遺品整理の時期について徹底解説

プリンターの処分方法6選!処分方法、下取り、売る方法を紹介

プリンターを処分したいけど、普通のごみとして処分でいるの?
プリンターを処分したいけど、お金をかけずに処分する方法が知りたい!

もう使わなくなったプリンターがあるけど、買い取ってくれるところはあるの?

こういったお悩みを持っていて、故障したり、不要になったりしたプリンターの処分方法がわからず困っていませんか?

プリンターは小物家電リサイクル法の対象となっているので、その法律に従って正しく処分しなければなりません。

ではどういった処分方法や売る方法があるのかご紹介していきたいと思います。

プリンターとあわせて、パソコンも処分したいという方は

あわせて読みたい
こちらの記事も参考に。

小型家電リサイクル法とは
小型家電リサイクル法は2013年に施行され、レアメタル、レアアース、鉄やアルミなどの
リサイクル可能な有効活用できる金属を含んでいる電子レンジ等の小型家電をただ単に処分するのではなく、粗大ごみや不燃ごみとして取り扱って有用な資源を再利用していこう
という法律です。

プリンターはごみとして処分ができる

各地域の自治体によって、プリンターのごみの種類は違いますが、主に「粗大ごみ」や「不燃ごみ」どちらかで処分することができます。

もし自分のお住まいの自治体でプリンターが不燃ごみとして扱っていれば、月1~2回ある燃えないごみの日に処分ができるということです。

では自分がお住まいの自治体でプリンターは「粗大ごみ」として処分しなければならないといった場合、不燃ごみと違い、ただ収集日にプリンターをごみ置き場に出せばいいわけではありません。

決められた粗大ごみのルールに従って処分しなければなりません。

MEMO
大阪市では「普通ごみ」としてプリンターを処分できます。(※1辺の長さが30㎝を超えるプリンターは「粗大ごみ」として扱われます。)
注意
会社などで使われている事業用のプリンターは、一般的なごみとして処分はできなく、産業廃棄物収集許可のある業者に依頼して、産業廃棄物として処分しなければなりません。

プリンターを粗大ごみとして処分する

各自治体によって、粗大ごみを出す方法は若干異なりますが、予約➔粗大ごみ処理券の購入➔粗大ごみとしてプリンターを決められた場所に出すという流れは同じなので、詳しく見ていきましょう。

STEP.1
粗大ごみ受付センターで予約をとる
電話またはインターネットから、収集日時の予約をとりましょう。この際に処分したいプリンターのサイズを伝えるのも忘れずに。
STEP.2
粗大ごみ処理券を購入する
コンビニやスーパー、郵便局などで売られている粗大ごみ処理券を購入して必要事項を記入しましょう。
STEP.3
粗大ごみ処理券を処分するプリンターに貼る
目立つところや見やすいところに粗大ごみ処理券を貼りましょう。
STEP.4
自宅からプリンターを自治体が指定した場所に出す
予約した収集日時の当日の朝に、自宅の玄関前や近くのごみ置き場、自治体が指定した場所に処分したいプリンターを出しましょう。

以上の流れで、プリンターを粗大ごみとして処分できます。

プリンター本体とは別に、インクはリサイクルする

プリンターを処分するときに、プリンター本体とインクカートリッジは分けて処分できます。

特にメーカーの純正品のインクカートリッジであれば、家電量販店に置かれているリサイクル用回収箱に入れましょう。

またEPSON(エプソン)、Canon(キャノン)、hp(ヒューレット・パッカード)、Brother(ブラザー)の4社が協力して、インクカートリッジのリサイクルを行う目的で作られた里帰りプロジェクトのサイトにインクカートリッジを回収できる自治体の施設や郵便局が載っているので、そこから最寄りの回収場所を探して、回収箱に入れリサイクルしましょう。
参考 回収箱を探すインクカートリッジ里帰りプロジェクト

純正品でないインクカートリッジを使用していた場合は、自治体で可燃ごみもしくは不燃ごみとして処分しましょう。 

プリンターにデータは残っているのか?

