遺品整理の時期について徹底解説

プリンターの引き取り/処分方法|おすすめの業者や処分方法を徹底解説!

プリンターってどうやって捨てるんだろう…

プリンターにも種類があるから見てみようよ!

家庭用から業務用のプリンターまで様々な大きさのプリンターがありますが、不要になったプリンターはどうやって処分すればいいのでしょうか。

年式がすでに経過しているプリンターから、まだまだ新しく使えるプリンターの処分方法や引き取ってもらえる場所を詳しくご紹介した上で、料金やメリットデメリットもご説明していきます。

→KADODE公式サイトはこちら

プリンターの処分方法/引き取りに関する基礎知識

プリンターの処分方法/引き取りに関する基礎知識

プリンターの処分方法に関する基礎知識をはじめに知っておきましょう。

インクカートリッジの処分方法

インクカートリッジは、一見資源ごみと思われることがありますが、違います。

純正のインクカートリッジの場合は、メーカーや店舗に専用の回収ボックスが設置されており、無料で処分することができます。

自治体によっては、燃えるゴミで処分できる可能性もあるので、一度確認してみるといいかもしれませんね。

プリンターは一般ゴミ?粗大ゴミ?

プリンターは、一般ゴミは粗大ゴミどちらでしょうか?

プリンターは一般的に1辺が30cm以上ある場合がほとんどですので、一般ゴミでは処分できません。

そうすると、粗大ゴミということになりますが、自治体によっては小型家電リサイクルになりますので、段ボールに入れて回収してもらうことも可能です。

プリンターを処分する際の注意点

プリンターは処分する際に注意点があります。

プリンターに設定しているアドレスやWIFI情報などは記憶されています。そのため、パソコンなどと同じくプリンターを処分する際は、記憶している情報などを削除してリセットする必要があります。

プリンターを処分する際は、必ずリセットを実施しましょう。これは、処分する際、また買取してもらう場合にも行う必要があります。

プリンターの回収、下取り、処分方法6選

プリンターの回収/下取り/処分方法6選

プリンターと一口に言っても、その種類は多種多様です。家庭で個人的に使う場合もあれば、企業内で業務に使用することもあります。

この多種多様なプリンターを処分する際にも、そのケールに応じた心配は発生します。

その心配は、プリンターに蓄積されたデータの行方であったり、大型のプリンターであれば運搬の心配が出てくるでしょう。

そこで、様々なプリンターのケースを考慮し処分方法を大きく6つ、紹介いたします。

【1】買取専門業者に査定してもらう

プリンターの処分方法、その一つ目は買取専門業者に査定してもらうことです。

保存状態が良いものや、販売開始から時間があまりたっていないタイプのプリンターであれば、査定で良い値段が付くことが期待できます。

また、出張査定のサービスを行っている業者もあり、プリンターの運搬が困難な場合にも対応可能なケースが多くなっています。

しかし、買取である以上、値段が付かない場合があります。

引き取りサービスを行っている業者もありますが、そうでない場合は処分そのものができなくなってしまします。

買取専門業者に査定してもらう際のメモ

メリット

  • 費用がかからず、買取として収入を得ることができる
  • プリンターの運搬が必要ない場合がある

デメリット

  • 型番が古い場合買取をしてくれないケースがある
  • 破損、不良などの場合は不可

費用相場

  • 0円(買取による値段は保存状態や製品の種別による)
  • 買取査定額相場は5,000円前後(製品や状態によって)

