遺品整理の時期について徹底解説

マットレスのおすすめを徹底解説!予算別に人気メーカー徹底比較や選び方を解説!

マットレスのおすすめの選び方ってあるのかな?

どういう選び方があるのかな?

マットレスのおすすめで予算別に知りたい!

格安や高級ってどのくらいの値段なのかな?

マットレスのおすすめも気になるけど、マットレスの掃除・お手入れやマットレスに関するよくある質問も知りたい!

このようにマットレスのおすすめに関して、お悩みの方がいらっしゃると思います。

マットレスのおすすめの選び方はさまざまあり、利用する人にとってそれぞれ違ってくるため迷ってしまうことがあると思います。

そこでこの記事では、マットレスのおすすめの選び方、マットレスの掃除・お手入れ、マットレスに関するよくある質問についてお伝えします!

この記事を読んで、マットレスのおすすめについてマスターし、マットレスの知識を豊富にしていきましょう!

ざっくりいうと、、、
  • マットレスのおすすめの選び方は、硬さ、反発性、耐久性、返金・返品保証付きなど4つのポイントがある
  • マットレスのおすすめの選び方は、予算別に、格安、本格派、高級のランクがある
  • マットレスの掃除・お手入れ方法は、悩みによってさまざまな方法がある
  • マットレスに関するよくある質問「マットレスと布団」は快眠重視か生活重視、「折り畳みマットレス」はマットレスと布団のハイブリットで器用貧乏、「マットレスの柔らかめと硬め」は利用者の悩みに合わせて硬さを選ぶことが重要

マットレスの役割|寝具の基本を解説

まず、この章ではマットレスの役割について詳しく解説していきます。

マットレスの基本的な役割は以下の通りです。

マットレスの基本的な役割
  •  睡眠姿勢を整える・支える
  •  体の圧力を分散させてくれる

睡眠姿勢を整える・支える

マットレスの基本的で最も重要な役割は睡眠の姿勢を支え・整えてくれることです。

理想的な睡眠の姿勢は起きているときに比べて背骨がよりゆるやかなS字になっている状態です。

良いマットレスは立っているときよりも、寝転んでいるときのほうが背骨を伸ばし、睡眠の姿勢を整えてくれるマットレスです。

マットレス先生

よくWEBサイトなどを調べていると、「理想的な睡眠姿勢は立ち姿勢」と紹介しているサイトもありますが、正確には正しくありません。

つまり、理想的なマットレスというのは沈み込みすぎずに、適度な硬さを持っているマットレスということです。

体の圧力を分散させてくれる

マットレスの2つめの大事な役割は「睡眠姿勢時に体にかかる圧力を適切に分散する」ということです。

地球には重力があるため、睡眠時には体からマットレスに圧力がかかるのは想像に難くないと思います。

しかし、実際はマットレスから体にかかる体圧という圧力も存在します。

この体圧は分散させなくては睡眠の質に直接関係があるので、適切に分散する必要があります。

この体圧を分散してくれるマットレスは「やわらかいマットレス」です。

マットレスの役割まとめ
  •  マットレスの重要な役割は「睡眠の姿勢を整える」「体圧を分散してくれる」の2つ!
  •  睡眠の姿勢を綺麗に整えるためには、ある程度の硬さのマットレス!
  • 体圧を綺麗に分散するマットレスはやわらかめのマットレス!
  • この2つを完璧なバランスでそろえているのは「コアラマットレス」!

マットレスの種類は?おすすめはどれ

基本的に人生でマットレスを購入する機会というのは多くないと思います。

そのため、多くの方がマットレスの種類や仕組みが知らないまま購入するというケースが非常に多いです。

この章ではマットレスの種類について詳しく解説していきます。

より詳しくマットレスの種類について知りたいという方は以下の記事も併せてごらんください。

マットレスの種類はクッション層と反発力で分かれる!

