遺品整理の時期について徹底解説

本棚を正しく回収してもらおう!おすすめ回収業者もご紹介します

本棚を回収してもらいたいけれど、どうすればいいのかわからない

本棚を回収してもらうには大きく分けて買い取ってもらう」「自力で処分をする」「回収業者に依頼する3つの方法があり、それぞれのメリットやデメリットも様々で、困っている方も多くいらっしゃいます。

この記事では、回収してもらうという観点から良い点と悪い点を詳しく解説し、自分にとって最もお得に回収をしてもらう方法が見つかるようにご紹介します

本棚を買取で回収してもらう方法


この方法は、以下の方たち向けです。
・少しでもお金にかえたい
・費用をかけたくない

本棚の状態やブランド価値のあるものは、買取先によって有料で買い取ってもらえる可能性があります。買取に向いているものは、需要があるもの(ブランド力)状態が良いものといったものです。

本棚を買取で回収してもらうことのメリットは費用がかからずに臨時収入を獲得できることが挙げられます。逆にデメリットとして、なんでも売れるというわけではないということ、いつ売れるか分からないことがあげられます。

本棚をリサイクルショップや買い取り業者に回収してもらう

次にご紹介するのは、近隣のリサイクルショップ、買い取り業者に査定してもらい、買い取ってもらう方法です。

査定の対象かどうかはお店によって様々ですので、複数の店舗に問い合わせをしてみることをオススメします。ただし、前述の通り買い取ってもらえるかどうかは査定次第です。

査定対象であった場合、出張査定ができるかどうかも調べておきましょう。店舗によっては、持ち込み査定のみの場合があります。そうなると自力で運び出す必要がでてきます。

査定後に金額が提示されますので、納得できれば売却できます。本棚の中には高額で買い取ってもらえるブランドがあります。

有名なブランドのものは通常よりも高額で買い取ってもらえる可能性がありますので、普段から綺麗に扱う事をおすすめいたします。

高額買取が期待できるブランド
  • HINOKI CRAFT
  • Rustic
  • 生松工芸

本棚をネットオークション・フリーマーケットアプリに出品して回収してもらう

自分でネットオークションやフリマに出して買い取り先を探す方法です。

これは、いつ買い取ってもらえるか分からないこと、配送のための梱包などを自分ですることがデメリットで、かなりの手間がかかってしまいます。

本棚は非常に大きく配送に料金がかるため、買取に向いている状態であっても作業自体は簡単ではありません。

しかし売値を自分で決めることができるため、一度取引先が決まれば納得のいく金額で売買が成立します。

ウェブサイトやアプリケーションに登録するだけで誰でも始められるという手軽さも魅力です。

取引をする際のやりとりは個人間で行うことになります。

配送料を考慮して販売額を決定することや、品物の状態を誤りなく説明するように心がけることが大切です。

おすすめのサイトは以下の3つです。

本棚を自治体や店舗等に回収してもらう方法


この方法は、
・費用をなるべくかけたくない
・屋外へ自力で持ち出せる
という人におすすめです。

メリットは費用を抑えて処分できる点が挙げられ、デメリットは多少の手間がかかりますので日頃なかなか時間が取れない方は難しいことです。

本棚を分解して可燃ごみ、不燃ごみとして回収

本棚が木材でできており、解体のための工具や技術がある人は、指定袋のサイズに解体して可燃ごみとして出せば、費用はかかりません。

基本的に自治体では長さ30cm程度、太さ部分の直径10cm程度、6~8cm角程度まで分解することで可燃ごみになります。

安く抑えることができるのはメリットですが、解体に時間がかかること、最後まで解体できないリスクがあること、金属製のものは可燃ごみとして出せないというデメリットもあります。

