遺品整理の時期について徹底解説

婚礼家具の処分方法をプロが徹底解説!楽に賢く処分する6つの方法

最近ではあまり聞くことが少なくなった婚礼家具。

両親が自分の娘が嫁入りする際に、結婚生活で困ることがないように持って行かせる家財のことを「婚礼家具」または「嫁入り道具」と呼びます。

この記事ではそんな婚礼家具を捨てたい、処分したい、買い取ってもらえないかというお悩みをお持ちの方々に婚礼家具の処分方法をご紹介していきたいと思います。

こちらの記事も参考に。
タンスの処分方法8選!処分方法、売る方法、買い替え方法などを紹介

婚礼家具のタンスをどう処分したいか?

婚礼家具をどうやって処分したいか、タイプ別にまとめてみました。

大きなポイントとしては、自宅から婚礼家具を搬出できるか・できないか、という違いにあります。

婚礼家具を自宅から搬出できる方におすすめの処分方法

婚礼家具の処分費用を安く抑えたい方
ご自身で婚礼家具を玄関先または指定された場所まで運び、粗大ごみとして処分する
婚礼家具を売って利益を得たい方
リサイクルショップ、ネットオークション、フリマアプリ、引越し業者を利用して処分する。配送などの手配や必要であれば掃除や修理が必要となりますが費用が掛かるどころかお小遣いになる可能性が高い方法です
婚礼家具を譲って誰かの役に立ちたい方
ジモティーやシェアマといった物を譲渡できるサイトで、不要になった婚礼家具を出品して、近くに住む方に譲ってあげましょう
婚礼家具を買い替えて、不要な婚礼家具を下取りに出したい方
新しい家具の購入費用、下取り料金がかかりますが、労力はかからないで、不要な婚礼家具を処分できます

婚礼家具を自宅から搬出できない方におすすめの処分方法

婚礼家具を自宅から搬出することが困難で、他の方法で処分できない方
不用品回収業者を利用すれば、労力や時間などの手間を、業者側が引き受けてくれるだけではなく、婚礼家具・タンスが壊れていようが、使えない状態でも回収してくれるので、一切手間をかけたくなければ、不用品回収業者に婚礼家具・タンスの処分を任せましょう

婚礼家具であるタンスの種類とは

婚礼家具の種類は、地域によって新婦側の両親が嫁に持たせる婚礼家具は異なるところもありますが、一般的に多いのが

婚礼家具に贈られる主な3点
  • 整理タンス
  • 洋服タンス
  • 衣装タンス

以上のものが婚礼3点セットとされています。

他にも婚礼布団や着物、食器などが贈られることもありますが、主に収納家具であるタンスが贈られることが多かったようです。

しかし現在では、婚礼家具を贈る習慣が衰退しています。

婚礼家具であるタンスを贈ることが現在では衰退している理由

現在ではクローゼットが既についている住宅が多いことや、婚礼家具として贈られるタンスはサイズが大きいものが多く、住宅環境の縮小化に伴って、スペースをとる家具を贈られるとかえって迷惑になることも多いこともあり、婚礼家具を贈る文化は衰退しています。

また現在では、家具のバリエーションも豊富にあり、ニトリや無印良品、IKEAなどの家具店で、お手頃な価格で家具を揃えることができるため、自分たちで家具は揃えたいという人が多いのも理由の一つでしょう。

婚礼家具・タンスは、搬出方法が大変なため、粗大ごみとして処分するのが難しい

多くの自治体では、婚礼家具・タンスは粗大ごみとして処分することができます。

しかし婚礼家具である洋服タンスや整理タンスなどは、たくさんの物を収納できるように作られている大型家具のため、奥行きが60㎝以上もあるものが殆どで、一軒家の2階からタンスを処分しようと思って運搬しようとしても、階段で引っかかってしまったり、2階のベランダから吊り下げて搬出しなければならない場合もあります。

たとて一軒家やマンションの1階に婚礼家具・タンスがあったとしても、安定して運び出すことは難しく、廊下の壁や床に傷をつけてしまう恐れや、足が引っかかって怪我をしてしまうリスクもあります。

なので粗大ごみとして婚礼家具・タンスを処分したいのなら、婚礼家具・タンスを運べるサイズまで解体したり、業者にお願いをして自宅から吊り下げ作業などをして搬出してもらう必要があり、粗大ごみとして婚礼家具・タンスを処分するのは困難なのです。

リサイクルショップなどで婚礼家具・タンスは買い取ってもらえるのか?

