遺品整理の時期について徹底解説

【あなたの家電は買取?】買取可能な家電のポイントと相場を徹底解説

転勤が決まったのでいらなくなった家電を処分したい
家電を新しくするので古いほうを捨てたい

こんなことはありませんか?

家電製品は、処分方法はたくさんありますがそのほとんどが費用は有料です。一方で、買い取り業者に買い取ってもらったり、新品に買い替えるときに買い取りサービスを利用するといったお得な方法もあります。

この記事を読んでいる方の中には、

「少しでもお得に処分したい。」

「家にあるものは古いけど売れるだろうか。」

とお考えの方が多いかと思います。

「古くなったら、買い取りはどのくらいの相場で応じてくれるのか。」
「どのような状態のものなら買い上げてもらえるのか。」

万が一買い取ってもらえなかった場合の処分方法も含めて、相場と売れるポイントを詳しくご説明いたします。

家電の買取額が決まるポイント


まず、査定額が決まるポイントを見ていきます。相場は種類によって異なりますが、査定する際に確認する点はどの家電も共通しています。

製造年式は新しいものを

使用年数がどのくらい経っているかを数えるとき、購入時からの年数を数えてしまう事が多いかと思います。しかし、製品を査定するときに確認するのは、「製造年式」です。

製造年式は、購入した日よりも前の年か、その年になります。査定に出す前に、製造年式をしっかり確認して下さい。

製造者による査定額の違い

外国製より国内メーカーのブランドが高く売れる傾向にあります。

人気メーカーは、名前だけで信頼性があがります。

実際に私たちがなにかを購入するとき、「国内産」の文字を見ると安心しませんか?中古品を購入するときも心理は同じです。

また、買い取る側も国内製造の会社が消費者に人気があることを前提に、査定を進めます。お手持ちの品の状態によっても査定額は変化しますが、多少の使用感があっても買いあげてくれることがあります。

家電の状態で決まる

最後に査定額を決めるのは、品物の状態です。製造年式が新しく、国内の人気メーカーでも、状態があまりにもひどい場合は査定額が格段に下がります。

業者によっては故障していても買い取が可能な場合もありますが、破損や修理が必要なものは、買い取る側の利益にならないため引き取りを断られてしまうことがほとんどです。

ただしお店や時期によっては応じてくれる場合もあるので、破損が大きいときはダメもとで査定に出すことがおすすめです。常日頃から大事に扱い、破損や傷がつかないように配慮することが大切です。

買取可能な家電のポイント


査定ポイントを踏まえたうえで、次に買い取りが可能な製品をご説明します。

買取ってもらえる点を押さえて査定に出してみてください。

査定のポイント
  1. 製造年式が5年以内である
  2. 国内メーカーのブランドが製造したもの
  3. 付属品がすべて揃っている
  4. 大きな破損がなく、問題なく起動する

製造年式が5年以内

一般的に、製造年式が5年以内かどうかが、買い取りの可否を決めます。

その為、絶対に不可能とは限りませんが製造してから5年以上経っている物は買い取りが難しいケースが多いです。しかし製造年式から長期間経っていても、購入してからはまだ4年の場合もあります。

購入時保証が10年あるものも存在しますが、にもかかわらず「製造年式が5年以内」という目安になるのは、寿命が関係しています。

それぞれの製品には、壊れやすくなってしまう寿命があります。この寿命はほとんどが5年~10年です。

あくまで目安となり、使い方によってはこの寿命は前後します。

しかしながら、この目安になっている寿命が買い取りする際に大きく影響しているのです。買い取る側は、このことを加味して査定額を決定します。

家電の寿命は5年~10年
たとえば、製造年式から6年経っている冷蔵庫を買い取ってほしいと依頼するとします。この場合数年で冷蔵庫が壊れてしまったり、すぐに不備が出てしまうリスクが高くなります。

