遺品整理の時期について徹底解説

ナフコで家具を引き取ってもらうには?引き取り費用・サービス・処分方法をご紹介!

ナフコで家具を引き取ってもらうには?引き取り費用・サービス・処分方法をご紹介!

お客様の声2

ナフコで家具を引き取ってもらうには?
不要な家具を簡単に処分する方法はある…?

お客様の声3

上記のように、お悩みの方はいませんか。

使用していた家具を捨てたいけれど、
どのように処分すれば良いのかわからないという方は少なくありません。

ナフコでは家具の引き取りサービスを行なっています。
家具の引き取りサービスを利用すれば、手間をかけずに家具が処分できます。

ただし、ナフコの引き取りサービスを利用するにはいくつか条件があります。

そこで今回は、ナフコの引き取りサービスの特徴や、そのほか
おすすめの家具引き取りサービス、家具の処分方法をまとめました。

この記事を読めば、あなたに合った家具の処分方法が見つかります。

この記事で解説すること
  • ナフコの家具引き取りサービスは家具を購入すると無料で利用できる!
  • ナフコ以外で購入した家具も引き取ってもらえる
  • 引き取りサービスが利用できない場合は出張買取や不用品回収がおすすめ
  • 不用品回収を依頼すれば、家具の処分に時間や労力がかからない
  • 一番おすすめの不用品回収業者はKADODE

ナフコの家具引き取りサービスとは?

ナフコの家具引き取りサービスとは?

ナフコでは新しく家具を購入すると、不要になった家具を引き取ってもらえます。

ナフコの家具引き取りサービスの特徴
  • ナフコの家具を購入するとサービスが利用できる
  • 引き取りサービスを利用するには、事前に連絡が必要
  • 引き取りのみのサービスは利用できない
  • 大型家具の配送エリアは1都2府19県のみ
回収してもらう家具は、ナフコで買ったもの以外でも問題ありません。

しかし、ナフコで購入した家具が不要になった場合
引き取りのみのサービスは対応してもらえません。

MEMO
東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

ナフコの家具引き取りサービスを利用するときの費用

ナフコの家具引き取りサービスは、購入した家具の料金のみで利用できます。

商品を購入する際に別途配送料がかかるのは頭に入れておきましょう。

注意点
購入する家具によっては、引き取りサービスを利用できないこともあります。
サービスを利用したい方は、確認しておくことが大切です。

ナフコで不要なベッド・ソファを引き取ってもらうには?

ナフコで不要なベッド・ソファを引き取ってもらうには?

先ほどもお伝えしましたが、ナフコで不要なベッドやソファを引き取ってもらうには、
家具を新たに購入する必要があります。

ただし、購入するものはベッドやソファ以外でも食器棚やダイニングセットなどの
対象商品であればサービスを利用することが可能です。

引き取りサービスを利用したい方は、
事前に連絡をしておきましょう。

MEMO
家具を購入すると、たんすや鏡などの婚礼家具でも回収してもらえます。
同容量のものでなければ、回収してもらえませんが品目は決められていないので、
購入した家具とは別に処分したい家具がある場合は事前に問い合わせてみましょう。

家具をお得に処分できるおすすめの引き取りサービス3選!

家具をお得に処分できるおすすめの引き取りサービス3選

ナフコの家具引き取りサービスがどのようなものかわかりましたね。

家具の引き取りサービスは、ナフコ以外のショップでも実施しています。

続いておすすめの家具引き取りサービス3選をご紹介します。

家具の買い替えを検討している方は参考にしましょう。

ニトリの家具引き取りサービス

ニトリでも家具の引き取りサービスを行なっています。

ニトリの家具引き取りサービスの特徴
  • ニトリで家具を購入した人が対象
  • 費用は商品の購入代金とは別に3,000円(税別)かかる
  • 引き取ってもらえる家具は同数量または同容量のものに限る
  • 「配送員設置商品」を購入した場合のみサービスが利用できる
ニトリで新しく家具を購入する方は、3,000円で
使用していた家具を処分してもらえます。

