遺品整理の時期について徹底解説

冷蔵庫の引き取りサービス10社徹底比較!ヨドバシカメラ・ヤマダ電機の回収サービスも!

古くなったり、壊れてしまった冷蔵庫を処分しようと考えていても、冷蔵庫の処分方法は家電リサイクル法の規定に従って、家電リサイクル券を購入したり、冷蔵庫の引き取り先を調べたり、リサイクル料金を支払ったりと手続きが色々と面倒です。

冷蔵庫を家電リサイクル法に従って処分したり、お得に処分したい方はこちらの記事を参考に。
冷蔵庫を正しく処分する方法とお得な処分方法を徹底解説

しかし、冷蔵庫の買い替えを家電量販店や通販サイトで行えば、新しい冷蔵庫のお届けと同時に不要になった冷蔵庫を引き取ってもらって、処分をお店に任せることができるのです。

この記事では、冷蔵庫を家電量販店や通販サイトで買い替える際に、不要になった冷蔵庫をリサイクル回収・引き取りしてくれる家電量販店、通販サイトを紹介するとともに、店舗別に引き取りにかかる費用や条件を解説していきます。

即日で回収したい方は不用品回収業者がおすすめ

別の場所で買った家具・家電・粗大ゴミもまとめて引き取ってほしいなあ...。

明日までに処分したいのに...。
という方は、ご自宅の不要な家具・家電などの不用品をまとめて引き取ってくれる不用品回収業者が無難。
多くの業者が最短即日での不用品回収に対応しています。
最もお得な不用品回収業者を手早く探したいなら、エコノバの一括見積りがおすすめです。
たった30秒での簡単見積りで相場を確認し、賢く不用品回収業者を見つけましょう。

\\ 即日対応の業者を一括見積もり ////


エコノバ

【家電量販店別】冷蔵庫の引き取り料金比較表

170L以下の冷蔵庫1台の引き取り費用の最安価格を店舗別にまとめた表です。

ヤマダ電機 4,950円(税込)
ヨドバシカメラ 4,290円(税込)
ビックカメラ 5,390円(税込)
エディオン 4,840円(税込)
コジマ 5,390円(税込)
ノジマ 5,390円
ケーズデンキ 4,840円(税込)
Joshin(ジョーシン) 4,840円(税込)
Amazon 8,400円(税抜)
ジャパネットたかた 6,490円(税込)

冷蔵庫のメーカー別のリサイクル料金の確認方法

冷蔵庫を引き取ってもらうには、リサイクル料金と収集運搬料金を支払わなければなりません。

しかしメーカーによって、冷蔵庫のリサイクル料金は異なりますので、確認しましょう。

参考 冷蔵庫のメーカー別リサイクル料金の調べ方一般社財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

ヤマダ電機の家電リサイクル回収で冷蔵庫を引き取ってもらう

ヤマダ電機では、「配送設置」と書かれた冷蔵庫を購入すると、ヤマダウェブコムまたは、店舗から不要になった冷蔵庫のリサイクル回収がお申し込みできて、宅配でお届けする冷蔵庫は、店頭でのみリサイクル回収をお願いすることができます。

ヤマダ電機の170L以下の冷蔵庫のメーカー別リサイクル料金と収集運搬料金

ヤマダ電機では、冷蔵庫のメーカー別のリサイクル料金と収集運搬料金がかかりますので、確認しましょう。

パナソニック、パナソニック(三洋)、東芝ライフスタイル、LG Electro、クリナップ、日立グローバルライフ、シャープ、三菱電機、三菱電機エンジニア、富士通ゼネラル、良品計画、ハイアールジャパンなど リサイクル料金3,740円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計4,950円
ツインバード工業、日本ゼネラル、アピックス、エスケイジャパン、ハイセンスジャパン、シロカ、山善、ノジマ、アイリスオーヤマ、ニトリ、サンコー、オーム電機、オウルテック、都光、指定法人(その他)など リサイクル料金5,200円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計6,410円(税込)
ヤマダ電機HERB RelaxYAMADA SELECT リサイクル料金4,015円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計5,225円(税込)
ドメスティック リサイクル料金5,599円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計6,809円(税込)