マットレスの種類はクッション層と反発力の2軸で種類分けすることができます。

わかりやすく解説すると以下の表のように4種類に分類できます。

コイル系・高反発コイル系マットレス・低反発
ノンコイル系・高反発ノンコイル系マットレス・低反発

それではそれぞれのマットレスの種類について詳しく解説していきます。

マットレスの体を支えてくれる大事な要素に「マットレスの層」があります。

マットレスの層はコイル系とノンコイル系に分類することができます。

まずは、コイル系マットレスについて解説していきます。

マットレス種類:コイル系マットレス

コイル系マットレスは上記の画像のように、クッション層にコイルのようなばねを利用して作られています。

コイル系マットレスの特徴は以下の通りです。

コイル系マットレスの特徴
  • 耐久性が非常に高い
  • 弾力性がある

コイル系マットレスの最も大きい特徴は「耐久性」です。

長く使用する予定でマットレスを購入する方はコイル系を利用することをおすすめします。

MEMO

マットレスの寿命

マットレスの寿命は5年から10年と言われています。

マットレスが劣化していくと、朝起きたときに腰痛や肩こりなどの体調不良に陥る可能性があるため、要注意です。

コイルマットレスの代表的な種類は以下の3つです。

ボンネルコイル

ポケットコイル

高密度連続スプリング

マットレス種類:ノンコイル系マットレス

マットレス層のコイル系マットレス以外をノンコイル系マットレスと呼びます。

ノンコイル系マットレスはメーカーによって使用する素材がかなり異なるため、バリエーションが多岐にわたります。

この章では有名な3つの材質について解説していきます。

ノンコイル系マットレスの種類
  • ウレタン
  • ゲル

ノンコイル系マットレス素材:ウレタン

ウレタンはノンコイル系マットレスで利用される最も一般的な素材になっています。

ウレタンマットレスは安くて軽いという特徴をもっているため、非常に人気の高い素材となっています。

品質によって大きく感覚は違いますが、高級なウレタンマットレスでは滑らかさと優秀な反発力を兼ねそろえているため、体に優しい睡眠姿勢をとることができます。

ノンコイル系マットレス素材:ゲル

ゲルは特殊な樹皮を用いられ作られたマットレス素材です。

ゲルのマットレスは柔らかくて、体圧の分散力が強いのが特徴的です。

ゲルマットレスの難点はへたりやすい場合が多いという点があるので、長く利用したい方にはやや不向きかもしれません。

マットレス種類:高反発マットレス

マットレスの種類「高反発マットレス」。

このタイプのマットレスはその名の通り、反発力が強いマットレスのことを指します。

高反発マットレスの特徴として、体が動きやすく、寝返りがしやすいというポイントがあげられます。

そのため、自分の好きな体制で睡眠をとりやすいタイプです。

代表的な高反発マットレスには「エアウィーブ」などがあげられます。

錦織圭選手なども使用していると言われている高反発マットレスエアウィーブに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

マットレス種類:低反発マットレス

低反発マットレスは高反発マットレスに対して、反発力が弱いものを指します。

低反発マットレスはマットレスを下に押し付けて手を離すとゆっくりと形状が戻っていきます。

低反発マットレスは、体に合わせてくれるフィット感を兼ねそろえており、体圧の分散が一番高いタイプです。

低反発マットレスの人気のマットレスでは「コアラマットレス」などがあげられます。

マットレス先生

ここまででマットレスの種類について解説していきました!

次の章からは早速、マットレスのおすすめメーカーについて解説していきます!

マットレスのおすすめメーカーは?人気のメーカー3選!

ここまでで詳しく、マットレスの種類などについて解説してきました!

この章では実際に多くの方に利用されている「マットレスメーカーおすすめ3選」について詳しく解説していきます!

おすすめマットレスメーカー3選
  1. コアラマットレス
  2. SIMMONS
  3. エアウィーブ

おすすめ人気1位:コアラマットレス

コアラマットレスの評価
人気
(5.0)
サポート
(5.0)
評判・口コミ
(5.0)
総合評価
(5.0)

マットレスメーカーのおすすめ1位は「コアラマットレス」です!

コアラマットレスは2017年に日本に進出してから急激にシェアを拡大している大人気マットレス!

