遺品整理の時期について徹底解説

物干し竿の処分方法5選!|カインズで無料引き取り!?ニトリやコーナンも解説

バスタオルや下着、布団などの洗濯物を干す際にあると便利なのが物干し竿。

中が空洞になっている物干し竿は、色々な洗濯物が干せて便利な分、湾曲しやすく不用品となる場合が多いです。
不要になった物干し竿は、粗大ゴミ・不燃ゴミ・引き取りと様々な処分方法があります。
ご自身に合った処分方法で、物干し竿を簡単に処分しましょう!

物干し竿のゴミの種類は?

物干し竿のゴミの区分は一般的なごみとは違い、各地域の自治体で決められたルールによって粗大ごみとして処分しなければいけません。

一般的に粗大ごみの定義として多いのが、1辺の長さが30㎝以上あるものやゴミ袋に入りきらないものが粗大ごみとして扱われます。

しかし、物干し竿はパイプカッターなどの工具を使って小さく解体すれば燃えないごみとして処分することもできます。

物干し竿の処分方法5選

物干し竿を処分する方法
  1. 粗大ゴミとして出す
  2. 解体し不燃ゴミとして処分
  3. カインズやコーナンといった販売店舗に引き取りしてもらう
  4. 不用品回収業者に依頼する
  5. ジモティーなどのフリマアプリに出品

【粗大ゴミ】として物干し竿を処分

物干し竿を粗大ごみで処分するには2つの方法があります。

物干し竿を自治体に回収してもらう
  • 家の近くのゴミステーションに物干し竿を出して自治体に回収してもらう
  • 自治体の指定処理施設に物干し竿を持ち込んで処分
指定処理施設に持ち込めば、収集費用がかからないので処分費用を最大半額まで抑えることが出来ます。

注意
お住まいの市区町村によっては、持込処分をやっていないところもありますので自分のお住まいの自治体で確認をとりましょう。

戸別収集を利用して物干し竿を粗大ごみで処分する

自治体の戸別回収を利用する際の流れを紹介します。

STEP.1
粗大ごみ受付センターで予約をとる
電話またはインターネットから、収集日時の予約をとりましょう。
STEP.2
粗大ごみ処理券を購入する
コンビニやスーパー、郵便局などで売られている粗大ごみ処理券を購入して必要事項を記入しましょう。
STEP.3
粗大ごみ処理券を物干し竿に貼る
物干し竿の目立つところや見やすいところに粗大ごみ処理券を貼りましょう。
STEP.4
自宅から物干し竿を指定の場所に出す
予約した収集日時の前夜か当日の朝8時までに、自治体が指定した場所に物干し竿を出しましょう。
STEP.5
処分完了
指定場所に物干し竿を出したら、自治体が指定した収集業者が回収してくれます。

以上が、物干し竿を自治体に物干し竿を戸別回収してもらう際の流れです。

参考 粗大ごみ受付センター(東京23区)粗大ごみ受付センター

物干し竿を指定処理施設に持ち込み処分

指定処理施設に持ち込み処分する方法を紹介します。指定処理施設は、お住いの各地方自治体に問い合わせするか公式ホームページを見ましょう。
施設によって、取扱しているゴミの種類が異なる場合もありますので注意が必要です。

持込処分にかかる費用は地域にもよりますが、重さで値段を決める重量制をとっている所が多いようです。

戸別収集・持込処分にかかる費用

東京都大田区の例

230㎝以下の金属製物干しパイプ300円-

戸別収集持込処分
竹またはプラスチック製の物干し竿一束5本まで・1本も含む300円
重り付きの物干し台1個1,200円

参照元:https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/gomi/sodaigomi_ichiran.html

大田区の持込処分は品目によって、無料もしくは減額してくれます。

神奈川県横浜市の例

物干し台1個1,000円-

戸別収集持込処分
物干し竿2本まで200円
重り付きの物干し台700円

参照元:https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/shushu/sodaigomi/dashikata-shousai/das3-1.html
横浜市の持込処分は1kgにつき13円の手数料がかかり、金属製品以外の燃やすことができるものに限ります。

千葉県千葉市の例

戸別収集持込処分
4mまでの物干し竿1点につき390円

参照元:https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/shushugyomu/sodaigomitesuryo.html

