遺品整理の時期について徹底解説

アート引越センターで不用品を処分できる?お得に手間なく捨てるための方法

アート引越センターは不用品を処分してくれる?

そういえばお引っ越しやさんて、不用品は処分してくれるのかな?
アート引越センターとか大手だけどどうなのかしら?

アート引越センターと聞くと、真っ先にあのCMのフレーズが思い出されます。

お引越し業界の最大手、白と青を基調としたイメージカラー。

さて、そのアート引越センターですが、お引越しのプロ集団という事はみなさん周知の事実かと思われます。

しかし、このサイトのメインテーマとなる”不用品回収”に関しては対応しているのでしょうか?

今回ではそのあたりについて、ちょっと掘り下げていってみたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • アート引越センターの不用品処分について分かる!
  • 引越しの際の不用品処分方法が分かる!
  • いつ処分すればいいのかが分かる!
  • 不用品処分のおすすめが分かる!
  • 引越しの際の不用品をカンタン・お得に処分する方法が分かる!

アート引越センターの会社概要

アート引越センターHP

アート引越センター
商号 アートコーポレーション 株式会社
本店所在地 大阪府大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー16F
設立 1977年6月14日
電話受付時間 8時~20時
電話番号 0120-0123-33
ホームページ https://www.the0123.com/

引越し業者というと、日本国民の大半が真っ先に思い浮かべることも多いであろう老舗中の老舗のアート引越センター。

1968年創業の寺田運輸という運送会社から端を発し、それまで運送の片手間として行っていた引越し業だったようですが、「モノを運ぶ」だけでなく心のこもったサービスで新しい生活のお手伝いをしたい。

という理念のもと、1976年には本格的に引越し事業をスタート。

翌1977年から正式にアート引越センター株式会社として設立され、その後着実に全国展開していき、現在はアメリカや中国にも支店があります。

引越し業界ではいち早く、今話題のSDGs(持続可能な開発目標)に取り組み、引越しに使用する梱包資材を減らして少しでも資源を節約するよう、紙資源を使わず梱包可能な「エコ楽ボックス」を開発するなど、環境にもやさしい取り組みを推進している優良企業です。

アート引越センターで不用品を処分できる?

アート引越センターで不用品を処分してくれるの?

結論から申し上げますと、アート引越センターでは不用品回収を行っていません。

ただし一部の品目は、有料で不用品の処分を行っております。

主にテレビやエアコンなどの家電のみで、家具などは取り扱ってはいないので注意しましょう!

アート引越センターで対応してくれる不用品の処分料金

現況での対応家電および料金は以下の通りです。

リサイクル家電の一般的な処分料金

エアコン ・3,740円
取り外しも依頼する場合は追加で8,800円
液晶、プラズマテレビ ・31インチ以下:3,850円
・32インチ以上:6,050円
ブラウン管テレビ ・5,500円〜6,050円(メーカーによって異なる)
冷蔵庫 ・170L以下:6,930円
・170L以下:8,470円
洗濯機・乾燥機 ・洗濯機:5,390円
・乾燥機:5,390円

アート引越センターで買取はしてもらえる?

残念ながらアート引越センターでは、買取サービスは行っていません。

引越しとは別の回収業者か、自治体もしくはご自身で処分するしかありません。

引越しの際の不用品はどうやって処分すればいいの?

引越しの際の不用品はどうやって処分すればいいの?

さて、ではアート引越センターで頼めない不用品の数々をどうやって処分するかというと、大方下記にある方法があげられます。

不用品の処分方法
  • 自治体に依頼する
  • 知り合いなどに譲る
  • 売却する
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体に依頼する

自治体の不用品回収費用は、基本料金プラス回収処分料・オプションなどが加算されたもので、地域によって値段はさまざま。

行政の不用品回収の一番のメリットは、かかる費用の一部が税金負担となるため、その分一般回収業者とくらべ費用を安くおさえられるのが大きなメリットです。

ただし、デメリットも多々あり、指定場所まで自分で運ばなければいけなかったり、受付が平日のみで日時指定ができなかったりなど、不自由な一面もあります。

車をすぐに出せなかったり、女性やご高齢の方だとちょっと大変かもしれません。

知り合いなどに譲る

コストも極力かけたくないという方は、親戚や友人など知り合いに譲ってしまうというのも一つの手ですね。

ただ譲り受ける側が、車を出すなり取りに来てくれるなりしてもらえればベストでしょうが、こちらが搬出しなければいけない場合は、ちょっとした手間にはなってしまうでしょう。

