遺品整理の時期について徹底解説

電子レンジを簡単に処分|ヤマダ電機・ケーズデンキでは無料引き取り!?5つの処分方法を紹介!

電子レンジを新しく買い替える際に、面倒なのが不要になった電子レンジの処分。

しかし、ゴミとして電子レンジを捨ててしまうのは、もったいないと感じたり、各自治体によっては、不燃ごみとして処分できるところや、粗大ごみとして処分しなければならないので、処分方法が面倒な家電でもあります。

そこで電子レンジを買い替える際や、不要になった際に、電子レンジを引き取ってくれたり、買い取ってもらえる家電量販店や処分方法を紹介していきます。

電子レンジを処分する方法

電子レンジを処分する方法は5つあります。その5つの処分方法を1つずつ紹介していきます。

【オークションサイトやフリマアプリ】で売却する

もう使用できない状態だと、話は別ですが普通に使える状態の電子レンジなら少しでもお金にしたいですよね。
近年、インターネットの普及によりリサイクル市場もオンライン化が進んでいます。
そのため、店舗に比べて見る人、つまり買い手が多いのがオークションサイトやフリマアプリです。一例として、ヤフオクやメルカリ、ラクマといったサイトやアプリがあります。
オークションサイト・フリマアプリ

値段も自分で決めるため、納得して売却することが出来ます。

【リサイクルショップ】に買い取ってもらう

上記のオークションサイトやフリマアプリで売却に少し重複しますが、リサイクルショップで売却するのも一つの手です。
オークションサイトやフリマアプリでは、売却できた際に自分で梱包をし、発送する手間があります。
リサイクルショップは引き取ってもらいたい商品を持ち込めば、買い取ってくれるのでその手間はありません。
しかし、5年以上前の型番だと買取価格が付かず、買取を断られてしまうなど値落ちが激しいのも特徴です。
電子レンジを買い取っているリサイクルショップ

【家電量販店】へ下取りに出す

家電量販店は、買い替えの際に下取りをしてくれて、下取り金額を購入金額から値引きしています。値段が付かない電子レンジでも無料で処分してもらうことが出来ます。店舗によって条件が違います。下記に店舗ごとの条件を記載しておきますので参考にしてください。
電子レンジの引き取りをしている家電量販店

壊れた電子レンジは下取りしてもらえるの?

壊れて値段がつかない電子レンジもあると思います。これは、家電量販店であれば買い替えの際に無料で下取りしてもらえる可能性があります。
買い替え以外や、家電量販店以外で処分をしようとすると処分費用がかかってしまうので、必ず買い替えの際に、家電量販店で無料下取りが出来るか確認しましょう・

【不用品回収業者】に依頼

手間を一切かけたくないという方は、不用品回収業者に依頼しましょう。ただ、単品回収だと割高になってしまう場合が多いので、不用品が電子レンジ以外に何点かある方におすすめです。回収する際は、家まで来てくれるので、手間は一切かかりません。
もし、不用品回収業者に依頼しようと考えている方がいらっしゃいましたら、買取も同時に行っている業者に依頼しましょう。

【粗大ごみ・燃えないごみ】として処分

電子レンジは、粗大ごみもしくは、燃えないごみとして処分することが出来ます。
自治体によって、粗大ごみとするのか燃えないごみとするかは違いますので、お住いの各自治体に確認しましょう。

【粗大ごみ】として引き取りしてもらう場合

粗大ごみとして、引き取りしてもらう場合は以下の手順になります。

STEP.1
申し込み
まずは、回収してもらいたい旨を伝えるため、自治体指定の連絡先に粗大ごみ回収の申し込みをします。
STEP.2
料金の支払い
処分するには、粗大ごみシールを購入する必要があります。購入先や金額は各自治体によって異なります。
STEP.3
電子レンジを指定場所におく
粗大ゴミシールに氏名など、記入事項がありますので、記入し電子レンジに貼り付け、指定日に電子レンジを出します。