ヤマダ電機の171L以上の冷蔵庫のメーカー別リサイクル料金と収集運搬料金

 

パナソニック、パナソニック(三洋)、東芝ライフスタイル、LG Electro、クリナップ、日立グローバルライフ、シャープ、三菱電機、富士通ゼネラル、良品計画、ハイアールジャパンなど リサイクル料金4,730円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計5,940円
ツインバード工業、日本ゼネラル、ダイレイ、グローバル、アピックス、エスケイジャパン、ハイセンスジャパン、ジーマックス、ノジマ、アイリスオーヤマ、都光、指定法人(その他)など リサイクル料金5,600円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計6,810円(税込)
ヤマダ電機HERB RelaxYAMADA SELECT リサイクル料金5,005円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計6,215円(税込)
ドメスティック リサイクル料金6,149円(税込)
収集運搬料金1,210円(税込)
合計7,359円(税込)

訪問回収や宅配お届けの場合、別途料金がかかる

 

リサイクル回収のみの訪問回収費 2,750円(税込)
回収先・回収日が異なる場合の訪問回収費 2,750円(税込)
リサイクル回収品の追加料金 1点追加につき550円(税込)
佐川急便での宅配お届けの場合の料金 リサイクル料金+収集運搬料 1,210 円(税込)+訪問料金 2,750 円(税込)
店舗へ直接冷蔵庫を持ち込んだ時の料金 リサイクル料金+収集運搬料 1,210 円(税込)

参照元:ヤマダウェブコム「冷蔵庫のリサイクル回収」

ヨドバシカメラのリサイクル回収で不要な冷蔵庫を引き取ってもらう

ヨドバシカメラでは、冷蔵庫を新しく購入すると、不要になった冷蔵庫をリサイクル回収してくれて、引き取ってもらえます。

不要になった冷蔵庫をリサイクル回収してもらうには、リサイクル回収代金とリサイクル搬送費を支払わなければなりません。

ヨドバシの冷蔵庫のリサイクル回収代金とリサイクル搬送費は?

リサイクル回収代金とリサイクル搬送費と支払い方法
  • 容量が171L以上の冷蔵庫のリサイクル回収代金:4,730円(税込)
  • 容量が170L以下の冷蔵庫のリサイクル回収代金:3,740円(税込)
  • 冷蔵庫のリサイクル搬送費:550円(税込)
  • リサイクル回収代金は、配達作業員に現金で支払う
  • リサイクル搬送費は、商品を注文するときに支払う

※シャープ、パナソニック、ソニー、日立、三菱、ダイキン、東芝、富士通ゼネラル等、代表的なメーカーの製品をリサイクル回収した場合の代金となります。

条件によっては、リサイクル搬送費が2,750円かかってしまう場合がありますので、その条件を確認してみましょう。

リサイクル搬送費が2,750円になる場合

リサイクル搬送費が2,750円になる場合
  • お届け日と回収日が異なる場合
  • お届け先と回収場所が異なる場合
  • 注文商品と異なる回収品目の場合
  • 注文商品数と回収数量が異なる場合
  • 店舗で商品をお受け取りの際、別途リサイクル回収を承る場合
  • 冷蔵庫を1台購入して、冷蔵庫2台をリサイクル回収してもらう場合、2台目からは2,750円かかる

一部地域では、リサイクル搬送費に別途追加料金がかかるところがありますので、詳細は最寄りのヨドバシカメラまたは、ヨドバシ・ドット・コムにお問い合わせ下さい。

ヨドバシカメラで冷蔵庫を引き取ってもらう方法

ヨドバシカメラで冷蔵庫を回収してもらう方法

ヨドバシカメラで冷蔵庫やテレビ・洗濯機など家電リサイクル法の対象商品を購入すると、古い家電を回収してもらえます。

配送時に引き取ってもらえるので、冷蔵庫を処分する際の手続きや無駄な手間が省けます。

サービスを依頼するには、家電を購入するタイミングでリサイクル回収の申し込みが必要です。

冷蔵庫を買い換える予定のない方は、他のお店の引き取りサービスを利用しましょう。

参照元:ヨドバシドットコムの冷蔵庫引き取りサービス

ビックカメラで買い替えをして冷蔵庫を引き取ってもらう

ビックカメラでは、冷蔵庫の買い替え時に、不要になった冷蔵庫を引き取ってくれます。

冷蔵庫の引き取りのみ、複数の冷蔵庫の引き取りは行っていませんので、注意しましょう。

ビックカメラの170L以下の冷蔵庫のメーカー別リサイクル料金と収集運搬料金

 

