遺品整理の時期について徹底解説

メガマックスの家具引き取りサービスとは?お得に家具を処分する方法をご紹介!

メガマックスの家具引き取りサービスとは?

メガマックスの家具引き取りサービスってどうなの?
不要になった家具を無料で処分するには?

販売店で家具の引き取りサービスを行なっていることをご存知でしょうか。

大きくて重量がある家具は、ご自分で運び出すのが難しく、非常に手間がかかりますよね。

しかしお店の引き取りサービスを利用することで、家具を無料でお得に処分できます。

今回は、メガマックスの家具引き取りサービスの概要や、引き取ってもらえなかった時の対処法までご紹介します。

この記事を読めば、誰でも簡単に家具を処分できること間違いなしです!

家具を無料で捨てられる?メガマックスの家具引き取りサービスとは

家具を無料で捨てられる?メガマックスの家具引き取りサービスとは

メガマックス(MEGAMAX)では、家具の購入者を対象に、不要家具の引き取りサービスを行なっています。

店舗への持ち込みや、引き取りサービスのみの利用はできません。

では、メガマックスの家具引き取りサービスの利用条件を見てみましょう。

メガマックスの引き取りサービスの利用条件
  • 購入した商品と同等の大きさ、同数に限る
  • 1点につき別途3,000円かかる
  • 商品を配送で購入した場合のみ利用可能

公式サイトには、上記の条件が記載されています。

メガマックスで回収している家具は購入した商品と同等の大きさ・数に限定されています。

ですから、2人掛けのソファを購入した場合、1人掛けや2人掛けのソファは引き取ってもらえますが、3人掛け以上のソファを引き取ってもらうことはできません。

引き取りサービスを利用するときは、購入代金とは別に、3,000円かかります。

配送当日にサービスを利用したいと伝えても利用できないことがあるので、家具を購入するときに申し込みを行いましょう。

メガマックスの家具引き取りサービスのメリット・デメリット

メガマックスの家具引き取りサービスのメリット・デメリット

メガマックスの家具引き取りサービスの概要がわかりましたね。

次に、メガマックスの引き取りサービスのメリットとデメリットをご紹介します。

メガマックスの家具引き取りサービスは、新しい家具の購入を検討している方におすすめです。

期間限定のキャンペーン中に利用すると、通常3,000円かかる引き取り料が無料になります。

ただし利用条件が決まっているので、購入予定のない家具を処分したい方や、複数の家具をまとめて処分したい方は他の方法を選びましょう。

メガマックスの引き取りサービスのメリット
  • 古い家具を処分する手間がかからない
  • キャンペーン期間に利用すれば費用が安くなる
メガマックスの引き取りサービスのデメリット
  • 新しく家具を購入しないとサービスを利用できない
  • 購入代金にプラスで3,000円かかる
  • 引き取ってもらえる家具の数・種類が限られている

おすすめの不要家具の引き取りサービス3選!

おすすめの不要家具の引き取りサービス3選!

メガマックス以外にも家具を販売しつつ、不要家具を引き取っているお店があります。

続いて、おすすめの不要家具引き取りサービス3選を解説します。

どれも商品を購入しなければ利用できませんが、お店ごとに費用や利用条件が異なるので、比較してみましょう。

おすすめの不要家具引き取りサービス3選

ベルメゾンネット

通信販売のベルメゾンネットは、不要家具の無料引取サービスを実施しています。

利用できるのは対象商品を注文した場合のみですが、引き取り料金がかからないのは嬉しいですよね。

ベッド、ソファー、ラック等の大型家具が対象商品に含まれています。

購入画面に「不要家具引取りサービス対象商品です」という表示がない商品を購入しても、引き取りサービスを利用することはできません。

また、セール商品や商品の配送先以外の場所にある家具は引き取りサービスの対象外となります。

ベルメゾンネットの不要家具引取サービス利用条件
  • 対象商品(販売価格が税込41,800円かつ商品送料7,150円)を購入した人のみ利用可能
  • 購入した商品と同等の大きさ、同数に限る