【燃えないごみ】として出す

燃えないごみとして、出す場合は以下の手順になります。

STEP.1
梱包
自治体が指定しているごみ袋に電子レンジを入れます
STEP.2
処分
自治体指定の収集日に電子レンジを出します

値段が付かなかった電子レンジを処分する際は自治体に依頼すると、手間はかかってしまいますが、処分費用は、家電量販店などよりも圧倒的に安くなります。

電子レンジの処分にかかる費用

自治体に引き取りしてもらう500円~1,000円
ヤマダ電機で買取・回収してもらう最大2,000円で買取、1,000円で回収
ケーズデンキで引き取り2,200円
ノジマで買い替え下取り2,000円
エディオンでリサイクル550円
ビックカメラで買い替え無料下取り・リサイクル5,500円以上の購入で無料下取り、1,958円
ヨドバシでリサイクル回収550円~4,400円
ノジマで買い替え下取り2,000円
ジャパネットで買い替え下取り下取り対象商品の購入で、3,000円~5,000円で下取り
ジョーシンで引き取り・リサイクル550円で引き取り・1,958円でリサイクル
不用品回収業者に引き取りしてもらう無料~3,000円

粗大ごみとして電子レンジを処分するのにかかる費用の目安は東京都を参考にしています。
 

【ヤマダ電機】電子レンジを売るまたは、回収

ヤマダ電機の家電買取について

ヤマダ電機は、製造年月が新しい電子レンジなら買い取ってもらえたり、古い電子レンジでも有料で回収してくれるサービスを行っていますので、どういった条件で買い取ってもらえたり、回収してくれるのか確認していきましょう。

ヤマダ電機の電子レンジ買取条件

ヤマダ電機の電子レンジ買取条件

ヤマダ電機の家電買取では、買い替えをしない場合でも、買取をしてくれるのが特徴です。

買取条件
  • まだ使用できる電子レンジが対象
  • 製造年が2013年~2020年製の電子レンジ(2020年4月現在)
  • 電源コード及び、付属品が揃っている電子レンジ
  • ターンテーブルのある電子レンジは、ターンテーブルが欠品していないこと
  • 通電していること、本体に破損、変色、色あせ、サビがない電子レンジ
  • 買取金額は最大2,000円(税込)
注意事項
  • 出張買取は行っていないので、お近くのヤマダ電機店舗まで持ち込む必要がある
  • 買取に出す際は、運転免許証などの身分証明書が必要なこと

電源が入らない電子レンジでも10円で買取可能な場合がありますので、お近くの店舗または、販売員に相談してみると良いでしょう。
参照元:ヤマダ電機

ヤマダ電機の小物家電回収で電子レンジを回収

ヤマダ電機の有料小物家電回収
ヤマダ電機は、電子レンジの買取だけでなく、不要な電子レンジを含む小物家電の回収も行っています。

回収方法は、ご自宅まで伺う訪問回収と、店舗に自分で電子レンジを持ち込んで回収してもらう2つの方法がありますが、訪問回収の場合、別途料金が必要になりすので、お近くにヤマダ電機の店舗がある方は、店頭に持ち込んで回収してもらいましょう。

小物家電回収の条件と費用
  • 対象品目は小型家電リサイクル法の対象品
  • 電子レンジの回収料金は1,000円
  • ヤマダ電機指定の段ボール箱1箱に詰められるだけ詰めて、1箱1,500円で回収してもらえる一括回収

参照元:ヤマダ電機「小物家電回収サービス」

【ケーズデンキ】小型家電リサイクルで電子レンジを引き取り

ケーズデンキで電子レンジを引き取りしてもらう

ケーズデンキでは、使用済み電子レンジでも、リサイクル推進のために引き取ってもらうことが可能です。
ではケーズデンキの引き取り条件を見ていきましょう。

ケーズデンキの引き取り条件と費用

引き取り条件と費用
  • 電子レンジとオーブンレンジが対象品目
  • 引き取り費用は2,200円かかる
  • 引き取りのみで自宅訪問する場合、別途出張料金がかかる
  • 業務用の製品は引き取り対象外