Electrolux by TOSHIBA、FUJITSU、Haier(ハイアールジャパン扱い)、HITACHI、LG、LG Electronics Japan、MITSUBISHI、National、Panasonic、SANYO、SHARP、TOSHIBA、クリナップ、三洋電機、ハイアールアジア、ハイアールジャパンセールス、パナソニック、富士通ゼネラル、松下電器産業、三菱電機、三菱電機エンジニアリング、無印良品など リサイクル料金3,740円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計5,390円(税込)
Electrolux リサイクル料金3,960円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計5,610円(税込)
Dometic、ドメティック リサイクル料金5,599円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計7,249円(税込)
APIX Haier(三洋ハイアール扱い)、Haier(ユーイング森田電工扱い)、Hisense 、Hitachi、KOIZUMI、NEC、Qrion、TWINBIRD、YAMADA、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、エスケイジャパン、小泉成器、三洋ハイアール、シロカ、ツインバード工業、ニッセン、ニトリ、ノジマ、Hisense、ハイセンスジャパン、山善、ヤマダ電機、指定法人(その他)など リサイクル料金5,200円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計6,850円(税込)
SAMSUNG、サムスン電子ジャパン、三星電子、三星電子ジャパン、日本サムスン リサイクル料金5,060円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計6,710円(税込)
CORONA、内田製作所、コロナ リサイクル料金4,730円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計6,380円(税込)

ビックカメラの171L以上の冷蔵庫のメーカー別リサイクル料金と収集運搬料金

 

Electrolux by TOSHIBA、FUJITSU、GENERAL、Haier(ハイアールジャパン扱い)、HITACHI、LG、LG Electronics Japan、MITSUBISHI、National、Panasonic、SANYO、SHARP、TOSHIBA、クリナップ、三洋電機、シャープ、ゼネラル、東芝、ハイアールアジア、ハイアールジャパンセールス、パナソニック、日立製作所、富士通ゼネラル、松下電器産業、三菱電機、無印良品など リサイクル料金4,730円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計6,380円(税込)
AEG、Electrolux リサイクル料金5,060円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計6,710円(税込)
Dometic、ドメティック リサイクル料金6,149円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計7,799円(税込)
APIX Haier(三洋ハイアール扱い)、Hisense 、Iwatani、NEC、SANSUI、エスケイジャパン、三洋ハイアール、ニッセン、日本電気ホームエレクトロニクス、ノジマ、Hisense(ハイセンス)、ハイセンスジャパン、日立ハウステック、ヤマダ電機、指定法人(その他)など リサイクル料金5,600円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計7,250円(税込)
SAMSUNG、サムスン電子ジャパン、三星電子、三星電子ジャパン、日本サムスン リサイクル料金5,060円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計6,710円(税込)
CORONA、内田製作所、コロナ リサイクル料金4,730円(税込)
収集運搬料金1,650円(税込)
合計6,380円(税込)

参照元:ビックカメラ.com「リサイクル料金(再商品化等料金)+収集運搬料について」

エディオンの家電リサイクルで冷蔵庫を引き取ってもらう

エディオンでは、家電リサイクルを行っていて、冷蔵庫の買い替え時に、不要になった冷蔵庫を引き取ってくれて、リサイクルをしてくれます。

不要になった冷蔵庫を引き取ってもらうには、リサイクル料金と収集運搬料金の支払いが必要です。

エディオンの冷蔵庫引き取りにかかるリサイクル料金と収集運搬料金

エディオンの冷蔵庫のリサイクル料金
  • 容量が171L以上の冷蔵庫1台のリサイクル料金:4,730円(税込)
  • 容量が170L以下の冷蔵庫1台のリサイクル料金:3,740円(税込)
エディオンの冷蔵庫の収集運搬料金
  • 冷蔵庫の買い替え時に不要になった冷蔵庫を回収してもらう場合(配送時に引き取りを行う場合で配送場所が同じ場合)

