遺品整理の時期について徹底解説

スノーボードの処分方法4選|状態を把握して適切な捨て方を決めよう!

スノーボードの処分方法

古くなったスノーボードを捨てたい!だけど、捨て方がわからない。大きいし…。

いらなくなったスノーボードの捨て方に困ってしまいますよね。大きさも大きいので、そう簡単には処分できません。

スノーボードの処分方法は、ただ捨てるだけではありません。お持ちのスノーボードによっては、買取をしてもらうことができるかもしれませんよ!

まずは、お持ちのスノーボードの状態とご自身の状況を見極めて処分方法を決定しなければいけません。

本記事では誰でも簡単にスノーボードを処分する方法をいくつかご紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【スノーボードの捨て方①】自治体で粗大ゴミとして回収してもらう

自治体で粗大ゴミとして回収してもらう

スノーボードは、意外と知られていないですが多くは自治体の粗大ゴミとして回収してもらう事ができます。

スノーボードを粗大ゴミ回収を利用して処分することのメリットは、費用が安いことが挙げられます。業者に依頼するよりも安く利用できます。

自治体の粗大ゴミ回収は、回収までに1ヶ月程度を要する事もありますのでお早めにスノーボードの回収申請を行うことをおすすめします。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・処分に急いでいない方
・もう使えないスノーボードをお持ちの方
・少しでも費用を安くしたい方

自治体の粗大ゴミ回収は、このような人におすすめです。粗大ゴミ回収は、とても安価な事もあり多くの人が利用している関係で順番待ちをする必要があります。

最大で1ヶ月以上回収までにかかる事もあります。費用が安い分、待つのも大丈夫な人におすすめです。

早く回収してもらうためにも、できるだけ早くゴミ回収の申請を行う事が大切です。是非、粗大ゴミ回収を利用してスノーボードを処分しましょう。

手順

STEP.1
粗大ゴミの品目と料金を確認
粗大ゴミの品目と料金は、各自治体のホームページで確認してください。料金が記載されていない場合は、申請の際に聞いてみてください。
STEP.2
粗大ゴミ回収の申請を行う
申請は、自治体によって電話とウェブで異なります。指定された方法で申請を行いましょう。電話での申請の場合、繋がるまで時間がかかる場合があります。
STEP.3
粗大ごみ処理券を購入する
粗大ゴミ処理券は、コンビニなどで購入することができます。指定の金額分を購入しましょう。払い戻しや返金はできないので、間違いのないように購入しましょう。
STEP.4
回収日を待つ
指定された回収日の朝に指定の場所にシールを貼った粗大ゴミをおきましょう。シールは剥がれないように、しっかりと見やすい位置に貼ってください。

【スノーボードの捨て方②】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する

一番楽なスノーボードの処分方法として、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者は、不用品を処分するプロとしてとてもスムーズで素早くスノーボードを処分してもらう事ができます。

不用品回収業者を利用するメリットとして、最短即日で対応してもらう事ができる、また手続きなど面倒な事が一切ないという事がいえます。

電話一本でスノーボードを簡単に処分する事ができます。不用品回収業者と聞くハードルが高いと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありませんよ!

この後に、不用品回収業者に依頼する際の手順をご説明いたしますので参考にしてみてください。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・今すぐ処分したい方
・手間をかけずに処分したい方
・処分の仕方がわからない方

不用品回収業者の利用をお勧めしたい方は、今すぐスノーボードを処分したいまたは手間をかけずに処分したい方、処分の仕方がそもそもわからない方です。

スノーボードを捨てる手続きがめんどくさい、ややこしいことはあまりしたくない人でも電話一本なら簡単ですよね。おすすめの不用品回収業者はKADODEです。KADODEなら、オンライン見積もりも可能です。

KADODEなら、電話をかけなくてもオンラインで予約が完結します!お忙し方にもとてもおすすめです。是非、ご利用ください。

手順

STEP.1
KADODEに連絡する
おすすめの不用品回収業者KADODEは、LINE、問い合わせフォーム、電話での見積もり相談が可能です。お好きな方法で、問い合わせを行いましょう。
STEP.2
見積もりを出してもらう
見積もりは、現地またはウェブで行ってもらいましょう。
STEP.3
回収の当日は、指定場所で待つ
回収の当日は、あなたが指定した場所で指定の日時で待ちましょう。回収や運び出し等は、業者のスタッフが行ってくれるので何もする必要はありません!