売却する

できればお金をかけず、それどころかあわよくば少しでも収入の足しにできれば、と思っている方は、リサイクルショップやネットショップで売ってみるといのはいかがでしょうか?

お金を払って処分してもらうより逆にリターンがありますので、結構おすすめですよ。

ただ大きなデメリットは、リサイクルショップだと店舗まで運ぶ労力がかかったり、ヤフオクやメルカリで売る場合は、梱包する手間や運送料がかかってしまうという懸念点があげられます。

不用品回収業者に依頼する

自分で梱包するのも運搬するのも面倒だな…。

と思われるであれば、いっそのこと不用品回収業者に丸投げしちゃいましょう。

コスト的には一番かかってしまいますが、メリットも多数あります。

不用品回収業者に依頼するメリット
  • 希望日を合わせやすい。
  • 粗大ゴミや大きな物を運んでもらえる。
  • 比較的即日来てもらいやすい。
  • 回収だけでなく他の依頼も対応可。

など、サービスが充実しており、痒いところに手が届くきめ細かな配慮をしてもらえる業者もあります。

アート引越しセンター以外の引っ越し業者は不用品を処分してくれる?大手6社を徹底比較!

引っ越し業者を検討している方はどの引っ越し業者が不用品処分に対応しているか気になりますよね。

そこで、大手6社の不用品回収サービスの対応を調べました。

各社対応が異なるので以下の表を見てぜひ参考にしてくださいね。

引っ越し業者 不用品処分の対応
サカイ引越センター テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコン
上記以外の家電は処分不可
家具はエリアによって対応可能
日本通運 家電は処分不可
家具はエリアによって対応可能
アリさんマークの引越社 家電・家具ともに対応可能
ハート引越センター 家電・家具ともに対応可能
テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコン、
コンセント付きの家電は処分不可
アーク引越センター テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンのみ対応可能
ヤマトホームコンビニエンス 処分不可

対応してもらえない引っ越し業者でも提携している会社を紹介してくれることもあるので、見積もり時に対応しているか確認しましょう。

サカイ引越センター

サカイ引越センター

サカイ引越センターでは家電リサイクル法の対象製品であるテレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンの回収処分を行っています。

上記家電の処分にかかる費用は家電のリサイクル料金+収集運搬費3,000円です。

リサイクル料金は処分する家電の種類・大きさ・メーカーによって異なるので正確な料金を知りたい方はこちらから確認できます。

掃除機や電子レンジなど他の家電を処分したい方はサカイ引越センターの宅配買取を依頼するのも1つの手段です。

自治体の粗大ゴミに出さなければいけない家具は委任状を提出することで、不用品を処分しているエリアもあります。

MEMO
ピアノの処分ならヤマハピアノサービスで買取査定を依頼できます。査定には以下の情報が必要です。
  • 種類
  • メーカー
  • 品番・製造番号
サカイ引越センターで不用品を処分してもらえる? サカイ引越センターで不用品処分を依頼できる?料金相場や買取サービスをご紹介!

日本通運

日本通運

日本通運では不用家財を処分してもらえます。

ただし、お住まいの地域によっては対応してもらえないので事前に確認が必要です。

家電リサイクル法の対象4品目は、相談すれば引き取りできる業者を手配してもらえます。

製造年式が新しい家電はフリマアプリや買取サービスで売れるかもしれないので、時間がある方は検討してみましょう。

アーク引越センター

アーク引越センター

アーク引越センターでも別途料金はかかりますが、家電リサイクル法の4品目(テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコン)を処分可能です。

ただし、フランチャイズ店舗では対応していないので見積もり時に確認しておくことをおすすめします。

不要家電の処分だけでなく、不用品の買取も対応しています。

洋服・書籍・CDなど段ボール5箱以内の不用品を無料で集荷・査定してもらえるので引越前後に利用してみてはいかがでしょうか。

アーク引越センターでは荷物を保管しておくサービスを利用できるので、処分するか悩んでいるものがあれば相談してみましょう。

MEMO
ピアノの買取も対応しているので電話査定を利用すると簡単に査定額がわかります。

引越しの際の不用品はいつ処分すればいいの?