コアラマットレスの詳細は以下の通りです。

サイズ展開シングル~クイーン
硬さ平均
反発性平均
クッションウレタン
価格72,000円~

コアラマットレスとは

コアラマットレスはオーストラリアのラグビープレーヤーによって創業されたメーカーです。

コアラマットレスは「高品質なマットレスを低価格で作る」という理念を掲げています。

その理念の通り、コアラマットレスは高品質なマットレスを業界平均よりも格安の値段で販売しています。

販売することができている理由は実店舗販売を行っていないことによる、人件費や諸経費のコストカットから実現しています。

実店舗がないことによってコアラマットレスは購入前に体験できないのが心配ということを感じる方が多くいらっしゃると思いますが、コアラマットレスでは120日間のお試し期間を設けており、その期間内なら完全に無料返品を行うことができるので安心して購入することができます。

マットレスおすすめ1位:コアラマットレスのよくある評判・口コミ

動画でコアラマットレスの上で飛び跳ねてもワインがこぼれないというのを見て購入しました!もうコアラマットレス以外では寝れなくなってしまいました!
友達の家がコアラマットレスで、試しに寝させてもらったら最高で即購入しました。

コアラマットレスの評判・口コミで多く見られたのは、やはり肯定的な意見で、一度試したことがある人は購入につながる可能性が高い用です。

また、コアラマットレスでは120日間の返金保証を行っているので、お買い求めしやすいというのも人気のポイントと言われています。

おすすめ人気2位:SIMMONS

SIMMONSの評価
人気
(4.5)
サポート
(4.0)
評判・口コミ
(4.5)
総合評価
(4.5)

マットレスメーカーのおすすめ2位は「SIMMONS」です!

シモンズは1870年に創業された老舗のマットレスメーカーです。

現在ではマットレスの標準サイズ展開されている「クイーンサイズ」や「キングサイズ」を最初に展開したのはこのシモンズです。

シモンズのマットレス詳細は以下の通りです。

サイズ展開シングル~クイーン
硬さ平均
反発性平均
クッションウレタン
価格150,000円前後~

マットレスおすすめ2位:シモンズのよくある評判・口コミ

良いマットレスを購入したいと詳しい友人に相談した際に教えてもらったのがシモンズでした!
友達の家がシモンズのマットレスを使っており、試しに寝させてもらったらコイルマットレスに感動し、即購入しました。

おすすめ人気3位:エアウィーブ

エアウィーブの評価
人気
(4.5)
サポート
(4.0)
評判・口コミ
(4.5)
総合評価
(4.5)