【スノーボードの捨て方③】フリマサイトで購入者を探す

フリマサイトで購入者を探す

気軽に不要なものを売りに出してお小遣い稼ぎができるフリマサイト。

フリマサイトで購入者を探す事でスノーボードを自分の言い値で売る事ができます。スノーボードをフリマサイトで売るメリットとしては、リサイクルショップよりも高い値段で売れる可能性が高いことがいえます。

フリマサイトでは、自分ではもう必要ないスノーボードが誰かにとっては、とても価値にあるものに変わります。フリマサイトへの投稿は少し手間がかかりますが、自分の好きなタイミングで投稿でき買い手が見つかったらすぐに処分できるので、是非利用してみてください。

スノーボードをフリマサイトで売るにあたって、注意したいのが発送です。発送するにあたって、スノーボードはとてもサイズが大きいので送料も考慮して価格を設定する必要があります。注意してくださいね。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・フリマサイトを利用したことがある方
・処分に急いでいない方
・新しく、まだ使えるスノーボードをお持ちの方
・少しでも高く売りたい方

フリマサイトを今まで利用したことがある人にはおすすめですが、初めてでスノーボードのような大きいものを発送するのはハードルが高いでしょう。

また、自分のタイミングでスノーボードを売りに出せますが、買い手が見つかるまで処分することができませんので自分の希望のタイミングで処分したい方にはおすすめできません。

フリマサイトでは、少しでも高く売りたい方におすすめで、リサイクルショップよりも高値で売れる事も多いので相場をチェックしてみてください。

手順

STEP.1
フリマサイトに登録

まずは、フリマサイトに登録しましょう。登録が完了すれば、プロフィールを記入して取引スタートです。

STEP.2
商品を投稿

スノーボードのブランド、商品の詳細を確認して写真を撮りましょう。全て情報が揃ったら、フリマサイトにスノーボードを投稿しましょう。より細かくスペックを記載することで、売れやすくなります。

同じブランドなどのスノーボードの販売価格を参考にして価格を決定してください。相場よりも低いほど売れやすくはなりますが送料のことも考えて決めましょう。

STEP.3
購入者が決まったら、発送
購入者が決定したら、発送準備を行います。住所などを確認して、スノーボードを梱包しましょう。発送が完了したら購入者に発送を通知して、購入者が商品を確認したら完了です。

【スノーボードの捨て方④】リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらう

スノーボードを処分する一つの手段として、リサイクルショップが挙げられます。リサイクルショップは、スノーボードを気軽に持ち込んで査定してもらい買い取ってもらえるので、処分の難易度としてはとても低いです。

しかし、リサイクルショップによっては、スポーツ用品やスノーボードを買い取っていない店舗もあります。そのため、持ち込むリサイクルショップがスノーボードの買取を行っているか事前に確認しておきましょう。

リサイクルショップでスノーボードを買い取ってもらうおすすめの時期は秋、冬の初めになります。是非、一番高く査定してもらえる時期を狙って処分してみてくださいね。

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

・状態の良いスノーボードをお持ちの方
・少しでも早く売りたい方
・人気のあるブランドのスノーボードをお持ちの方
・老舗ブランドのスノーボードをお持ちの方

リサイクルショップを利用してスノーボードを処分する方法は、まだ使える状態の良いスノーボードをお持ちの方が限定になります。

リサイクルショップでも買い取ってもらえないスノーボードの場合、回収もしてもらえませんので無駄足となってしまいます。査定が高くなるスノーボードとしては、人気ブランドや老舗ブランドなどです。

エントリーモデルのスノーボードでも、状態が良い場合は査定金額が高くなる可能性が高いです。売る時に備えて、綺麗な状態で保管するように心がけてみてください。

手順

STEP.1
スノーボードの状態を確認する
リサイクルショップへ持ち込む前に、きちんと動作するか自宅で確認しておきましょう。また、付属品なども揃っているかチェックしてくださいね。