東京インテリア

東京インテリアでも家具の引き取りを行なっています。

ただしメガマックス同様、新しく家具を購入した人しか利用できないサービスなので気をつけてください。

大型家具を購入し、商品配送のタインミングで引き取ってもらう形になります。

家具の引き取りは購入代金とは別に費用がかかります。

大きさごとに料金が指定されているので、処分する前に家具の大きさを計測しておきましょう。

東京インテリアの引き取りサービスの利用条件は以下の通りです。

東京インテリアの家具引き取りサービス利用条件
  • 購入した商品と同等の大きさ、同数に限る
  • 家具の配送を利用する場合のみ
不要家具の引き取り料金
  • 2,000円:小型家具(3辺の合計が200cm未満)
  • 3,000円:中型家具(3辺の合計200cm以上300cm未満)
  • 4,000円:大型家具(3辺の合計300cm以上)
  • 5,000円:2人掛け以上のソファ、ベッド、ウレタンなどの分別廃棄が必要なもの
  • 引き取り不可:家電製品、布団類

島忠

島忠の家具引き取りサービスは、大型家具だけでなく炊飯器、掃除機といった家電、照明器具、植木鉢などのインテリアも対象です。

ただし購入した商品と同等・同数のものしか回収を頼めません。

事前に申し込んでおかなければ引き取ってもらえないので、商品を購入する前に古い家具の処分方法を考えておきましょう。

一部店舗では、こたつ・カーペット・布団等は引き取ってもらえません。

島忠の引き取りサービス利用条件
  • 購入した商品と同等の大きさ、同数に限る
  • 商品によっては引き取りを利用できないこともある

家具を引き取ってもらえなかった時の処分方法3選!

家具を引き取ってもらえなかった時の処分方法3選!

販売店で行なっている不要家具の引き取りサービスは、商品を買い換えるときにしか利用できません。

数や大きさもある程度決められているので、家具をまとめて引き取ってもらえないのが難点といえます。

そこで、引き取りサービスを利用できなかったときの家具の処分方法3選をご紹介します。

安く処分したい、時間をかけずに手放したいなど、ご自分の都合にあった方法を選択しましょう。

自治体の粗大ゴミに出す

自治体の粗大ゴミとして処分するのは、最も一般的な方法です。

処分する家具の大きさや種類にもよりますが、粗大ゴミに出せば比較的安く家具を処分することができます。

基本的に1辺の長さが30cm以上のものは、粗大ゴミとして分類される地域が多いです。

お住いの地域によって、1度に出せるゴミの数が決められていたり、回収できないゴミがあったりするので自治体のホームページを確認してください。

粗大ゴミに出すときは、事前に予約が必要です。

以下の手順を参考にしましょう。

STEP.1
粗大ゴミ受付センターに申し込む
電話かインターネットで粗大ゴミ受付センターに申し込みます。処分するゴミの数、種類、名前、住所などを聞かれます。予約すると、受付番号や手数料を伝えられるので忘れないようにしましょう。
STEP.2
粗大ゴミ処理シールを買う
粗大ゴミシールを購入し、粗大ゴミの処理手数料を支払います。コンビニや郵便局で販売されています。
STEP.3
必要事項を記入し、家具に貼り付ける
シールを購入したら、受付番号と回収日を記入し、家具に貼り付けてください。記入漏れがあると回収してもらえません。
STEP.4
回収日に収集場所へ出す
回収日になったら指定場所へゴミを出せば完了です。
粗大ゴミで家具を処分するメリット
  • 家具を安く処分できる
  • 自治体が回収してくれるから安心

