遺品整理の時期について徹底解説

ケーズデンキでリサイクル家電は回収してくれる?お得な処分方法をご紹介!

ケーズデンキでリサイクル家電は回収してくれる?

なんか最近家電が壊れることが多くて処分するのが面倒くさい…
ケーズデンキとかの大手に頼めばいいんじゃない?

日本の家電量販店の中でも、五本の指に入るであろうケーズデンキ。

ちびまる子ちゃんがイメージキャラクターになっているのが印象的ですよね。

さて、そのケーズデンキですが、家電回収のサービスはどこまで対応しているのでしょうか?

この記事では、ケーズデンキの家電回収事情をメインに詳しく取り上げてまいります。

この記事を読んでわかること
  • ケーズデンキの家電回収事情がわかる!
  • 家電リサイクル法についてわかる!
  • 自分に合った家電処分方法がわかる!
  • 処分したい家電の処理費用がわかる!
  • 家電回収の心構えが身につく!
悪徳な不用品回収業者に注意
悪徳な不用品回収業者に注意
悪質な不用品回収業者による高額請求などの被害が報告されています。
家具・家電・不用品の引き取りは緊急性が高く、よく検討せずに依頼してしまう人が多い傾向があります。
不用品を賢く処分するために、無料見積もりサービスなどを利用してしっかりと相場を確認しましょう。
テレビでも注目を集めるくらしのマーケット相談件数70,000件!

\\ 約70万件の口コミ実績!もう一度使いたいサービスNo.1 ///


ケーズデンキってどんな会社?

ケーズデンキ画像

北は北海道、南は沖縄までの強力ネットワーク網を、全国に500店舗以上(2020年3月末現在)に渡り展開している、日本では有数の一大家電量販店です。

ケーズデンキの歴史は、1947年(昭和22年)3月に創業者 加藤馨が、茨城県水戸市元台町に加藤電機商会を設立したことから始まります。

1997年(平成9年)11月に株式会社ケーズデンキに商号変更し、この頃からテレビCMなども開始。

2002年(平成14年)3月には東京証券取引所市場第一部に昇格し、その後グループ企業なども多数加わり、日本を代表する家電量販店の一つへと成長していきました。

ケーズデンキ
商号 株式会社ケーズホールディングス
本店所在地 〒310-8282 茨城県水戸市桜川1-1-1
設立 1947年(昭和22年)3月
上場取引所 東京証券取引所 市場第一部
電話番号 (代表) 029-224-9600
ホームページ https://www.the0123.com/

ケーズデンキで回収してもらえる家電と料金

ケーズデンキで回収してもらえる家電と料金

ケーズデンキでは、廃棄物、いわゆる大量のゴミなどの発生を抑え込み、あらゆる資源を有効的に活用する循環型の社会構築を実現すべく、使用済家電製品のリサイクルを積極的に推し進めています。

使い終わった家電製品は、現行の家電リサイクル法に則って、近隣のケーズデンキにて適宜取り扱っております。

家電と料金の対応表は下記のとおりです。

特定品目 リサイクル料金
(国内主要メーカー)
収集・運搬料金
テレビ(15型以下) 1,320円(税込)から  +1,650円(税込)
テレビ(16型以上) 2,420円(税込)から
冷蔵庫(170リットル以下) 3,740円(税込)から
冷蔵庫(171リットル以上) 4,730円(税込)から
洗濯機 2,530円(税込)から
エアコン  990円(税込)から

※ 外国メーカーなどの一部メーカーは、リサイクル料金が上記の金額と異なる場合があります。
※ 収集料金・運搬料金は地域により異なります。

即日で回収したい方は不用品回収業者がおすすめ

別の場所で買った家具・家電・粗大ゴミもまとめて引き取ってほしいなあ...。

明日までに処分したいのに...。
という方は、ご自宅の不要な家具・家電などの不用品をまとめて引き取ってくれる不用品回収業者が無難。
多くの業者が最短即日での不用品回収に対応しています。
最もお得な不用品回収業者を手早く探したいなら、くらしのマーケットがおすすめです。
口コミ評価と料金面で人気ランキングを確認し、賢く不用品回収業者を見つけましょう。