各自治体に粗大ごみとしてに本棚を回収してもらう

解体はできないが安く捨てたい、自力で搬出が可能である人は自治体に依頼する方法がおすすめです。

自治体の処分方法
  • 持ち込み処分
  • 戸別回収

(1)持ち込み処分

持ち込み処分は、各自治体の「指定収集場」へ自己搬入する方法で、無料または格安の料金で引き取ってもらうことができます。

くわしい料金や場所、システムは自治体ごとに違うため、それぞれの自治体ホームページを確認してください

格安で処分ができる上、持ち込んだその日に手放すことができますが、運び出しや事前準備として予約する必要があります。

受付時間も平日だけでなく土曜日に対応可能な処理場があるため、時間の融通がききます。

(2)戸別回収

自宅近くの「指定収集場所」または玄関前など、自治体の定める場所に粗大ごみをだしておく方法です。

搬出が自宅の付近であるため自己搬入よりも楽ですが、事前準備で粗大ごみ券の購入や予約が必要などの手間がかかります。

粗大ごみ処理券の費用は自治体によって異なります。

市役所をはじめとする行政機関へ事前に確認し、券をコンビニ等で購入してよく見えるところに貼り付けておきましょう。

家具販売店で本棚を回収

大型家具量販店で家具を購入することで、引き取りサービスを利用できるケースがあります。(ニトリやナフコなど)

購入した家具と同じ点数、同じ容量のものであれば引き取り可能なことが多いです。

購入品は同じものである必要はないため「ベッドを購入して本棚を引き取ってもらう」こともできます。

引き取り料金は、1配送につき2000円~5000円が相場になります。
詳しくは購入する家具量販店にお問い合わせください。

最大2,000円程で下取りしてもらえることもあります。

量販店以外にも、大塚家具などの大手家具販売店も合わせて問い合わせてみましょう。

本棚をボランティア団体に寄付して回収してもらう

NPO法人、支援団体などのボランティア団体に寄付することも可能です。

メリットは、無料で回収してもらえる上に困っている人の役に立てることができる点が挙げられます。

ただし、すぐ近くにボランティア団体がある場合は良いですが、地方などで配送する必要がある場合は、搬出の手間や配送コストがかかります。

大型の場合、配送料が数千円掛かる事が多く、費用が高くなってしまう傾向です。

不用品回収業者に本棚を回収してもらう


こんな時は不要品回収業者に頼もう
  • 本棚の処分を買取ではできなかった
  • できるだけ早く回収してもらいたい
  • 手間を一切かけずに楽に捨てたい

部屋の中からの搬出作業をすべて任せることができ、回収日も即日から希望日時まで都合を合わせることができ、作業時間も本棚のみなら30分ほどで完了します。

中には、買取までしている業者もあります。

ただし、たくさんの会社があるため、中には悪質な業者も多く存在します。
「無料で回収します」とあおっている会社は特に注意が必要です。
実際には無料ではなく、高額な請求をされるというケースがあります。

不法投棄をするケースも少なくありません。

不用品回収業者が多すぎて選びにくいと思いますので、各業者が公式サイトで載せている情報、評判、価格、サービスの豊富さなどをまとめ、おすすめをランキングにしました。

ぜひ依頼する際の参考にしてください!

第1位 KADODE

KADODE

特徴

KADODEは日本全国にサービスを提供しています。
特徴は、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、高価買取業務もおこなっていることです。

価格はホームページに掲載されており、税込表示で記載、諸経費が全て入っているパックプラン、価格も業界水準に照らし合わせるとかなりのお手頃価格です。

お客様対応も充実しており、24時間365日(年中無休)対応可能即日OK、最短1時間で現地まで出張します

出張費0円、見積もり0円で、気軽に見積もり依頼ができます。

KADODE
主なエリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、大分県、福島県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
最安値プランSSパック5000円(税込)~、作業費、追加料金等が込みプラン
見積り料金無料
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、引っ越しに伴うゴミ処理など
営業時間24時間365日年中無休
電話番号0120-966-926
住所東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル6階
即日対応可能
買取サービスあり
軽トラック積み放題あり
公式サイトhttps://kado-de.jp/

評判・口コミ

みんなの口コミ
引越しをする際にいらなくなった本棚を処分したいと思い探していたところ、こちらの会社を見つけました。
分解をするのも難しく困っていましたが、とてもスムーズに作業をしてくださり、本当に助かりました。見積もりが無料でできたので、手軽に問い合わせができたこともよかったです。
みんなの口コミ
新しく本棚を買いたかったので古いものの処分に困っていました。口コミを見て高評価だった為、KADODEに依頼をしました。買取してもらえるものがいくつかあったので思っていたよりも費用が安く済んで嬉しかったです。作業に来てくれた方はとても好印象でした。
KADODEのおすすめポイント
基本料金・出張費・車両費込みのお得な定額パックプランが6つあり、荷物の量に合わせて幅広く選ぶことができる。ゴミ袋満タン一個分のまごごろパックを、6つのパックプランに1000円で追加することもできる。
訪問見積り無料。
国内・輸出販売の事業も行っているので、買取金額がとても高かったとの声も寄せられている。

