遺品整理の時期について徹底解説

物干し竿の引き取り/処分方法4選まとめ|粗大ゴミ?一般ゴミ?捨てる方法を詳しく紹介!

物干し竿って外干し派の方でも中干し派の方でも、皆さん使ってますよね。

布団やシーツなど、大きな洗濯物も干せて便利です。しかし、意外とその捨て方を知っている方って少ないのではないでしょうか。処分業者?粗大ごみ?燃えないごみ?いくらくらいかかるの?疑問は多いと思います。

今回は、物干し竿の処分方法、処分するのにかかる費用などをわかりやすくご紹介していきます。

この記事を読んでわかること

・不用品業者を選ぶポイント
・物干し竿の処分方法
・各業者のメリットデメリット
・物干し竿を処分する際の基本知識

物干し竿って粗大ゴミ?一般ゴミ?

物干し竿って粗大ゴミ?一般ゴミ?

物干し竿が作られる素材を考えると、基本的には不燃ごみとして扱われます。しかしながら、物干し竿は意外と簡単に捨てることはできません。

その理由として一番大きいのが、物干し竿の長さです。

一般ごみや粗大ごみは長さによってルールが決められていることが多く、粗大ごみは一番長い辺が30cm以上、またはごみ袋に入らないものが対象です。

物干し竿は、平均して1m以上のものが多いので必然的に粗大ゴミになるということですね。

物干し竿の引き取り/処分方法まとめ

物干し竿の引き取り/処分方法まとめ

物干し竿の引き取り、処分方法は大きくわけて以下の4つになります。

処分方法

・不用品回収業者に回収を依頼する
・カットして不燃込みで出す
・粗大ゴミとして出す
・ホームセンターで引き取ってもらう

それぞれについてメリット・特徴がありますので、詳しく解説していきます。

不用品回収業者に回収を依頼する

物干し竿を一番簡単に処分する方法は、不用品回収の業者に引き取ってもらうことです。不用品回収の業者なら、電話一本で簡単見積もりをしてもらうこともでき、簡単に処分することが可能です。

物干し竿1本からでも回収してもらえる業者はありますので、ぜひ依頼してみるといいかもしれませんね。

メリット
運搬する手間が省ける。

こんな人におすすめ

不用品回収業者は引取回収のほか、持ち込み回収や家に来てもらい回収してもらうことができます。

一刻も早く物干し竿を処分したい方には、即日でも回収可能なKADODEがおすすめです。

短くカットして不燃ゴミで出す

物干し竿は、空洞の筒になっているので、必要な道具を準備すれば簡単に分解・切断できます。

日曜大工でも使用する金切ノコギリでも切断できますが、より簡単に分解したいときはパイプカッターがおすすめです。100円均一ショップやホームセンターで購入でき、さまざまなサイズや形状があります。

購入する際は、カットしたい物干し竿のサイズに合ったものを選びましょう。パイプカッターの基本的な使い方は以下のとおりです。

  1. パイプが収まるサイズに広げるため、ノブを回し、刃を引っ込める
  2. パイプをローラーにあて、ノブを反対に回しながら刃をパイプに近づける
  3. パイプに刃が当たったら、さらに軽くノブを回し、刃先がパイプに少し食い込む程度に設定する
  4. カッターもしくはパイプを回し、刃がキレイにパイプを一周して1本の線になるか確認する
  5. カッターを回し、ノブを回して締める
メリット
不燃ゴミで出せるので費用がかからない。

こんな人におすすめ

カットする道具や日曜大工を普段からしている方には、とても手軽で簡単な方法になります。

しかし、物干し竿をカットするためだけに電動ノコを購入すると、処分するよりお金がかかってしまうこともあるので、元も子もありませんね。

全く器具などをあつかったことがない方は、危険な場合もありますので注意してくださいね。

粗大ゴミとして出す

地区や自治体によって粗大ごみと決められる長さや料金が違うため、物干し竿につき一律いくらというのは決まっていません。

物干し竿を粗大ごみに出すときは、230cm以下にしなくてはいけません。折る、切断するなどといった方法で、長い物干し竿をコンパクトにしましょう。

粗大ごみの大きさは各自治体で定められているので、お持ちの物干し竿が規定の長さを超えていないかご確認してみてくださいね。

メリット
パイプカッターで小さくカットする等の手間はない。

こんな人におすすめ

回収業者に連絡をして、自宅まで来てもらって物干し竿を回収してもらったり、パイプカッターで小さくカットする等が煩わしい方や、指定場所、ゴミ処理施設が近い方におすすめです。

粗大ゴミは、少しでも回収対象ではないと引き取ってもらえませんので、注意してくださいね。

ホームセンターで引き取ってもらう

大型ホームセンターの場合だと、無料で回収してもらえる場合があります。回収ボックスがある場合もあれば、スタッフに問い合わせて、回収してもらえるか聞かなければいけない場合など様々です。