買取業者に買い取ってもらう

家具の使用状態がよければ、買取業者に買い取ってもらう方法もあります。

粗大ゴミに出すと費用がかかりますが、売れれば家具を無料で処分することができます。

特に、ブランド品や人気メーカーの家具は買い取ってもらえることが多いです。

リサイクルショップまで持っていくのが難しい場合は、出張買取や宅配買取を利用しましょう。

ただし、買い取ってもらえなくても出張費や配送費がかかるので、出費を抑えたい人はお店まで持ち込みとよいです。

傷や臭いの取れないものや、製造年式が古すぎるものは買い取ってもらえない可能性が高いので他の方法で処分しましょう。

買取業者を利用するメリット
  • 家具をお得に処分したい人
  • 使用状態のよい家具を捨てる人

不用品回収業者に回収してもらう

掃除や引越しで不用品をまとめて処分したい方は、不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収サービスを利用すれば、日時を指定するだけで回収に来てくれるため、重い家具を運び出す必要もありません。

また、自分の都合に合わせて利用できるのが魅力です。

粗大ゴミに出すと処分するまでに早くても1,2週間はかかりますが、不用品回収業者なら最短即日で対応してくれるところもあります。

そのため、引越しの退去日が決まっている方や忙しくて時間が取れない方にぴったりです。

しかし不用品回収業者を利用するときは悪徳業者に気をつけてください。

悪徳業者は国の認可をとらずに営業し、不当な高額請求をしてきます。

不用品回収業者を選ぶ際は、業者の情報や口コミを確認するようにしましょう。

不用品回収業者に依頼するメリット
  • 不用品をまとめて回収してもらえる
  • 手間をかけずに家具を処分できる
  • 自分の都合に合わせて利用できる

引き取ってもらえない不用品は不用品回収業者を利用しよう!

引き取ってもらえない不用品は不用品回収業者を利用しよう!

KADODEをおすすめするポイント3選
  • 年間10,000件の実績があるから安心
  • 24時間365日受付でいつでも依頼できる
  • プロのスタッフが不用品をまとめて回収してくれて楽チン

不用品回収業者に依頼したいけど、どの不用品回収業者に頼めば良いかわからないといった方は、KADODEがおすすめです。

KADODEは年間10,000件の実績があり、1都20県で不用品回収サービスを展開している大手不用品回収業者です。

不用品回収を利用したことがなくてもスタッフが丁寧に説明してくれるので、安心して利用できます。

24時間365日受付で、急な依頼も柔軟に対応してもらえます。

忙しくて日中にまとまった時間が取れない方でも、相談すれば早朝や深夜に回収を依頼できるようです。

料金は回収してもらう荷物の量によって変動する業者もありますが、KADODEは定額パックを提供しています。

定額パックには、他の業者で別途料金がかかる出張費やスタッフ追加費が含まれているので、荷物の量が多くなるほどお得です。

掃除や引越しで家具をまとめて処分するときは、KADODEを利用しましょう。

業者名KADODE
サイトURLhttps://kado-de.jp/area/
電話番号0120-966-926
受付時間24時間365日
口コミ評価★★★★★/5

まとめ

メガマックスの家具引き取りサービスや、引き取りサービスを利用できなかった場合の家具の処分方法をご紹介しました。

これから家具を買い換えようとしている方は、記事で紹介した家具の引き取りサービスを利用してみましょう。

購入予定のない家具を処分するときは、ご自分の条件に合わせてよりよい選択をしてください。

まとめ
  • なるべく安く家具を処分したい人:自治体の粗大ゴミに出す
  • 使用状態の良い家具を手放したい人:買取業者を利用する
  • 時間をかけずに簡単に家具を処分したい人:不用品回収業者に依頼する

大型家具別の処分方法を知りたい方は以下の記事も参考にしてください。
エアコンの引き取りサービス9社徹底比較|無料で処分する方法も!?ヤマダ電機やケーズデンキも解説 ソファ引き取りサービス10社徹底比較!費用相場とおすすめ方法も掲載 ベッドの引き取り方法10選|お得なショップ・相場・手軽な処分方法をご紹介 ベッドの引き取り方法10選|お得なショップ・相場・手軽な処分方法をご紹介 婚礼家具の捨て方5選|大型タンスの引き取り業者や処分方法を詳しくご紹介。