くらしのマーケットの口コミ評判について解説

布団を粗大ゴミで捨てる方法は?解体方法や自治体の粗大ゴミ回収を利用する方法

粗大ゴミ 布団 回収

布団は生活ゴミのような簡単に処分しようと思ってもできるものではないので、布団の出し方で迷ってしまうという人も少ないくないのが現状です。

なかなか布団を出せなく、そのまま使い続けています。

上記のような方も多いでしょう。しかしながら、出し時をすぎてしまった布団はというのは、機能がしっかりと働かなくなって、ちゃんと出し買い替えるということが必要です。

今回の記事では、布団を処分する方法をメインにお伝えし、合わせておすすめの不用品回収業者もご紹介致します。

布団を粗大ゴミとして捨てることができる?

布団を粗大ゴミとして捨てることができる?

布団は粗大ゴミなのかな?

上記のような疑問を持たれる方は少ないでしょう。

基本的に自治体では、粗大ゴミとして分類されることが多いです。また、処分方法や費用を下記の方でご紹介します。

布団の寿命はどれくらい?

人の頭の重さとしては、体重の約8%あり体重が60㎏ある方なら約5㎏の重さがあるということです。さらには、脳をクールダウンするために、頭皮や首など思うより以上の汗をかいてしまいます。

重たい頭を支えている枕は長い期間使用してしまうと、中身がヘタってしまい高さが低くなってしまったり、汗・皮脂などが付着することによって臭いの原因にもなりうるので、定期的な買い替えをする必要があります。

素材別買い替え目安

・フェザー(羽根) 2~3年
・ウレタンフォーム(低反発系) 2~3年
・わた 2~3年
・パイプ素材 3~5年
・そばがら 1~2年

*使用している状況やお手入れの仕方によっては、変わることがあるので注意が必要です。

布団の種類によって処分方法は変わる?

布団と言っても使われている素材によっては、たくさんの種類が分けられています。実際に布団、羽毛布団、羊毛布団、化繊布団などがありますね。さらに、横になった際に体圧がうまく分散するウレタン素材のマットレスだったり、電源に繋いで暖かくなる電気布団などという特殊的な布団も存在します。

種類別の処分方法

〇綿布団・・・中綿だけ取り出して打ち直し、座布団や綿入れなどというものにリメイクという形で有効活用できれば、外側のカバー布を可燃ゴミで処分するだけです。リメイクが困難な場合は、粗大ゴミとして全部処分することになります。

〇羽毛布団・・・羽毛布団は、中身と外側のカバーを分離して処分することは不可能です。理由としては、布団の中にある羽毛を取り出そうとしてしまうと、部屋中に羽毛が散乱するという大変なことになるからです。処分方法は、綿布団と同じように処分する際は決められている日に粗大ゴミとして出す必要があります。

〇羊毛布団・・・綿布団のように打ち直しが不可能なため、一度弾力を失ってしまったら処分するしかないです。羊毛布団も他と同様に粗大ゴミとしての扱いになります。

粗大ゴミとして処分する際の費用

粗大ゴミとして処分するときには、粗大ゴミの専用シールが必要になってきます。

粗大ゴミ専用シールは300円ぐらいの価格になっており、お近くのスーパーやコンビニなどで購入可能です。また、布団の大きさや個数にもよって変わってきてしまうため、お住いの市区町村のサイトなどを調べましょう。

【布団の処分方法①】可燃ごみとして捨てる

【布団の処分方法①】可燃ごみとして捨てる

布団は布製なので燃えるので、可燃ゴミとして処分することが可能になってます。しかしながら、基本的には1辺が30㎝以上あるものは可燃ゴミに出すことができません。

布団を可燃ゴミとして出す場合には、小さく切って処分するということになります。また、切って可燃ゴミとして処分することが可能なのは、綿布団のみになるので注意が必要です。

羽毛布団も解体はできるのですが、中に詰まっている羽毛を回収するのはとても困難です。

メリット

メリットとしては、

メリット

・お金がかからない。
・思い出したときにすぐに捨てることが可能。
・普段出しているゴミを出す場所にだすことが可能。

可燃ゴミとして出すと、お金がかかっても袋代くらいですみますのでとてもお得です。また、通常のゴミ出しの曜日に合わせて出すだけですので、予約なども必要ありません。

デメリット

デメリットとしては、

デメリット

・解体する作業に時間がかかってしまう。
・広いスペースが必要になってくる。
・少し力が必要。

解体する際にゴミが出たり、スペースが必要になるでしょう。少々面倒ですので、注意が必要です。

手順

最低限用意するもの

・解体したい布団
・ハサミ(裁ちバサミだとなおよし)
・リッパー(縫合されている糸を外すための裁縫道具)
・ゴミ袋
・マスク

①外側の布を最初に解体する

解体する際に糸くずなどが舞ってしまうので、最初にマスクなどを着用するのをおすすめします。布団の外側の布は2枚の布が縫い付けられていることが多いので、その縫い目をリッパーで解体し、中の綿を取り出し布と綿で分けましょう。

