遺品整理の時期について徹底解説

ムートンクリーニングのおすすめ3社を厳選!失敗しないお店選びの方法とは?

ムートンの宅配クリーニング おすすめの3社を徹底解説!

冬のファッションアイテムとして人気が高い“ムートンコート”や“ムートンブーツ”。

フワフワで見た目が可愛いうえ、保温性に優れているため寒い季節には重宝します。

しかし、気になるのがそのメンテナンス。

着ているうちにだんだん汚れが目立ちはじめて、ニオイが気になることもあります。

そんなとき、「どうやってクリーニングに出したらいいのか分からない」という人も多いのではないでしょうか?

ここでは「ムートンを洗うべき頻度」や「クリーニングに出す場合の注意点」、「クリーニング業者の選び方」を解説しています。

お気に入りのムートンをクリーニングすれば、もっとキレイな状態で長持ちさせることができるでしょう。

ムートンはどのくらいの頻度で洗う?

ムートンはどのくらいの頻度で洗う?

洗う頻度としては、2~3シーズンに1回程度がベストでしょう。

ムートン素材のコートやブーツは、使っているうちにホコリやゴミが毛の間に入り込みます。

また、肌の触れる袖口や襟元が汚れることもあります。

こういった汚れをいつまでも放置していると、カビが生えてしまったり、取りづらいシミや黒ずみの元になったりします。

デリケートな素材ではありますが、適度に洗ってあげると長持ちしますし、見た目もキレイに保つことができます。

ムートンはクリーニングに出して洗うのがおすすめ

ムートン素材のアイテムを洗う際はクリーニングに出したほうが安全です。

水に弱く、熱にも弱いという洗濯に不向きな特徴を持っているためです。

自分で洗うと皮が縮んで型崩れしたり、毛並みが乱れたりします。

一方でクリーニングなら、技術を持ったプロが洗ってくれるため、傷みが最小限に。

コートなどは、水を使わないドライクリーニングで素材の風合いを保ったまま清潔になります。

それから、仕上がった後の触り心地や見た目も違います。

毛並みを整えたり、ワックスやトリートメントで抜けた油分を補給してくれたりなど、洗濯後のケアもしてもらえるからです。

ムートンを長持ちさせるときのポイントとは

もちろん、長持ちさせるためには普段からのお手入れも大切です。

たまに軽くブラッシングして毛並みを整えながら、ホコリを払ってあげること。

使った後はカビが生えないように、風通しの良い所に陰干しして湿気を取り除いてあげることも大切です。

保管するときは型崩れに注意しましょう。

コートの場合は、ポケットの中身を取り出してから厚手のハンガーに掛けます。

ブーツの場合は、ブーツキーパーだと引っ張る力が強すぎるため、厚紙を丸めて中に入れておくとよいでしょう。

ちなみに、食べ物や飲み物をこぼして汚れが付いてしまったときなどは、その度にクリーニングに出すことをおすすめします。

その際は、すぐにタオルなどの乾いた布で軽く叩いて、汚れや水分を取り除く「応急処置」をしておくとシミが沈着しにくくなります。

フェイクムートンは洗える?洗う頻度は?

フェイクムートンとは、「ポリエステル」などの化学繊維で本物のムートンに似せて作られた素材。

最近では洋服を作る技術が良くなっているためか、ひと目見ただけではフェイクとわからない物も多くなっています。

値段も、本物の羊革を使ったリアルムートンよりかなりお手頃です。

このフェイクムートンも本物のムートンと同じように、2~3シーズンに1回ほど洗うのがベストです。

なぜなら、これもまたデリケートな素材だからです。

毛足の短い表地と毛足の長い裏地、それを人工的に作っているため、構造が複雑なのです。

ただ、値段の安いものであれば、多少傷むのを覚悟して頻繁に洗うという選択肢もあります。

例えば、汚れが気になったときや、シーズンが終わるときなどです。

洗うときは、洗濯表示に「洗濯OK」と書いてあれば自宅で洗うこともできます。

しかし自分で洗うと型崩れを起こしたり、毛並みが乱れたりしやすいのも事実。

大切な物やお気に入りの物は、クリーニングに出したほうが安心です。

心配なクリーニング料金も、フェイクムートンであれば、負担は少なめです。

ムートンとしてではなく、普通のコート・ブーツと同じ扱いになるクリーニング業者もあるからです。

普段のお手入れに関しては、先に説明したリアルムートンと同じようにブラッシングや陰干しをしておきましょう。

ムートンをクリーニングに出す際の注意点

ムートンをクリーニングに出す際の注意点

せっかくクリーニングに出すのなら、満足のいく仕上がりにしてほしいものですよね。

物自体も高価でクリーニング料金も高いため、失敗されないかと心配な人もいるかもしれません。

トラブル無く、よりキレイな仕上がりで返ってきてもらうためにも下記のポイントに気をつけましょう。

ムートンをクリーニングに出す際の注意点
  • 洗濯表示があるか確認
  • シミ、破れのチェック
  • ボタンや付属品を確認しておく(コートの場合)
  • 左右揃えて出す(ブーツの場合)
  • 素材を確認(フェイクムートンの場合)

