遺品整理の時期について徹底解説

大型ゴミの捨て方5選|リサイクルや処分方法を種類別に詳しくご紹介。

一人暮らしで、大型家電を運ぶには一人では限界…。

家具を捨てたいけど、どこに捨てればいいか分からない。

大型家電や大型家具は普段買い替えることがないので、いざ捨てる時に、「どこに捨てればいいのか」「どうやって捨てたらいいのか」と迷ってしまいますよね。また、運ぶのに大変なものばかりで、捨てに行くのも一苦労。

「できるだけ簡単に大型ゴミを処分したい!」という方の為に、この記事では、以下の内容に沿って大型ゴミの捨て方についてご紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかること

・大型ゴミの簡単な捨て方
・種類別 大型ゴミの捨て方
・大型ゴミは捨てる以外にも方法がある
・不用品回収業者を利用する方法
・大型ゴミを捨てる際に注意すべきこと

→KADODE公式サイトはこちら

大型ごみの簡単な捨て方

大型ごみの簡単な捨て方

大型ゴミの場合は、「捨てて良いもの」「捨て方」は地域によって様々な決まりがあります。そのため、普段の生活ゴミと同じように捨てることが出来ません。
誤った方法で捨ててしまうと、いつまでたっても回収してもらえないことになってしまいます。

そんなことにならないように、まずは大型ゴミの処分の方法と、種類別に簡単な大型ゴミの捨て方にいて確認していきたいと思います。

大型家電など(冷蔵庫・テレビ・洗濯機)

「家電リサイクル法」というのをご存知でしょうか?家電ゴミに含まれる「チタン」や「鉄」などの資源をリサイクルすることが義務付けられています。テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの大型家電は、「家電リサイクル法」の4品目として定められているため、家庭ゴミとして捨てる事ができません。

家電類の大型ゴミを捨てる場合は不用品回収業者や、家電量販店に処分を依頼しましょう。専門の知識を備えているので、エアコンや洗濯機など、一人では取り外しが難しいような家電でも、全てお任せすることが出来ます。複数の家電ゴミがある場合は手間なく、まとめて処分することができます。

また、リサイクルショップに引き取りをお願いするという方法もあります。その際は、ご自身で持ち込みをする必要がありますが、回収業者に依頼するのに比べて、買取が出来るのでちょっとした収入にもなります。

大型家具など(タンス・ソファ・ベッド)

大型家具の場合は、粗大ゴミとして処分できるので自治体に回収を依頼する事ができます。しかし、ベッドや、タンスなどの殆どは自分で解体し、指定の収集場所まで運ぶ必要があります。

家具などの大型ゴミの場合は回収業者に依頼するのがオススメです。トラックでの回収なので、解体の必要もなく、スタッフがそのまま運び出してくれます。

その他では、家具の買い替えで引き取りを依頼する事もできます。ただし、引き取り条件は「新たに購入する家具の金額が一定を超えている場合のみ」と少し厳しくなっています。

その他の大型家電

マッサージチェアや電子ピアノなどの「家電リサイクル法」に含まれない大型家電の場合は粗大ゴミとして捨てることができます。ただし、指定の時間までに自分で大型ゴミを運び出さなければいけません。

普段のゴミ出しと比べ、分別する必要がないので簡単ではありますが、粗大ゴミとして捨てられるのか迷ってしまうような大型ゴミであれば、不用品回収業者に自宅まで引き取りに来てもらうのが良いでしょう。

大型ごみの簡単な捨て方5選!

大型ごみを捨てるときの注意点

大型ゴミの種類よって、決められた捨て方がある事が分かりました。「わざわざ捨てられるのか確認するのは面倒…」「出来るだけ費用を抑えて捨てたい」など大型ゴミを捨てるたいと考えるケースは様々です。

殆どの場合、大型ゴミを捨てるには「売る」「回収してもらう」この2つになります。ここからは、簡単に大型ゴミを捨てるための様々な方法きついてご紹介していきます。

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップの場合、自分で持ち込みをする必要がありますが、家電から家具まで柔軟に買取をしてくれます。状態が良ければ、大体のものは買取として受け付けてくれます。

