遺品整理の時期について徹底解説

プリンターを処分したい方は必見!回収してもらう方法7選をご紹介

多くの一般家庭にあるプリンター。

お正月の時期に年賀状で使用したり、学校での課題やちょっとした書類を家で簡単に印刷できるなどとても便利な家電製品の1つですよね。

小型家電製品に分類され、一見手放すとしても簡単そうに思えますが、いまいち処分の仕方がわからないという人は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

壊れてしまって捨てたいし、手放したいけど、どうしたらいいか分からないから家の底に眠ってる…なんて声もよく耳にします。

この記事では回収してもらうための方法や捨てる方法、そして不用品回収業者をいくつか紹介したいと思います。

この記事を読めば分かること
  1. プリンターを処分する方法
  2. 自分にあったプリンター処分方法
  3. プリンター回収に便利な不用品業者

プリンターを回収してもらう方法


7つの項目に分けて説明していきます。

自分にはどの方法が合うのかを考えながら読み進めていってください。

7つの方法
  • 買い替え時にお店に買い取ってもらう
  • 家電販売店で回収してもらう
  • リサイクルショップや買取専門業者に売る
  • ネットオークション・フリマアプリで販売
  • 各自治体に回収をお願いする
  • ボランティア団体に寄付
  • 不用品回収業者に頼む
それでは早速ですが、回収・処分の方法を1つずつみていきましょう。それぞれの方法に掛かる費用やどんな良い点、悪い点があるのかなども一緒に説明していきます。

プリンター買い替え時に回収してもらう

新しいプリンターを購入するから家にある古い型は処分したいという方は、この買い替え時にお店に下取りをお願いし買い取ってもらう方法がおすすめです。

しかし下取りをしてもらえるかは、付属品の有無や作動状態などによっても変わってくるため注意が必要です。

下取りして出してもらった金額分は、買い換える予定の製品の金額から割引してもらうのがふつうです。

処分するのにお金がいらないどころか、逆にお金が手に入る方法になります。

新しく製品を購入するというのが前提にあるため、そこは気をつけてください。

おすすめポイント
  • お得に買い替えできる
  • 処分にお金がかからない

ケーズデンキやヤマダ電機などの家電販売店でプリンターを回収してもらう

新しいものに買い換えるつもりのない人や、買い替え時に買取してもらえなかった人に試して欲しいのが家電販売店で回収してもらう方法です。

ケーズデンキやヤマダ電機をはじめとする家電販売店では小型家電を中心とした回収や引き取りを行っています。

ただ無料ではなく有料で引き取ってもらうことになるのがほとんどなため注意してください。

大体1,000円で引き取ってくれるところが多いです。

回収するにあたって日程や曜日の指定などは特になく、必要なときにいつでも処分できるため、引越しなどで急に処分する必要ができた時におすすめです。

自分自身でちかくの家電販売店まで運び出す必要があり、手間がかかるのは悪い点と言えるでしょう。

おすすめポイント
  • いつでも回収してもらえる
  • 掛かる費用は1,000円だけ

リサイクルショップや買取専門業者にプリンターを売ることで回収する

比較的新しかったり状態が良いものを処分しようと考えている場合には、リサイクル専門店や買取専門業者に売るという方法があります。この方法では無料で処分ができ更にお金をもらえます。

買い取り価格はどこの商品か、状態がどれほど新品に近いかなどによって大幅に左右します。

買い取り価格が比較的高いものは、発売後5年未満、また有名メーカーの高機能のものです。発売から5年以内かつOS機能があるものも高く買い取ってもらえる傾向があります。

