遺品整理の時期について徹底解説

引っ越し時に出たゴミの不用品回収はどこに依頼するべき?

引越し時に出るゴミ

いざ引っ越しをしようとなった時に、家具・家電や小物類などの様々な不用品を処分するのに、困っているもしくは悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

引っ越しの際の断捨離で、不用品はどうすればいいのだろうか。

処分したい不用品のジャンルによっては、捨てるというよりも売ったりするほうが、確実にお得になったりするということがあります。

ご自身にとって、どのような選択・方法が良いのをちゃんと考えて、お得な方法を選ぶのが良いでしょう。また、不用品によっては処分方法が違ってきますので、それぞれの決まったルールをちゃんと把握し、的確な処分方法の選択が必要です。

そして今回は、引っ越しの際に出てしまう不用品の処分方法やタイミング、注意点、おすすめの不用品回収業者などをご紹介いたします。

引っ越し時に出る不用品はどう処分すればいい?

引っ越し時に出る不用品はどう処分すればいい?

引っ越しの作業を依頼する業者のオプションで、不用品回収を一緒に行ってくれる場合がありますが、引っ越し業者は段ボール回収のみが一般的です。

引っ越し業者に不用品回収を頼めるのであれば、積極的に使おう!

引っ越し業者は段ボールの回収のみが一般的

先ほど前述した通り、引っ越し業者のメインは荷物を運搬することで、段ボールのみの回収が一般的です。

そこで、それぞれの大手引っ越し業者の不用品回収の有無をご紹介します。

サカイ引越センター
サカイ引越センターでは、引っ越しの際にでる不用品回収(買取)サービスを行っています。しかし、買取可能な不用品が決まっているので注意が必要です。
日本通運
日本通運では、買い取りというより処分の代行になります。また、基本的に有料なので引っ越しの際に、事前に見積もりの確認が必須です。
アート引越センター
アート引越センターでは、不用品回収などに関して完全に非対応です。
クロネコヤマト
クロネコヤマトには、家電・家具ともに買い取ってもらえるサービスがあります。不用品回収のみの依頼は受け付けていないので注意しましょう。

引っ越し業者の段ボールの回収費用

引っ越し業者は、引っ越し後に使わなくなった段ボールを無料で、回収してもらえるサービスを行っている業者もあります。しかしながら、引っ越し業者によっては回収の有無、料金の設定が違ってきますので、事前に確認しておきましょう。

アート引越センター
段ボールの引き取りサービスは、引っ越し後の3か月以内に1回に限り、使わなくなった段ボールを引き取ってもらえます。
サカイ引越センター
引っ越し後の段ボールの引き取りは、1回につき別途1,000円が必要になります。また、繁忙期での回収は行っていないので、タイミングによっては一切回収してもらえません。
日本通運
段ボールの回収には、見積もり時に予約が必須になります。1回目だと無料で回収してもらえますが、2回目からは有料です。
クロネコヤマト
単身引越サービスでは、3,000円の回収費がかかりますが、他の一部のサービスでは、無料で回収してもらえます。
アリさんマークの引越社
1回につき1,000円で回収をしてもらえます。何回お願いしたとしても、金額は一律1,000円です。
アーク引越センター
あらかじめ電話での予約をすれば、無料で回収してもらえます。一部では、対象にしていない地域もあるので、見積もりの際に確認が必要です。
ハート引越センター
1回のみ無料で回収してもらえますが、2回目以降の回収の際は有料になります。

上記のことから、引っ越し業者によって回収費用が変わってきますね。
また引っ越しの物件選びで、審査が通らないという人はアリバイ会社を利用するといいですよ。

引っ越し後の不用品の処分方法5つ

引っ越し後の不用品の処分方法5つ

引っ越しの時の不用品の処分としては、それぞれの不用品の大きさが様々で処分する方法も変わっていくので、いくつかの処分方法をご紹介します。

1つ1つの特徴やメリット、デメリットを知ることで適切に処分することができるでしょう。

引っ越し後の不用品の処分方法5つ
  1. 不用品回収業者に依頼する
  2. オークションサイトやフリマサイトで買い手を探す
  3. リサイクルショップで買い取ってもらう
  4. 自治体の回収制度を利用する
  5. 使ってくれる知人に譲る

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼をすれば、回収してほしい不用品の種類は問わず、家電リサイクル法などに該当する処分がめんどくさい不用品でも、なんでもかんでも回収してもらえます。