②外側の布を裁つ

裁ちバサミなどで外側の布を30㎝以下の大きさに切ります。ハサミの葉の奥側でちょっとづつ切り、ゴミ袋に入れましょう。

③綿を切る

ハサミで切ることが可能なものもあるのですが、掛布団の中の分厚い綿はハサミで切ることが難しい場合があるので、手で切り裂くというのがおすすめです。細かくし、ゴミ袋に入れて終わりになります。

【布団の処分方法②】不用品回収業者に依頼する

【布団の処分方法②】不用品回収業者に依頼する

「KADODE」などの不用品回収業者は、電話などをすれば即日で対応してくれたり、部屋まで取りに来てくれます。

他の不用品回収業者を利用する際は、家具や家電専門であったり、処分できる対象が限られている場合があるので注意が必要です。また、お住いの地域や業者によって価格帯が変動します。

チェックするポイント

・布団の回収をしてもらえるか
・自分が住んでいる場所は対応しているか
・お見積もりの価格が予算に見合っているか
・在宅時に来てもらうことが可能なのか

以上のポイントから不用品回収業者を慎重に選びましょう。

メリット

メリットとしては、

メリット

・布団をそのまんま回収してもらうことが可能。
・自力で運ばなくても良い。
・即日対応してもらえて、早く処分することが可能。

デメリット

デメリットとしては、

デメリット
・どうしてもお金がかかってしまう。
・価格などの見極めなどが必要。

手順

おすすめの不用品「KADODE」の場合

①電話かインターネットでお問合せ

予約をする前に概要の料金などをご案内されます。お急ぎの方は、電話で直接お問い合わせした方がスムーズに可能です。

②概要見積もり

「KADODE」は、お客様のご都合や状況に寄り添いプランをご提案してもらえます。無料での、出張見積もりも可能です。

③回収する日を予約

「KADODE」は最速で即日対応していて、お客様の都合にあった日時を選べます。

④当日に回収作業

回収する日の当日に再び作業員が計測器を使用し、正確な料金を出すので、料金などに納得いけば、そのまま作業してもらえます。

⑤お支払い

作業が終わった後に、お支払いになります。「KADODE」では、現金・クレジットカードが使用可能です。

【布団の処分方法③】リサイクルショップに買い取ってもらう

【布団の処分方法③】リサイクルショップに買い取ってもらう

基本的に布団は、新品または未使用でないと、リサイクルショップで買い取ってもらうのは難しいです。

しかしながら、店舗によっては中古でも受け付けているお店もあります。事前に調べておきましょう。

買い取ってもらえる可能性が高い布団

・使用感が全くない布団
・購入後の3年以内の布団
・3年以上でも未使用の状態の布団
・有名ブランド物の布団
・高級な羽毛布団

*新品でもタバコの臭いなどが染みついていたり、目立つ汚れやシミなどがある場合は、買い取りが難しいので注意しましょう。

メリット

メリットとしては、

メリット

・買い取ってもらえる可能性がある。
・店舗によっては、出張見積もりをしてもらえる。
・処分費ではなく、逆にお金がもらえる。

デメリット

デメリットとしては、

デメリット

・布団の状態が良くないと良い価格で売れない。
・出張見積もり・出張買取に対応していない場合は、自分でお店まで運ぶ必要がある。
・布団を持って行ったにも関わらず、売れなかったら無駄な労力になりかねない。