また付属品や箱がないと買い取り額は低くなる傾向があります。

リサイクル専門店や買取専門業者に見積もりをしてもらう前に個人のできる範囲できれいに掃除をするのも大切です。

残念な点としては、発売時期が昔すぎたり正常に作動しないものに関しては買い取りしてもらえないということです。

おすすめポイント
  • 発売5年未満は買い取り価格が上がりがちである
  • 処分に費用がかからない

ネットオークション・フリマアプリでプリンターを販売することで回収

自分の販売力次第ではリサイクル専門店や買い取り業者に買取をしてもらうよりも、高値で処分できる方法があります。

ネットオークションやフリマアプリを使って自分で売ってみるという方法です。

物を販売した経験がある人には試してほしい方法の1つです。

専門の業者などには買い取りが不可能と言われた場合でも、この方法を通しての売買なら売れたという話も多いです。

送料がかかったり、実際に商品が売れたら自分で包装して発送するという手間もありますが、手放すためにお金がかかるどころかお金を稼げるという良い点があります。

売れるまで、時間がかかる場合もあるのでそれを頭において販売してみてください。

おすすめポイント
  • 専門業者で売れないものも売れる可能性がある
  • 処分費用は必要ない
参考アプリ・参考サイト

各自治体にプリンターの回収をお願いする

自治体に捨てるのを手伝ってもらうには粗大ゴミとして出す場合と、分解して燃えるゴミと燃えないゴミとして出す2通りの方法があります。

ほとんどのプリンターが粗大ゴミに該当するため、今回は粗大ゴミとして手放すためのルールを紹介します。

300円〜1,500円ほど費用を払えば、多くの自治体で粗大ゴミとして回収してくれます。

自治体で処分してもらう方法
  1. 粗大ゴミ対策課などへ連絡し予約する(インターネットや電話)
  2. 地域が決めている収集日と指定場所に自力で運ぶ

①を戸別回収、②を個人搬入という風に呼びます。

戸別回収は回収してもらえるまで、主に4つのステップに分かれています。

STEP.1
事前予約
それぞれ住んでいる自治体へ連絡・予約。(ほとんどの地域で必要です)
STEP.2
券の購入
手数料を現金で払うかわりに処理券と呼ばれるものを購入。(コンビニで買うのがおすすめです)
STEP.3
券の貼付け
処理券に必要なことを記入し、貼り付けます。(貼り付け作業を忘れてしまうと処分してもらえません)
STEP.4
運び出し
指定の場所へ回収日に時間を守って運びます。

インクカートリッジを分けて処分するようにしてください。

各自治体に回収をお願いするという方法は確実なやり方として知られています。

しかし、自分で指定場所などに搬出するという手間がかかってしまうのも本当です。

おすすめポイント
  • どんな状態であっても処分してもらえる
  • 疑問点などは自治体に問い合わせできる

ボランティア団体にプリンターを寄付し回収してもらう

買い取りをしてもらったり、ゴミとして収集してもらったりさまざまな処分方法を紹介しましたが、それ以外にも方法があります。

それがボランティア団体に寄付するという方法です。

発展途上国への物資支援として物品募集をしている団体などが世の中には沢山あります。

寄付したものをそのまま発展途上国に寄付するという形は多くないですが、寄付したものを現金化した上でそのお金が発展途上国への支援という形として送られたりします。

よくいっしょに処分されているインクカートリッジも寄付できます

団体によっては、発売から5年以内の製品が寄付にはふさわしいなど条件を提示しているところもあるのでそこは守って寄付するようにしましょう。

不用品回収業者にプリンターの回収を頼む

費用がかさんでしまうという悪い点もありますが、不用品を処分する上で手間が一切かからない不用品回収業者に頼むという方法もあります。

新しいものに買い換える予定がなく、買い取りしてもらえるほど状態もよくない、手間をかけたくない方に向いている方法です。

他にも一緒に処分したい家電製品や家具がある場合はとくにオススメします。

業務用のものになると自治体に頼んでも回収してもらえないことも多く、その場合は不用品回収業者に頼む必要が出てきます。

仮に不用品回収業者に依頼をして、一体どのくらい費用がどのくらいかかるということは、皆さんが知りたいことだと思います。

不用品回収業者によって提示してくる金額は業者によって様々なため、何社かに見積もりを出してもらうことが大切です。

回収終了後に追加料金を請求してくる、また回収後の不用品を不法投棄して問題に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