自宅訪問で電子レンジを引き取ってもらう場合、出張料金がかかるので、お近くに店舗があれば、店頭で電子レンジを引き取ってもらいましょう。
参照元:ケーズデンキ「家電リサイクル」

【エディオン】電子レンジをリサイクル

エディオンの電子レンジ引き取り
エディオンでは、電子レンジなどの小型家電のリサイクルを限定した店舗で行っています。

エディオンのリサイクル条件と費用

リサイクル条件と費用
  • 電子レンジは550円のリサイクル料金がかかる
  • 縦+横+高さの合計が120cm以下で重さが10kg以下の電子レンジが対象
  • 取り外し工事不要で使用できて、1人で運べる電子レンジに限る
注意事項
電子レンジを含む小型家電のリサイクルは、エディオンのフランチャイズ店舗では行っていません。

エディオンの店舗検索で小物家電の表記があるところは、リサイクルを行っていますのでエディオン店舗検索からお近くの店舗の対応状況をご確認ください。

参照元:エディオン小型家電リサイクル

【ビックカメラ】電子レンジを買い替え時に無料下取りorリサイクル

ビックカメラで電子レンジを引き取ってもらう

ビックカメラでは、下取りに出したい商品と同じ商品を購入した場合、無料で不要になった商品を下取りするサービスがあります。

ではどういった条件で下取りしてもらえるのか見ていきましょう。

ビックカメラの買い替え、無料下取りの条件

無料下取り条件
  • 購入した商品と同じ種類の商品が対象で、購入品1点につき1点の不要になった品を下取り
  • 税込合計5,500円以上の購入で、配送時に無料で下取りしてくれる
  • ネットショップでの購入は対象外で、店舗で購入した場合のみ適用
  • 下取りする不用品は動作しなくてもOK

つまり電子レンジを買い替える際に、税込合計で5,500円以上の電子レンジを店舗で購入すれば、不要になった電子レンジを処分できるというわけです。

ビックカメラで電子レンジをリサイクルに出す

ビックカメラで電子レンジをリサイクルする

ビックカメラは、小型家電のリサイクルも行っており、電子レンジをリサイクルに出すことができます。

既定のサイズを超えない限り、段ボール箱に対象品目を何点でも入れることができますので、電子レンジ以外に処分したい小型家電がある方にとっては、とても便利なサービスです。

リサイクル条件と費用
  • 回収品目は電子レンジを入れた400品目以上
  • 利用券を1,958円(税込)で購入する
  • 利用券がビックカメラから配送されて届いたら、回収日時の手続きを行う
  • 3辺160cm・30kgを超えないように、段ボール箱に不要な小型家電を詰めて、佐川急便が回収しに来てくれるのを待つだけ

このサービスは年中無休で行っていて、最短で翌日に回収もしてくれます。
参照元:ビックカメラ「パソコン・小型家電リサイクル」

【ヨドバシ】小型家電リサイクルで電子レンジを回収

ヨドバシカメラで電子レンジを引き取ってもらう

ヨドバシカメラの小型家電リサイクルは、3辺の合計サイズと重量で料金が決まります。

ヨドバシカメラの回収料金

回収料金3辺合計サイズ・重量
550円(税込)100cm以下かつ10kg以下
1100円(税込)150cm以下かつ20kg以下
2,200円(税込)240cm以下かつ30kg以下
4,400円(税込)340cm以下かつ50kg以下
360cm以下かつ70kg以下

スチーム機能やオーブン機能がない電子レンジなら550円~1,100円で回収してもらうことができるでしょう。

回収方法は、自分で店舗に持って行く方法と、自宅まで回収に来てもらう訪問回収があります。訪問回収は、不要な小物家電の回収のみの場合、別途出張費2,200円が必要となりますが、配達員が商品を届けた際に、不要な小物家電を回収してもらう場合は出張費はかかりません。
参照元:ヨドバシカメラ「小物家電リサイクル回収」