リサイクルショップで買取可能な婚礼家具・タンスならば、処分費用がかかることなく、売却益を得られてお得に処分することができます。

しかし婚礼家具をリサイクルショップで買い取ってもらうのには難しい理由があります。

婚礼家具・タンスがリサイクルショップでの買取が難しい理由

婚礼家具の買取が難しい理由
  • 婚礼家具であるタンスはサイズが大きいものが多く、店舗の売り場や倉庫に置くと場所を取ってしまうので保管にコストがかかるから
  • 2階のベランダなどから搬出する場合、吊り下げ作業が必要になり、搬出コストがかかるから
  • 婚礼家具の需要が高くないので、買取をしているリサイクルショップが少ないから

以上のような理由でリサイクルショップで婚礼家具のような大型のタンスを買い取ってもらうのは難しいのです。

また府中家具、岩谷堂箪笥、北海道民芸家具、日光彫といった高価なブランドもの以外のタンスの買取は難しいと考えておきましょう。

リサイクルショップで買取ではなく、引き取りをお願いしても、無料で引き取ってもらうことは難しく、有料での引き取りもしくは、引き取り不可となってしまうので、リサイクルショップで婚礼家具・タンスを買取・引き取ってもらうのは、難しいと考えておきましょう。

ネットオークション、フリマアプリに婚礼家具・タンスを出品して売って処分する

リサイクルショップで買取不可と言われた婚礼家具でも、ネットオークション、フリマアプリに出品すれば買い手がついて売れることもあります。

その理由として

ネットオークション、フリマアプリで売れやすい理由
  • 価格交渉が売り手と買い手の間で行えるので、売れやすい
  • 利用者数が多いので、リサイクルショップで売るよりも買い手がつきやすい
  • 婚礼家具の状態が悪くても出品できる

しかし、ネットオークションやフリマアプリで売るときもやはりネックっとなるのが、婚礼家具・タンスを自宅から搬出しないといけないのと、売れたとしても購入者に発送するために婚礼家具・タンスを梱包しなくてはならないので、リサイクルショップで売るときと同じか倍の手間がかかることもあります。

ネットオークションやフリマアプリのメリット・デメリット

メリット
  • 価格交渉が自分で行える
  • 利用者数が多いので、買い手がつく可能性が高い
デメリット
  • 出品には3.5%~10%の出品手数料がかかり、売れた際に売上金額から出品手数料が引かれる
  • 売れた際は婚礼家具・タンスを梱包して、自宅から搬出して、発送作業をしなければならない
  • 送料が自己負担(着払いも選べる)の場合、送料を支払わなければならない
  • 商品の説明や情報を自分で書いたり、商品の写真を撮らなければならない

上記以外にも、買い手が全然つかなく、売れる気配がなければ、婚礼家具を保管し続けなければなりませんし、1ヶ月、半年、長ければもっと、早く売って処分したいのに、処分できないといった日々が続くというデメリットもあります。

ジモティー、シェアマといった譲渡サイトで婚礼家具・タンスを近隣の住民に譲る・売る

ネットオークションやフリマアプリでは、出品手数料がかかりますが、ジモティー、シェアマといった譲渡サイトでは、不要になった物のリサイクル・リユースを推奨していて、出品手数料が無料で、売ることができたり、誰かに無料で譲ることができたり、物々交換などができます。

婚礼家具・タンスを欲しい近くの住民と直接会って譲渡できるのが特徴であるサイトです。

もちろん値段をつけて出品することもできますし、地域が離れていたり、自分では運搬できないものは梱包して発送して送ることもできます。

しかし基本的に近くの地域に住んでいる方との直接取引ですので、トラブルも発生しますが、サイトは詐欺に逢わないように注意するか、出来る範囲内での通報や捜査協力をしてくれますが、トラブルが起こった際は当事者同士での問題解決をまずしなければなりません。

