遺品整理の時期について徹底解説

粗大ゴミを無料で回収してもらう方法|裏技を利用してお得にゴミを捨てよう

粗大ゴミ 無料

粗大ゴミを無料で回収してもらえる方法はないのかな?

上記のように無料で粗大ゴミを回収(処分)して欲しい方は少なくはありません。何かと粗大ゴミはお金がかかりそうなイメージですよね。

結論からいってしまうと、無料で回収(処分)することは可能です。しかし、全ての品目が無料で回収してもらえるというわけではありません。

この記事では、どのような粗大ゴミが無料回収の対象になるのか、また、その方法をそれぞれ詳しくご紹介いたします。

ぜひ、粗大ゴミを捨てるときの参考にしてみてくださいね。

粗大ゴミを無料で回収してもらうことは可能?

粗大ゴミを無料で回収してもらうことは可能?

先ほど前述した通り、粗大ゴミを無料で回収してもらうことは可能です。

しかしながら、ものによっては無料では回収できないという場合もありますので注意が必要になります。

家電リサイクル法の対象家電製品

・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・エアコン
・洗濯機、衣類乾燥機

上記の家電リサイクル法で、対象になっている家電製品の4つを処分する際は、一般的にリサイクル料金と収集運搬料金を支払う必要があります。

しかし、例外もあります。例えば、リサイクルショップに買取をしてもらった場合や不用品回収業者に買い取ってもらった場合などは、第三者の手に渡っているのでリサイクル料などを払う必要がありません。

このように、まだ使えるものなどは賢く買い取ってもらうことで、無料で回収してもらいましょう。

粗大ゴミの無料回収をしてもらえるもの

粗大ゴミの無料回収をしてもらえるもの

無料回収して欲しいものの状態や状況などによっては、家電リサイクル法の対象であっても無料で回収してもらえる場合があります。

ここでは、一般的に無料回収してもらいやすい物の特徴をご紹介いたします。

まだ使える家電

目立つ汚れや傷がないどうかや正常に動くかどうか、まだ使える家電なのかが無料回収してもらうための条件です。

家電一覧

テレビやモニター、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、掃除機、ロボット掃除機

回収を依頼する前に、その家電が正常にちゃんと動くのかを確認しましょう。掃除をして汚れなどが落とせるのであれば、事前にメンテナンスしておくことが重要です。

年式の新しい家電

無料回収の対象となる物として、年式の新しさも注意しなければいけません。

新しい年式の家電などは、壊れていない限り無料回収してもらえる確率が高まります。新しい年式というのは、3年以内を目安にしてください。

また、日本メーカーや有名メーカーの家電なども、無料回収だけでなく買取をしてもらえる可能性が高まります。

【粗大ゴミを無料回収してもらう方法①】不用品回収業者

不用品回収業者

大型家電などは、「KADODE」のような不用品回収業者に依頼をし処分してもらうことが可能です。

不用品の回収サービスは、自宅に眠っている不用品をまとめて回収してもらえるので、大型の家電以外にもまとめて処分できるので、回収したいものが多い方にピッタリな方法です。

不用品回収業者などに回収をお願いする際の費用は、業者によっては無料でない可能性もあるので注意しましょう。人件費・回収費・運搬費などが全部含まれている定額制のパックプランサービスを提供している業者、買い取りという形で無料で回収している業者がいます。

無料回収してもらう方法や条件

不用品回収業者では、基本的に人件費・回収費・運搬費がかかってしまうため、無料で回収してもらうことはほぼ不可能です。

ですが、不用品回収業者で買い取りという形で回収している場合でしたら、無料で回収してもらうことが可能になります。

回収といっても、買取なので最低限の品質でなければ難しいでしょう。前述した通りの条件をクリアしましょう。

メリット

メリットとしては、以下のことが言えます。

メリット

・無料で回収してもらえることがある。
・買い取りという形なので、逆にお金がもらえる可能性がある。
・不用品回収業者は、自宅にきて回収してもらえる。

不用品回収は、不用品を処分する専門の業者ですので一番手軽に、そして、スピーディにゴミを処分することができます。

おすすめの不用品回収業者である「KADODE」では、買取も行っていますので、一度見積もり、査定をしてもらってはいかがでしょうか。

買い取ってもらえない粗大ゴミは、有料にて回収してもらうことができますので、お急ぎの方にもおすすめです。

デメリット

デメリットとしては、以下のことが言えます。

デメリット

・買取価格によっては、有料になってしまう場合がある。
・買い取り対象外もあるので注意が必要。
・最低限の品質が必要。

不用品回収業者で買取を行っているところは多くありますが、まだ使えるものや価値があるもののみの買取となっています。そのため、ただの粗大ゴミである場合は、料金が発生します。