千葉市の粗大ごみの持込処分は10kgまでごとに270円(税別)かかるところと、品目に応じて390円、780円、1,170円、1,560円と4段階に設定している。

大阪府大阪市の例

重りなしの物干し台200円-

戸別収集持込処分
物干し竿200円
重り付きの物干し台700円

大阪市の持込処分は10kgにつき90円かかる計算となっています。

【不燃ごみ】として物干し竿を処分する

物干し竿を指定のゴミ袋のサイズまで小さく切断できれば、不燃ごみとして処分できるので、処分費用がかかりません。

しかし物干し竿の解体作業には、必要な工具がないと工具代がかかってしまうことと、解体する時間や労力がかかり、解体するスペースも必要なのがデメリットです。

では物干し竿を解体するのに必要な工具や怪我をしないように身に着けると良いものは

必要な工具や身に着けたいもの
  • 物干し竿カットするパイプカッター(直径30~32mmくらいの)もしくは金属用ノコギリ
  • 怪我防止のために軍手を着用する
  • 万が一目に破片が飛び散ったりしないように、目を保護するもの(メガネ、ゴーグルなど)

一般的に多い物干し竿の直径の長さは30㎜となっていますが、パイプカッターを使って解体作業をする場合、物干し竿の直径の長さを事前に測って、直径に合ったパイプカッターを購入してください。

注意
ダイソーのパイプカッターは、製品によってはステンレス製の物干し竿が切れない時もありますので注意が必要です。

物干し竿の解体ができたら、お住まいの地域のごみカレンダーで不燃ごみの日(月1~2回の地域が多い)を確認して近くのごみ置き場に出して処分しましょう。

スチールやステレンス、アルミ、鉄などの金属で出来ている物干し竿は解体したら不燃ごみとして扱われる自治体や、竹やプラスチック製の物干し竿を解体したら可燃ごみとして出せる自治体もありますので、不要になった物干し竿を解体したら何ごみとして分別されるか、現在お住まいの自治体に問い合わせて確認しましょう。

【販売店舗に物干し竿を引き取り】してもらう

新しい物干し竿を買うと、古い物干し竿を無料で引き取ってくれるサービスを展開している店舗がいくつかありますので、物干し竿の買い替えを考えている方は、

【ニトリ】有料引き取り

ニトリで新しく物干し竿を購入すれば、有料ですが新商品のお届けと同時に不要になった物干し竿を自宅にいながら引き取ってもらえます。

ニトリの適用条件と費用
  • 購入した物干し竿と引き取ってもらう物干し竿が同数量もしくは同容量までのものに限る
  • 配送員設置商品と書かれた商品に限定し、宅配便を使う商品は不可
  • 1度の注文・配送につき3,000円(税抜き)で引き取ってもらえる
注意
他サイトでは、ニトリは引き取り可能と書いているところがありましたが、当サイトの調べによると、ニトリは店舗によって引き取りしている場所としていない場所がありますので、持ち込み前に、お近くの店舗に電話で問い合わてください。

参照元:https://www.pa-solution.net/as/scope3/nitori/web/Detail.aspx?id=409

【コーナン】無料引き取りサービス

ホームセンターのコーナンでは対象商品を1点購j入すると、同じ製品を同じ数量で無料で引き取ってくれるサービスがあります。

適用条件
  • 対象の物干し竿を1点購入すると、物干し竿を1点無料で引き取ってくれる
  • 引き取ってもらう古い物干し竿を店舗に持ち込まなければならない

参照元:https://www.hc-kohnan.com/service/torihiki/

【カインズ】無料引き取りサービス

カインズホームにも物干し竿の無料引き取りサービスがあり、条件は

適用条件
  • オンラインショップではなく、店舗で対象の商品を購入した人
  • 物干し竿・物干し支柱が対象商品
  • 購入した日でなくても、後日購入時のレシートと引き取ってもらう品を持って行けば引き取ってもらえる

