遺品整理の時期について徹底解説

引越しで出る不用品の捨て方7選|それぞれ不用品の種類に応じた処分方法を提案!

不用品の捨て方を教えてくれない?

とっても簡単だから、一緒に捨て方を見ていこう!

引っ越しの際や、大掃除などで要らなくなって捨てたくなるものが出てくると思います。そういった不用品をどう処分したらいいか分からないと、困りますよね?

とくに、使わなくなった掃除機や、テレビなどの家電。机やタンスなどの家具は、通常のゴミのように捨てることは出来ません…。

生活しているうえで、不用品の捨て方を覚えることは必要なことです。捨て方が分からないからと言っていつまでも家の中に残していたら、家がものだらけになり生活しずらくなります。最悪近所から「ゴミ屋敷」呼ばわりされてしまうかもしれません。

今回は、そんな不用品の捨て方について解説していきたいと思います。

→KADODE公式サイトはこちら

引越しや大掃除で出る不用品とはどんなもの?

引越しや大掃除で出る不用品とはどんなもの?

とくに大きなものが出てくるのは、やはり引っ越しや大掃除の時ですよね。

どういったものが出てくるのか主なものをいくつか紹介していきたいと思います。

日用家電

日用家電として、あげられるものは電子レンジや冷蔵庫、パソコンやテレビなんかです。

じつは、同じ家電でも捨て方がそれぞれ違います。

電子レンジや、掃除機などの小型の家電は自治体で回収している「粗大ゴミ」に出すことができるものです。住んでいる地域によって違いますが、大抵の地域は小型の家電でしたら回収してもらえます。

しかし、冷蔵庫やテレビは自治体で回収してもらうことができません。これらの家電はリサイクルして資源として有効利用することが法律で決められているので、自治体の回収対象から外されているものです。他にも、エアコンや洗濯機、乾燥機など様々ありますので、捨てたいものが回収してもらえるか確認しましょう。

これらの、自治体で回収してもらえることのできないものは、自分でリサイクルセンターに持ち込んだり、民間の回収業者に依頼して引き取ってもらうことで処分することができます。

他にも、デスクトップ型のパソコンも、自治体で回収してもらうことは出来ません。反対に、ノートパソコンやスマホ、タブレットなどの小型家電は自治体で提供されているリサイクルボックスなどのサービスを利用して捨てることができます。

オフィス家具

事業場などでは、いわゆるオフィス家具を処分することがあると思います。使わなくなったデスクやテーブル、ロッカーやキャビネットなど、大きなものがたくさんあります。

じつは、これらのオフィス家具は自治体に回収してもらうことは出来ません。事業所で出てくる廃棄物ですので、これらは産業廃棄物の扱いになります。

自治体が主に回収してくれるものは、一般廃棄物です。家庭で出てくるゴミを回収することが目的ですので、事業所のゴミは引き取ってもらえません。木製の椅子や机程度でしたら処分してくれる自治体もありますがほとんどの自治体は産業廃棄物を扱ってはいません。

産業廃棄物を処分したい場合、「産業廃棄物収集運搬許可証」をもった民間企業の回収業者に依頼することで処分できます。

大型家具

ベッドやタンス、本棚などの大きな家具は回収業者を利用するか自分で処分場に持っていくことで捨てることができます。

しかし、解体して小さくすることで、大きなものでも燃えるゴミとして出すことができます。

本棚やタンスなどの木製でできているものは、のこぎりなどを使うことで、小さくすることができます。住んでいる地域によって規定は違いますが、長さ1メートルほどの木片にしてまとめてしまえば、回収してもらえます。

ベッドなどの木材や金属が混ざっているものは、解体した木材はまとめて燃えるゴミへ。金属は危険物の日に出すことで処分することができます。

その他処分が難しい物

自治体や回収業者が回収することのできないものもあります。

  • 生ゴミ
  • 食品類
  • 液体類
  • 生木
  • 消火器

生ゴミや食品類は回収してもらうことは出来ません。ですがこれらは、通常の燃えるゴミに出せば処分することができますので、問題ありません。

液体類はなるべく使用することが望ましいです。しかし、灯油やガソリンなどが余ってしまうことがあると思います。その場合は、ガソリンスタンドに持ち込むことで処分することができます。無料で回収してくれますので、灯油やガソリンを処分する時はガソリンスタンドに持ち込みましょう。

生木や土は専門の業者に依頼しなくてはいけません。庭の整理などで植えている木を処分する場合は木を扱っている業者に依頼しましょう。

消火器はリサイクルをすることが決められています。指定されている場所へ持ち込む必要があるので、消火器を処分したい場合は、近くで回収してくれるお店や施設を探して処分してもらいましょう。

回収費用は消火器を購入した際に既に払われていますので、支払いはありません。ただし、消火器の年数によっては手数料を支払う場合があります。

引越しや大掃除で出る不用品の捨て方7選!