家庭などで一般的に使用されているプリンターには、印刷したデータなどの個人情報は残りませんので、安心して処分して頂いて大丈夫ですが、HDDがついているプリンターでしたり、USBメモリーやSDカードを挿せるプリンターに、挿しっぱなしにしておくのは危険です。

USBメモリーやSDカードは抜けば、それで問題はないですが、HDDがついているプリンターの場合、元あった情報が読み取れない程にHDDに不要な情報を上書きしていく方法とHDDを物理的に破壊する方法がありますが、どちらとも慣れていないと根気のいる作業なので、HDD内のデータを削除してくれる業者に依頼するのがおすすめです。

家電量販店やメーカーでプリンターの下取りをしてもらう


家電量販店やメーカーでは、新しいプリンターの購入時に不要になったプリンターの下取りをしてもらえるところがあります。

しかし、各家電量販店やメーカーによって下取りの条件が異なりますので、確認していきましょう。

ビックカメラの不要家電下取りサービス

ビックカメラが行っている不要家電の無料下取りサービスの条件は

下取り条件
  • 合計5500円(税込)以上の購入で、購入商品1点につき不要な家電を1点無料で下取り
  • プリンターが動作しなくても対象の範囲内
  • ネットショップでのお買い上げは対象外

参照元:https://www.biccamera.co.jp/service/logistics/shitadori/index.html

キャノンのらくらく買替便で下取りしてもらう

キャノン製のインクジェットプリンターを現在ご使用中で、新しいキャノン製のプリンターの購入を考えている方が対象者となります。

条件は

下取り条件と特典
  • 製品購入前に使用していいたインクジェットプリンター本体を下取りに出すと、キャノンオンラインショップで使える枚ルポイントやクーポンがもらえる
  • 使用しなくなったインクカートリッジも本体と一緒に送れる
  • らくらく買替便を利用すると、通常1年の保証期間が最大3年になる
  • 下取りは、らくらく買替便1セット購入につき1台まで
  • 新しいプリンターを購入してから1ヶ月以内に、プリンターを送付しなければならない

参照元:https://cweb.canon.jp/e-support/repair/special/kaikae.html?id=kaikae_printer_taiken

ケーズデンキの下取り

ケーズデンキではプリンターの下取りができて、条件は

下取り条件
  • ケーズデンキの指定機種購入で、同じ商品の種類と同じ数量を下取り
  • 下取りのみはできない
  • 対象期間2020年2月5日~4月5までとなっている

※通販サイト「ケーズデンキオンラインショップ」、「ケーズデンキPayPayモール店」「ケーズデンキ おうちでショッピング」での購入は対象外です。

参照元:https://www.ksdenki.com/shop/pages/echo_shitadoricp.aspx

ヤマダ電機の小物家電回収

回収条件
  • プリンター含む小物家電リサイクル法の対象商品のみ
  • ヤマダ電機指定のダンボールにまとめて詰めると1,500円で一括に回収してくれる
  • 店頭持込と訪問回収の2つの方法を選べる

参照元:https://www.yamada-denki.jp/service/kaden_kaisyu/

エディオンでは有料でリサイクルできる

エディオンでプリンターの処分をお願いする場合、リサイクル料金として550円(税込)がかかります。

リサイクル条件
  • 縦・横・高さの合計が150cm未満なら550円(税込)、150㎝以上の場合は大きさにより中型・大型対象品目のプリンターとなり、中型なら1100円(税込)、大型なら4,400円(税込)かかる
  • 取り外し工事不要で使用できるプリンター
  • 作業員1名で運べるプリンター
注意
プリンターを含む小型家電の
有料リサイクルは全店舗では行っていないので、公式ホームページからやっている店舗を確認
しましょう。

参照元:https://my.edion.jp/service/recycle_small.php#tabArea2

家電量販店でプリンターを買い取ってもらい処分する

ヨドバシカメラとヤマダ電機ではプリンターを含む小物家電の買取を行っているので、買取可能であれば、買い取ってもらい処分しましょう。

ヨドバシカメラの買取サービスを利用する

買取サービスの詳細
  • 査定にかかる費用は無料
  • 店頭買取・発送買取から選べる
  • 業務専用のプリンターは買取不可

参照元:https://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/kaitori/index.html

ヤマダ電機の家電買取

家電買取の詳細
  • 現在使用可能なプリンターが対象
  • 本体に破損、変色、色あせ、サビがある製品は買取対象外
  • 電源コード及び、製品ごとに指定された付属品がない製品は買取対象外
  • 店頭での買取のみで、訪問買取は行っていない

プリンターについては、製造年月についての記載がありませんが、最低でも2011以降に製造された製品であることを確かめて、電話か店頭に行って、プリンターが買取可能か確認しましょう。

参照元:https://www.yamada-denki.jp/service/kaden_kaitori/

リサイクルショップでプリンターを買い取ってもらう

リサイクルショップでプリンターを売れば、処分費用がかからないだけでなく、利益を得られ、店舗にプリンターを持ち込めば、その日のうちに処分できるというメリットがあります。

ではどういったプリンターが高値で売れるのでしょうか?

