はあまり処分しない粗大ゴミだからこそ、処分する際は専門の不用品回収業者に依頼してしまう方が手軽であることが分っていただけたと思います。

ここではさらにその回収業者に依頼するメリットについて、細かく分けて解説していこうとしていこうと思います。

電話一本で引き取ってもらえる

業者に依頼すると聞いて、複雑な手続きがあるのではないかと心配になった方もいると思います。

しかし、これまでに紹介した不用品回収業者を含め、多くの業者は電話一本で回収を依頼することができます。

またメールやLINEを使えばその場ですぐに無料の査定してくれる回収業者もあるので、回収にいくらかかるのかが不安な方も、とりあえず電話をしてみてはいかがでしょうか?

最短当日に引き取ってもらえる

多くの不用品回収業者が24時間対応しているので、いつでも回収を依頼することが出来るのも、業者に依頼する方法の強みになります。

上で紹介した回収業者はどこも即日依頼に対応しており、いつでも気軽に回収を依頼することが出来ます。

また相談次第では、深夜や早朝などの回収にも対応してくれるので、日中は忙しくて依頼することが出来ない方でも安心してお願いすることができます。

大量でも単品でも回収してもらえる

不用品回収業者は処分したい品物が一つしか無い場合でも依頼することが可能です。

基本的にはトラックでの回収になるので、一度にまとめて処分する方が適してはいますが、重い家具や家電の運び出しまでやってもらえるのを考えれば、単品でも業者に依頼してしまうのもいいでしょう。

また多くの回収業者が単品回収も対応しているので、費用が気になるのであれば、とりあえず電話して聞いてしまうのもおすすめです。

粗大ゴミを業者に引き取ってもらうデメリット

初めて粗大ゴミを捨てる方でも、気軽に依頼することが出来る回収業者ですが、デメリットも存在します。

一番大きなデメリットとしては、回収費用が高いことです。

業者に依頼した場合は、運搬から運び出し、その後の処分までを全て引き受けてくれるので、最低依頼金額がどうしても高くなってしまうというデメリットがあります。

回収無料を売りにしていても、運搬料やリサイクル費用といった部分で料金を請求される場合があるので、そうした点には注意が必要です。

粗大ゴミの回収を業者に依頼する際の注意点

上でもお伝えしたように、不用品回収業者の中には違法な方法で回収作業を行っている業者もいます。

見積もりに同意した上で依頼したら、トラックに乗らなかったなどの理由で通過料金を請求されてトラブルになってしまうことがあります。

家の中からの運び出しを依頼したら、扱いが雑で家の中の物を壊されてしまったといった事例もあるようです。

このような理由から、不用品回収業者に依頼する際には、営業許可書を持っているか、見積書を発行してくれるか、口コミはどうか、などを確認した上で依頼するのが安全な方法といえるでしょう。

【まとめ】粗大ゴミはKADODEで引き取ってもらおう!

今回は粗大ゴミの処分方法について様々な方法を紹介してきました。

もしその中で、自分に適した方法を見つけることが出来たのであれば幸いです。

結局どれがいいのかあまり分らなかった方は、まずは不用品回収業者に電話をして査定を依頼してみるのがいいでしょう。

大型の家具や家電は愛着が湧きやすい反面、重くて大きいのでその処分をどうしようか困ってしまいます。

だからこそ、そういった品物を専門としている回収業者に依頼をして素早く引き取ってもらうのがいいのではないでしょうか?