せっかく買い取ったものがすぐ壊れた場合に修理費がかかったり、販売先からのクレーム発生の可能性もあります。

そのようなリスクを買い手は考慮するため「製造年式が5年以内」が目安です。

国内メーカー

人気ブランドかどうかでも査定額が異なります。人気があるブランドは、それだけ需要があります。

そのため、買取額も高くなる傾向にあります。国内大手製造会社は、総じて買い取りがされやすいうえに、高額で買い上げてくれるケースが多いです。

前述したように、国内メーカーはブランド名だけで消費者側の信頼を得られます。買取可能かどうか、製造元を確認すると良いでしょう。

また、新しいものを購入する際には、後々買い取りしてもらうことも考慮して、人気の国内メーカーの物を選ぶのも効果的です。

付属品がすべて揃っている

「付属品がすべて揃っている」ことは買取額を決める大切な点です。

例えば電子レンジを新しく購入した時、下記のものが付属品です。

電子レンジの付属品
  • 保証書
  • 取扱説明書
  • レシピ本
  • ターンテーブル
  • 電源コード
この中の1つでも紛失してしまうと、買い取りが不可になったり金額が下がったりします。

購入時の外箱があるとなお良いです。付属品の保管はおろそかになりがちですが、全ての付属品が揃っていることによって、金額にも差が出てきます。付属品は大切に保管して下さい。

大きな破損がなくしっかり起動する

製造年式が新しく、付属品がすべて揃った国内メーカーの製品でも、破損や損傷が多くあると、買い取りしてもらえないことが多いです。

大きな傷や起動しないものは修理費がかかるため買い手のマイナスになり利益が出ないので、取引を断られてしまう事がよくあります。

なるべくきれいな状態で保管しておくと後が楽です。

また、新品で未使用のままの製品がある場合は、その旨を買取業者に伝えると良いです。未使用のものはそれだけで買取価格が上がります。

家電の買取相場


次に各相場をご紹介します。

製品によって相場は異なり、業者によっても買取金額は違います。

お持ちのものを査定に出す際の参考にしてみて下さい。

これらの相場価格は、平均的な参考値です。品物の状態や買取してもらう時期によっても異なりますので、ご了承ください。

冷蔵庫

冷蔵庫は、大型のものや機能性の高いものが高額で買い上げられる傾向にあります。主なサイズを種類別に3つご紹介します。

小型冷蔵庫
買い取り相場は、3千円~8千円です。

小型冷蔵庫は、買取してもらえない、もしくは相場が安いという考えもありますが、最高8千円かそれ以上の価格で買い取りしてもらえることもあります。

小型の冷蔵庫は単身者に人気で、引っ越しシーズンである3月~4月ごろになると買取額が上がりやすいです。ただし、量販店で購入できる比較的安価な冷蔵庫は買取額が低い場合が多いので、注意が必要です。