高く売れるプリンターと少しでも買取金額を上げるコツ

高く売れやすいプリンターの特徴は、有名なメーカーのもので人気があるモデルのプリンターです。

例えば

高く売れるプリンターの特徴
  • EPSON、Cannon、HP、Brotherといった有名なメーカーのプリンター
  • EPSONのカラリオやインクジェットプリンターなどの人気モデルのプリンター
  • プリンターの状態が綺麗で、箱や説明書などの付属品が全て揃っているプリンター
  • 製造から5年以内のプリンター

上記の条件を全て満たせば、高価買取も夢じゃありませんが、この条件を全て満たすのは中々難しいので、自分で出来るプリンターの掃除は必ずやっておきましょう。

インクカートリッジが残っていれば、そのまま入れておくことで買取金額が少し上がるかもしれませんので、入れておきましょう。(純正品のインクカートリッジが入っている場合に限ります)

オークションやフリマアプリにプリンターを出品して売る

リサイクルショップで値段が付かなかったプリンターでも、ネットオークション、フリマアプリに出品すれば買い手がついて売れることもあります。

その理由として

ネットオークション、フリマアプリで売れやすい理由
  • 価格交渉が売り手と買い手の間で行えるので、売れやすい
  • 利用者数が多いので、リサイクルショップで売るよりも買い手がつきやすい
  • プリンターの状態が悪くても出品できる(動作に不具合がある場合を除く)

自分が売りたいプリンターは、現在どのような価格で売られているかといった市場価格を調べられる方や、価格交渉に自信のある方には、とてもおすすめな方法です。

しかしネットオークションやフリマアプリにもデメリットがない訳ではありません。

ネットオークションやフリマアプリのデメリット

デメリット
  • 出品には3.5%~10%の出品手数料がかかり、売れた際に売上金額から出品手数料が引かれる
  • プリンターを梱包して、発送作業をする手間がかかる
  • 送料が自己負担(着払いも選べる)の場合、送料を支払わなければならない
  • 商品の説明や情報を自分で書いたり、商品の写真を撮らなければならない

 

上記以外にも、買い手が全然つかなく、売れる気配がなければ、プリンターを保管し続けなければならなくなって、1ヶ月、半年、長ければもっと、早く売って処分したいのに、処分できないといった日々が続くというデメリットもあります。

MEMO
自分でプリンターを梱包したり、発送作業をするのが面倒だという方のために、フリマアプリの「メルカリ」ではヤマト運輸と連携して、梱包・発送作業を自分でやらないで済む「梱包・発送たのメル便」という便利なサービスを提供しています。
参照元:https://www.mercari.com/jp/tanomeru/

不用品回収業者を利用して手間をかけずにプリンターを回収してもらう


不用品回収業者を利用すれば、労力・時間などの一切の手間が不要でプリンターを処分できます。

こちらの記事も参考に。

プリンター1点のみを処分したい場合、単品回収というプランになって、基本料金+作業費+オプション料金(建物の2階から搬出する場合など必要によって)=合計料金となるところが多いですが、プリンター以外にも回収してもらいたい不用品があれば、まとめて出すことで基本料金や作業費、オプション料金などが含まれたお得なパックプランを業者によっては利用できますので、不用品回収業者を利用する際はプリンター以外に他に出す不用品はないか確認しておくことも大事です。

あわせて読みたい
こちらの記事も参考に。

不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

メリット・デメリット
  • メリット
  • リサイクル・リユース事業を行っている業者もあるので、回収と買取を同時に行ってくれて、回収費用から買取金額を差し引いてくれる
  • 24時間365日年中無休で営業していて、即日で回収してくれる業者もあるので、引越しをするので急いで処分して欲しい方や普段仕事などで忙しい方にも、柔軟に対応してくれる
  • すべての手間を業者に任せることができるので、時間・労力などの負担は一切なくなる
  • デメリット
  • 自治体などで処分するよりも費用が高くなる
  • 高額請求や不法投棄する悪質な業者も存在するので、業者選びには気をつけなければならない

 

まとめ

プリンターの処分方法を6つ紹介しましたが、自分に合う方法は見つかったでしょうか。

この記事を参考にプリンターを上手に処分して下さい。