第2位 ECOクリーン

特徴

日本全国に拠点場所を持っており、スピーディーな作業が特徴の会社です。

2019年に行われたインターネット調査(提供元:ゼネラルリサーチ)によると、スピード対応、顧客満足度、価格満足で1位を獲得しています。

また年中無休で営業しているので、平日忙しい人も土日に依頼をすることができます。

ECOクリーンのおすすめポイント
  • 現地見積り無料
  • 出張費・基本料金が無料
  • 拠点場所が1000ヵ所以上あるので最短30分で現場に駆けつけてくれる

 

ECOクリーン
対応エリア日本全国
最安値プランHPに回収品目別の料金表あり(TV3500円~など)
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、引っ越しに伴うゴミ回収、法人向けサービス
営業時間24時間365日
電話番号050-3186-4780
住所千葉県松戸市新松戸2-121
即日対応可能
買取サービスあり
軽トラック積み放題なし
公式サイトhttps://ecoclean-fuyohin.com/

評判・口コミ

みんなの口コミ
土日休みの会社員です。本棚を買い替えたかったのですが平日に時間がとれないので、古いものを捨てられずに困っていました。土日に対応をしていただけて、本当に助かりました!
みんなの口コミ
知り合いからの紹介でこちらに依頼しました。作業員さんが終始笑顔でとても好印象でした。
料金についての説明も明確で、最終的な金額も事前の見積もり通りでした。

第3位 エコピット

特徴

エコピットは、不用品・粗大ゴミ回収を主に、遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、ハウスクリーニング、引っ越しに伴う家の整理と、幅広い事業を提供している会社です。

東京都を含めた関東エリアの一都三県を中心に活動しています。

年中無休で急な依頼にもすぐにかけつけてくれます。

エコピットのおすすめポイント
  • 基本料金、お得な出張費込みのパックプランが4つあり荷物の量に応じて選べる
  • 当日予約ができて、即日で対応してくれる
  • 最短で、その日の内に回収してくれる
エコピット
対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
最安値プランお任せパック/SSパック 1万2000円(税抜き)~
主なサービス内容不用品・粗大ゴミ回収、不用品買取、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、引っ越しに伴うゴミ回収、ハウスクリーニング
営業時間24時間年中無休
電話番号0120-900-413
住所東京都渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉ビル 4階B
即日対応可能
買取サービスあり
軽トラック積み放題あり
公式サイトhttps://www.ecopit-huyouhin.com/

評判・口コミ

みんなの口コミ
事前に口コミをチェックした時に低評価の口コミがあったので少し不安でした。しかし実際にはとても親切に作業をしてくださり、満足です。料金についての説明も明確で、あとから追加料金を請求されることもなかったです。自宅に来てくれた方も好印象で、安心して任せることができました。
みんなの口コミ
料金が他の業者より良心的でした。
また、電話の応答もとても親切で感じがよく、素早く作業していただき大変ありがたかったです。当日予約だったのですが、その日のうちに来てくださり助かりました。

本棚を回収してもらう方法まとめ


いかがでしたか?
自分に合った方法は見つかったでしょうか。

たくさんある方法のなかでスケジュールや支払える金額の上限に合わせて、ご自身に見合ったものを選ぶことができたら幸いです!

色々な方法を試して少しでもお得にお手持ちの本棚を回収してもらいましょう。
ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

本棚の処分方法9選!処分方法別のメリット・デメリットも解説してご紹介 本棚をお得に買い取ってもらうコツを紹介! 本棚の引き取り/処分方法4選本棚の引き取り/処分方法4選|難易度別で処分の仕方を解説!業者を使うメリット・デメリット 本棚の捨て方、処分方法5選|おすすめの業者や回収費用を徹底解説!