    250L以下の冷蔵庫の収集運搬料金:1台1,100円(税込)、2台目2,200円(税込)
    251L以上の冷蔵庫の収集運搬料金:1台1,650円(税込)、2台目2,750円(税込)

  • 買い替え商品が冷蔵庫でない場合に不要になった冷蔵庫を回収してもらう場合(配送時に引き取りを行う場合で配送場所が同じ場合)

    250L以下の冷蔵庫の収集運搬料金:2,200円(税込)、2台目2,200円(税込)
    251L以上の冷蔵庫の収集運搬料金:1台2,750円(税込)、2台目2,750円(税込)

  • 買い替え時に不要になった冷蔵庫を回収してもらう場合(配送時に引き取りを行う場合で配送場所が異なる場合)

    250L以下の冷蔵庫の収集運搬料金:2,200円(税込)、2台目2,200円(税込)
    251L以上の冷蔵庫の収集運搬料金:1台2,750円(税込)、2台目2750円(税込)

  • 買い替え商品が冷蔵庫でない場合に不要になった冷蔵庫を回収してもらう場合(配送時に引き取りを行う場合で配送場所が異なる場合)

    250L以下の冷蔵庫の収集運搬料金:1台2,200円(税込)、2台目2,200円(税込)
    251L以上の冷蔵庫の収集運搬料金:1台2,750円(税込)、2台目2,750円(税込)

  • エディオンで過去に購入した冷蔵庫のみを引き取ってもらう場合(配送時に引き取りを行う場合)

    250L以下の冷蔵庫の収集運搬料金:1台2,200円(税込)、2台目2,200円(税込)
    251L以上の冷蔵庫の収集運搬料金:1台2,750円(税込)、2台目2,750円(税込)

  • 他店で購入した冷蔵庫を引き取ってもらう場合(配送時に引き取りを行う場合)

    250L以下の冷蔵庫の収集運搬料金:3,300円(税込)、2台目以降3,300円(税込)
    251L以上の冷蔵庫の収集運搬料金:1台3850円、2台目3850円

  • エディオン店舗に冷蔵庫を持ち込んで買い替えする場合

    収集運搬料金1,100円(税込)、2台目2,200円(税込)

  • 店舗に過去にエディオンで購入した冷蔵庫を持ち込んで、冷蔵庫の引き取りのみをする場合

    冷蔵庫の容量に関わらず収集運搬料金:1,100円(税込)、2台目1,100円(税込)

  • 店舗に他店で購入した冷蔵庫を持ち込んで、冷蔵庫の引き取りのみをする場合

    蔵庫の容量に関わらず収集運搬料金2,200円(税込)、2台目2,200円(税込)

エディオンの各店舗でのお問い合わせ、お申し込みはコチラからできます。

参照元:エディオン「家電リサイクル」

コジマネットの不用品リサイクル回収サービスで不要な冷蔵庫を引き取ってもらう

コジマネットでは、冷蔵庫を含む家電リサイクル法対象品目を購入すると、同一品目の不用品リサイクル回収を行ってくれます。

新しく購入する冷蔵庫の配送区分が「セッティング(設置)商品」「取付工事商品」の場合に限り、不用品リサイクル回収を利用できます。

配送区分が「宅配便」の商品は、不用品リサイクル回収をご利用できません。

不用品リサイクル回収を利用する際は、必ず事前に冷蔵庫のメーカー名と容量の確認をしておくことも忘れてはいけません。

コジマネットの不用品リサイクル回収のサービス提供エリアはこちらからご確認頂けます。

コジマネットの不用品リサイクル回収にかかるリサイクル回収代金と収集運搬料

リサイクル回収代金と収集運搬料
  • 容量が171L以下のリサイクル回収代金:3,740円(税込)
  • 容量が171L以上の冷蔵庫のリサイクル回収代金:4,730円(税込)
  • 冷蔵庫1台の収集運搬料金:1,650円(税込)

    2台目以降:2,750円(税込)

