遺品整理の時期について徹底解説

【事業系ごみを徹底解説】オフィスから出た粗大ごみはどうやって処分する?

オフィスを引っ越しするので粗大ごみを捨てたい
上司から会社の粗大ごみの処理を任されたけどどこに捨てればいいの?

会社の移転などに伴ってでた粗大ごみ、どうやって処分したらいいのでしょうか?
オフィスからでたものは、破棄する際に細かい取り決めがあります。

そこで今回は、オフィスからでるごみの種類から処分方法、おすすめの業者まで詳しく解説していきたいと思います。

オフィスから出る粗大ごみの種類


オフィスや飲食店などから出たごみは総じて「事業系ごみ」と呼ばれます。
しかしそのすべてが同じ方法で破棄できるかというと、方法は全く異なります。

まずはごみの種類についてご説明します。

オフィスの粗大ごみは事業系一般廃棄物と産業廃棄物にわけられる

事業系ごみは、そのあと更に2種類に分けられます。

事業系ごみの種類分け
  1. 事業系一般廃棄物
  2. 産業廃棄物

この2つはそれぞれ適切な方法で処理することが義務づけられています。

事業系一般廃棄物

事業系ごみの中でも、産業廃棄物に該当しないものを事業系一般廃棄物と区別します。

主な事業系一般廃棄物
  • 紙コップやペーパータオル
  • コーヒーや茶葉
  • ガムテープ・付箋
  • 汚れた布類
  • 生ごみ

例を見ると、家庭からでるゴミと変わりないですが、オフィスから出たものは自治体による家庭ごみの集積所には破棄できません。

産業廃棄物

事業から排出されるごみのうち、法律で定められた品目のことを産業廃棄物といいます。

主な品目
  • ペットボトル・プラスチック包装
  • 発泡スチロールなどのプラスチック製品
  • ビン・缶
  • 傘などの金属を含んだもの
  • 蛍光灯
  • 乾電池

破棄するためには専門の業者に依頼する必要があります。

また、一般廃棄物と混合して捨てるのは法律違反となります。
分別を徹底してから処理しなければなりません。

自治体でオフィスの粗大ごみを回収してくれる?


自治体では、オフィスから出た粗大ごみを回収してくれるのでしょうか?
この章では自治体で行っているサービスについて説明します。

粗大ごみとは何を指すのか

そもそも粗大ごみの定義とは何でしょうか。
それぞれの自治体によって異なりますが「1辺が30cm以上のもの」というのが目安です。

ただし細かく解体されても搬出が難しいもの、重さが著しく重いものは可燃ごみや不燃ごみではなく粗大ごみに分類されます。

事業系有料ごみ処理券

前述したように、オフィスからでたごみは家庭ごみの集積所には破棄できません。
しかし、一部の自治体では「事業系有料粗大ごみ処理券」を発行し、事業系のごみを回収しています。

回収の流れは通常の粗大ごみとほとんど同じです。

STEP.1
予約
事前に事務所がある地域の自治体に問い合わせる。
STEP.2
処理券の購入
コンビニや小売店などで処理券を購入する 。
STEP.3
券を貼り付ける
見えやすいように袋に処理券を貼る。
STEP.4
ごみを搬出
指定の場所に処理券を貼ったごみを搬出する

段ボールや古紙など再利用可能な資源は、安価な料金で回収している場合もあります。

地域によって細かい決まりや料金が異なります。
オフィスのあるエリアの自治体に事前にお問い合わせ下さい。

オフィスから出る粗大ごみの処分方法


上述したように、オフィスからでるごみを破棄するためには細かい取り決めがあります。
では具体的に、どのような方法で処分することができるのでしょうか。

この章では主なオフィスの粗大ごみの処分方法を解説します。

オフィスの粗大ごみ処分の流れ

オフィスからでる粗大ごみとして主にあげられるのは、冷蔵庫やテレビなどの家電製品、デスクや椅子、棚などです。

デスクは自治体で回収が可能な場合もありますが、冷蔵庫はやテレビは「家電リサイクル法」に基づいて適切な方法で破棄しなければなりません。

家電リサイクル法の対象品

オフィスからでる、家電リサイクル法に該当する冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機等の破棄方法は3通りあります。