また、買取の対象外品目もあるので事前に確認することが必須と言えるでしょう。

【粗大ゴミを無料回収してもらう方法②】リサイクルショップ

リサイクルショップ

不要な家具・家電がまだ使用できる状態で、きれいな状態だった場合はリサイクルショップに買い取ってもらうことができます。こちらも回収というよりは、買い取りという形なので粗大ゴミとして処分するよりもいくらかが収入になります。

まだ使用できる状態の家具・家電を処分してしまうのがもったいないと感じる方も多いでしょう。そこでリサイクルショップで買取をしてもらい、欲しい方に購入してもらえれば役に立つことができます。

無料回収してもらう方法や条件

古い家具・家電や目立つ汚れや傷がついてしまっている家具・家電、リサイクルショップ内で在庫が多くあるものだと買い取りの対象にならないということもあります。

まずは、近くのリサイクルショップ店に問い合わせをして、買い取りができるのか確認することが重要です。

自宅で落とせる汚れなどは、買取をしてもらう前に綺麗にして置くことで、査定金額が若干上がったりする場合もありますので、実践してみましょう。

メリット

メリットとしては、

メリット

・買い取りという形なので、逆にお金がもらえる可能性がある。
・商品の状態が良ければ、高値で売れる場合がある。
・一回で多くの回収をしてもらえる。

無料回収というより、リサイクルショップは買取がメインですのでまだ使える家電だったり、家具は買取をしてもらえる可能性が非常に高いです。

また、場合によってはリサイクルショップに持ち込まなくても、回収査定に来てもらえることもあるので、足を運ぶ前に確認してみましょう。

デメリット

デメリットとしては、

デメリット

・リサイクルショップまで、荷物を運ばなければいけない。
・状態によっては、値段がつかない場合がある。
・買取してもらえない場合は、無駄足になってしまう。
・買取価格は低めに設定されている場合が多い。

リサイクルショップは、持ち込みが基本となっています。そのため、大きな家具や家電の場合は車などが必須になります。

また、値段がつかなかったり、買取をして貰えないものもあることを初めから知っておく必要があります。

リサイクルショップは、買取価格で言うとかなり低めに設定されていますので、高く売りたいなどの場合は避けるのが無難です。

【粗大ゴミを無料回収してもらう方法③】各種メーカー

各種メーカー

家電製品やブランド家具の場合、各種メーカーの引取サービスを利用できる場合があります。

メーカーによって大幅に違いますが、ここでは有名どころをご紹介いたします。

回収してもらう方法や条件

ソニーストアの回収条件や回収してもらう方法をご紹介いたします。

ソニーの引き取り条件

・ストアでお買い上げいただきましたテレビが、ご不要のテレビとなった
・これからストアでテレビをお買い上げいただくときに、ご不要となるテレビがある

引き取り条件としては、ソニーストアで購入したテレビまたは、これから購入する場合に限られています。

テレビの場合は、ストアに持ち込むことも可能となっています。

ソニーの引き取りにかかる最低費用

ストアに持ち込みの場合、1,870円(税込)

訪問での回収の場合は、これに別途で「収集運搬料金」と「訪問手数料」が発生しますので、できるならストアに持ち込むことをおすすめします。

また、ソニー製品でない場合は製品やサイズによって料金が異なりますので、窓口にお問い合わせください。

メリット

メリットとしては、以下のことが言えます。

メリット

・該当メーカーの場合は、格安で処分できる。

ソニーストアのように、該当の製品の場合は古いテレビでも格安で引き取ってもらうことができるためとてもお得です。

現在ある不用品のテレビのメーカーが回収サービスを行っているか

デメリット

デメリットとしては、以下のことが言えます。

デメリット

・少なくとも料金がかかる場合が多い。
・メーカーが引き取りに対応していないこともある。

持っている家電のメーカーが引き取りサービスを行っていれば良いですが、引取を行っていないことも多いので、ハードルが高いと言えます。

また、ソニーストアの場合は完全に無料ではなくサイズによって規定に料金が発生してしまいます。この場合、他の処分方法と比較して安い場合に利用するなど、場合によって選びましょう。

【粗大ゴミを無料回収してもらう方法④】情報サイトやメルカリなど

情報サイトやメルカリなど

粗大ゴミだったものが売れたらお金になります。

情報サイトやメルカリなどのフリマサイトでは、ありとあらゆる物が取引されているのをご存知ですか?