手順

お店に直接運んだ場合での流れをご紹介します。

①受付

買い取りをしてもらえる窓口で、布団を受け付けて番号札などを渡せれます。

②査定

査定する時間は、物・量や忙しさなどによって変わってきますが、10~20分ほどです。

③査定された結果の確認

番号で呼び出しがかかって、金額が告げられます。

④買取の契約

買取価格に納得がいけば、買取の契約が成立します。身分証のコピーを取って、所定ん買取契約書に記入して終了です。

【布団の処分方法④】オークションやフリマサイトに出品する

【布団の処分方法④】オークションやフリマサイトに出品する

最近ではインターネットによる、オークションサイトやフリマアプリなどが拡大しています。

そのようなため不要な布団をオークションやフリマアプリに出すことによって、買ってくれる人が現れる可能性というのが高くなります。

特に羽毛布団は高く売れることもあり、個人間での売買取引なのでトラブルになってしまう可能性もありますが、高い値段で売ることができたら嬉しいものです。

メリット

メリットとしては、

メリット

・スマートフォンで気軽に利用ができる。
・買い手が見つかる可能性が高くなる。
・利用がしやすい。

デメリット

デメリットとしては、

デメリット

・布団の発想で自分で行る必要がある。
・個人間での取引になるため、トラブルになってしまう可能性がある。
・いつどのタイミングで売れるかはわからない。
・場合によっては売れづらい。

手順

①商品の写真を撮る

まずは、布団の写真を何枚か撮りましょう。あらゆる角度から汚れなどがある部分まで写真を撮ります。

②商品の詳細を設定

オークションやフリマサイトなどで選択できるカテゴリーなどがあるので、そのからどの分類なのかを選びましょう。

③商品名と説明を入力する

その布団の名前を決め、詳細欄に細かく布団について入力しましょう。例えば、どこに汚れがあるのかや使用した年数など細かく書くことが大事です。

④配送方法を設定する

どのように配送するのかを決めます。それぞれによって配送料金も変わってきますので注意しましょう。

⑤販売する価格を設定する

その布団をいくらで販売するのかを決めましょう。高すぎる売れなかったり、安すぎても売れません。丁度良い価格設定にします。

⑥出品をする

出品するボタンなどを押したらおしまいです。

【布団の処分方法⑤】団体に寄付する

【布団の処分方法⑤】団体に寄付する

寄付するという選択もあります。自分にとって必要のない布団であっても、誰かにとっては必要不可欠なのかもしれません。

特に発展途上国や災害に見舞われてしまった地域などでは、布団などの物資を積極的に求めています。さらに、犬や猫などの保護をしている活動団体は、動物たちが眠る場所を快適にしたいがために布団を必要としているのです。

メリット

メリットとしては、

メリット

・社会貢献ができる。
・誰かのために、力になることが可能。

デメリット

デメリットとしては、

デメリット

・布団の発送を自らの力で行う必要がある。
・送料の負担は、自分で負担する必要がある。

手順

①申し込みを行う

書く寄付先によって異なりますが、インターネット上で申し込みを行ったり、電話で受け付けたり方法がいくつかあります。

②支援物資(布団)を梱包する

梱包する際に使用する箱は使用済みの段ボールでも良いのですが、なるべく新品の段ボールを使用しましょう。梱包に使われていた段ボールや新聞紙などは、リサイクルされ自然保護団体に寄付されるという仕組みになっています。

③料金を支払って集荷してもらう

荷物の準備が完了したら、集荷当日までに銀行で振り込み指定の金額を払いましょう。リサイクル家電の場合だと、集荷料金だけで振り込みとなるのでリサイクル料金は請求されません。なので、不用品を格安で処分することが可能ということです。

布団を処分してもらえるおすすめの業者「KADODE」

KADODE

KADODE
対応エリア 日本全国の広い地域
最安値プラン SSパック 5,000円
対応可能業務 不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど
営業時間 24時間365日
ホームページ https://kado-de.jp
電話番号 0120-966-926

おすすめの不用品回収業者「KADODE」をご紹介します。

KADODEは、年間実績4万件でお客様を最後までサポートしています。経験豊富なスタッフは、親身になって相談にものってもらえると評判です。

自分では処分できない粗大ゴミでも、電話一本で回収してもらうことができるので、おすすめです。不用品回収だけでなく、遺品整理なども行ってもらうことができます。

見積もりはとても簡単にしてもらえますので、お気軽にお問い合わせください。

【まとめ】布団は粗大ゴミとして捨てることができる!

寿命が過ぎてしまった布団は、このまま使っていても何の得もないです。腰痛になってしまったり、寝つきが悪くストレスの原因などになりかねません。

そのため寿命と感じたら処分しましょう。

今回の記事で、その布団の処分する方法をいくつかご紹介しましたので、自分にあう処分方法を実践することが重要です。

\布団を処分してもらえるおすすめの業者は「KADODE」/

不用品回収業者KADODEの評判・口コミをご紹介|リアルな口コミ投稿付き