また、不用品の回収までに手間が圧倒的に少ないのが、大きな特徴といえるでしょう。

自治体やリサイクルショップなどでの処分では、自らが運ばないといけないことが多いが、不用品回収業者であれば、自宅まで来てくれてかつ運んでもらえます。

また、不用品回収業者は作業日を指定可能なので、自分の好きなタイミングで処分することができます。

一般的な手順としては、電話かインターネットを通して申し込みを、お見積もりの日程を決めるでしょう。指定した当日に、不用品回収業者が訪問をし、実際の不用品を確認したうえで見積もり結果を提示してきます。その価格に納得がいけば、搬出日を決めて当日作業を行うという流れになります。

オークションサイトやフリマサイトで買い手を探す

自分の力でオークションサイトやフリマアプリで商品を売り、買い手を探すということがとても一般的になりました。引っ越しの際にでる数多くの不用品を、オークションで売りたい方も多いでしょう。

しかし、オークションサイトやフリマアプリなどの利用には、何点か注意しなければいけないことがあります。

過度な期待
購入した時の値段と比べると、ほとんどの商品はだいぶ安くなっています。送料など梱包材などで、出品者の負担する費用が高くなっては大変です。不用品は売れたものの、自治体などに処分してもらった方がより安い、ということがないようにしましょう。
スケジュール管理
オークションの場合で、入札終了日から発送日までの日数を計算して、入札がない場合の処分の方法をあらかじめ検討しておくことが大切です。フリマアプリでは、売れるまでずっと残ってしまうので、終了日を決めておきましょう。
トラブル
不用品についていた少しの傷について申告されていないという理由などで、トラブルが発生しやすくお互い面倒なことになります。「目視できる傷や汚れはありませんが、美品にこだわる方のご入札はお控えください。」といったように、記載をあらかじめしておくことでトラブルを避けることが可能です。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップで不用品を買い取ってもらえれば、ただ捨ててしまうだけの不用品がお金に変えることができます。

また、不用品を買い取ってもらう店舗に持ち込む際は、拭き取れるぐらいの汚れなどは落としておきましょう。きれいにしたからといって、査定が変わり高値での買取価格になるということが限りなく少ないのですが、不用品が商品として魏の次使用者の手に渡るものなので、気持ちの良い取引をするよう心がけましょう。

買い取りを依頼する時には、あらかじめ不用品を伝えておいて、買い取りができない場合には引き取ってもらえるのかなどを確認しておくとスムーズです。

リサイクルショップのメリットは、すぐに現金で受け取ることが可能な点で、デメリットとしては、査定額が低めに設定されていて買い取りができない不用品も多々あることです。

自治体の回収制度を利用する

不用品の回収のルールは、各地の自治体によって様々になります。また、料金もそうですが回収できる不用品も各地で変わっていきます。

場合によっては、引っ越した先で捨てたほうが安くなるというケースもあるでしょう。

自治体での一般的であろう基準をご紹介します。

粗大ゴミ

・1番長い部分が30㎝を超える大型のゴミ

・プラスチック、木、金属でできているもの

例を挙げると、タンス・ガスコンロは粗大ゴミなのですが、小さい炊飯器・ドライヤーなどは不燃ゴミとしての扱いです。

申し込み不可な不用品とサイズ

テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコンなどというのは、リサイクル対象なので自治体が回収することは不可能になります。そのほかにも、タイヤや石油、ピアノ、消火器、ガスボンベ類というものも一般的には引き取れません。これらは、不用品回収業者の「KADODE」などに依頼するか、自治体に相談し処分先を紹介してもらいましょう。

処分費を安くする方法

インターネットを通して、自治体や粗大ゴミの受付センターなどに申し込みをして、決められている日に粗大ゴミを直接持っていくことで、処分にかかってしまう手数料などが免除あるいは減額されるという場合が少なくはありません。

粗大ゴミをとても安く処分することが可能なので、大きい荷物を運べたり時間にも余裕のある場合は、検討してみる価値はとてもあります。

注意すること

上記で説明した、自治体での粗大ゴミの回収サービスは計画通りに進みづらいです。自治体に粗大ゴミの回収サービスを依頼できた場合に、都内での多くは受付した時に回収する日程がアナウンスされます。ということは、引っ越しをする日程にちょうど合わせることができないということです。なので、日程は必ず余裕をもって、自治体の回収日に合う形で申し込みましょう。