家具を届けてもらう際に、引き取ってもらえるため
手間がかかりません。

回収してもらえる家具は、同数量または同容量のものに限ります。

また、「配送員設置商品」を購入した場合のみサービスが利用できます。

MEMO
例えば、ベッドを購入した場合、ソファなどを引き取ってもらうことは可能です。
しかし、小さめのソファを購入しても、ベッドを回収してもらうことはできません。

ヤマダ電機の引き取りサービス

ヤマダ電機でも引き取りサービスを行なっています。

引き取ってもらえる家具は購入したものと
同等品・同数量のもののみです。

ヤマダ電機は家具だけでなく家電の回収も行なっており
買い取ってもらえます。

ヤマダ電機の家具引き取りサービスの特徴
  • ヤマダ電機で商品を購入した人が対象
  • 費用は商品の購入代金とは別に3,000円(税別)かかる
  • 引き取ってもらえる家具・家電は同数量または同容量のものに限る
  • 家電は買い取えをしなくても、買い取ってもらえる
注意点
  • 買取に出す際は、運転免許証を身分証明書が必要
  • 家電を引き取ってもらう時は、持ち込む必要がある

IKEAの家具引き取りサービス

IKEAでは、ソファ・マットレスの引き取りサービスを行なっています。

サービスを利用するための条件は以下の通りです。

IKEAのソファ・マットレスの引き取りサービスの条件
  • IKEAで商品を購入した人が対象
  • 購入商品と同種・同サイズかつ同数のソファ、マットレスを無料で引き取ってもらえる
  • 店舗で商品を購入した場合のみ
MEMO
IKEA製の家具なら、買取サービスも利用できます。
ただし、ソファやマットレスは対象外です。

不要な家具を簡単に処分する方法5選|引き取りサービスを利用できない人必見!

不要な家具を簡単に処分する方法5選|引き取りサービスを利用できない人必見

ナフコやニトリの引き取りサービスを利用するには
家具を買い替える必要があります。

そこで、家具を買う予定のない方向けに
不要な家具を簡単に処分する方法5選をご紹介します。

紹介する方法の中から、あなたのニーズにあった
処分方法を選択しましょう。

リサイクルショップの出張買取を利用する

リサイクルショップの出張買取を利用すると、処分費用がかかりません。

買い取ってもらえれば、お金になるのでブランドの家具や状態の良い家具を
処分する場合は買取を検討してみましょう。

ただし、出張料を支払わなければいけない業者もあるので
きちんと確認しておきましょう。

リサイクルショップの出張買取で家具を処分するときのメリット・デメリット
  • メリット①:見積もりは無料で、処分費用がかからない
  • メリット②:家具の状態がよければ、利益が出る
  • デメリット①:単品のみの買取は行なっていない業者もある
  • デメリット②:5年以上使用している家具は買い取ってもらえない可能性が高い

出張買取を利用するときの流れ

STEP.1
業者を決めて、電話またはメールで申し込む
業者を決めて、電話かインターネットで申し込みをします。
査定日と時間を決定します。
STEP.2
家具の査定をしてもらう
家具の査定をしてもらいます。家具の状態がよければ
高く査定してもらえるので、掃除やメンテナンスをしておきましょう。
出張買取を依頼するときは、手数料がかからない業者を選択するのがおすすめです。
STEP.3
納得がいけば買い取ってもらう
査定金額に納得すれば、買取を依頼します。
納得いかなければ、買取をキャンセルすることも可能です。
買取後、売却金を受け取ります。売却金は口座振り込みの場合もあります。
’STEP.4’
家具を運び出す
お金を受け取ったら、家具を運び出してもらいます。
買取査定をしてもらい、売れなかった場合は、
他の処分方法を参考にしてください。

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

不要な家具は、自治体に申し込み
粗大ゴミとして捨てることができます。

なるべく費用をかけずに
家具を処分したい人におすすめです。

自治体に回収してもらう時にかかる費用は地域によって
異なるので事前に確認しておきましょう。

粗大ゴミとして家具を処分するときのメリット・デメリット
  • メリット①:処分費用が比較的安い
  • デメリット①:指定の場所まで家具を持っていく必要がある
  • デメリット②:自治体に申し込みをしなければいけない