ここでは、情報サイトやメルカリなどを使って粗大ゴミを処分する方法をご紹介いたします。

無料回収してもらう方法や条件

情報サイトやフリマサイトで販売する条件はありません。

やり方としては、売りたいものの写真を撮影して、その品物についての詳細を記載しましょう。大型のものだから、発送できないということはありません。

家まで引き取りに来てもらうことを譲渡の条件とすることもできます。

比較的自由に粗大ゴミを処分することができますので、処分を急いでいない方におすすめする方法です。

メリット

メリットとしては、以下のことが言えます。

メリット

・条件を自由に設定することができる。
・需要があればすぐに処分することができる。

フリマサイトや情報サイトでは、条件を自由に設定できるので、引き取りのみにして発送の手間を省くことができます。

しかし、その分貰い手や購入する人の範囲を狭めてしまうことになるので、注意が必要です。

デメリット

デメリットとしては、以下のことが言えます。

デメリット

・需要がなければいつまでも処分できない。
・発送手続きが大変な場合がある。
・送料が発生する。

買い手やもらい手を探すためには、ある程度の適正価格で需要のあるものでないといつまで経っても処分できないという状況が発生してしまいます。

また、大きな家具や家電の場合、解体したり、発送する手間があるので労力を要する場合もあります。

自分で手配できそうかどうか、確認してみてください。

【粗大ゴミを無料回収してもらう方法⑤】家具家電量販店の引き取りサービス

家具家電量販店の引き取りサービス

家具家電量販店には、独自の引き取りサービスを行っている場合が多いです。

そこで、ここでは回収してもらう方法や条件などをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

無料回収してもらう方法や条件

一般的な条件

・該当の家電量販店で購入した品物。
・新しい製品を該当店舗で購入予定。
・新しく購入する物と同等のもの。

家電量販店や家具量販店には、引き取りの際の条件がそれぞれ細かく指定されています。わかりにくいこともあると思いますので、その際は実際にお問い合わせ窓口や店頭で相談してみてくださいね。

引き取ってもらう方法は、基本的に店頭に持ち込むまたは自宅まで回収に来てもらう2つの選択肢があります。料金なども異なりますので、ご自分に合った方法をご選択ください。

▼ニトリの家具引き取りサービスの詳細

ニトリの家具引き取りニトリの家具引き取りサービスとは?無料で家具を処分する方法と買取可能な商品をご紹介

▼ヤマダ電機の家電引き取りサービスの詳細

ヤマダ電機の家電引き取りサービスを徹底解説ヤマダ電機の家電引き取りサービスを徹底解説!料金・利用方法も合わせてご紹介!

▼メガマックスの家具引き取りサービスの詳細

メガマックスの家具引き取りサービスとは?メガマックスの家具引き取りサービスとは?お得に家具を処分する方法をご紹介!

メリット

メリットとしては、以下のことが言えます。

メリット

・格安で引き取ってもらうことができる。
・自宅まで回収しに来てもらえる場合もある。

普通に粗大ゴミを処分してもらう金額よりも格安で、しかも回収までしに来てもらえる場合が多いのでとてもおすすめです。

日時も指定できることもあるので、忙しい方にもぴったりですね。

デメリット

デメリットとしては、以下のことが言えます。

デメリット

・条件が厳しく当てはまらない場合は回収してもらえない。
・完全に無料でない場合が多い。

デメリットとしては、やはり条件が厳しいということが言えます。その店舗で購入したものなのに、同等のもの新規で購入しないといけないと言う条件の場合が多いので、

新しく家具や家電を購入する予定がない方にとっては、条件に当てはまらないでしょう。

粗大ゴミを無料回収してもらう方法まとめ

この記事では、粗大ゴミを無料回収してもらう方法について詳しくご紹介いたしました。粗大ゴミは、どうしても自分では捨てられなかったりする場合が多いですよね。

費用もかかってしまったら家計の負担になったりするので、できれば無料回収をお願いしたいものです。

不用品回収業者は、必ずお金がかかると思っている方が多いですが、実は無料回収してもらえることがあることをわかっていただけたのではないでしょうか。

もしお宅にある粗大ゴミがまだまだ使えそうなものであったり、値打ちがある場合は不用品回収KADODEにて、買取依頼をしてもらってはいかがでしょうか。