遺品整理の時期について徹底解説

プリンターの捨て方5選まとめ|メーカー回収やリサイクルの方法を詳しくご紹介!

プリンターってどうやって捨てれば良いの?

オフィスのプリンターは大きすぎて、どこに頼めば良いのか分からない。

家電製品は、粗大ゴミとして捨てらるもの捨てられないものが決まっていますが、プリンターは捨てることができるのか?と考える方も多いのではないでしょうか。

プリンターは精密な機械なので意外と壊れやすく、修理費用は購入時と殆ど変わらない…ということも。

買い替えたり、もうそのまま使わなくなってしまった、という方も少なくはないでしょう。

今回はそんな不用になったプリンターを捨てる為にいくつか処分する方法と、注意点についてご紹介していきたいと思います。

プリンターは小型家電リサイクルに当てはまる?

プリンターは小型家電リサイクルに当てはまる?

プリンターは小型家電リサイクル法の対象品です。

つまり、処分するには市町村が設置した回収ボックスに持ち込むことで処分することができます。

リサイクル法の対象品目ではありますが、粗大ゴミとしても捨てることも可能です。

この場合は、家庭用プリンターなどの小型のものに限られており、オフィス用などの複合機は対象外となります。

インクカートリッジの捨て方

インクカートリッジは燃えないゴミとしてすることが出来ます。
ただし、現在では環境保全のためにリサイクル化が進んでいるので、是非とも利用したいものです。

メーカーの取り組みによって、最寄りの郵便局で回収ボックスが設置されています。

中には対応していない郵便局もあるので、郵便局に行く前に事前に確認しておきましょう。

郵便局に回収ボックスがなかった場合は、家電量販店にも回収ボックスは設置されているので、そちらで捨てることができます。

【プリンターの捨て方①】市町村で回収してもらう

粗大ゴミとしてプリンターを捨てる場合は、まず市町村で回収を依頼します。

粗大ゴミは回収料金がかかりますので、事前にお住まいの自治体のホームページから確認しましょう。

また、大きさによって回収にかかる料金が変わります。

あらかじめ「幅・高さ・奥行」の3辺を図ったうえで回収を依頼し、指定された料金でリサイクル券を購入するといった手順になります。

注意点として、カートリッジは粗大ゴミとして捨てることが出来ません。
先ほども述べたように燃えないゴミ、またはリサイクル資源の対象となります。

捨てる際は、中にカートリッジが入っていないか必ず確認してから捨てましょう。

【プリンターの捨て方②】フリマサイトやオークションで買い手を探す

フリマサイトやオークションで買い手を探す

使用年数が浅かったり、人気のメーカーであればフリマサイトや、オークションで出品することもできます。

個人でのやり取りになるので、自分で値段を設定できるのがフリマやオークションのメリット。

未使用や、新品であれば高値で売ることが出来ます。

注意すべき点として、送料が高くなってしまうことです。
そのため、高値で売れたとしても利益が減ってしまうことがありますので、収入を目的としている方は注意が必要です。

売れるプリンターの年式やブランド

売れる年式の目安

プリンターの持ちは長くて5年ほどだと言われています。
そのため、製造年が3年から5年以内のものが好ましいでしょう。
未使用や、新品でも売れる可能性はありますが、型が古いと性能が落ちてしまっているので売れにくくなります。

人気のブランド

プリンターで最も人気なブランドは、「キャノン」と「 エプソン」です。国内メーカーということもあり、中古品の場合でも買い手は集まる傾向にあります。
それとは対象的に、海外メーカーのものは認知度や、シェアが狭いことから売ることが難しくなってくるでしょう。

【プリンターの捨て方③】プリンター引き取り業者に送る

パソコン周辺機器や、プリンタなどの引き取り処分を専門としている業者もあります。

宅配回収によって、運送会社に集荷を依頼するだけなので、全国に対応しているのがメリット。

不用品回収業者などの出張対象外の地域に住んでいる場合や、持ち込みによる処分が面倒な方にオススメです。
不要になったプリンタを梱包して、自宅から送るだけで処分することが出来ます。