【ノジマ】電子レンジを買い替え、不要なレンジを下取り

ノジマで電子レンジを下取りしてもらう
ノジマでは、新しい電子レンジへ買い替えると、いらなくなった電子レンジを有料で、下取りしてもらえます。

ではノジマの下取り条件と費用を確認しましょう。

ノジマの電子レンジの下取りの流れと費用

STEP.1
新しい商品を購入する
注文画面で「下取り」を選択する。
STEP.2
下取り伝票が届く
伝票が届いたら、下取りに出す品を梱包して伝票をつけて、購入した商品が届くのを待つ。
STEP.3
購入した商品が届く
購入した商品が届くのと同時に、下取り品を配送業者に渡せば完了です。

注文完了後に下取りのみを申し込む場合は、ノジマオンラインで売っている「レンジ下取り」2,000円(税込)を購入して、新しく買った商品が到着してから2週間以内に下取り品を梱包して、伝票をつけて配送業者へ引き渡しましょう。
参照元:ノジマオンライン「下取りサービス」

【ジャパネット】電子レンジを買い替え、不要なレンジを下取り

ジャパネットの電子レンジ下取り紹介
ジャパネット
ジャパネットでは、「引き取り無料」「下取りあり」の表記がある商品を購入する場合、壊れていたり、古かったり、どんな状態の電子レンジでも下取り・引き取りしています。
「引き取り無料」「下取りあり」の表記がある商品の例を紹介します。

下取り対応電子レンジの例

このように商品画像に下取りの表記があれば、壊れていても、保証書がなくても、持っている電子レンジの状態に関わらず
表記されている値段で下取りしてもらえます。

ジャパネットの電子レンジ引き取り条件と費用

引き取り条件と費用
  • 電子レンジとオーブンレンジ、トースターが対象品目
  • 引き取り費用は550円かかる
  • 下取り対応商品を購入する必要がある
  • 業務用の製品、ガスレンジ、ガスオーブンは引き取り対象外

ジャパネットで電子レンジを下取りしてもらう際の流れと費用

STEP.1
下取り対応の商品を購入する
下取りの表記がある電子レンジを購入する
STEP.2
下取りしてもらいたい電子レンジを梱包する
引き取ってもらう電子レンジを、自前で用意した箱に事前梱包します。
STEP.3
購入した商品を届けた際に、引き取り
購入した商品が届くのと同時に、下取りしてもらう電子レンジを配送業者に渡せば完了です。

参照元:ジャパネット「下取り・引き取りサービス」

【ジョーシン】小型家電リサイクルで電子レンジを引き取り

ジョーシンで電子レンジを引き取りしてもらう
Johshin(ジョーシン)では、不要になった電子レンジを含む小型家電のリサイクルを行っており、店舗に電子レンジを持って行って、引き取ってもらう方法と、電子レンジを段ボール箱に詰めて送る方法があります。

詳しい条件とかかる費用を確認しましょう。

ジョーシンの小型家電リサイクルの引き取り条件と費用

引き取り方法は、自分で電子レンジを店舗に持ち込むか、店舗にて配達が必要な商品を購入して、商品の配達と同時に引き取ってもらう方法があります。

注意事項
商品配達時の引き取りは、事前のお申込みが必要となり、回収運搬料金が別途必要となる場合があります。
引き取り条件と費用
  • 電子レンジは550円(税込)で引き取ってもらえる
  • オーブンレンジの場合、サイズが大きいので1,100円(税込)での引き取りとなる
  • 業務用の電子レンジまたは、オーブンレンジは対象外となる

電子レンジを含む小型家電リサイクル引取を実施していない店舗は、米沢店、佐渡店、長野インター店、山形嶋店、敦賀店、安城桜井店、メグリア本店、メグリア藤岡店、豊岡店、御坊店、田辺店、とくしま店、なると店、JoshinWebになります。

参照元:Johshin

ジョーシンの宅配便リサイクルで電子レンジを引き取ってもらう

ジョーシンの宅配便リサイクル制度

ジョーシンでは、不要になった電子レンジを含む小型家電を段ボール箱に詰めて送るだけの宅配便リサイクルというサービスも行っており、対象品目は400点以上となっています。