引越しの際の不用品はいつ処分すればいいの?

引越しが先か?不用品の処分が先かお悩みの方はいませんか?

大型の家具や家電は運ぶにも費用がかかるので、引っ越し前に処分するのがおすすめです。

引っ越し業者以外で不用品を処分する方法は上記で解説している処分方法を参考にしてくださいね。

新居に持ち込むのは今後も使用するものに限定すると、荷ほどきの工数を少なくできます。

引越し時の不用品を処分するなら不用品回収業者がおすすめ

不用品を処分するなら不用品回収業者がおすすめ

やはり、最終的にコストがかかってしまうという大きなデメリットはあるものの、手間や時間を有効に使うという意味では、不用品回収のプロにゆだねるのが一番良いのかもしれません。

不用品回収業者に依頼するメリットは以下の通りです。

MEMO
  • 家具や家電など不用品をなんでも回収してもらえる
  • 最短即日で対応している業者もある
  • 積み放題定額のプランなら不用品をまとめてお得に処分できる

不用品回収業者に依頼するなら悪徳業者には注意

悪徳業者には注意

ただ回収業者の中には、卑劣な手段を用いて人をだます悪徳業者も紛れ込んでおります。

以下の特徴に該当する業者は申し込む前に会社情報やホームページを確認しましょう。

無料をうたっている

一般的なごみ回収は粗大ごみをのぞき、無料で回収してもらえますが、家電などは家電リサイクル法に乗っ取り、リサイクル料金を払わなければいけません。

その他大きな荷物も結局コストが発生します。

ですので、基本的に不用品回収は無料で行うことはあり得ません。

それなのに無料回収をうたっていたり、相場より極端に安価な値段設定をしている会社は、悪徳業者である可能性が高くなります。

高額請求される

そして、最初は無料回収をうたい文句に、最終的には高額にて買い取らされてしまうという事例が後を絶ちません。                                     

今はかなり減りましたが、町を巡回する廃品回収トラックのスピーカーから流れる無料回収というアナウンスが耳に入り、何気なくに頼んでみたら、あらかた積み込まれた後に高額請求されてしまった…。

というケースはよく見受けられました。

連絡先が明確な業者を選ぶ

悪徳業者の常套手段として、はっきり連絡先を記載していなかったり、いい加減な所在地でごまかしている業者も多数存在しております。

仮に携帯電話番号が記載されていたとしても、後日連絡してみると、すでに解約されコンタクトが取れなくなっている…。

なんてことも過去に何度も報告されております。

業者を選ぶ際は、必ず電話番号、会社の所在地、メールアドレスなどの連絡先がはっきりと明記されていているか。

そして、もしできることなら依頼する前に電話などしてみて、実際その番号が使われているのか、そしてこちら側の疑問点に対して明確に回答できているかなど、いろいろと精査してみたほうがいいでしょう。

資格や許可の有無を確認

一般家庭の不用品を処分するには、一般廃棄物処理業という許可が必要です。

よく古物商や産業廃棄物処理業の許可が、チラシやホームページ上に記載されていることがありますが、ご家庭の不用品を回収する場合、これらの許可だけでは違法になってしまいます。

無料回収を売りに、街中をトロトロ運転で走っている廃品回収車は、一般廃棄処理業の許可を持っていないことが多いため気をつけて下さい。

業者を比較して相場を知る

最近は業者の比較サイトなども充実しておりますので、それらを利用してだいたいの相場を事前に知っておくことも重要です。

あまりにも相場の値段よりかけ離れた料金を提示している場合には要注意です。

あとは口コミサイトなども利用して、リアルなお客様の声を参考にしてみるのも予防の一種です。

しかし、これも気をつけなければならないのが、業者自身がサクラを雇っていたり、お金を払って上位表示してもらうよう仕向けているケースもありますので、あくまでも鵜呑みせず参考までに。