  • リサイクル料金・収集運搬料は、商品お届け時に配送業者に現金で支払う

リサイクル料金は、大手メーカーの料金となっており、一部のメーカーではリサイクル料金が異なります。

参照元:コジマネット「廃家電のリサイクルについて」

ノジマで買い替えで冷蔵庫を引き取ってもらう

ノジマでは冷蔵庫の買い替え時に、不要な冷蔵庫を引き取ってもらうことができます。

店頭でリサイクル料金を支払って、配送または、工事時、店頭で引き取ってもらえます。

ノジマの冷蔵庫の引き取り料金

引き取り料金
  • 170L以下の冷蔵庫:リサイクル料金+収集運搬料金=5,390円(税込)
  • 171L以上の冷蔵庫:リサイクル料金+収集運搬料金=6,380円
  • 同一品目・同一点数でない場合、また同等品購入から31日以上経過している場合は、収集運搬料金は3,300円となり、各合計金額に1,760円~2,200円上乗せされる
  • 店頭に持ち込んでも、収集運搬料金はかかる
  • 引き取り日前にお支払いされる場合:現金、クレジットカード決済、スマホ決済やノジマポイント、商品券などでお支払いができる
  • 引き取り日当日にお支払いされる場合:現金のみ

参照元:ノジマオンラインの冷蔵庫回収サービス

ケーズデンキのリサイクル回収で冷蔵庫を引き取ってもらう

回収費用と条件
  • 170L以下の冷蔵庫のリサイクル料金3,740円(税込)~
  • 171L以上の冷蔵庫のリサイクル料金4,730円(税込)~
  • 収集運搬料金1,100円(税込)~(収集運搬料金は地域によって異なる)
  • 170L以下の冷蔵庫の引き取りには合計4,840円(税込)
  • 171L以上の冷蔵庫の引き取りには合計5,830円(税込)
  • リサイクル料金と収集運搬料金は、不要になった冷蔵庫を引き取りの際に現金で支払う
  • 追加で引き取ってもらいたい品目がある場合、リサイクル料金と収集運搬料金以外に追加引取料金1点につき550円(税込)がかかる
  • リサイクル回収のみをご希望された場合、リサイクル料金、収集運搬料金以外に別途出張費3,300円(税込)がかかる

参照元:ケーズデンキオンラインショップ「リサイクル回収について」

Joshin(ジョーシン)の家電リサイクルで冷蔵庫を引き取ってもらう

ジョーシンでは、不要になった冷蔵庫をリサイクル料金と収集運搬料金を支払うことで、冷蔵庫の買い替え時のに引き取り、引き取りのみでも対応してくれます。

Joshin(ジョーシン)の冷蔵庫の引き取りにかかるリサイクル料金と収集運搬料金

リサイクル料金と収集運搬料金
  • 170L以下の冷蔵庫のリサイクル料金は1台3,740円(メーカー別の料金)
    171L以上の冷蔵庫のリサイクル料金は1台4,730円(メーカ別の料金)
  • 冷蔵庫の収集運搬料金は、買い替えの場合1台1,100円(税込)、引き取りのみの場合1台3,300円
  • 引取のみでジョーシンカード会員の方が営業店等に冷蔵庫を持ち込まれた場合、収集運搬料金は1台につき2,200円(税込)となる
  • 搬出が屋内からの場合は、別途料金550円(税込)がかかる

参照元:Joshin「家電リサイクル」

Amazonのリサイクル回収で冷蔵庫を引き取ってもらう

アマゾンでは、冷蔵庫を含む家電リサイクル対象商品をご注文の場合で、SGムービング(株)が配達する場合に限り、商品配達時にリサイクル対象商品の回収を行ってくれます。

SGムービング(株)から配達日の打ち合わせのために電話連絡が来ますので、その際にリサイクル回収をお願いしたい品があると申し出ましょう。

リサイクル回収の条件と費用
  • 170L以下の冷蔵庫1台につき、リサイクル料金3,400円+収集運搬料金5000円=合計8,400円(税抜)かかる
    171L以上の冷蔵庫1台につき、リサイクル料金4,300円+収集運搬料金6,500円=合計10,800円(税抜)かかる
  • 回収日までに冷蔵庫を解凍しておくこと
  • リサイクル料金の支払いは回収してもらう時に業者に現金で支払う
  • Amazonマーケットプレイスで冷蔵庫を注文した場合、出品者によってリサイクル回収の方法、リサイクル料金の支払い方法が異なるので、購入した出品者に自分で確認しなければならない