マットレスのおすすめランキング第3位はエアウィーブです。

エアウィーブはフィギュアスケーターの浅田真央選手やテニス選手の錦織圭選手などに支持されているマットレスメーカーです。

エアウィーブのマットレス詳細は以下の通りです。

サイズ展開シングル~クイーン
硬さ平均
反発性平均
クッションウレタン
価格99,000円前後~

マットレスのおすすめ選び方!外してはいけない4つのポイント


こちらの章では、マットレスのおすすめの選び方や外してはいけない4つのポイントについて解説させていただきます。

マットレスのおすすめの選び方や外してはいけない4つのポイントであげられるのは、こちらの表にまとめた以下の通りです。

  • 硬さ
  • 反発性
  • 耐久性
  • 返金・返品保証付き

ひとつずつ解説させていただきます。

マットレス選び方:硬さ

マットレスのおすすめの選び方で「硬さ」は重要な要素のひとつです。

なぜかというと以下の点があげられます。

  • 正しい寝姿勢をキープできる
  • スムーズに寝返りを打てる
  • 腰に負担がかからない

正しい寝姿勢をキープできる

特に男性は体の軽く柔らかい女性とは違い、マットレスの硬さによって寝姿勢が崩れることがあります。

一定の硬さを選ぶことで、正しい寝姿勢をキープすることができます。

スムーズに寝返りを打てる

マットレスの硬さは、スムーズな寝返りにも影響します。

マットレスが柔らかいと寝返りが打ちにくくなり、体の血の流れが悪くなってしまいます。

腰に負担がかからない

マットレスの硬さがあっていないと、体圧分散がうまくいかず体の一部に圧力がかかってしまいます。

そのため体になった硬さのマットレスを選ぶことで、体圧分散が良くなり快眠することができます。

マットレス選び方:反発性

マットレスのおすすめの選び方で「反発性」は重要な要素のひとつです。

  • 高反発
  • 低反発

高反発

高反発のマットレスはその名の通り、高い反発力があります。

腰痛や肩こり持ちの方に向いており、しっかりと体を支えてくれることが特徴です。

低反発

低反発のマットレスはその名の通り、低い反発力があります。

腰痛や肩こり持ちではない方に向いており、柔らかい素材で体包み込んでくれることが特徴です。

マットレス選び方:耐久性

マットレスのおすすめの選び方で「耐久性」は重要な要素のひとつです。

  • 長く使える
  • へたりにくい

長く使える

耐久性が良いマットレスは、上質な素材で高密度に仕上げているため長く使用することができます。

へたりにくい

耐久性が高いマットレスは、へたりにくい(使い古して弱くなる)ため体圧分散力が弱くなりにくいです。

マットレス選び方:返金・返品保証付き

マットレスのおすすめの選び方で「返金・返品保証付き」は重要な要素のひとつです。

  • 気になったマットレスを試せる
  • トラブルに対応してくれる

気になったマットレスを試せる

例えば自分の気になったマットレスがあった場合に、返金・返品保証付きを利用して試すことができます。

トラブルに対応してくれる

返金・返品保証付きであれば、購入したマットレスが不良品または搬送時に破損していた場合などトラブルに対応してくれます。

マットレスのおすすめの選び方や外してはいけない4つのポイント
  • マットレスの選び方で外してはいけない4つのポイントは、硬さ、反発性、耐久性、返金・返品保証付き

【予算別】自分に合ったおすすめのマットレス!

これまでマットレスのおすすめの選び方や外してはいけない4つのポイントについてご紹介させていただきました。

こちらの章では、予算別で自分に合ったおすすめのマットレスを選ぶ方法を解説させていただきます。

予算別で自分に合ったおすすめのマットレスを選ぶ方法であげられるのは、こちらの表にまとめた以下の通りです。

  • 【1万円から3万円】でおすすめの格安マットレス
  • 【5万円から10万円】でおすすめの本格派マットレス
  • 【10万円以上】でおすすめの高級マットレス

ひとつずつ解説させていただきます。

【1万円から3万円】でおすすめの格安マットレス

マットレスのおすすめの選び方で予算「1万円から3万円」の格安マットレスがあります。

メーカー/商品名価格特徴・特長
neruco「バリューポケットコイルマットレス」9,990円(税込)~・送料無料
・高密度コイル512本
・厚さ20㎝
・高通気4面立体メッシュ
・清潔衛生真空圧縮パッケージ
エアリゾーム「ピロートップ HOLLOW」19,980円(税込)~・表面ふかふか、中から体をしっかりと支える高級スイートルーム仕様
・中からしっかり体を支える7層クッション
・厚み23cmの底つき感を全く感じさせないクッション性
・体を点で支え、理想的な寝姿勢をつくるポケットコイル
・体に優しくフィットする5層クッションのピロートップ
・伸縮性、通気性に優れたメッシュ生地でオールシーズン快適
・国際規格ISO9001を取得した信頼の工場で生産
・耐久テスト80,000回をクリアした長く愛用して頂ける耐久性
・入口の小さなお部屋にも搬送可能でコンパクトな真空圧縮梱包でお届け
・コンパクト梱包と自社独自の流通ルートでコストを削減し高品質・リーズナブル
モダンデコ「DORMIRA 超高密度ポケットコイルマットレス」25,999円(税込)~・ポケットコイル
・体圧分散
・超高密度コイル
・オーガニックコットン混
・3ゾーン構造
・平行配列
・キルティング
・防ダニ綿シート
・4Dメッシュ
・ロール圧縮梱包

【5万円から10万円】でおすすめの本格派マットレス

マットレスのおすすめの選び方で予算「5万円から10万円」の本格派マットレスがあります。

メーカー/商品名価格特徴・特長
ニトリ「Nスリープ プレミアム」49,900円(税込)~・径の異なる2層のポケットコイル。
・上段コイルはコイル径を小さくし、コイル数を多くすることでフィット感とサポート力を高めています。
・下段コイルは体圧を分散し、沈み込み過ぎずしっかり支えます。
・硬さの違うウレタンと低反発の組み合わせが、体の凹凸に合わせてぴったりフィット。
・トッパーの部分だけにシーツを掛けて使うと、洗い替えのメンテナンスもラクラクです。
・伸縮性の高いニット生地は、防臭・防ダニ・抗菌機能付きです。
・受け取りがラクな圧縮ロールタイプ。
アキレス「フレアベル サーモフェーズ プレミアムモデル」64,800円(税込)~・温度調節機能サーモフェーズ®
・正しい寝姿勢をサポート
・63個の可動ユニット
・理想的な「体圧分散」
・地球環境に配慮したエコ配送
・極上の肌ざわりをカバーにも
・安心の長期品質保証
・高品質&低価格
コアラマットレス72,000円(税込)~・快適さと抜群のサポート力を実現する3層構造
・高い機能性と耐久性を持つ独自素材
・体にやさしくフィットする/ゾーニング製法で理想的な姿勢を実現
・振動を吸収するゼロ•ディスターバンス技術
・優れた通気性
・洗濯可能なマットレスカバー
・圧縮ロール梱包 (ベッド・イン・ボックス)
・120日トライアル期間