特に、テレビやパソコンなどは高く買取ってもらえるので、買い替えるか迷っている方は、リサイクルショップを利用して費用を抑えるのがオススメです。

ただし、年式が古いもの、海外メーカーなどの大型家電は状態に限らず、回収のみになる事がありますので注意が必要です。

オークションで売買する

オークションを利用すれば、自分で値段を設定できる分、リサイクルショップより高値で買取ってくれます。持ち込みをする必要もないので、誰でも手軽に出来るのも嬉しいポイント。

メーカーや年式に関わらず、性能の良さや希少価値によって売買が出来るので、アンティークや、デザイナーズ家具などをお持ちであれば、オークションを利用すると高値で売れるかもしれません。

一つだけ注意しておきたいのが、送料が大きくかかってしまうことです。大型家電や、大型家具の場合、県を1つ超えるだけで10000円以上はかかってしまいます。そのため、高く売ることが出来たとしても、大幅な収入にはならないこともあります。

大型量販店に引き取ってもらう

大型家電を捨てる場合には、回収業務者やリサイクルショップ以外に、家電量販店で引き取ってもらう方法があります。但し、引き取りを依頼する場合「リサイクル料金」「運搬料金」の2つを支払う必要があります。このリサイクル料金よ運搬料金は2つのパターンによって料金が異なってきます。

買い替えと同時に引き取りを依頼する

新しい家電を買い替える際に、以前使っていた家電を回収してもらう方法です。新しく商品を購入する分、引き取り依頼にかかる料金はそこまで高くなりません。

引き取りのみを依頼する

家電の引き取りのみを店舗に依頼する方法です。処分する家電がその店舗で以前購入したものであれば、引き取りにかかる料金は少しだけ下がりますが、その店舗で購入されたものでない場合は家電の種類によって1,0000円近くすることもあります。

家電量販店の回収依頼の例

液晶テレビ16V型以上の場合

回収条件リサイクル料金運搬料金
引き取ってもらう商品がその店舗で
購入したものである場合
2,970円(税込)2,200円(税込)

参考:エディオン

また、リサイクル料金と運搬料金は店舗によってもことなりますのでホームページから事前にチェックしておくことをオススメします。

自治体の規則に沿って捨てる

自治体に粗大ゴミとして処分してもらう方法です。
この場合、大型家電は「家電リサイクル法」という規則があり、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンはリサイクル法の4品目として定められています。そのため、粗大ゴミとして出せるのは大型家具のみとなりますので、注意しましょう。

粗大ゴミとして大型ゴミを捨てる場合、回収料金を支払う必要があります。ほとんどの場合、大きさよ比例して料金が高くなりますので、出来るだけコンパクトになるように解体する必要があります。

また、自治体によって粗大ゴミの回収料金がことなりますので、役所のホームページで調べておきましょう。

不用品回収業者に回収を依頼する

食器棚などの大きな家具の場合は、どうしても自家用車では運び出すことは出来ません。そういった、持ち運びに困難な大型ゴミの場合は不用品回収業者に回収を依頼するのがベストです。

また、専門業者なのでエアコンなどの取り外しや、家具の解体まで、全てお任せすることが出来ます。粗大ゴミとして大型ゴミを捨てる場合は、指定日まで自宅に置いておかなければならないのでスペースを取られたりと意外と面倒な事があります。回収業務の場合は電話での予約、当日の立ち合いのみで済むので、時間も手間もかからずスムーズにゴミを捨てる事が出来ます。

粗大ゴミや家電量販店での回収は点数ごとにの回収料金がかかるのに比べて、不用品回収業者の場合は、ゴミの量によって料金が決められているのでまとめて大型ゴミを出すとお得になります。

大型ごみ簡単処分!不用品回収業者「KADODE」

KADODE

これまで、いくつかの大型ゴミの捨て方についてご紹介いたしました。最後にオススメするのは「KADODE」という不用品回収業者です。回収に豊富なプランを提供しているため、料金を抑えて無駄なく大型ゴミを捨てることが出来ます。

1人ではなかなか運べないような大型ゴミは不要品回収業者に依頼すれば、手間もかからず、まとめて簡単に捨てることが出来ます。

KADODEとは

不用品の回収・処分から、買取、掃除まで様々なサービスを提供する専門業者です。即日対応も可能なので、急な家電の故障による不用品の回収などにも利用することが出来ます。