そのため不用品回収業者はちゃんとしたところを選びましょう。

これまで不用品回収業者を利用したことがない人も多く、どの不用品回収業者が良いのかどの不用品回収業者が悪いのか区別がつかないという人も多いのではないでしょうか。

小型家電のみだと引き取りをしてくれない場合もあります。

プリンターを回収してくれる不用品業者


今回、不用品業者として紹介するのは「KADODE」「ECOクリーン」「ECO侍」の3社です。

不用品業者と一括りにしてしまいがちですが、業者それぞれの特徴やおすすめの理由は異なります。

口コミなどを含めてみていきましょう。

KADODE

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、大分県、福島県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
料金プラン最安プラン:SSパック5000円(税込)~、作業費、追加料金等が込みのプラン
見積り料金無料
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理など
営業時間24時間365日年中無休
公式HPhttps://kado-de.jp/
電話番号0120-966-926

評判・口コミ

みんなの口コミ
満足。料金や問い合わせの際の対応そして実際の作業、全てに文句なしです。作業が迅速であっという間なのにはびっくりしました。速さの中にも丁寧さがあり、問題なく終了しました。
みんなの口コミ
洗濯機や冷蔵庫などを引き取ってくれない業者さんも多い中、全てまとめて回収してくれました。
引越しで時間がなかったので助かりました。
おすすめポイント

基本料金・出張費・車両費込みの定額パックプランを6つ用意。不用品の量に合わせて幅広く選ぶことができる。訪問見積りも無料。365日受付をしており、いつでも相談できる。

ECOクリーン

 

ECOクリーンは日本全国に拠点があるため、予約されてから作業に入るまでのスピーディーさが特徴の会社です。

2019年に行われたインターネット調査(提供元:ゼネラルリサーチ)によると、スピード対応、顧客満足度、価格満足で1位を獲得した実力を兼ね備えた業者です。

年中無休で営業しているので、平日忙しい人でも問題なくお願いをできます。

 

ECOクリーン
対応エリア日本全国
最安値プランHPに回収品目別の料金表あり(TV3500円~など)
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、引っ越しに伴うゴミ回収、法人向けサービス
見積り料金無料
営業時間24時間365日
電話番号050-3186-4780
住所千葉県松戸市新松戸2-121
即日対応可能
買取サービスあり
軽トラック積み放題なし
公式サイトhttps://ecoclean-fuyohin.com/

評判・口コミ

みんなの口コミ

処分方法が分からない不用品がたくさんでしたが、丁寧に相談にのっていただき処分してもらいました。こんなに手間なく作業してくれるなら、もっと早く頼めばよかったのにと思っています。

みんなの口コミ

故障して印刷できなくなったので、買い替えしたけど古いのは放置してました。そんな時、枕崎市に回収しにきてくれる不用品業者があると知ってお願いしました。便利で楽ちん、もっとはやくお願いすれば良かったです。

おすすめポイント

無料で現地見積りを対応。また出張費・基本料金も無料である。拠点場所が1000ヵ所以上あるため最短30分で現場に駆けつけてくれ、急に不用品回収業者にお願いしたい時に助かる。

 

ECO侍

ECO侍
主な対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府
料金プラン最安プラン:回収品目別にHPに記載あり、おまかせSSパック9800円(税別)~
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理
営業時間9時~20時
公式HPhttp://www.ecosamurai.net/
電話番号0120-450-162

評判・口コミ

みんなの口コミ
ありがとうございました。量を間違って迷惑をかけてしまいましたが、嫌な顔一つせず対応してくれました。ありがとうございました!再度また利用させてください。
みんなの口コミ
作業スピードは早く、スタッフさんの対応も丁寧且つ親切で概ね良かったです。
おすすめポイント

急な依頼にも即日対応。半年間の研修を終えた社員のみが訪問して、作業するので安心してお願いできる。

プリンター回収のまとめ


いかがでしょうか?自分にあったプリンター回収・処分方法は見つかりましたか?

手間をかけてでも少しでもお金にしたい人や、手間がかかるくらいなら有料でもさっさとどうにかしたい人また趣味程度に自分で販売でもしてみようかなと思っている人、皆さんの考えはさまざまだと思います。

それぞれの希望に適した方法をぜひ試してみてくださいね。