ジモティ、シェアマといた譲渡サイトのメリット・デメリット

メリット
  • 無料で譲渡したり、売ることができれば、処分費用が一切かからずに済む
  • 誰かに無料で譲ることで人の役に立てる
  • 物々交換できれば、婚礼家具と別の物を交換できる
デメリット
  • 婚礼家具は大型のタンスなので、運搬できない・難しい
  • 直接会う前にキャンセルや取引場所に来ないなどといったトラブルが発生しても、当人同士で解決しなければならない
  • 怪しいビジネスに勧誘される危険性がある
  • 詐欺に逢う可能性もある

ジモティーやシェアマといった譲渡サイトを利用する際は、上記のトラブルや近隣の住民に譲ろうとして、婚礼家具・タンスを運搬する際にケガのリスクも考慮して利用してくだい。

家具メーカーの下取りに婚礼家具・タンスを出して処分する

ニトリや無印良品、ベルメゾンネットといった家具を販売しているお店では、家具の買い替え時に、不要な家具の引き取りサービスを行っていますので、婚礼家具・タンスを新しいものに買い替えたい方は利用するのが良いと思いますが、下取りサービスにはメリット・デメリットがあるので確認しましょう。

こちらの記事も参考に。

不要な家具の下取りサービスのメリット・デメリット

メリット
  • 新しい家具の配送と同時に、不要な家具を引き取ってもらえるので、労力がかからない
デメリット
  • 下取りには家具店によって、下取り条件があり、適用されない場合は下取りしてもらえない
  • 下取りには、新しく購入する家具の代金がかかる
  • 下取り料金は、無料なところもあれば、有料なところもある

不要な家具の下取りサービスを利用できるのは、新しい婚礼家具・タンスを購入しようと考えている人です。

下取り条件や下取り料金の有無は、利用する家具店によって異なりますので、婚礼家具・タンスの買い替えをして、不要な婚礼家具・タンスを処分したい方は、各店舗の条件を確認してからご利用ください。

粗大ごみとして処分できず、売ることができない婚礼家具・タンスは不用品回収業者に処分をお願いしよう

婚礼家具を自宅から搬出すつことができないため、粗大ごみとして処分できなかったり、リサイクルショップなどで売れなかった婚礼家具・タンスを処分するのに最適な方法は不用品回収御者を利用することです。

自宅から運び出すことが難しい大型のタンスでも、解体作業、搬出作業から回収、処分までしてくれるので、費用はかかりますが、婚礼家具・タンスをスムーズに処分することができます。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者ってどんなことをしてくれるところなのかを知りたい方は、こちらの記事を参考に。
不用品回収業者の選び方 – 絶対に悪徳業者に騙されないポイントを徹底解説

不用品回収業者の中には悪徳な業者も存在して、トラブルに遭ってしまう可能性もあります。

では悪徳な不用品回収業者の特徴とは?

悪徳な不用品回収業者の特徴

悪徳な不用品回収業者の特徴
  • 無料で回収すると、トラックで巡回してスピーカーで宣伝している業者
  • 見積もりを行ったのに、見積書に書かれていない料金を請求してくる業者
  • 適当な理由をつけて、追加料金を請求してくる業者

特に無料で回収しますと宣伝している業者は、不用品を回収した後に高額な料金を請求してくるので、注意が必要です。

他にも不用品回収業者選びには注意したい点がありますので、詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考に。

婚礼家具・タンスの回収にかかる料金は?