破棄方法
  1. 産業廃棄物の収集や運搬の許可を所持している業者に依頼する
  2. 購入元のお店に引き取ってもらう
  3. 新品買い替え時に引き取ってもらう

オフィスから出るごみはすべて「事業系ごみ」に分類されますが、家電リサイクル法の対象品目はリサイクル料金を支払い、適切に破棄することが義務付けられています。

マニフェストの交付について

前述したように、オフィスからでるごみを破棄するには決まった方法があり、事業主は破棄したごみが正当に処理されたのかを把握する義務があります。

万が一依頼した先の業者が不法投棄をした場合には、事業主または責任者の方も罰則が発生するリスクがあります。

そのため、責任者が業者へ依頼し、適切に処分したことを証明する管理表のことを「マニフェスト」と言います。

事業主及び責任者の方が産業廃棄物処理業者に粗大ごみの回収を依頼する場合、事前にマニフェストを発行する必要があります。

現在、紙マニフェストと電子マニフェストのうち、どちらかの発行が義務付けられています。

紙マニフェスト

STEP.1
発行
責任者は必要事項を記入し、マニフェストを交付する。
STEP.2
運搬業者
運搬業者はマニフェストとともに対象品を処分業者に渡す。処分業者にサインをもらい、依頼主である責任者に10日以内に発送して運搬完了を知らせる。
STEP.3
処分業者
処分終了後、マニフェストにサインし、処分が完了したことを証明する。10日以内にマニフェストを依頼主に返送する。
STEP.4
確認
責任者は返送されたマニフェストを確認し、適切に処理されていることを確認する。
STEP.5
保管
返送されたマニフェスト、各業者が保持している控えは交付日と返送日から5年と定められている。

電子マニフェスト

STEP.1
情報登録
業者に依頼してから3日以内に必要事項を登録し、マニフェストを発行する。
STEP.2
運搬報告
収集と運搬が終了したら、業者は完了報告を登録する。
STEP.3
二次マニフェスト
処理業者は廃棄物を引き渡した時点から3日以内に二次マニフェストを作成する。
STEP.4
情報処理センター
処理業者から最終処分完了の通達がきたら、依頼主に知らせる。
STEP.5
確認
情報処理センターからきた最終処分完了の通達の内容を確認する。

電子マニフェストは、情報処理センターにて5年間保管される義務があります。

マニフェストは、都道府県に粗大ごみの処理を依頼する場合などについては交付をする必要はありません。

オフィスの粗大ごみを回収してくれるおすすめ不要品回収業者


事務所が引っ越したり、上司にオフィスで使っていた家電を捨てるよう言われた場合、おそらくは期日に余裕がないかと思います。
そのうえ法律で決まりが定められていたり、専門業者を探すのはとても大変です。

オフィスの粗大ごみはなかなか簡単には捨てられないことがわかりました。
そこでおすすめの方法が、不用品回収業者に依頼することです。

不用品回収業者は民間が経営する会社で、お客様それぞれに柔軟に対応してくれることが魅力です。
多くの業者は24時間受付しており、早ければ即日に回収できるというところもあります。

また、面倒な分別はすべて行ってくれます。
オフィスのごみは分別が細かく指定されているので、個人で分別を行うのは大変です。

「業者がありすぎてどこに頼めばいいのかわからない」という声にお応えできるよう、おすすめの不用品回収業者をご紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

オフィスから出た粗大ごみの回収はKADODEにおまかせ

KADODE
KADODEは大手運送会社の料金システムを導入した会社です。
回収は1品からでも可能ですが、お客様に合わせて6つのお得な定額プランを用意しています。

他の会社では通常追加料金が発生してしまう出張費やスタッフ増員、清掃費用も定額プランなら追加料金は一切かかりません。

全国の幅広いエリアに対応し、24時間365日受付可能です。
問い合わせや見積もりが無料で、気軽に依頼することが出来ます。
一般家庭の不用品回収からオフィスの移転、遺品回収まで幅広く対応しています。

販売業務も行っているため、不用品を高価買取で回収してもらえることもあります。
支払い方法は現金だけでなくクレジットカードも使用できます。

KADODE
主な対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、大阪府、兵庫県、愛知県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、大分県、福島県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
料金プラン最安プラン:ssパック5000円(税込)~、作業費、追加料金等が込みのプラン
見積り料金無料
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理など
営業時間24時間365日年中無休
公式HPhttps://kado-de.jp/
電話番号0120-966-926
KADODEのおすすめポイント
  • 豊富なプランから最適な回収をしてくれる
  • 国内販売や輸出販売も行っているため買取額が高い
  • 24時間365日受付