\\ 即日対応の業者を今すぐチェック ////


くらしのマーケット

家電リサイクル法とは

家電リサイクル法は、正式には“特定家庭用機器再商品化法”と呼ばれています。

元来、一般家庭から出てくる使用済み家電製品は、その中に含まれる一部分の金属などのリサイクル資源を回収しつつ、その他の部分に関しては、そのまま埋め立てて処分していました。

しかし、廃棄場所である埋立地の減少問題と、鉄やアルミ、ガラスなど、家電製品に含まれる部品には、より資源としてリサイクルできる物が多くあったため、新しく家電リサイクル法が制定されるに至ったわけです。

その家電リサイクル法、平成13年4月より施行されておりますが、それぞれ以下の要件が科せられています。

家電リサイクル法の要件
  • 製造業者に対して、再商品化の義務。
  • 小売業者に対して、引き取りの義務。
  • 消費者に対して、料金支払いの義務。

地球環境問題に関しては、近年いろいろと議論されており喫緊の課題でもあります。

この家電リサイクル法も、それに沿った環境対策の一手でもありますので、よりよい環境を保つ意味でも、よく理解し、適切な処分をしていきましょう。

特定4品目

さて、この法律では以下の4品目が該当します。

特定4品目
  • エアコン
  • テレビ(液晶・プラズマ、ブラウン管)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

いずれも家庭用機器のみが対象です。

事業所で使用した機器

家庭用家電4品目は家電リサイクル法の対象ですが、事業所で使用していた場合は、「産業廃棄物」扱いですので注意が必要です。

産業廃棄物の処分は、市区町村ではなく、都道府県が窓口ですのでお気をつけください。

特定4品目以外の家電

特定4品目に該当しないそれ以外の家電機器に関しては、使用済み小型家電として「小型家電リサイクル法」に従い、再資源化事業者(国が認定)に引き渡されてリサイクルします。

< リサイクル料金表 >

特定品目 0円 (無料)
デジタルカメラ ビデオカメラ カーナビゲーション
ゲーム機 携帯音楽プレーヤー テープレコーダー
電子辞書・電子手帳 ポータブルMD・CD ICレコーダー
ETC車載ユニット VICSユニット ACアダプター
パソコン本体 ※ タブレット端末 携帯電話
小型品目 550円 (税込)
ポータブルラジオ ヘッドホン 小型スピーカー
ラジカセ ポータブルワンセグテレビ レコーダー(BD、DVD、ビデオ)
AVアンプ チューナー ワープロ
電話機、FAX ドアホン 布団乾燥機
オーブントースター 電気ポット コーヒーメーカー
餅つき機 食器洗い乾燥機 ホットプレート
ドライヤー 電気シェーバー 血圧計
体組成計 電気ストーブ 電気ひざかけ
セラミックヒーター 加湿器 扇風機

その他小型家電

中型品目 1,100円(税込)
CD、MD、メモリーコンポ シアタースピーカー 電子キーボード
炊飯器 ガステーブル 冷温水器
ズボンプレッサー 電気掃除機 照明器具
ホットカーペット こたつ 空気清浄機
カーステレオ プリンター

その他中型家電

大型品目 2,200円(税込)
ホームシアターセット 投射型プロジェクター DVDカラオケ
電子レンジ オーブンレンジ IHクッキングヒーター
石油ストーブ ファンヒーター FF式石油ヒーター
温水ルームヒーター トレーニング機器 電動アシスト自転車
除湿機 シーリングファン シャンデリア

その他大型家電

超大型品目 4,400円(税込)
マッサージチェア シアターラックシステム 電子ピアノ
床暖房機器 石油煙突ストーブ

その他超大型家電

※ 別途、出張料金が発生する場合あります。
※ 対象は家庭用電気製品のみ。
( 業務用、 電気・電池を利用しない家具類等は対象外 )
※ パソコン、携帯電話に限り店頭でのみ引き取り。
(訪問回収は行っておりません)
※ パソコン本体は無料、PCモニターは有料。