引越しや大掃除で出る不用品の捨て方7選!

不用品の処分方法について紹介していきたいと思います。

いくつかの方法があるので、自分に合った処分法を見つけましょう!

粗大ゴミとして出す

自治体のサービスを利用して処分する方法です。タンスや冷蔵庫などの大きなものは捨てることは出来ませんが、掃除機や自転車などは回収してもらうことができます。

住んでいる自治体のホームページをでゴミの出し方について案内されているので、捨てられるものと、捨てられないものを確認しておきましょう。

物によっては手数料を払う必要がありますが、高いものではありません。処分費用はそれほど掛からないでしょう。

近くのゴミ処理場に持ち込む

清掃センターやリサイクルセンターなどのゴミ処理場に持ち込むことによって処分することもできます。

リサイクルセンターに持っていくことで、冷蔵庫やテレビなどのリサイクル対象の物を処分することができます。他の物も処分できるので、リサイクル対象の物を処分したい時はリサイクルセンターに持っていくといいでしょう。

自分で持ち込むので、費用もそれほどかかりません。しかし、車と人手を用意する必要があるので、準備に時間がかかる場合があります。

オークションサイトや販売サイトで売る

状態が良いもので、まだまだ使えるものでしたら、オークションやフリーマーケットに出品するとお金にすることができます。

不要になって処分を考えている物でしたら、お金にしてしまった方がオトクです。オークションサイトでしたら、価格は自分で設定することができるので、自分が売りたい値段で売ることができます。

ただし、買い手が付くまでに時間がかかるので、早く処分したい場合は向いていません。売値や状態にもよりますが、時間に余裕がある場合利用するといいでしょう。

傷や汚れは落とせるようでしたら、出来るだけ落としてしまいましょう。状態の良いものの方が高く早く売ることができます。

消えない汚れや傷は出品する時に分かるようにしましょう。買い取ってもらった後に発覚すると相手とのトラブルになりかねません。

オークションやフリマを利用する時は傷や汚れに気を付けて出品しましょう。

知人や友人にあげる

処分したいものの中で、知り合いが欲しがりそうなものがあったら、譲ることも処分方法の一つです。

通常、粗大ゴミを処分するにはお金がかかるものです。しかし、知人に譲ってしまえばお金がかかることはありません。むしろ、喜んで受け取ってもらったら気分がよくなります。

リサイクルショップに持ち込んでお金に換えることもいいですが、他人に快く受け取ってもらうことで喜んでもらう方が、有意義な処分法かもしれません。

他人に譲るので、なるべく綺麗な状態にしておきましょう。使い古されたものでも、やはり綺麗なものの方が喜んでもらえます。あまり汚いと受け取る側も気を使いますので、綺麗にしておくといいでしょう。

他人に譲る時は少し気を使いましょう。

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込むことで処分費用をかけずにお金に換えることができます。

使えるものをお金をかけて処分するのは勿体ないことです。リサイクルショップに持ち込むことで、お金をもらって処分することができるのでとってもオトクです。

ただし、期待通りの金額で売れることはほとんどありませんので、換金したお金を何かの当てにするようなことはやめていた方がいいです。

ブランド物のような高価なものはそこそこの値段で売れますが、それ以外の物は数百円から千円程度でしか買い取ってもらえません。

リサイクルショップに持ち込む必要があるので、大きなものを売りたい場合は軽トラックなどを用意する必要があります。

団体に寄付・寄贈する

古くなって汚れも目立ち、売れそうにないものでも、寄付することで役立たせることができます。発展途上国は日本に比べて、貧困な生活をしている家庭が多いです。

日本で使われなくなったものでも、アフリカなどの家庭にとっては、喉から手が出るほど欲しいものです。

使えないからと言って捨ててしまうよりも、貧しい人たちに使ってもらう方がエコでもあり、人助けにもなります。社会貢献につながりますので、是非利用してみてください。

寄付できるものは、衣類やおもちゃ、食品類や雑貨などの日用品です。日本では当たり前にあるものでも発展途上国では手に入れることが難しいものです。

反対に、寄付できないものは、家電です。家電の方が寄付した方がいいのではないかと思うかもしれませんが、海外では使用されている電圧が日本とは違います。寄付したところで使えるものではないので、寄付を受け付けていません。