【10万円以上】でおすすめの高級マットレス

マットレスのおすすめの選び方で予算「10万円以上」の高級マットレスがあります。

メーカー/商品名価格特徴・特長
シモンズ「ゴールデンバリュー」115,000円(税込)~・シモンズ独自の厳しい品質基準と最新の設備でマットレスを製造
・数多くのホテルで採用されている
・コイルスプリングとクッションの多彩な組み合わせ
フランスベッド「クラウディア CL-BAE」118,800円(税込)~・潤い繊維「リフレス®」を使用した生地を使用。
・寝返りしやすい。
・体圧を心地よく分散。
日本ベッド「シルキーポケット レギュラー」170,500円(税込)~・絹のようにきめ細かく体を支えるシルキーポケットマットレス
・ポケットコイルマットレスへのこだわり
・フレックスアセンブリ
・千鳥組のポケットコイル
予算別で自分に合ったおすすめのマットレスを選ぶ方法
  • 予算別で自分に合ったおすすめのマットレスを選ぶ方法は、格安、本格派、高級とランクがある

マットレスの掃除・お手入れの方法

これまでマットレスのおすすめの選び方や外してはいけない4つのポイントについてご紹介させていただきました。

また予算別で自分に合ったおすすめのマットレスを選ぶ方法についてもお伝えしていきました。

こちらの章では、マットレスの掃除・お手入れの方法を解説させていただきます。

マットレスは就寝時の汗や髪の毛、フケ、ホコリなどが付着し、さまざまな汚れとして不衛生になっていきます。

また溜まった汚れを放置しておくと、カビ、ダニの繁殖など悪いことばかりおきます。

そのためマットレスを定期的に掃除・手入れして、いつも快適なマットレスで睡眠を楽しみましょう。

マットレスの掃除・お手入れの方法であげられるのは、こちらの表にまとめた以下の通りです。

  • カビ
  • ダニ
  • シミ
  • 排泄

カビ

カビの掃除・お手入れ方法は以下の通りです。

消毒エタノールでカビの発生部分を念入りに散布します。

1時間ほど時間を置き、ぬるま湯の濡れタオルで叩くようにカビをふき取ります。

カビが撮れるまでスプレー散布からふき取りまでを繰り返し、カビが取れたら乾燥させます。

ダニ

ダニの掃除・お手入れ方法は以下の通りです。

ダニは熱と乾燥に弱いため、コインランドリーにある乾燥機やふとん乾燥機でダニを退治する方法が一番です。

シミ

シミの掃除・お手入れ方法は以下の通りです。

重曹水やセスキ炭酸ソーダ水やクエン酸水を作り、シミの個所に散布し放置します。

タオルを押し付けるように汚れを吸い取り、シミが取れるまで繰り返します。

乾いたタオルで水分をふき取り、乾燥させます。

排泄

排泄の掃除・お手入れ方法は以下の通りです。

排泄の個所にタオル、未使用のおむつ、ペットシートなどを押し当てます。

その上にタオルを敷いて、圧力を掛け水分を吸収させます。

クエン酸水を散布し、タオルなどで水分を吸い取ります。

臭いが取れるまで繰り返し、取れたら乾燥させます。

マットレスの掃除・お手入れの方法
  • マットレスの掃除・お手入れの方法は、悩みによってさまざまな方法がある

マットレスに関するよくある質問

これまでマットレスのおすすめの選び方や外してはいけない4つのポイントについてご紹介させていただきました。

また予算別で自分に合ったおすすめのマットレスを選ぶ方法についてもお伝えしていきました。

さらにマットレスの掃除・お手入れの方法についてもお伝えしていきました。

こちらの章では、マットレスに関するよくある質問を解説させていただきます。

布団とマットレスってどっちのほうが良いの?