使ってくれる知人に譲る

家具・家電などは、知人の中で欲しい人がいる場合があるかもしれません。SNSなど使って、引っ越しするために不用品を譲りたいと発信すれば、いくつか反応が返ってくるでしょう。良いタイミングがあえば、知人が引き取ってくれる場合があります。

しかしながら、大きい不用品の場合は知人の自宅まで運送するのにだいぶ重い作業になります。場合によっては、送料がかかりますね。

メリットとしては、無料で不用品の処分が可能ということですが、引き取り先が見つからない可能性もありますので注意が必要です。

不用品を捨てるタイミングは引っ越し前?引っ越し後?

不用品を捨てるタイミングは引っ越し前?引っ越し後?

不用品を処分するのに、タイミングはいつがいいのだろうか。

上記のように、不用品の捨てるタイミングで悩む方は多いと思います。ですが、結論は早いに越したことはありません。

結構ありがちなのが、使わないというふうになっても持ち続けている人は、かなり多いです。

不用品を早急に処分した方が良い理由

・不用品を溜めてしまうほど、処分しづらくなるという悪循環に陥る。
・時間が経ってしまうほど、処分する不用品の価値が下がっていく。
・ただ単に引っ越しする家に持っていくと、それだけでお金がかかってしまう。

不用品を処分するときの注意点

注意点

引っ越しの際に不用品を処分する場合は、決められたルールをちゃんと守ることが大切です。そのため各地の自治体の定められているルールを把握しときましょう。

処分方法はきちんと守る

各地の自治体などは、各々処分の方法に関して細かなルールを定めています。例えば粗大ゴミを捨てるにしても自治体によっていくつかのルールがあります。

決められた回収日が設けられている場合だったり、事前に予約しなければ回収されないということもあるようです。

お住いの地域でのルールをちゃんと把握し、指定されている期日や方法で処分しましょう。

個人情報は削除しておく

生年月日や氏名や住所など個人が特定されてしまうような情報、メールアドレス・パスワードなどが記載されている書類や封筒を目に見えるような形で捨てていたり、引っ越し業者などに処分するものと一緒に引き渡したりしてしまった場合、どこかから個人情報が漏れてしまって思わぬ迷惑な行為や嫌がらせを受けることになってしまいかねます。

また、場合によって犯罪などに大きなことに巻き込まれる可能性も考えられます。

シュレッダーをかけたりなどして自己防衛策を講じ、魔の手からの個人情報の流出を守りましょう。

おすすめの不用品回収業者「KADODE」

KADODE

KADODE
対応エリア 日本全国の広い地域
最安値プラン SSパック 5,000円
対応可能業務 不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど
営業時間 24時間365日
ホームページ https://kado-de.jp
電話番号 0120-966-926
選ばれるポイント
・業界最安値
・何でも回収可能
・丸ごとお任せもできる
・安心で清潔かつ丁寧な作業

おすすめの不用品回収業者「KADODE」をご紹介します。

KADODEは、出張費無料・お見積もり無料・24時間365日作業という便利なシステムがあります。また、年間で40,000件の実績もあり、最短1時間で自宅まで来てもらうことが可能です。

上記のような魅力があったり、不用品の回収費が安く、不用品の買い取りが高いというメリットもあります。また、顧客満足度が97.5%(公式)でとても高く、安心して利用することができます。

さらに、様々な種類の不用品を処分してもらえるので、処分方法を探す手間が省け、楽に不用品を処分することが可能です。

【まとめ】引っ越しの際に出る不用品は業者に依頼しよう!

不用品の処分は、引っ越すうえで避けては通れない道になりますが、工夫によっては他よりも安く済ますことが可能で、手っ取り早く終わらせることができます。

1番の大きなコツとしては、手持ちの予算や時間などを相談しながらベストな手段を選択することです。不用品回収業者の「KADODE」では、無料で見積もりができますので、参考にするのにもってこいの方法になるでしょう。

気持ちよく新生活を始めるために、不用品はなるべく早めに処分しましょう。

\引越し時に出た粗大ゴミを処分してもらえるおすすめの業者は「KADODE」/

不用品回収業者KADODEの評判・口コミをご紹介|リアルな口コミ投稿付き