ただし、梱包材料の用意は自分で揃える必要があります。

プリンターを梱包できる大きさの段ボールやクッション材などは、近くのスーパーやホームセンターなどで購入しておきましょう。

プリンター引き取り業者と費用

宅配によって処分できる業者は以下のような業者で利用できます。

引き取り業者
  • 楽天リサイクル
  • プリンタ専門買センター
  • パソコン処分本舗

宅配による回収には指定されたサイズ内に収める必要があるので、オフィス用の大型プリンターは受け付けてもらえないことがあります。

回収できるサイズや、対象品目については、サイトで必ず確認しておきましょう。

料金の目安(家庭用プリンタの場合)
ヤマト100~120サイズ2000円前後
日本郵便100~120サイズ1500円前後
佐川急便100~140サイズ1500円前後

発送にかかる費用は住んでいる地域や、その業者が対応している運送会社により異なります。

重さによっても料金が多少かかる場合がありますが、相場はおよそ1500円くらいです。

【プリンターの捨て方④】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する

いくつかプリンターの捨て方について紹介しましたが、一番楽な処分方法は不用品回収業者でしょう。

時間と手間が殆どかからないのですぐに処分することが出来ます。

また、不用品が複数ある場合はまとめて処分することが出来るので、引っ越しや、移転時などにオススメです。

プリンターを引き取ってもらうのは簡単!

大体のものは回収してくれるのが不用品回収業者の良いところ。

わざわざ大きさを測ったり、運んだりする必要は一切必要ないので簡単に処分することができます。

分別の必要もないので、当日そのまま処分できるのが嬉しいポイントです。

大きさの制限もないので、オフィス用大型プリンタでも処分することが可能です。

不用品回収業者がおすすめの方

大型のプリンターを捨てたい方

先ほども述べたように、1人でなかなか運べないような、大型プリンターの場合は、不用品回収業者の利用がオススメです。

回収作業は全てスタッフが行ってくれるので、持ち運びの必要はありません。
トラックで回収されるのでどんな大きさでも安心して処分することができます。

急いで処分したい方

都合によっては、明日にでも捨てなければならないこともあります。

不用品回収業者であれば遅くても2、3日で処分できるので、フリマサイトやオークションなどに比べて時間をかけずに捨てることが出来ます。

引っ越しや、急な移転による不用品の処分をしたい方に向いているでしょう。

とにかく簡単に処分したい方

他の処分に比べて一番手間がかからないのが不要品回収業者です。

フリマサイトや、宅配引き取りに比べて梱包の準備や、集荷の依頼、発送後のやり取りなど一切必要ありません。

不用品回収業者を利用する際は、回収の依頼と当日の立ち合いだけで済みます。

プリンターの回収手順

STEP.1
問い合わせ
まずは電話にて回収の依頼を申し込みます。処分したい物の数や、マンションの階数などから見積もりを立てます。
STEP.2
見積もり
見積もりの上で、プランを決めていきます。また、回収の日程や、トラックの台数を予約します。
STEP.3
回収
当日はスタッフにより回収作業を行ってもらいます。特に自分でなにか作業する必要はありません。
STEP.4
支払い
作業が終われば、見積もり金額を支払い、終了となります。