不用品回収はKADODEがおすすめ

KADODEホームページTOP

不用品回収業者を語るうえで、どうしてもお伝えしたい業者があります。

明朗会計・即日対応・高価買取。

24時間365日受付で、関東近郊から九州地方まで幅広く展開しているKADODEです。

顧客満足度も97.5%と非常に高く、評判も上々。

引っ越しはアート引越センターで安心だけど、不用品回収も安心でお得な業者を選びたい!

という方は、一度KADODEを検討されてはいかがでしょうか?

KADODEの基本情報

KADODE
対応エリア 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 奈良県
大阪府 兵庫県 広島県 山口県 岡山県 大分県
福岡県 鹿児島県 佐賀県 宮崎県 熊本県 長崎県
定額料金プラン ・SSパック 5,000円
・Sパック 10,000円
・Mパック 20,000円
・Lパック 50,000円
・LLパック 100,000円
・3L以上 お見積り・要相談
対応可能業務 不用品回収 生前・遺品整理 不用品買取 ゴミ屋敷の片付け
営業時間 24時間対応(年中無休)
ホームページ https://kado-de.jp/
電話番号 0120-966-926

KADODEの口コミと評判

みんなの口コミ
実は他の不用品回収業者さんの予約をしていたのですが、基本料金と出張費がかかるという事を言われて即キャンセル。KADODEさんはそれらの料金がかからないという事だったのですぐにKADODEさんにお願いして回収してもらいました。
みんなの口コミ
引っ越しで家具家電の買い替えをしていて、期日がそこまで迫っていたため本当に助かりました。スタッフも丁寧で、簡単な片付けまで手伝っていただきまして感謝です。作業時間はだいたい30分くらい。素早い対応ですばらしかったです。すぐに駆けつけていただけたので、次回も依頼したいと思います。
みんなの口コミ
女性の一人暮らしなので不安だったのですが、電話の対応がとても親切だったKADODEさんにお願いしようと思いました。荷物の量も少なかったので安くできないかお願いしていたのですが、希望通りになり本当に助かりました。また次もお願いします。
みんなの口コミ
作業時間が結構かかるんでは?とおもっておりましたが、アッという間にスムーズに回収して頂きびっくり。 即日対応してもらえたのでとても助かりました。
みんなの口コミ
電話の受け答えの印象がよかったのでKADODEさんに決めました。当日はあいにくの雨でしたが、スタッフさんが雨の中を丁寧に運んでくれたのでとても嬉しかったです。料金も良心的で大変満足でした。また次回も是非とも依頼したいなと思います。

サカイ引越センターの不用品処分に関する質問

最後にサカイ引越センターの不用品処分に関するよくある質問をまとめました。

これから引越しをする方はお困りごとを解決できる可能性もあるので、ぜひ確認しておきましょう。

サカイ引越センターで回収できない不用品は?

サカイ引越センターで回収できない不用品の一例は以下の通りです。

サカイ引越センターで回収できない不用品
  • ベッド
  • タンス
  • ソファ
  • 生活ゴミ
  • 神棚
  • 金庫など

引越す前に上記のものを処分できなければ、引越先に持っていかなければいけません。

自治体ごとにゴミの分別が決められているので、ホームページを見て正しい方法で処分しましょう。

アート引越センターの不用品処分についてのまとめ

結局のところ、お引越しをするのであれば、知名度もサービスも抜群のアート引越センターで間違いはないようですね。

ただ不用品も回収してもらいたい、ということであれば、ご都合により判断が分かれるかとおもいますが、自治体か回収業者にお願いするのが得策かもしれません。

なにはともあれ、お引越しも不用品回収もストレスなくこなすに越したことはありませんよね。

あなたのライフスタイルに合ったベストチョイスが出来るよう、この記事が少しでも参考になれば、うれしく思います。