粗大ゴミとして家具を処分するときの流れ

お住いの場所によっては、若干異なりますが
粗大ゴミに出すときの一般的な手順は以下の通りです。

STEP.1
粗大ゴミ受付センターに回収の申し込みをする
電話または、ホームページから申し込む。処理手数料は、品目や大きさによって異なります。
処理手数料を支払う必要があるので、処分する家具の大きさを計測しておきましょう。
また連休や引越しシーズンは、電話が繋がりにくいこともあります。
粗大ゴミとして家具を処分したい方は、早めに手続きを行いましょう。
STEP.2
粗大ゴミ処理券を購入する
処分費用分の粗大ゴミ処理券を購入します。処理券は最寄りのスーパーやコンビニでも取り扱っています。
お住いの地域以外の券しか使用できないので、気をつけましょう。
MEMO
地域によっては、生活補助世帯などへの処分手数料を免除にしているところもあります。
詳細は、粗大ゴミ受付センターに問い合わせてみましょう。
STEP.3
粗大ゴミ処理券を貼り、収集日に指定の場所まで持っていく
粗大ゴミ処理券を購入したら、収集日に指定の場所まで持っていきます。収集日より前に持っていくと、近隣の迷惑になりかねないので、必ず当日に出しましょう。
事前に申し込んだ分の不用品しか回収してもらえないので、処分したい家具が増えてしまったら次のタイミングで処分しましょう。
収集日当日の午前8時までに、家具を持っていく必要があるので注意してください。

インターネットオークションやフリマアプリを利用する

インターネットオークションやフリマアプリを利用して家具を処分することもできます。

ご自分で、販売金額を決められるのは魅力的ですよね。

しかし、購入者がいないと、処分できないため
家具をすぐに手放したい方にはおすすめしません。

ネットオークションやフリマアプリで家具を処分するときのメリット・デメリット
  • メリット①:自分の好きな価格で売れる
  • デメリット①:買い手がいないと処分できない
  • デメリット②:梱包や配送に時間がかかる
おすすめのネットオークション・フリマアプリ
  • ヤフオク!
  • メルカリ
  • ラクマ

ネットオークションやフリマアプリを利用するときの流れ

STEP.1
家具の写真を撮影する
家具の写真を撮影します。購入してもらいやすくするために、
写真は複数枚とっておきましょう。
また、明るい場所で撮るときれいにうつりやすいです。
STEP.2
家具の説明文を書く
家具の説明文は、状態を詳しく記載しましょう。
傷や汚れがあるにもかかわらず、
説明を書かないでいるとトラブルに発展することもあります。
STEP.3
オークションの開始金額と期間を決める
次に、オークションの開始金額と期間を決めます。
期間は決めずに出品したい方は、メルカリを利用すると良いでしょう。
STEP.4
落札者が現れたら、家具を発送する
落札されたら、家具を発送します。梱包や発送方法はあらかじめ決めておくと
作業がスムーズに行えます。

近所の人や友人に譲る

引き取ってもらうのが難しい場合は
近所の人や友人に譲るのも1つの手です。

近所に知り合いがいない方は、
ジモティーなど地元の掲示板を利用するのがおすすめです。

ジモティとは
  • ジモティは無料で利用できる広告掲示板のこと
  • 手数料・利用料は無料
  • 地元の情報を発信したり、受け取ったりできる
ジモティで不要になった家具を掲載し、
引き取り手が現れれば無料で手放すことができます。

しかし、個人間でやりとりする必要があるため
思わぬトラブルに発展する可能性があります。

また、梱包や受け渡しに手間がかかるのが
デメリットといえます。

近所の人や友人に譲って家具を処分するときのメリット・デメリット
  • メリット①:処分費用が安い
  • デメリット①:引き取ってくれる人が現れないと処分できない
  • デメリット②:梱包や受け渡しに手間がかかる