このサービスの素晴らしい点は、対象品目が壊れていても、古くても、動かなくても回収してくれて、最短で翌日に回収に来てもらえる点と、対象品目を段ボール1箱に詰められるだけ詰められるという点です。

対象品目の中にはもちろん電子レンジだけでなく、オーブンレンジも対象品目となっています。

宅配便リサイクルの利用条件
  • Joshin webショップで宅配便リサイクル券1,958円(税込)を購入する
  • 購入後に送られてきたメールに記載のシリアルナンバーを確認して、「回収手続き」から回収日時の申し込みをする
  • 3辺の合計が160cm・重量30kg以内に収まる範囲に段ボール箱に回収して欲しい電子レンジなどの小型家電を詰める
  • 梱包用の段ボールは自前で用意する

あとは指定した回収日時に佐川急便が来るのを待つだけです。

参照元:Joshin「宅配便リサイクル」

電子レンジを高く売るために重要なポイント

もしあなたがいま処分したいと思っている電子レンジを購入した時の値段が高価なものだったら、お金をかけて処分するより、どこかで買い取ってもらう方が効率的で、収益にもなるので、お得だと思いませんか?

高く買い取ってもらうには重要なポイントがあって、それは「交渉力」というものです。
自分が売りたいと思っている電子レンジをこの価格でなら売ってもいいと心に決め、買取業者に交渉していくという方法です。

例えば、複数の買取業者に電子レンジの査定を頼んでみて、自分が売りたい金額を提示してくれた業者に決めるのもいいでしょう。

この方法は電子レンジを高く売る場合だけでなく、格安で電子レンジを購入するときにも通用する方法で、ヤマダ電機では定額買取というのがあるが、下取り条件がいくつかあって、それに当てはまっていないと下取りしてくれないが、~円以上で買い取ってくれるなら売りたいといった交渉をすれば、下取り条件を満たしていなくても買い取ってもらえる可能性があるので、上手く交渉することが大事です。

筆者イチオシの、ヤマダ電機で電子レンジを下取りしてもらう

ヤマダ電機の下取り条件
  • 製造された年が2012年以降のもの
  • 動作に問題がないもの
  • 外観に目立った汚れや傷がないもの
  • 付属品が揃っていること

ヤマダ電機の下取りだけでなく、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなど売れる場所は様々あるので、複数の買取業者に査定してもらって、上手く交渉して、自分の納得できる金額で電子レンジを売って処分しましょう。

電子レンジの下取り・引き取りでよくある質問

A.amazonでは、家電リサイクル法に該当する商品のみ引き取りを行っています。
A.処分方法は、当記事で紹介しているように様々です。そのため、一概にこれがいいとは言えません。ご自身の時間と予算感をみて適切な処分方法を選んで下さい。
A.主な違いは、かかる手間数、金額になります。また引き取りの形態も、買取・有料引き取り・下取りと様々です。
A.一番手間をかけず、最速で電子レンジを処分するには、不用品回収業者を使いましょう。値段は高くなってしまいますが、即日対応の業者さんに依頼することで、すぐに引き取ってもらうことが可能です。

まとめ(店舗別料金比較表)

ヤマダ電機で買取・回収してもらう最大2,000円で買取、1,000円で回収
ケーズデンキの引き取り2,200円
エディオンでリサイクル550円
ビックカメラの買い替え無料下取り・リサイクル5,500円以上の購入で無料下取り、1,958円
ヨドバシのリサイクル回収550円~4,400円
ノジマの買い替え下取り2,000円
ジャパネットの買い替え下取り対象商品の購入で、3,000円~5,000円で下取り
ジョーシンの引き取り・リサイクル550円で引き取り、1,958円でリサイクル
電子レンジを回収してもらう方法6選!回収業者もご紹介します 電子レンジをお得に処分!高額買取してもらえるポイントとその方法4選 電子レンジの捨て方・処分方法7選|家電量販店の引き取りサービスから不用品回収業者に依頼する方法!