不用品回収業者に依頼する

早く、ラクに不用品を処分したい方は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。

不用品回収業者は多くの業者が24時間対応で、即日対応もしてくれますので「今すぐ処分したい!」と思ったときに便利です。

昼間に時間が無くて夜や仕事の合間などに利用したい忙しい方でもパパっと回収してくれますので、忙しい現代人にとっての強い味方です。

お金はかかりますが、その分作業は業者の方がやってくれます。手馴れているので、手早く作業をしてくれますし、危険な作業もすることはありません。

大きなものや大量にゴミがあって自分で運び出すのが大変な場合や、女性や高齢者などの肉体労働が不慣れな方は不用品回収業者を利用をおすすめします。

不用品回収業者を利用する場合注意が必要なことがあります。不用品回収業者の中には不法投棄をしていたり、法外な金額を請求するような悪徳業者が多くいます。

依頼する業者のリサーチをしていないと悪徳業者に捕まってしまうことがありますので、きちんと注意して依頼しましょう。

おすすめの不用品回収業者「KADODE」

KADODE

先ほど、不用品拐取業者の中には悪徳業者が多いと伝えました。

ここからは安心して了することができる不用品回収業者として、KADODEを紹介していきたいと思います。

KADODEの基本情報

まずは紹介するのはKADODEの対応エリアです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 東海(静岡・愛知)
  • 関西(大阪・兵庫・奈良・神戸)
  • 中国(岡山・広島・山口)
  • 九州(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島)

不用品回収業者は関東を中心に活動しているイメージがありますが、KADODEは地方に住んでいる方でも利用することができます。

24時間対応可能で、即日対応もできます。「今すぐ処分してほしい!」とお考えの方は以下の電話番号に電話するか、お問い合わせフォームから申し込みをしましょう!

TEL 0120-966-926 お問い合わせ

KADODEの口コミ

お客様の声1

引っ越しの準備で要らなくなったものがたくさん出てきました。その時に利用したのがKADODEさんです!私の家はマンションの最上階にあるので、自分で処分することは難しいと思いました。しかし、KADODEさんにお願いしたら、あっという間に片づけてくれました。丁寧に作業していただけたので安心して任せることができました。ありがとうございます!非常に助かりました。

お客様の声1

模様替えをしたくて今ある家具の処分を依頼させていただきました。私は女性なので、自分の力で捨てに行くことは少し難しいです。捨て方も分からないので非常に助かりました!男性の方に部屋に上がられるのは抵抗があったのですが、女性のスタッフさんを手配していただけたので、うれしく思います。次に利用する機会があったらまたお願いしたいです!

KADODEの料金プラン

KADODEにある料金プランは次の通りです。

  • SSパック(かご車1台分)10000円
  • Sパック(軽トラ1台分)15000円
  • Mパック(1K・1R分)30000円
  • Lパック(1DK・1LDK分)50000円
  • LLパック(2K・2DK分)100000円
  • 3L以上(遺品整理・汚部屋)要相談

さらに、web限定のweb割キャンペーンを利用することで、SSパックが10000円が5000円に、Sパックが15000円が10000円に、Mパックが30000円が20000円に割引されます!

追加パックの「まごころプラン」を利用することでプランを超過しても適した料金にすることができます!

KADODEがおすすめの理由

悪徳業者が多くある不用品回収業者ですが、KADODEには多くの実績がありたくさんのリピーターがいるので安心して利用することができます。

24時間対応で、即日対応もしてくれますので、忙しい方でも気軽に利用することができます。昼間仕事で時間がない場合自分で捨てに行くこともなかなか難しいものです。KADODEに依頼すれば、早朝や深夜などの仕事の合間に利用することができるので、忙しい現代人にとって強い味方です。

安心して手早く処分してしまいたい方は、KADODEに依頼するといいでしょう!