SGムービングが配送を担当しない場合は、商品配達時のリサイクル対象商品の回収は承っておりませんが、SGムービングへのリサイクル回収依頼をご希望の方は、商品の配達完了後、以下の電話番号に連絡しましょう。

SGムービング(株)

電話番号:0120-808-011

営業時間:午前9時~午後7時

参照元:Amazon「冷蔵庫のリサイクル回収について」

ジャパネットたかたで冷蔵庫を引き取ってもらう

ジャパネットたかたでは、冷蔵庫の買い替え時に、不要になる冷蔵庫を引き取ってもらえます。

ジャパネットたかたで冷蔵庫の引き取りにかかる費用

引き取りにかかる費用
  • ジャパンネットたかたでリサイクル対象の冷蔵庫を購入して、引き取りを希望する場合、商品到着後にフリーダイヤル0120-441-202に連絡する
  • 170L以下の冷蔵庫の場合:リサイクル料金3,740円(メーカーによる)、収集運搬料金2,750円で合計6,490円
  • 171~299Lの冷蔵庫の場合:リサイクル料金4,730円(メーカーによる)、収集運搬料金2,750円で合計7,480円
  • 300L~399Lの冷蔵庫の場合:リサイクル料金4,730円(メーカーによる)、収集運搬料金3,300円で合計8,030円
  • 400L~499Lの冷蔵庫の場合:リサイクル料金4,730円(メーカーによる)、収集運搬料金3,850円で合計8,580円
  • 500L以上の冷蔵庫の場合:リサイクル料金4,730円(メーカーによる)、収集運搬料金4,400円で合計9,130円

参照元:ジャパネットたかたの冷蔵庫引き取りサービス

冷蔵庫の買い替えで違う場所での引き取りを依頼できる家電量販店は?

引っ越しなどの事情で冷蔵庫の引き取りと配送を別の場所で依頼したいと考えている方はいませんか?

上記で紹介した家電量販店別に違う場所で引き取りを依頼できるか、依頼する場合の費用をまとめました。

冷蔵庫の買い替えでなるべく費用を抑えて、別の場所での引き取りを依頼するならエディオンがおすすめです。

【家電量販店別】違う場所で冷蔵庫の引き取りを依頼できる?
  • ヤマダ電機:◯(追加費用2,750円)
  • ヨドバシカメラ:◯(追加費用2,200円)
  • ビックカメラ:◯(追加費用2,750円)
  • エディオン:◯(追加費用550円)
  • コジマ:要相談
  • ノジマ:要相談
  • ケーズデンキ:◯(追加費用3,300円)
  • Joshin(ジョーシン):要相談
  • Amazon:×
  • ジャパネットたかた:要相談
エディオンの家電引き取りサービス エディオンの家電引き取りサービスでお得に処分!料金・利用条件までご紹介!

冷蔵庫の引き取り・買い替えサービスのメリット・デメリットをチェック!

ヤマダ電機やヨドバシカメラを始めとする家電量販店では冷蔵庫の引き取りサービスを行っています。

配送時に引き取ってもらえるため手間がかからないのが魅力ですが、デメリットもあります。

以下で確認しておきましょう。

冷蔵庫引き取りサービスのメリット
  • 購入した商品の配送時に冷蔵庫を引き取ってもらえるので手間がかからない
  • お店によっては古い冷蔵庫を下取りしてもらえるところもある
  • 大手の家電量販店に依頼できるから安心
冷蔵庫引き取りサービスのデメリット
  • 商品の購入代金とは別に費用がかかる
  • お店によって利用条件・料金が大きく異なる
  • 壊れているものは対象外の場合もある