洗濯表示、シミの確認をする

まずは、タグに洗濯表示があるか確認しましょう。

クリーニング業者によっては、洗濯表示が無い物は取り扱いできないこともあります。

洗濯表示が書かれていない場合は、クリーニングに出す前に問い合わせておくか、そういった取り扱いの難しい衣類でも対応してくれる業者にお願いすると安心です。

続いては、シミの確認。

クリーニングに出すのなら、シミもしっかりと落としてもらいたいものです。

頑固なシミがある場合は、その場所を伝えておけば、見落とされずにしっかりと対応してもらえます。

また、シミの原因を伝えておくと、汚れの種類に合った溶剤を使うことでより落ちやすくなるでしょう。

破れがないか、ボタンやベルトの付属品もチェックする

革が劣化していると、クリーニングに耐えられないため、お断りされることがあります。

破れているなど、あきらかに傷んでいるなら、事前に問い合わせておいたほうが無駄な時間を使わなくて済むでしょう。

それから、コートの場合は、ボタンやベルトなど付属品の確認も大切です。

いくらクリーニングと言っても、人のやることですから、まれに紛失することがあります。

もちろん、そういった事故があった場合は補償されるのが一般的です。

しかし、デザイン性の高いボタンなど、代わりの物がなかなか見つからないこともあります。

そういったときに困らないように、写真で撮っておくのも良い方法でしょう。

ブーツは左右揃えてクリーニングに出す

ブーツを出す場合は、左右をセットでクリーニングしましょう。

片足だけ汚れがひどい場合などは、左右どちらかだけのクリーニングで良いと思うかもしれません。

しかし、実際にクリーニングをすると毛並みや色合いなどに変化があります。

そのため片方だけクリーニングしてしまうと、右と左のブーツで見た目が異なってアンバランスな印象となってしまうのです。

クリーニングに出す前に素材を確認する

フェイクムートンの場合は、素材の確認も必要です。

「ポリウレタン」が使われていると、クリーニングを受け付けてもらえなかったり、納期が長くなってしまったりすることがあります。

というのは、ポリウレタンは非常に劣化しやすく、クリーニングに気をつかう素材だからです。

寿命も製造から3年と言われています。

もしこの素材が使われているなら、クリーニングができるか事前に確認しておきましょう。

ムートンをクリーニングに出す際のクリーニング業者の選び方

ムートンをクリーニングに出す際のクリーニング業者の選び方

続いては、クリーニング業者の選び方です。

ムートンは普段よく着る衣服の素材とは違うため、少し違った視点で業者を選ぶ必要があります。

ニットを出すクリーニング業者の選び方
  1. 料金と品質のバランス
  2. ムートンの扱いに慣れているか
  3. 納期(立地や受付時間)
  4. 保管サービスがあるか