ケーズデンキで家電を回収してもらう方法

ケーズデンキで家電を回収してもらう方法

上記の表で、料金及び特定家電4品目か、それ以外の小型家電かを確認して、お近くの店舗まで問い合わせましょう。

ケーズデンキ店舗検索

ケーズデンキ以外で家電を処分する方法

ケーズデンキ以外で家電を処分する方法

ケーズデンキ以外でも家電を処分することは可能です。

ここでは家電を処分する方法をいくつかご紹介します。

ケーズデンキ以外の処分方法
  • 他の家電量販店で引き取ってもらう
  • 行政の回収を利用する
  • 友人知人に譲る
  • 個人売買サイトを利用する
  • リサイクルショップで売却する
  • 不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう
くらしのマーケット

他の家電量販店で引き取ってもらう

ヤマダ電機やエディオン、ビックカメラなどの大手家電量販店も同様に家電リサイクルを行っています。

それらを利用する場合はお近くの店舗で申し込むといいでしょう。

行政の回収を利用する

基本的には、家電を購入した販売店に処分してもらうわけですが、引越しなどで遠くなってしまった、などの理由で難しい場合、地元の自治体を利用しましょう。

ただし、自治体によっては対応や手順が異なるため、電話やホームページなどで確認してから手続きすることをおすすめします。

友人知人に譲る

身近な友人や知人に譲ってしまうというのも選択肢の一つです。

ただこの方法は、まだ家電自体が壊れておらず、まだ使えるという前提がなければ、なかなか難しいでしょう。

個人売買サイトを利用する

ヤフオクやメルカリなどの、ネットオークションやフリマアプリに出品という手もあります。

これも、できればまだ使用可能な物の方が需要があると思いますが、仮に壊れていても欲しいという人もいますので、試しにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

リサイクルショップで売却する

自家用車をお持ちでしたら、直接最寄りのリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうこともできます。

車が無くても、店舗によっては引き取りに来てくれるケースもありますので確認してみましょう。

不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう

現在、不用品処理を行う回収業者は、優良なサービスを提供してくれるところが結構ありますので、不用品回収のプロにおまかせするのも安心です。

家電を処分するなら不用品回収業者がおすすめ

家電を処分するなら不用品回収業者がおすすめ

さまざまな処分方法がありますが、プロにまかせることで手間と時間を大幅に節約できます。

もちろん費用はかかりますが、大きな家電を移動させるのに不注意でケガをしてしまうこともなく、取り外しの必要ない家電であれば一つ数分で回収が完了することでしょう。

取り外しの必要なエアコンなどの家電もプロならではの手際であっという間です。

また、家電量販店では行ってくれない買取サービスを行っている業者もありますので、壊れていないものならリサイクル料金がかかるどころか現金が手に入る可能性も。

もし処分方法でお悩みなら不用品回収業者も選択肢に入れてみましょう。

違法な業者に注意!

違法な業者に注意!

いつの時代も、詐欺や違法な行為を行う悪徳業者というものは存在しています。

ご多分に漏れず、この不用品回収業界にも、いまだ違法な業者が横行しているわけですが、そのような業者に引っかからないためにも細心の注意が必要です。

特に無料をうたった業者や、街中を徘徊する廃品回収トラックなどは、あとあと高額請求されるケースがありますので気を付けましょう。

相場を知って賢く不用品回収!
急いでいたので適当に選んだら、ぼったくり被害に遭った...。

という報告は少なくありません。
くらしのマーケットで不用品回収業者を見つければ、回収サービスの相場を把握できます。
使う時間はたったの3分程度ですが、数万円の節約につながる場合も。
適正価格で良質なサービスを提供している不用品回収業者を見極めて、賢く家具・家電・不用品を処分しましょう。