※亀裂や傷などの状態を確認してください。内部に海水が侵入してしまっている場合は買取は難しいでしょう。

STEP.2
スノーボードをリサイクルショップへ持ち込む
お近くのリサイクルショップへスノーボードを持ち込んでください。
STEP.3
査定してもらう
リサイクルショップの買取カウンターで査定を行ってもらいましょう。査定金額に納得がいけば、買取をしてもらうことができます。査定には10分〜かかりますので時間に余裕があるときに行うことをお勧めします。

スノーボードを回収してもらえるおすすめ不用品回収業者「KADODE」

KADODE

KADODE
対応エリア日本全国の広い地域
最安値プランSSパック 5,000円
対応可能業務不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど
営業時間24時間365日
ホームページhttps://kado-de.jp
電話番号0120-966-926

まだ歴史の浅い不用品業者KADODEですが、実績は十分あります。

最安値のSSパックでは、5,000円から依頼することができます。スノーボードも電話一本で処分ができるので、是非利用してみてください。

KADODEの対応地域

対応地域一覧
東京都、大阪府、福岡県、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、兵庫県、静岡県、奈良県、三重県、滋賀県、岐阜県、京都府、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県など

不用品回収業者のKADODEは、対応地域がとても広く日本の広い地域でサービスを利用することができます!

最短即日で回収に来てもらえるので、お急ぎの方はお早めにお電話で問い合わせてみてくださいね。

スノーボードを高く買い取ってもらうための方法

スノーボードを高く買い取ってもらうための方法

スノーボードを買い取ってもらいたい時に、少しでも高く売れたら良いですよね。そこで、ここではスノーボードを高く買い取ってもらうための方法をいくつかご紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

冬になる前に買い取ってもらう

スノーボードのシーズンは、まさに冬。

冬になるとスノーボードの需要は大幅に増えます。そのため、シーズンの少し前かシーズン中にスノーボードを買い取ってもらう、または売ることでシーズン外よりも高く売る事ができます。

春などは、シーズンが終わりスノーボードを手放す人が増えるため自然とスノーボードの販売価格も下がります。ぜひ、一番高い時期にスノーボードを売りに出してみてくださいね。

良い状態で買い取ってもらう

高く買い取ってもらう方法として、良い状態を保つ必要があります。日々の手入れや管理などをしっかりとして、普段から劣化を防いで置く事で、売る時に少しでも高く売る事が可能になります。

また、埃がかぶっていたりするスノーボードは、きちんと磨いて綺麗にしてから査定をしてもらうなど工夫が必要です。ブランドも大切ですが、見た目の綺麗さなども査定金額アップにつながりますので、ワックスなどで手入れをしましょう。

フリマサイトやオークションを利用する

少しでも高く売る方法として、フリマサイトやオークションを利用してみましょう。

リサイクルショップは、お店側が価格を提示しますが、フリマサイトやオークションは自分で価格を決定して販売する事ができます。

そのため、リサイクルショップよりも高く設定する事で運営側の手数料を引いても高い金額でスノーボードを買い取ってもらえる可能性は高まります。

その分、商品掲載の手間や発送の手間がかかるのでそこも考慮に入れてどのように売るか考えてみてくださいね。

スノーボードの捨て方まとめ

本記事では、スノーボードの簡単な捨て方についてご紹介いたしました。参考になったでしょうか?

スノーボードは、大きくて一見して処分に困ってしまいそうなイメージですが実はとてもシンプル。粗大ゴミとして捨てることができ、早く処分したい方は不用品回収サービスを利用することで最短即日処分が可能です。

また、まだまだ新しいスノーボードなら、買取も十分行ってもらえるのでこの記事でご紹介した方法をぜひお試しください。

スノーボードを簡単に捨てることができるおすすめの不用品回収業者は、KADODEです!KADODEなら、最短即日対応可能!

見積もりもスピーディで経験豊富なスタッフが対応しています。スノーボードをラクして処分したい方は、ぜひKADODEに問い合わせてみてくださいね。