出張回収を依頼する場合は、自分の住んでいる地域が対応可能なエリアであるかも合わせて確認しておきましょう。

また、引っ越しが多い2月、3月は予約がすぐに埋まってしまう場合があるので早めに問い合わせしておくことをオススメします。

【プリンターの捨て方⑤】メーカーの回収サービスを利用する

メーカーの回収サービスを利用する

回収業者以外にも、メーカーへ回収を依頼する方法もあります。

ただし、殆どのメーカーは家庭用プリンタの回収サービスは行っていません。
対象となるのはオフィス用などの事務機器のみとなります。

ただし、インクやトナーなどのカートリッジの場合は家庭用でも回収してもらえます。

メーカーの回収サービスとは

メーカーが環境保全のために行っており、のリサイクルによって資源の再利用や、破棄物の削減を目的として取り組んでいるサービスです。

回収した機器を分解し、利用できる資源を有効に使っていくことで、ゴミを減らして行くことが出来ます。

最近では海洋プラスチック問題といった、海外を埋め尽くすプラスチックゴミが世界での問題となっており、それに向けての活動が大きくなっています。

キャノンの回収サービス概要

「キャノングリーンリサイクルサービス」というプリンター回収のサービスを行っています。

オフィスでのキャノン製の事務機器を有償で回収して、有限な資材を再利用するという、リサイクルサービスです。

プリンター以外にも、パソコンやプロジェクター、ディスプレイなど幅広く対応しています。
もちろん国からの認可を受けているので安心して依頼することができます。

料金の目安

料金表
基準質量処理費用撤去費用
30kg未満11,000円3,500円
100kg未満31,000円8,000円
150kg未満37,500円8,000円
200kg未満40,000円8,000円

多少費用が掛かってしましますが、同じメーカーの事務機器が複数ある場合は、メーカーに回収してもらうことで分別する必要もなく、大抵のものを処分することが出来ます。

プリンターを簡単に処分できる回収業者は「KADODE」

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
受付時間24時間
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

KADODEは不用品回収だけでなく、引っ越しや、オフィスの移転時に発生する不用品の処分や、ゴミ屋敷の片付けや遺品整理など、様々なサービスを提供しています。

他の回収業者との大きな違いは、回収のプランが豊富にあるということです。

処分したい物の量や、シーンに合わせて希望に合わせてプランが選べるというのがKADODEのメリットです。

また、トラックの空きがあれば即日対応も可能なのがポイント。引っ越し当日にでた粗大ゴミの回収などにも対応してくれます。

KADODEの口コミ

みんなの口コミ
実は他社さんで不用品回収の予約をしていたのですが、途中から「基本料金」と「出張費」がかかる事を言われキャンセル。
KADODEさんでは上記の費用がかからないという事ですぐにKADODEさんに依頼して回収して頂きました。
みんなの口コミ
会社の移転時に依頼させて頂きました。不要な物の回収と、リニュース可能な物を見て頂いたのですが、思っていた以上に査定額が高く回収費用のコストを抑える事が出来ました。

KADODEの料金プラン

料金プラン一覧
種類面積の目安価格
SSパック1㎡10,000円
Sパック1.5㎡15,000円
Mパック3㎡30,000円
Lパック5㎡50,000円
LLパック10㎡100,000円
3L以上30㎡要相談

この表からわかるように、プランが豊富にあるので、自分の希望通りに処分することが出来るのがKADODEのメリットです。

上記の定額パックを利用した場合には、まごころパックというプランもカスタマイズできます。

これは、当日に出てしまった不用品を合わせて回収してもらう場合でも、まごころパックの金額以上は一切料金がかからなくなるという、とても親切なプランです。

プリンターを捨てるときの注意点

プリンタを捨てる際には必ず注意しなければならないことがあります。
それは、プリンターにデータが残ったままになっていることです。

家庭用のプリンターの場合は、ハードディスクなどの記録媒体がないのでデータが残っている心配はありませんが、オフィス用などの複合機などにはハードディスクが搭載されているのでデータが保存されています。

また、家庭用プリンタもSDカードが挿入できるタイプもありますので、一概に安全とは言えません。
処分する際にはしっかりと付属品などのチェックをしてから処分しましょう。

オフィス用のプリンターは必ずデータが残っていないかチェックをして、削除を必ずしてから処分しなければいけません。

プリンターを捨てる方法まとめ

まとめ

・捨てる前に、カートリッジが入っていないか確認する
・フリマサイトなどを利用するときは、年式が5年以内か確認する
・対応エリア外に住んでいる場合は宅配による回収サービスを利用する
・オフィス用の大型プリンターはメーカーに回収してもらえる
・複数ある場合は不用品回収業者にまとめて回収してもらうとお得
・捨てる際には必ずデータが残っていないかチェックする

これらの方法を知っておくだけで、状況に合わせてスムーズに捨てることができます。

プリンター買い替えを検討されている場合や、しばらく眠ったままのプリンターなど、これを機会に自分にあった方法で処分できると嬉しいですね。