お近くに大型ホームセンターがある方は、ぜひスタッフに聞いてみるといいでしょう。

有料での引き取りになる場合もあるかもしれませんが、高額になることはないでしょう。

こんな人におすすめ

近くにホームセンターがある方はおすすめです。電話にて寸法などを伝えて回収してもらえるか聞いてみてくださいね。

しかし、家までは回収に来てくれることは少ないと思いますので、持ち込みになるでしょう。

車があると便利ですね。

物干し竿をお得に回収してもらうポイント

物干し竿をお得に回収してもらうポイント

物干し竿をお得に回収してもらうポイントはあるのでしょうか。ここでは、どうしたらお得に処分できるのかを詳しくご説明します。

他のものと一緒に回収してもらう

物干し竿だけを回収してもらうことももちろん可能です。しかし、どうせ来てもらうなら、他のものも回収してもらってはいかがでしょうか。

不用品回収をしてくれる業者は、大型家電家具の回収もしてもらえます。

物干し竿を処分するついでに、おうちに眠っている不要なものをこの際に整理してみましょう。

少量でも料金が高くならない業者を選ぶ

不用品回収業者の中には、単品の回収は不可の場合などがあるところもあります。

そのため、少量でも回収OKな業者を利用するようにしましょう。無理に不用品を増やす必要はありません。

おすすめの業者『KADODE』なら、単品からでも回収OK!無駄なく利用することができるのでおすすめです。

物干し竿を安く回収してもらえる業者

物干し竿を安く回収してもらうには、良い業者を選ぶことが大切です。

中には、高額請求をしてくる業者も存在します。ここでは、編集部がおすすめする評価の高い業者について詳しくご紹介していきます。

KADODE

KADODE

不用品回収業者を利用するなら【KADODE】がおすすめです。

KADODE
対応エリア全国の広い地域
最安値プランSSパック 5000円
対応可能業務不用品回収、遺品整理
営業時間年中無休
ホームページhttps://kado-de.jp/
電話番号0120-966-926

KADODEは、全国の広い地域でサービスを展開しています。最安値は、SSパックからご利用することができ、とてもお得な業者として知られています。

24時間作業をしており、深夜料金などもたく対応しています。電話も24時間受け付けていますので忙しい方にもおすすめです。

即日対応なので、いますぐ物干し竿を処分したいかたはぜひ問い合わせをしてみてくださいね。

KADODEのメリット

KADODEのメリットは、低価格な料金設定と丁寧なサービスです。パック料金はもちろんありますが、それぞれ現在は割引価格になっていますので、とてもお得ですよ!

見積もりや出張費用は無料なのでやらない理由はありませんね。

電話でなくても、オンライン見積もりにも対応していますので、ぜひ利用してみてくださいね。

KADODEのデメリット

KADODEは、サービスや料金に関してデメリットのない業者です。しかし、強いて言うならば全国全地域に対応していないことでしょう。

対応地域は以下のエリアになっております。

対応地域

東京都 大阪府 福岡県 神奈川県 埼玉県 千葉県 愛知県 兵庫県 静岡県 奈良県 岡山県 広島県 山口県 大分県 佐賀県 宮崎県 熊本県 長崎県 鹿児島県

ECOクリーン

ECOクリーン

ECOクリーン
対応エリア全国対応
最安値プランゴミ袋・カン・ビン500円〜
対応可能業務不用品回収
営業時間24時間依頼受付中
ホームページhttps://ecoclean-fuyohin.com/
電話番号050-3186-4780

ECOクリーンは、全国で対応している不用品回収業者です。幅広くサービスを提供しています。

しかし、ECOクリーン直属の業者でなく、全国各地の不用品回収業者と提携してサービスを展開しています。

そのため、評判によると各地域の不用品業者によって左右されてしまうようです。一定のサービスクオリティを担保するのは難しいでしょう。

ECOクリーンのメリット

24時間対応していて、これまでの実績がある業者です。スキャムのようなことは、ないでしょう。

対応地域もとても広く、田舎でも駆けつけてもらうことができます。

基本料、出張費用、現地見積もり費用が無料でとてもお得になっています。

ECOクリーンのデメリット

ECOクリーンは、幅広くサービスを展開しています。そして対応地域もとても広いですが、先ほども説明した通り、直営の店舗ではありません。

ECOクリーンと提携しているお住まいの地域の近くの業者が向かいますので、地域によってサービスの質が異なることがあります。

そのため、あまりサービスが良くないなと感じた時は、キャンセルしましょう。どのようなサービスかどうかよく見極めてくださいね。

物干し竿の引き取りは不用品回収業者に依頼しよう!

物干し竿の引き取ってもらう方法や処分方法をこの記事ではご紹介しました。

物干し竿は、買い取ってもらったり、売ったりすることはあまりできませんが、早く処分したい場合は、業者へ依頼することをおすすめします。

粗大ゴミでの処分もできますが、自治体に詳細は問い合わせる必要があるので少しめんどくさいと思う方もいるかもしれませんね。

不用品回収業者のKADODEなら、1品から回収してもらうことができます。ぜひ、問い合わせてみてくださいね。