【2】不用品回収業者に依頼して回収してもらう

処分として廃棄を選択するのであれば、不用品買取業者へ委託することも選択肢の一つです。

プリンターに残ったデータの破棄も、業者に任せてしまえば手間はありません。

そして何よりの魅力は、その処分までのスピードです。

不用品回収業者は処分そのものが目的なので、他の処分方法よりも依頼から処分実行までのスピードが格段に優れています。

業者によっては、電話で申し込んだその日にプリンターを引き取ってくれることもあります。

しかし、各業者によってかかる費用や引き取り等の方法が異なる場合があります。

サービスを依頼する前に、それぞれの条件を必ず確認しましょう。

メモ

メリット

  • 処分スピードが速い
  • 自分で処理するより手間が少ない

デメリット

  • 業者へ依頼する際に条件の確認が必要

費用相場

    • 3,000円程度

【3】粗大ゴミとして捨てる

自分でプリンターを処分する場合には、お住まいの自治体の規則を確認する必要があります。

自治体ごとにプリンターのゴミとしての種別等が統一されていないからです。

大まかな流れとしては、粗大ゴミを捨てる申請を自治体に行い、粗大ゴミシールもしくは処分券を手に入れます。

それをプリンターに張り付け、特定の曜日に指定された場所へ持っていけば、処分完了です。

この方法であれば処分費用が少なく済みます。

しかし、申請の手間や時間がかかってしまう点や、プリンター運搬に手間がかかってしまう点はマイナスでしょう。

メモ

メリット

      • 処分費用が低く抑えられる

デメリット

      • 粗大ゴミシールや、運搬など処理の手間が他の方法より大きい
      • 処理するまでの時間が2週間ほどかかる

費用相場

500円~1,000円程度

【4】フリマサイトや掲示板で購入者を募集する

フリマサイトや掲示板で、使用していたプリンターの買い取り手を探すことも方法の一つです。

現在はフリマアプリ等で売り買いの場がネット上に充実しています。

処分予定のプリンターに需要があるのであれば、買い手がつくことでしょう。

この場合、運送費以外の支出は発生せず、業者に売るより高く売れる場合が合います。

この方法は捻転かリスクがあります。まず、中身のデータについては、自分で処理する必要があること。

そして、プリンターの状態によって、買い手との間に理解の齟齬があればトラブルへ発展する可能性があることです。

メモ

メリット

      • 業者へ売るより高く売れる可能性がある

デメリット

      • 買い手との間でトラブルになる可能性がある
      • プリンター内のデータの処理に不安が残る

費用相場

0円(運送費等を除く)

【5】新品の購入と同時に引き取ってもらう

処分する予定のプリンターに代わって、新しいプリンターを購入するのであればその下取りを依頼するのも手です。

新規のプリンターを買う場合に古いプリンターを引き取ってもらい、購入料金を割り引いてもらえます。

もちろん、すべてのケースで適応されるとは限りませんが、新しいプリンターを買う場合は選択肢に入れる価値はあります。

しかし、このサービスはプリンターの下取りを家電量販店が行っているかを確認する必要があります。

自分の状況で、限られた条件をクリアしているかということは必ず確認しましょう。

メモ

メリット

      • 費用がかからず、新しいプリンターを割り引きしてもらえる

デメリット

      • すべての販売店でサービスを行っているわけではない

費用相場

0円(下取り額は各販売店による)

【6】知人に譲る

信頼できる知人や友人がいるのであれば、その方に買取や譲渡を検討してみるのもいいでしょう。

個人間のやり取りであれば、当事者間の話し合いだけですべてを簡潔させることが可能です。

査定の依頼やインターネットで買い手を募集するといったことが不要であるため、処分のための工程が少なく済みます。

しかし、この方法にも問題はあります。まず、お互いが素人であるため、運搬やデータの消去等に不安が残ります。

また、プリンターはPCとの相性によって動作が不安定になることもあり、譲渡した先で使えずトラブルになる可能性があります。

メモ

メリット

      • 処分までの工程が少ない

デメリット

      • プリンターの運搬等の処理を自分でしなければならない
      • データ処理や動作の保証についてトラブルに発展する可能性がある

費用相場

0円

【簡単】電話一本でプリンターを引き取ってもらえる業者一覧

不用品回収業者に依頼すれば、最短で申し込み後一日以内にプリンターを処分してもらえます。

もちろん、必ずしもすべての不用品回収業者が即日でプリンターを処分してもらえるわけではありません。

それぞれの住居エリアに応じて、地域の業者を調べる必要があります。

しかし、首都圏や全国展開している業者であれば、多くの人が自分のケールに当てはめて考えることができるでしょう。

そこで、即日処分に応じてもらえる不用品回収業者を3社、紹介いたします。

【おすすめNo. 1】KADODE

KADODE

KADODE
主な対応エリア全て記載
プリンターの回収費用SSプラン 5,000円(セット料金)
営業時間24時間営業
お問い合わせ電話番号0120-926-966
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

ほぼ全国に展開している不用品回収業者「KADODE」はプリンターの処分を最も依頼しやすい業者の一つです。

「KADODE」はサービスパック制を導入しており、査定から処分まで運搬などの全てのサービスが含まれた値段を提示しています。

また、即日の回収依頼にも対応しており、口コミでも評判が良い企業であります。

対応エリアは全国クラスなので、初めてプリンターの処分を依頼したい方にお勧めの業者です。

こんな方におすすめ
      • 即日の回収に対応してもらえる
      • 対応エリアが広い(全国クラス)
      • 口コミに評判が良い

ECOクリーン

ECOクリーン

ECOクリーン
主な対応エリア全国
プリンターの回収費用500円~6,000円
営業時間24時間営業
お問い合わせ電話番号050-3186-4780
お問い合わせフォームhttps://form.ecoclean-fuyohin.com/site/form1/?src=wp_1_no
公式HPhttps://ecoclean-fuyohin.com/
口コミ評価★★★★/4