料金と品質のバランスを考える

まず料金は、気になるポイントの一つではないでしょうか。

とくにリアルムートンの場合は、クリーニング料金が高めです。

ただ、少しでも安いところを探せばいいのかと言うと、そうとも言えません。

ここで考えなければいけないのが、料金と品質のバランスです。

リアルムートンは皮と毛皮、両方の特徴を持った素材。

フェイクムートンであっても、表地と裏地で違う種類の毛が植えられていたりして、これもまた特殊な素材と言えます。

だから普通の素材とは違ったクリーニング技術が必要なのです。

そういった意味では、ムートンの扱いに慣れている業者に任せたほうがより安全で仕上がりの品質も高いでしょう。

具体的に言うと、ムートンの取り扱い実績の多いクリーニング業者か、ムートン専門のクリーニング業者です。

納期・立地を確認する

そして、納期も大切なポイント。

シーズン中に汚してしまった場合などは、仕上がりまで早いほうが助かりますね。

普通の衣類だと店舗型のクリーニング店のほうが早い業者が多いかもしれません。

しかしムートンの場合は、宅配クリーニングのほうが納期の早い印象です。

それは、ムートンを洗うためには専用の設備や技術力のあるスタッフが必要だからです。

一般的なクリーニング店では、預かった後に特殊品工場に送られることも多く、その輸送の時間がかかるため、かえって納期が長くなります。

また、店舗だと立地や受付時間が限られるうえに、ムートンは重くてかさばるから持って行くのも大変。

一方で宅配クリーニングでは直接工場に送るため、納期は短く、持って行く手間もかかりません。

これらを考えると、ムートンを出すなら宅配クリーニングが便利と言えるでしょう。

保管サービスがあるかどうか

最後は、保管サービスがあるかどうかです。

保管サービスは、クリーニングしたものを6~9カ月ほど預かってくれるというもの。

宅配クリーニングによくあるサービスです。

ムートンのコートやブーツを着るのは本当に寒い時季だけですよね。

1年間で見れば、保管している期間のほうが長いはず。

しかも他の素材よりかさばるから、収納スペースを多く取るのも困ります。

そういった問題も、保管サービスならば解決できます。

次のシーズンまで預かってくれてクローゼットや靴箱もスッキリ。

そのうえ、専用の設備で温度や湿度を管理して保管されるため、カビが生えたりする心配も無くなります。

ムートンを洗うことができる宅配クリーニング業者を比較

ムートンを洗うことができる宅配クリーニング業者を比較

ここでは、ムートンの取り扱いに慣れていて、安心して任せられるクリーニング業者を紹介します。

価格や品質、保管サービスなども解説しているので、業者選びの参考にしてもらえればと思います。

ムートンが出せるおすすめの宅配クリーニング
  1. ムートンクラブ
  2. くつリネット
  3. キレイナ

ムートン全般なら「ムートンクラブ」

ムートンクラブは、衣類からラグ、ベッドシーツにいたるまでムートン製品を専門に扱うプロのお店。

ムートン製品のクリーニングも行っています。

扱いの難しいムートンのクリーニングも専門店の技術なら任せられます。

その仕上がり品質はさすが。

コートのクリーニングは、10以上もの工程を経て丁寧な仕上がりが特徴です。

汚れはしっかりと落ち、しなやかでフワフワな感触やムートンらしい風合いを取り戻します。

ブーツはオゾン溶水で丸洗いするから、カビや雑菌の発生を防いでくれる抗菌効果があります。

汚れやすいブーツでも、清潔な状態が長持ちするのは嬉しいポイントです。

それから、補色という最後の色合い調整もしっかりやってくれるから、見た目もばっちり。

UGGやEMUなど有名ブランドのブーツも多数の実績があるのも心強いところです。

ムートンクラブの料金
  1. コート(ハーフ丈):12,500円
  2. コート(ロング丈):13,500円
  3. ブーツ(筒丈25cm未満):6,680円
  4. ブーツ(筒丈25cm以上):6,980円
納期は荷物の到着後から約30日。

コートやブーツの保管サービスはありませんが、信頼できる品質と料金のバランスの良さが魅力です。

問い合わせ時も親身になって対応してもらえるので、分からなことがあれば気軽に聞ける点も安心です。

ムートンブーツなら「くつリネット」、ムートンコートは「リネット」

ムートンブーツをお得にクリーニングしたいのならリネットがおすすめ。

料金はパック制となっていて、数を多く出すほどお得です。

くつリネットの料金
  1. スタンダードコースで4足以上:一足あたり4,980円
  2. 一足プラス1,000円で保管サービスの追加も可能
  3. リアルムートン(ハーフ・ロング丈):14,000円
  4. フェイクムートン:1,900円~
少し料金は上がりますが、もちろん1足からでも依頼できます。

かさばるブーツを預かってもらえば、自宅の靴箱に空きができて助かります。

もちろん、安いからと言ってクオリティが低いわけではありません。

そこは登録会員数30万人以上の宅配クリーニング大手。

消臭や除菌、丸洗い、シミ抜きからブラッシングまでクリーニング内容も充実。

ブランドブーツの取り扱い実績も多くあるため、安心して任せられます。

送料は3,000円以上であれば無料なので、1足でも出せば条件は満たします。

(ただし、北海道・沖縄は4,000円以上で送料無料。)

納期は最短で2週間とスピーディです。

それからコートに関しては、くつリネットとは違う、リネット本店で依頼できます。

送料は10,000円以上で往復無料(プレミアム会員なら3,000円以上で無料)。

納期は通常会員で7日ほど、プレミアム会員なら最短2日と、急ぎの場合も安心して利用できます。

リアルムートンコートの保管サービスはありませんが、フェイクムートンであれば素材によっては保管が可能。

その際は「プレミアムクローク」という別コースになりますが、最大8ヶ月預かってもらえます。

ムートンブーツ、ムートンコートどちらも可能な「キレイナ」

お気に入りのものや、高級ブランドのムートンならキレイナがおすすめ。

それぞれの素材や状態に合わせて手間をかけてくれるオーダーメイドのようなクリーニングが特徴です。

絶対に失敗の許されないウエディングドレスや舞台衣装などを手がけてきたスタッフの技術力は抜群。

洗濯表示の無いものや、他のクリーニング店で断られたような物もお任せできます。

また、クリーニング業者では珍しく女性スタッフが中心となっているため、女性ならではの気遣いやきめ細やかさも安心できるポイントです。

キレイナの料金プラン
  1. リアルムートンコート(レザーウォッシュ):20,000円
  2. リアルムートンコート(カラーリフレッシュ):30,000円
  3. フェイクムートンコート:6,000円~
  4. ムートンブーツ(レザーウォッシュ):6,500円~
  5. ムートンブーツ(カラーリフレッシュ):12,000円~