引き取ってもらう前に、最寄りの店舗にお問合せして頂くことをおすすめします。

注意
無料引き取りの対象品でも品物によっては一部お引き取りできない場合があるので、最寄りの店舗にお問合せ下さい。

参照元:https://www.cainz.com/jp/tenpo/muryou_hikitori/

【ジョイフルエーケー】無料引き取りサービス

北海道札幌市に拠点を置くホームセンタージョイフルエーケーも物干し竿の無料引き取りを行っています。

適用条件は

適用条件
  • 対象商品1点購入につき、不要になった同じ商品を無料で引き取り
  • お買い上げレシートと不要になった物干し竿を店舗に持ち込んで無料引き取り
  • コンクリートの物干し支柱は引き取り不可

店舗が北海道にしかないので、北海道在住の方にはおすすめです。

参照元:https://joyful-ak.com/service/hikitori

【ビバホーム】無料引き取りサービス

関東甲信越、北関東地区、東北地区、中部地区、九州地区に店舗を構えるビバホームでも物干し竿の無料引き取りをしてくれます。

適用条件
  • お買い上げ品と同等のものを同数量、無料で引き取り
  • 店舗に引き取ってもらう品を持ち込まなければならない
  • 店舗によっては、ビバホーム倶楽部会員限定の対象商品がある

参照元:https://www.vivahome.co.jp/kbn/category_info/2017/36884/

【セキチュー】無料引き取りサービス

群馬、埼玉、栃木、茨城、東京、千葉、長野に店舗を置くセキチューも無料引き取りサービスをやっています。

適用条件は購入した数と同数量の数を無料で引き取りと公式サイトに書いてあります。

同じ商品じゃなくていいのか、物干し竿の引き取りはあるのかは書いてありませんが、物干し竿を売っているので、多分ですが物干し竿の無料引き取りに対応していると思うので、セキチューで無料引き取りサービスをご利用になりたい方は、 参考 お問合せページセキチュー公式サイト からお問合せ下さい。

参照元:https://www.sekichu.co.jp/service/

【不用品回収業者に回収】してもらう

不用品回収業者を利用すれば、労力・時間などの一切の手間が不要で物干し竿を処分できます。

物干し竿以外にも、日用品を処分したい方はこちらの記事も参考にしてください。

物干し竿のみを処分したい場合、単品回収というプランになって、基本料金+作業費+オプション料金(建物の2階から搬出する場合など必要によって)=合計料金となるところが多いです。

物干し竿以外にも回収してもらいたい不用品があれば、まとめて出すことで基本料金や作業費、オプション料金などが含まれたお得なパックプランを業者によっては利用できますので、不用品回収業者を利用する際は物干し竿以外に他に出す不用品はないか確認しておくことも大事です。

不用品回収業者に依頼したいが、どこに依頼すればいいか迷っている方はこちらの記事も参考にしてください。

不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

メリット
  • 回収と買取を同時に行ってくれて、回収費用から買取金額を差し引いてくれる業者も多いので、物干し竿を買い取ってもらいたい方にとって便利
  • 24時間365日年中無休で営業していて、即日で回収してくれる業者もあるので、引越しをするので急いで処分して欲しい方や普段仕事などで忙しい方でも対応してくれる
  • すべての手間を業者に任せることができるので、時間・労力などの負担は一切なくなる
デメリット
  • 自治体などで処分するよりも費用が高くなる
  • 高額請求や不法投棄する悪質な業者も存在するので、業者選びには気をつけなければならない

【フリマアプリに出品】して処分

フリマアプリで処分
物干し竿の状態がよければ、メルカリやラクマなどのフリマアプリで売却することも可能です。ただし、フリマアプリで売却する際には
梱包する手間がある上、元々物干し竿は金額が低いので無料同然の安価で売却することになるでしょう。

そこで、最近リリースされたフリマアプリがジモティーです。いらなくなったものを近所の方に無料で譲るもしくは売却することが出来ます。
ジモティーは、出品者と落札者が直接あって商品を渡すこともできるので、梱包の手間がないことが特徴です。

まとめ

物干し竿の処分方法を紹介させて頂きました。

自分のプランに合った方法で物干し竿を上手に処分しましょう。

実は知らない!物干し竿の回収方法おすすめ5選をご紹介します 元の値段が安価な物干し竿はどうやって買い取ってもらう?コツ教えます! 物干し竿の引き取り/処分方法4選まとめ|粗大ゴミ?一般ゴミ?捨てる方法を詳しく紹介!