不用品回収業者に家具を回収してもらう

不用品回収業者にサービスを依頼すると、
最短即日で家具を処分することができます。

手間をかけず家具を処分したい方におすすめです。

業者の中には、不用品回収だけでなく
ハウスクリーニングや遺品回収を行なっているところもあります。

不用品回収サービスで家具を処分するときのメリット・デメリット
  • メリット①:最短即日で対応してもらえる
  • メリット②:手間をかけずに家具を処分できる
  • デメリット①:処分費用がかかる
  • デメリット②:悪徳業者に騙されないように注意が必要

不用品回収業者に家具を回収してもらうときの流れ

STEP.1
業者を決めて、問い合わせる
業者を決めて、電話または問い合わせフォームで申し込みをします。
STEP.2
無料で見積もりをしてもらう
問い合わせたら、見積もりを行なってもらいます。見積もりは無料で行なっている業者がほとんどです。
見積もりをした金額に納得がいけば、作業依頼日を決定します。
訪問して見積もりだけしてもらう場合でも、費用はかかりません。
STEP.3
不用になった家具を引き取ってもらう
不要になった家具を引き取ってもらいます。
訪問して見積もりを依頼する場合は、見積もり後すぐに作業を進めてもらえます。
’STEP.4’
作業完了後、料金を支払う
作業が完了したら、料金を支払って終了です。

不用品回収を利用するならKADODEがおすすめ!

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、
愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、
福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
受付時間24時間
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5
KADODEのおすすめポイント
  • 料金プランがわかりやすい
  • 最短即日で対応してもらえる
  • 口コミ評価が高くリピーターが多い
KADODEは最短で当日対応可能な不用品回収業者です。

料金プランがわかりやすく、サービスの質も高いことから
人気を集めています。

KADODEは年間で10,000件の回収実績があり
24時間365日対応
してもらえます。

簡単な見積もりはLINEでも行えるので、
費用が気になる方は確認してみましょう。

KADODEの口コミ評判

KADODEの口コミ
不用品回収業者を利用するのは初めてで、回収までの流れが
全く分からなかった私に、親身になって処分方法や買取制度について
説明してくれました。お陰様で、スムーズに不用品を処分することが出来ました
KADODEさんは私のような高齢の方でも、使いやすい業者だと思います。
KADODEの口コミ
仕事が忙しく毎日帰宅したら寝る生活が続き、部屋の掃除をする時間も取れず
気が付いたら部屋がゴミ屋敷になってしまいました。
自分の部屋がゴミ屋敷だということを、人に相談することはとても恥ずかしくて
最初は不安でした。
しかし、KADODEのスタッフさんから「好きでゴミ屋敷にしてる人はいませんから
大丈夫ですよ」と温かいお言葉をかけていただき、私は救われました。
家具を今すぐ、手間をかけずに捨てたい方は
不用品回収サービスを利用するのがおすすめです。

KADODEはスタッフの作業が速く、丁寧という口コミ評価が多く見つかりました。

不用品回収業者を利用したことがなくても
安心して利用できる業者といえますね。

まとめ

まとめ
  • ナフコの引き取りサービスは家具の購入者が対象
  • 別途料金なしでサービスが利用できる
  • 家具の買い替えを検討している人はナフコ以外の引き取りサービスもおすすめ
  • 不要になった家具を今すぐ処分したい人は不用品回収サービスがぴったり
  • 一番おすすめの不用品回収業者はKADODE
今回はナフコの引き取りサービスやおすすめの家具の処分方法5選を紹介しました。

不要になった家具を処分する方法は、引き取りサービスだけでなく
出張買取や不用品回収など様々です。

それぞれメリット・デメリットがあるので
あなたの状況に合わせてより良い方法を選択しましょう!

家具ごとの最適な処分方法を知りたいという方は
以下の記事もご覧ください。
物干し竿の処分方法5選!|カインズで無料引き取り!?ニトリやコーナンも解説 電子レンジを簡単に処分|ヤマダ電機・ケーズデンキでは無料引き取り!?5つの処分方法を紹介! 不要な「婚礼家具」の捨て方5選|自分で解体する方法や引き取りサービスなどをご紹介! ハンガー処分方法・捨て方5選!費用相場からやり方・手順まで詳しく解説!