「レザーウォッシュ」とは、汚れを落とした後にトリートメントして、ツヤや風合いを復元させるコース。
「カラーリフレッシュ」は、汚れを落とした後に、傷やスレなどのリペア、色落ちや変色などの修正をするコースです。

お値段は高めですが、このように洗った後のケアまでしっかりとしています。

ムートンブーツの料金は、リアルでもフェイクでも同じ料金です。

送料は、合計金額12,000円以上で往復無料。

納期は30日~となっています。

ただし、フェイクムートンのコートであれば、10日~と短めです。

保管サービスはありませんが、技術力が高いので、他店で断られたものや、大切なムートンにはおすすめのクリーニング業者です。

ムートンをクリーニングに出す際におすすめのオプションは?

ムートンをクリーニングに出す際におすすめのオプションは?

クリーニングに依頼するだけでも充分キレイになりますが、より見た目や風合いにこだわりたいのならオプションを付けるのも一つの方法です。

ムートン素材のものであれば、下記のオプションがおすすめです。

ムートンコート・ブーツにおすすめのオプション
  1. シミ抜き
  2. はっ水加工
  3. カビ取り

ムートンをクリーニングに出す際におすすめのオプション① シミ抜き

ムートンは水に弱いため、シミができやすい素材です。

雨など純粋な水シミなら普通のクリーニングで落とせることも多くあります。

しかし、泥水や融雪剤を含んだ水だと頑固なシミになってしまい、なかなか落とせません。

また、コーヒーやジュースなどをこぼしてしまったときも、落ちにくいシミができます。

そういったシミができている場合は、シミ抜きをお願いしましょう。

先ほど紹介したリネットでは、このシミ抜きオプションが基本料金に含まれています。

キレイナとムートンクラブでは有料ですが、その分レベルの高いシミ抜きが期待できます。

現物を見てから、シミ抜きが可能かどうかと見積もりの連絡が来るというシステムです。

ムートンをクリーニングに出す際におすすめのオプション② はっ水加工

それから、シミを予防するオプションとして、はっ水加工もおすすめです。

はっ水加工で水を弾くようにすればシミの予防になります。

もちろん限度はありますが、汚れが付くのを防止する効果もあるので、使う機会が多いアイテムにはおすすめです。

くつリネットやリネットでは、1,000円以下の料金ではっ水加工が付けられます。

キレイナでは1,800円~で、詳しい料金は現物を見てからの見積もりとなるようです。

ムートンをクリーニングに出す際におすすめのオプション③ カビ取り

最後のカビ取りは、文字通りカビが生えてしまったときにおすすめ。

ムートンを風通しの悪い所に保管していると、カビが生えることがあります。

ある程度時間が経ったカビは、普通のクリーニングで取り切れないので、オプションとして依頼しましょう。

ちなみに自分でやるとカビを吸い込んだりして健康に悪いため、プロにお任せするのをおすすめします。

紹介したムートンクラブ、くつリネットでも丸洗いである程度のカビは落ちます。

しかし根深いカビであれば、カビ取りオプションがあって技術力も高いキレイナに相談してみるのもおすすめです。

まとめ

ムートン素材のアイテムは2~3シーズンに1回洗うのがおすすめです。

ただし、飲み物をこぼしてしまったときなどは、できるだけ早くクリーニングに出しましょう。

リアルムートンはデリケートな素材のため、自分では洗わずにクリーニングに出したほうが安全です。

フェイクムートンは自宅で洗える物もありますが、クリーニングに出したほうが型崩れや毛並みの乱れなどの失敗がありません。

クリーニングに出すときは、ムートンの取り扱いに慣れているクリーニング業者に任せると安心です。

汚れやニオイが気になるムートンもこういった業者で清潔にして、来シーズン以降も着られるようにしっかりとメンテナンスしましょう。

要点まとめ
  1. ムートンをクリーニングに出すならムートンクラブがおすすめ
  2. お得で便利なクリーニングを選ぶならリネット
  3. ブランド品や大事なムートンならキレイナ