冷蔵庫の買い替えをする際は、下取りや引き取りサービスを利用すると処分に手間がかかりません。

家電量販店で新しく冷蔵庫を購入せず引き取りサービスのみ利用することもできますが、追加料金がかかり割高になることも多いため他の方法で廃棄することをおすすめします。

冷蔵庫の引き取り・買い取りしてもらうポイント3選

冷蔵庫を買い取ってもらいたい時に確認しておきたいポイントがいくつかあります。

ここでは、冷蔵庫の買取基準となる項目をご紹介します。

冷蔵庫の引き取り・買取してもらうポイント3選

冷蔵庫の買い取りで重視されること

冷蔵庫の買取で重視されることは、冷蔵庫の状態と使用年数です。

あまりにも汚れていて、古いモデルの冷蔵庫は買取対象になりません。

他に冷蔵庫のサイズが大きかったり、人気のメーカーであったりすると高く売れる傾向にあります。

冷蔵庫の状態

冷蔵庫は食品を保管する場所なので、汚れていると売却できません。

そのため、冷蔵庫を買取に出す前に清掃しておくと良いでしょう。

冷蔵庫に匂いがついていれば、脱臭剤を使用してできる限り取っておくことが大切です。

見た目を綺麗にしておくことで、買取価格が上がることもあります。

冷蔵庫の使用年数

冷蔵庫が10年以上前のモデルだと、買い取ってもらえないことが多いです。

目安とされる冷蔵庫の寿命は8年から12年で、長く使用するほど壊れやすくなります。

中古で購入してもすぐに故障してしまう場合もあるので、製造年式が5年以上前のものは対象外としている業者もあります。

しかし、なかには壊れていても洗濯機を回収してくれる家電量販店もあるので、依頼する前に条件を確認しましょう。

ヤマダ電機やヨドバシカメラの引き取り以外で冷蔵庫を処分する方法は?

ヤマダ電機やヨドバシカメラ以外で冷蔵庫を処分する方法は?

ヤマダ電機やヨドバシカメラでは新しく冷蔵庫を購入すると、古い冷蔵庫を回収してもらえます。

買い換える予定のない方は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者のメリットは以下の通りです。

不用品回収業者に依頼するメリット
  • 冷蔵庫を運び出さずに処分できる
  • 自分の好きな日時に作業を依頼できる
  • 冷蔵庫以外の不用品もまとめて回収してもらえる

不用品回収業者の中には、買取を行っているところもあります。

冷蔵庫が比較的新しければ、買取してもらい現金化できるかもしれません。

手間や時間をかけずに冷蔵庫を処分したい方は、不用品回収業者を利用しましょう。

処分費用を抑えたい方は一括比較見積もりがおすすめ!

なるべく安く不用品回収業者に依頼したいけど、色んな業者に問い合わせるのは面倒…

明日までに処分したいけど、費用は抑えたい…
という方は不用品回収業者の一括比較サービスを利用するのがおすすめ。

最多の紹介数を誇るエコノバなら、即日OK・業界最安・24時間対応の不用品回収業者が見つかります!

たった30秒の無料一括見積もりで、今すぐお得な不用品回収業者に依頼しましょう!

\\ 即日対応の業者を一括見積もり ////


エコノバ

冷蔵庫の引き取り・買い替えでよくある質問

冷蔵庫を最も安く処分する方法は?

費用をかけずに冷蔵庫を処分したい方は、自治体指定の施設に持ち込みましょう。


冷蔵庫を引き取ってもらう家電量販店はどうやって決めればいい?

ご自宅からの距離、回収金額、利用条件を比較して最適な処分方法を選びましょう。


すぐに冷蔵庫を処分したい場合はどうすればいい?

手間をかけることなく冷蔵庫を処分するには、不用品回収業者を利用するとよいでしょう。


まとめ

冷蔵庫の引き取りサービスを行っている家電量販店や通販サイト9社をご紹介しました。

買い替えが必要なところ、引き取りのみでも対応してくれるところがありますので、自分の予算と条件に合ったお店で不要になった冷蔵庫を上手く引き取ってもらいましょう。

エアコンの引き取りサービスに関してはこちらの記事で詳しく解説しているので、処分にお困りの方は合わせてご覧ください。

冷蔵庫を処分したい!回収してもらう方法と回収業者をご紹介 冷蔵庫を正しく処分する方法とお得な処分方法を徹底解説 不用品回収 冷蔵庫冷蔵庫を簡単・お得に処分するなら不用品回収業者がおすすめ!様々な処分方法を細かくご紹介 冷蔵庫を買取してもらおう!高価買取してもらう方法とは?買取相場をご紹介!