\\ CMで話題沸騰中!お得な不用品回収業者が見つかる ///


くらしのマーケット

リサイクル家電の回収ならKADODEがおすすめ

KADODEホームページTOP

数ある不用品回収業者の中でも、顧客満足度などで常にトップ集団を走り続けているのが不用品回収業者KADODEです。

主に関東一円から九州地方まで、幅広く股にかけて展開している優良企業で、安心安全を第一に、丁寧な対応と親切なサービスには定評があります。

24時間365日対応ですので、急な引越しなど、早く不用品を処理してほしい時にも、素早く駆け付け適切にサービスを受けられるのがとても頼もしいですね。

定額パックもあり、全てコミコミの料金のため、見積もり後の追加費用がかからないのも大きなメリットと言えるでしょう。

不用品回収・粗大ごみ処理はもちろんの事、ゴミ屋敷の片づけ、遺品整理・生前整理などのサービスも行っています。

さらに買取サービスに力を入れているところも見逃せません。

困ったことがあれば一度、KADODEにご相談されるのをおすすめいたします。

KADODEの基本情報

KADODE
対応エリア 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 奈良県
大阪府 兵庫県 広島県 山口県 岡山県 大分県
福岡県 鹿児島県 佐賀県 宮崎県 熊本県 長崎県
定額料金プラン ・SSパック 5,000円
・Sパック 10,000円
・Mパック 20,000円
・Lパック 50,000円
・LLパック 100,000円
・3L以上 お見積り・要相談
対応可能業務 不用品回収 生前・遺品整理 不用品買取 ゴミ屋敷の片付け
営業時間 24時間対応(年中無休)
ホームページ https://kado-de.jp/
電話番号 0120-966-926

KADODEの口コミと評判

みんなの口コミ

見積もりが無料だったので、気軽に依頼してみたら、丁寧に対応してくださり好印象。見積もり後の回収ではあっという間に作業が完了していただいたので本当に助かりましたね。引越しで日にちの余裕がないところ対応していただきとても感謝しております。

みんなの口コミ

突然の引越しで、いらなくなった洗濯機や冷蔵庫が粗大ゴミに出せないというのを知って、処分に悩んでいたのですが、今回たまたまホームページでKADODEさんを見つけ相談したところ、とても親切に対応してもらい嬉しかったです。

みんなの口コミ

色々ネット検索で不用品回収業者を調べていたのですが、どこもなかなかのお値段がする中、たまたま目に付いたKADODEさんは費用も安く、見積もり無料だったので試しにお願いすることにしました。ちょっと安すぎだなと思っていたので少し心配しておりましたが、実際には作業当日あっという間に回収を終わらせていただいたので、とても安心しました。

みんなの口コミ

柔軟に支払い方法を対応していただいたのが嬉しかったです。わたしは普段からあまり現金払いをしておらずクレジットカード決済ばかりでしたので、KADODEさんはちゃんとカード決済対応しており、その点利用しやすかったです。もちろんお手頃な値段でサービスも充実。また機会があればお願いします。

みんなの口コミ

洗濯機、電子レンジ、テーブル、ベッド、カラーボックス、ラックなど大量に依頼しました。他社さんでは軽トラックに乗り切らないので、予算をかなりオーバーしていたのですが、KADODEさんは本当に予算内のギリギリまで積み込んでいただき、回収してもらいました。ありがとうございます!

ケーズデンキでのリサイクル家電回収についてのまとめ

この記事では、ケーズデンキの家電リサイクルの現状をメインにまとめてまいりましたが、多少なりとも参考にしていただけましたでしょうか?

個人的にケーズデンキは、その他の家電量販店より、家電リサイクル法の対象となる特定4品目以外の小型家電リサイクルにも力をいれている印象があり、サービスが充実しているなと感じました。

あなたを悩ましているかもしれない、そこの不用品。

大きな物から小さな物まで、思い切っておうちの断捨離をして、あなたにとってより心地よい生活が送れるよう切に願っております。