他社と比べると、積み放題プランで回収料金が18,000円前後するのに対して、「KADODE」の場合はゴミの量に合わせて定額パックというプランを選べます。

種類面積の目安価格
SSパック1㎡10,000円
Sパック1.5㎡15,000円
Mパック3㎡30,000円
Lパック5㎡50,000円
LLパック10㎡100,000円

KADODEを利用するメリット

「KADODE」のメリットは、柔軟に対応してもらえるところ。プランが充実しているので、ゴミの量に合わせて料金を選ぶことが出来ます。さらに、プランのカスタマイズも可能。上記の定額パックに「まごころパック」をカスタマイズすることで、回収当日の荷物量が少し多くなってしまってもそれ以上料金がかかりません。

また、KADODEでは買取サービスも行なっているので、回収にかかる費用を抑えることが出来るのもポイント。回収してもらいながら、買取をしてもらえるので、リサイクルショップのように持ち込みをする必要がありません。

KADODEを利用するデメリット

デメリットとしては、東北や北海道など一部地域では対応外となっていることです。

「KADODE」が対応できる地域は、関東地方、中部地方、関西地方、四国地方、九州地方のエリアとなります。回収依頼をお考えの方は、住んでいる地域が対応エリアであるか事前にチェックしておきましょう。

KADODEの口コミ

お客様の声1

冷蔵庫が壊れてしまったので、急遽捨てることになりました。当日の予約にも対応しているということだったのでKADODEさんに依頼をお願いすることに。とても丁寧な対応で、安心して依頼することが出来ました。ついでにちょっとした不用品もお願いしましたが、「まごころパック」を付けていたので値段は変わらず回収してくれました。作業もスムーズでとても良かったです。ありがとうございました。

お客様の声2

本棚とタンスの回収を依頼しました。一人暮らしで、かなり大きく運び出しに困っていた為、解体して捨てようと思っていましたが作業スペースが無く困っていました。当日、トラックにまとめて回収してくたので一気に片づけられてとても満足してます。スタッフの方もとても丁寧な対応で、気持ちが良かったです。

大型ごみを捨てるときの注意点

大型ごみの簡単な捨て方5選!

ここでは、大型ゴミを捨てるときに注意していただきたいことについてご紹介していきます。

違法な回収業者に気を付ける

「回収料金がタダ!」という宣伝文句をしているような回収業者にはくれぐれも注意してください。大抵の場合が違法回収業者の可能性があります。
彼らは回収した大型ゴミの中から金品になるものだけを引き取り、それ以外は山奥などに捨てています。通常、不用品回収業者は「一般廃棄物収集運搬業許可」という資格がないと、回収業務を行ってはいけません。このようなタダで回収をしているような業者には、くれぐれも依頼をしないよう気を付けましょう。

引っ越しの際には捨てる順番に気を付ける

大型ゴミは引っ越しの際に捨てる順番を間違えてしまうと、当日までの間、生活に困ってしまいます。冷蔵や、洗濯機、ベッドなどの生活に必要な大型ゴミの場合は、出来るだけ引っ越しの前日か、当日に回収してもらうのがオススメです。

ただし、あまりぎりぎりに準備してしまうと問題になることもあります。冷凍室付きの冷蔵庫の場合、壁面に出来ていた氷が解けて水浸しになるので、タオルなどで拭き取る必要があります。当日の2日前には使用しないようにしておくのが良いでしょう。

大型ゴミの捨て方まとめ

いかがでしたでしょうか。

大型ゴミは、普段捨てる機会がないので、解体したり、運んだり、自分で捨てるにも何かと時間や手間がかかってしまいます。様々な捨て方を事前に知っておくことで状況に応じて捨てる方法を選ぶことが出来て、スムーズに捨てられます。

買取を利用したり、回収業者にまとめて回収を依頼したり、ちょっとした知識を備えておくだけで、無駄な費用を払わずにゴミを簡単に捨てることが出来ます。

引っ越しや、事務所の整理など、いろんなシーンで大型ゴミを捨てる機会が出てきます。急な大型ゴミの処理に困らないよう、正しい知識を身に着けておきましょう。