マットレスに関するよくある質問で、「布団とマットレスってどっちのほうが良いの?」という疑問があります。

そこでマットレスと布団のメリットとデメリットを表にあげてまとめてみました。

メリットデメリット
マットレス・弾力性や通気性、耐久性に優れている
・起きた時に立ち上がりやすい
・腰痛改善につながる
・高い位置に寝るため床のほこりやゴミを吸いにくい
・置き型なので出し入れの手間がない
・手入れしづらい
・場所を取る
・移動が難しい
・干すことができない
布団・使用しない時に収納できコンパクト
・出し入れがしやすい
・メンテナンスがしやすい
・高低差がないため落下しない
・素材がへたりやすい
・通気性が低い
・湿気が多い日はカビが発生しやすい
・床からの寒さが伝わる

こちらの表をみてわかることは、寝ている時を快適に過ごしたいならマットレス、寝る時よりも起きている時の生活を重視するなら布団が良いということがわかります。

折り畳みマットレスって良くないんですか?

マットレスに関するよくある質問で、「折り畳みマットレスって良くないんですか?」という疑問があります。

そこで折り畳みマットレスのメリットとデメリットを表にあげてまとめてみました。

メリットデメリット
折り畳みマットレス・収納しやすい
・持ち運びやすい
・換気しやすい
・二段ベッド、ロフトベッドに使いやすい
・通常のマットレスよりも寝心地が劣る
・耐久性が劣る

こちらの表をみてわかることは、通常のマットレスと布団の優れた点と劣っている点を併せ持ったマットレスといえます。

そのため快眠を求めるなら通常のマットレス、生活空間を重きに置くなら布団、両方を手軽に楽しみたいなら折り畳みマットレスとなります。

柔らかめと硬め迷ったらどうすれば良い?

マットレスに関するよくある質問で、「柔らかめと硬め迷ったらどうすれば良い?」という疑問があります。

そこで「マットレスの柔らかめと硬め」のメリットとデメリットを表にあげてまとめてみました。

メリットデメリット
柔らかめ・フィット感が良い
・保湿性があり冷えを軽減
・寝返りしづらい
・高温多湿の日は寝苦しい
硬め・体の負担が少ない
・耐久力や通気性に優れている
・硬すぎて体に負担がかかる
・体格・体重によって寝づらい

こちらの表をみてわかることは、マットレスの柔らかめと硬めではそれぞれメリットとデメリットがあります。

そのため性別や体格・体重と冷え性持ちなど、利用者の悩みに合わせた硬さを選ぶことが重要になります。

マットレスに関するよくある質問
  • マットレスと布団は、快眠重視か生活重視
  • 折り畳みマットレスは、マットレスと布団のハイブリットで器用貧乏
  • マットレスの柔らかめと硬めは、利用者の悩みに合わせて硬さを選ぶことが重要

マットレスおすすめまとめ

こちらの記事では、マットレスのおすすめについてご紹介させていただきました。

これまでマットレスのおすすめの選び方や外してはいけない4つのポイントについてお伝え出来たと思います。

また予算別で自分に合ったおすすめのマットレスを選ぶ方法についても知っていただけたのではないでしょうか。

さらにマットレスの掃除・お手入れの方法についても理解を深めることができたと思います。

加えてマットレスに関するよくある質問についても知識を増やすことができたと思います。

これらのことからマットレスのおすすめを理解し、自分に合ったマットレスを選ぶことが出来るようになっていただけたら幸いです。

マットレスおすすめまとめ
  • マットレスのおすすめの選び方は、硬さ、反発性、耐久性、返金・返品保証付きなど4つのポイントがある
  • マットレスのおすすめの選び方は、予算別に、格安、本格派、高級のランクがある
  • マットレスの掃除・お手入れ方法は、悩みによってさまざまな方法がある
  • マットレスに関するよくある質問「マットレスと布団」は快眠重視か生活重視、「折り畳みマットレス」はマットレスと布団のハイブリットで器用貧乏、「マットレスの柔らかめと硬め」は利用者の悩みに合わせて硬さを選ぶことが重要