中型の冷蔵庫(ファミリーサイズ)
中型の冷蔵庫の相場は約1万~3万円です。この冷蔵庫は、一般的にファミリータイプの冷蔵庫で、最も需要が高いです。

平均買取金額が2万円と高額です。こちらも製造元によって大きく買取金額が変化します。

中型の冷蔵庫は個人での運搬が難しく、破損の原因にもなるため、引き取りをしてくれる業者に頼むと楽に作業が終わります。

大型の冷蔵庫(500ml以上)
大型の冷蔵庫の相場は約4万~7万円です。500ml以上の容量の冷蔵庫は、大型に分類され、買取額も高額です。

新品で購入時の価格が20万円以上の物ばかりなので、目安としては金額が10分の1かそれ以上です。

いくつかの業者に査定を依頼し、見積もりの高い業者に買取の依頼をしましょう。

テレビ

テレビの一般的なタイプは、現在2種類あります。

液晶テレビと有機ELテレビです。この2つの違いを見ていきます。

液晶テレビ
平均相場は2万円~10万円です。

液晶テレビは、HDと4K対応になっており、最も需要の高いタイプです。相場に大きく幅があるのは、製造元によって価格変動の影響が大きいからです。

例えば、ソニーブラビアの人気モデル液晶テレビは10万円が相場なのに対し、海外産のLGエレクトロニクスは人気モデルで7万円ほどです。

海外ブランドは費用を安く済ませたい方には大変人気のあるブランドですが、購入金額がそもそも安いので、買取額も国内メーカーに比べると安くなります。

有機ELテレビ
相場はおよそ2万円~8万円

有機ELテレビは4Kのみの対応となるため、液晶テレビに比べると相場は大きく下がります。

購入時の価格は有機ELテレビのほうが高い傾向にありますが、寿命が短いのがデメリットのため、業者のほとんどは液晶テレビを優先的に買い取ります。

洗濯機

洗濯機の買取相場はドラム式か縦型によって変わります。

ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機の買取相場はおよそ千円~3万円です。

近年人気がでているタイプで、縦型洗濯機よりも高値で買取してもらえることが多いです。

また、輸送用ボルトが付いているものは高額になります。輸送用ボルトとは、宙に浮いている状態のドラム式洗濯層が、移動中に壊れないために固定するもののことです。

洗濯機は大きく運びづらい為、移動中に破損して金額が下がることがあります。輸送用ボルトはなくさないように保管することを心がけてください。

縦型洗濯機
縦型洗濯機の相場は500円~1万円ほどです。そこに乾燥機能が付いているものは3千円ほど金額が高くなります。

種類別の買取相場

種類別の相場
小型冷蔵庫3千円~8千円
中型冷蔵庫1万~3万円
大型冷蔵庫4万~7万円
液晶テレビ2万円~10万円
有機ELテレビ2万円~8万円
ドラム式洗濯機千円~3万円
縦型洗濯機500円~1万円

縦型洗濯機は単身者に人気の洗濯機ですが、ドラム式洗濯機と比べると買取額が低い傾向にあります。

買い取りできなかったものを捨てる方法はいくつかあります。ただしほとんどの物は自治体で回収できません。

買取できなかった時の処分方法
  • 購入元の店舗に引き取ってもらう
  • ボランティア団体に寄付する
  • 不用品回収業者に寄付する
以上が主な処分方法です。

買取ができなかった家電は不用品回収業者へ依頼!


お手持ちのものの買い取りを断られてしまった時におすすめの処分方法が、不用品回収業者に依頼することです。

ご紹介する不用品回収業者は販売業務を行っており、回収して欲しい不用品を買取してもらうことができます。

引っ越しなどでたくさんのものを一度に処理したい場合には、まとめて回収を依頼することによって費用をお得に抑えることが可能です。

最短で即日に対応可能で、土日や祝日も営業しています。買い取りしてもらえなかったら、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

業者は多く存在し、その中には法外な費用を請求する悪徳な会社もあります。次にご紹介するKADODEは、実際に利用された方から大変好評な会社です。ぜひご利用ください。

KADODE

KADODE

KADODEは大手運送会社の料金システムを導入し、不用品の数や量に合わせてぴったりのプランを選ぶことができます。

全国の幅広いエリアに対応し、24時間365日受付可能です。また、問い合わせや見積もり、出張費が無料なので安心して回収を依頼することができます。

販売業務も行っている会社のため、予想外の高価買取で回収してもらえる場合もあります。支払い方法は現金だけでなくクレジットカードにも対応しており便利です。

KADODE
主な対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、大阪府、兵庫県、愛知県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、大分県、福島県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
料金プラン最安プラン:SSパック5000円(税込)~、作業費、追加料金等が込みのプラン
見積り料金無料
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理など
営業時間24時間365日年中無休
公式HPhttps://kado-de.jp/
電話番号0120-966-926
KADODE おすすめポイント
  1. 豊富なプランから最適な回収をしてくれる
  2. 国内販売や輸出販売も行っているため買取額が高い
  3. 24時間365日受付

評判・口コミ

みんなの口コミ
急な故障で、すぐに来てほしいと依頼したのですがなんと即日に来ていただけて迅速な対応に驚きました。料金設定も手ごろでよかったです。また何かあれば利用したいと思います。
みんなの口コミ
マンションの上階に住んでいます。ひとり暮らしの上に上京してきて頼れるひとがなかなかいなかったので、こちらの会社に依頼しました。狭い部屋からでもスムーズに運び出しを行っていただき助かりました。

 

相場を知って家電を買取してもらおう


いかがでしたか?

買取相場を知ることによって、買い手との交渉がスムーズになり、損をすることを避けられます。

この記事を参考にして、是非お手持ちの品が買取してもらえるのか、ぜひ確認してみて下さい。