「ECOクリーン」も、全国展開をしている不用品回収業者ではオススメです。

こちらの業者は明朗会計を掲げており、説明のない追加料金が発生する心配はありません。

もちろんこちらの業者も即日の回収に対応しているので、査定申込時に相談してみましょう。

また、査定の結果、満足いく費用でなくサービスの申し込みに至らなかった場合は料金の発生はありません。

全国展開している業者ですので、まず査定を依頼するには「ECOクリーン」を選ぶ、というのは正しいでしょう。

こんな方におすすめ
      • 会計を明瞭にしたい方
      • 何処に住んでいても同じ業者へ依頼したい方
      • 気軽に見積もりを取りたい方

エコピット

エコピット

エコピット
主な対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
プリンターの回収費用SSパック 12,000円(セット料金)
営業時間24時間営業
お問い合わせ電話番号0120-900-413
お問い合わせフォームhttps://www.ecopit-huyouhin.com/contact/
公式HPhttps://www.ecopit-huyouhin.com/
口コミ評価★★★★/4

首都圏にお住まいの方は、「エコピット」への依頼もオススメです。

こちらの業者もパック料金を採用しており、査定から処分までの費用をまとめて提示してもらえます。

また、査定の際には単品回収にも応じてもらえるため、プリンターのみの場合には

パック料金よりも安価な料金を提示してもらえる可能性があります。

営業範囲は首都圏のみとなっておりますが、その分首都圏にお住いの場合にはきめ細かい対応が期待できます。

こんな方におすすめ
      • 首都圏にお住まいの方
      • プリンター単品の処分値段を相談したい方
      • 他のものもまとめて処分したい方

プリンターの買取専門業者一覧

プリンターの買取専門業者一覧

プリンターは型番が古い場合でも、求める機能が人それぞれ異なるため、買い取り手が付く場合があります。

プリンターの買取は専門の業者モあるほどで、買取が成立すれば処分費用が不要であるばかりか、収入も得られます。

また、プリンターの査定については出張査定よりも送付先やWEBで行われることが多いです。

その方が手間がかからないこともあり、まず売れるか試してみる意味合いでも査定を依頼した方がオトクになります。

プリンター買取センター

「プリンター買取センター」はプリンターを中心として、タブレットPCなどの電化製品の買取を行っている業者です。

無店舗であるのが特徴であり、査定もプリンターを送付した先で実施されます。

たとえ査定にて値段が付かなかった場合でも査定そのものに料金は発生せず、自宅に戻してもらえます。

全国どこでも依頼可能なので、試しに依頼してみるのも良いでしょう。

こんな方におすすめ
      • 近くに店舗買取を実施している買取店が無い方
      • 自宅での査定や買取手続きに抵抗のある方
      • 気軽に査定を行いたい方

家電高く売れるドットコム

「家電高く売れるドットコム」は、全国を対象とした総合買い取りサービスです。

店舗買取、出張買取、宅配買取の全てに対応しており、その時々の状況に応じて好ましい買取方法を選べます。

ホームページに買取価格の例が掲載されているので、プリンターがいくらで売却できるか、というイメージをすることが可能です。

また、プリンターだけではなく、電子機器をはじめ、マッサージチェアやミシンも幅広く買取対象になっています。

プリンターの他に買い取ってもらいたいものがあれば、この「家電高く売れるドットコム」に依頼するのがオススメです。

こんな方におすすめ
      • 店舗持ち込みや出張買取に対応してもらいたい方
      • すぐに買取価格のイメージをつけたい方
      • 他にも買取を希望するものがある方

プリンターの引き取り/回収依頼は業者に依頼がおすすめ!

プリンターは使用したデータが機器に残ってしまっているため、個人で処分するのには不安が残ります。

やはり、廃棄するにも、買取を行うにも、専門の業者へ依頼することが確実でしょう。

これまで紹介した、不用品回収および買取専門の業者であれば手間も少なくプリンターを処分してくれるでしょう。

料金については、個々のケースで変動するため、まずは見積もりを依頼しましょう。

そうすれば、価格やこれからの手順のイメージも付くことでしょう。

プリンターを処分する6つの方法プリンターの処分・廃棄方法6選!正しい捨て方、手順、注意点をわかりやすくご紹介 プリンターを処分したい方は必見!回収してもらう方法7選をご紹介