婚礼家具であるタンス1点のみを処分したい場合、単品回収というプランになって、基本料金+作業費+オプション料金(建物の2階から搬出する場合など必要によって)=合計料金となります。

こちらの記事も参考に。

婚礼家具・タンス以外にも回収してもらいたい不用品があれば、まとめて出すことで基本料金や作業費、オプション料金などが含まれたお得なパックプランを業者によっては利用できますので、不用品回収業者を利用する際はタンス以外に他に出す不用品はないか確認しておくことも大事です。

婚礼家具・タンスは海外での需要が高いので、リユースして海外へ輸出してくれる不用品回収業者を選ぼう

婚礼家具のタンスは、長く使えるように、頑丈に作られているため、東南アジアを中心に人気があります。

そのため不用品回収業者でリユースを行っているところは、婚礼家具を海外へ輸出して、販売することで、利益をあげることができるので、回収費用が安くなったり、買い取ってもらえることもあるかもしれませんので、婚礼家具・タンスを不用品回収業者で処分しようと思っている方は、リユースを行っていて、海外へ販売を行っている業者を選ぶと、回収費用が安くなる可能性が高いので、リユース事業も行っている不用品回収業者を選ぶのが良いでしょう。

不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

メリット
  • 婚礼家具・タンスが壊れていても、使えない状態でも回収してくれる
  • リサイクル・リユース事業を行っている業者もあるので、回収と買取を同時に行ってくれて、回収費用から買取金額を差し引いてくれる
  • 24時間365日年中無休で営業していて、即日で回収してくれる業者もあるので、引越しをするので急いで処分して欲しい方や普段仕事などで忙しい方にも、柔軟に対応してくれる
  • すべての手間を業者に任せることができるので、時間・労力などの負担は一切なくなる
デメリット
  • 自治体などで処分するよりも費用が高くなる
  • 高額請求や不法投棄する悪質な業者も存在するので、業者選びには気をつけなければならない

【婚礼家具・タンスを回収してくれて、リユースもしてくれる不用品回収業者】KADODE

KADODE

KADODEは、日本全国規模で不用品回収を主としたサービスを行っている会社です。

24時間365日年中無休で対応してくれるので、どんな方の依頼にも柔軟な対応をしてくれます。

また迅速な対応も評判が良く、最短なんと1時間で自宅まで来てくれます。

KADODEのおすすめポイント
  • 基本料金・出張費・車両費などのあらゆる諸経費込みのお得な定額パックプランを6つ用意してある
  • ゴミ袋満タン一個分入るまごごろパックを6つのパックプランに1,000円で追加できる
  • 不用品のリサイクルやリユースと並行して、国内・輸出販売の事業も行っているので、不用品の高価買取ができる
KADODE
対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、大分県、福島県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
最安値プランSSパック5,000円(税込)~
見積り料金無料
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、引っ越しに伴うゴミ回収など
営業時間24時間365日年中無休
電話番号0120-966-926
住所東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル6階
即日対応可能
買取サービスあり
軽トラック積み放題あり
公式サイトhttps://kado-de.jp/

評判・口コミ

みんなの口コミ
昔に両親から結婚祝いで貰った、タンスの処分に困っていました。
粗大ごみとして出すのも考えましたが、家の2階にあるため、搬出するのが困難でどう処分したらいいのか、インターネットで検索して回って、不用品回収業者に任せるのが一番手っ取り早く処分できる方法だと知って、こちらの業者さんに頼みました。
頼んだ時期が良かったためか、見積もりを依頼してから、すぐに回収に来てくれて、素早い作業でタンスを家から搬出してもらえて良かったです。
婚礼家具で貰ったタンス以外にも処分したい物があったので、追加で頼んで対応してもらえたのも嬉しかったです。
みんなの口コミ
こちらの業者さんでは、不用品のリユースを行っていると聞いて、中々手放すことができなかった婚礼家具一式の回収を頼みました。
回収された婚礼家具はどのように処分されるんですかと質問したら、海外でこういったタンスが必要な方に届けますと言ってくれたので、安心して回収してもらえて良かったです。

まとめ

御礼家具・タンスの処分方法を7つ紹介させて頂きました。

大型のタンスを粗大ごみとして処分、リサイクルショップなどで売る際に、悩みの種となるのが、自宅からどうやって搬出するかです。

自分で運ぶのが困難だと感じた場合は無理をせずに、不用品回収業者に任せて、ささっと回収してもらい処分してもらいましょう。