不用品の捨て方に関する記事

一言に不用品と言っても、物によって捨て方や事情は様々です。それぞれ「捨てたい物」ごとにまとめている記事がありますので、紹介していきたいと思います。

自転車の捨て方

通勤通学や近場の移動の際に便利な自転車。

ガソリン代や乗車代などが発生しないため、お財布に優しい移動手段です。しかし、いざ乗車しなくなると場所を取るため、置場や処分方法に困っている人も居るのではないでしょうか。

下の記事ではそんな自転車の捨て方について紹介しています!

自転車の引き取り/処分方法8選|防犯登録の変更や処分法を難易度別にわかりやすく解説!

畳の捨て方

畳の処分について考えたことはありますか?

最近では和室よりも洋室の賃貸を選ぶ傾向が増えてきていますので、アパートやマンションの洋室化が増えてきています。洋室はフローリングですので、畳は当然要らなくなりますよね?

しかし、あの大きな畳はどうやって捨てたらいいのでしょうか?

下の記事はそんな畳の捨て方について紹介しています!

畳の処分/引き取り方法5選|琉球畳や特殊なものも簡単に処分できる!

電子レンジの捨て方

電子レンジを買い替えた時に面倒になるのが、今まで使っていた電子レンジの処分です。

しかし、ただのゴミとして処分してしまうのは勿体ない…自治体によっては処分方法が異なりますので、不燃ゴミとして処分できたり、粗大ゴミとして捨てたりと、処分方法が面倒なものです。

下の記事はそんな電子レンジの捨て方について紹介しています!

電子レンジを簡単に処分|ヤマダ電機・ケーズデンキでは無料引き取り!?5つの処分方法を紹介!

学習机の捨て方

子供がいなくなると使わなくなってしまう学習机。お部屋の中で埃をかぶっているのではないでしょうか。

思い出深くてなかなか捨てられずにいるのではないでしょうか。しかし、部屋のスペースを多く占領している学習机を処分してしまえば部屋がスッキリします。とはいっても学習机はどうやって処分したらいいのでしょうか?

下の記事ではそんな学習机の捨て方について紹介しています!

学習机の処分方法/引き取りをしてもらうには?|自分で処理する場合と業者に依頼するのはどっちがおすすめ?

本棚の捨て方

引っ越しや買い替えで処分に困るのが本棚です。最近では電子書籍の普及で本棚の需要が減ってきています。使わなくなった本棚の処分を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし本棚は大きなものです。どうやって処分したらいいのでしょうか?

下の記事ではそんな本棚の捨て方について紹介しています!

本棚の引き取り/処分方法4選本棚の引き取り/処分方法4選|難易度別で処分の仕方を解説!業者を使うメリット・デメリット

家電の捨て方

頻繁に買い替えをすることがないものほど、いざ捨てる時は困るものですよね?家電はその代表的なもの度と思います。

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は粗大ゴミの扱いになります。粗大ゴミは捨て方がものによって様々ですので、処分するのが非常に面倒です。

下の記事ではそんな家電の捨て方について紹介しています!

家電の引き取り/処分方法5選を徹底解説!回収業者の比較や相場もご紹介!

洗濯機の捨て方

ほとんどの家庭にある洗濯機ですが、長く利用していると新しいものに換えたかったりしますよね?そんな時に困るのが洗濯機の処分です。

大きくて重たい家電である洗濯機の処分方法を詳しく知っている方は少ないかと思います。

下の記事ではそんな洗濯機の捨て方について紹介しています!

洗濯機の処分方法/引き取り方法6選|それぞれ捨てる方法やおすすめの回収業者まとめ!

不用品の捨て方まとめ

不用品の捨て方について、いろいろ紹介してきました。処分方法は様々あって、物によっても捨て方は違います。

正しい処分方法が決まっていますので、面倒だと思わずしっかり処分しましょう!

大きなものですと滅多に捨てることはありませんが、誰もが一度は経験することです。その時に備えてしっかりと覚えていってください!

おすすめ不用品回収業者「KADODE」の口コミをチェック!

不用品回収業者KADODE〜個別評価と口コミで実際の評判をチェック〜