評判・口コミ

みんなの口コミ
急いで来ていただかったので連絡したら、なんと当日に回収してくれました。終始丁寧なのに素早い対応で助かりました。
みんなの口コミ
回収して欲しいものが沢山あり、分別もどうしたらいいのかよくわからず困っていました。KADODEさんは面倒な分別をすべて行ってくれて助かりました。また、「まごころパック」という追加のプランが大変お得でした。また何かあればお願いしたいと思います。

 

エコピットで素早くオフィスの粗大ごみを処理

エコピットは、不用品・粗大ゴミ回収を主に、遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、引っ越しに伴うゴミ回収と、幅広い事業を提供しています。

エコピットのおすすめポイント
  • 基本料金や出張費などが込みのお得なパックプランは4つあり、荷物の量に応じて選べる
  • 当日予約ができて、即日で対応してくれる
エコピット
対応エリア東京、神奈川、千葉、埼玉
最安値お任せパック/SSパック 1万2000円(税抜き)~
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、不用品買取、ハウスクリーニング等
営業時間24時間年中無休
電話番号0120-900-413
住所東京都渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉ビル 4階B
即日対応可能
買取サービスあり
軽トラック積み放題あり
公式サイトhttps://www.ecopit-huyouhin.com/

評判・口コミ

みんなの口コミ
いろいろな業者を見比べて、価格が安かったのでこちらに依頼しました。定額制のプランで、荷物がたくさんあったのにお得に回収してもらえてとても助かりました。
みんなの口コミ
面倒な片づけや分別をすべて行ってくれて助かりました。引っ越しの際のクリーニングと荷物の処分を、一度に完了できてよかったです。

エコモーションでオフィスの粗大ごみを低コストで処分


エコモーションは、企業や工場などから排出される事業系ごみの処理に特化した会社です。

東京を中心として、関東圏に対応しています。

企業や工場向けに不用品回収を行い、独自のルートで高額な買取とリサイクル率を誇っています。

エコモーションのおすすめポイント
  • 独自の高い買取力とリサイクル率で低価格な費用
  • 複雑なマニフェスト作成も任せられ、重要書類の処理も徹底的な情報管理
エコモーション
対応エリア東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城、群馬
主なサービス内容産業廃棄物の回収・事務所からのごみの回収、マニフェスト作成、オフィスや工場の移転、閉鎖、買取
営業時間24時間年中無休
電話番号03-5763-5700
住所東京都大田区大森本町1-3-6 加藤ビル
即日対応可能
買取サービスあり
軽トラック積み放題なし
公式サイトhttps://www.kankyo-ecomotion.co.jp/

評判・口コミ

みんなの口コミ
コスト削減を重視して選びましたが、大変満足しています。また、コンプライアンス面も安心でした。とても信頼できる会社です。
みんなの口コミ
工場の閉鎖に伴い、こちらのエコモーション様に依頼しました。すべて破棄しなければならないと思っていましたが、いくつかの機械を買取していただくことが出来ました。コストは想像していたよりも大幅に低く大変助かりました。また、対応はとても迅速でした。

オフィスの粗大ごみは専門業者に依頼しよう


オフィスの粗大ごみは、ややこしい取り決めがたくさんあり、そのうえ個人ではほとんど処理できません。
自治体で回収してくれるものもありますが、迷ったときには専門業者に依頼することがおすすめです。

細かい分別をする手間がかからない上に、思わぬ高価格で買い取りが可能なこともあります。

法律を遵守していない業者に依頼すると、責任者である事業主も罰則されかねません。
オフィスの粗大ごみ回収は、許可証を持っている専門の業者に依頼しましょう。

不用品回収業者KADODE〜個別評価と口コミで実際の評判をチェック〜 ゴミ屋敷 片付けゴミ屋敷は自力で片付けられる?その方法と手順を詳しくご紹介 ゴミの引き取り方法/引き取りしてもらうにはどうすればいい?|処分方法を詳しく解説! 粗大ゴミの引き取り/処分方法|おすすめの業者や処分方法を徹底解説!