遺品整理の時期について徹底解説

違法な不用品回収業者の特徴とは?必要な許可やトラブル事例をご紹介!

何も考えずに不用品回収業者に依頼しようとしていませんか?

不用品回収は、無許可ではできません。

営業するには、法律に則って許可を得た業者のみが回収をできます。

この許可を得ていない業者は、違法となります。

この記事では、違法な不用品回収業者の見分け方や特徴、取得するべき許可などをわかりやすくご紹介します。

違法な業者に依頼することで、トラブルに巻き込まれることもありますので、注意しましょう。

不用品回収業務は無許可ではできない

不用品回収業務は無許可ではできない

不用品回収業務は、無許可ではできないことを知っていましたか?

金銭が発生する場合は、きちんと許可を取る必要があります。

残念なことに、不用品回収を行っている業者の中には、許可を取らないで営業をしているところもあります。

そのような業者は、許可を得ていないので依頼すること自体が危険で、リスクにつながります。

許可を得ていない違法業者に依頼しないために、次に必要な許可の種類や不用品回収に関する法律を解説いたします。

不用品回収に関する法律一覧

不用品回収に関する法律一覧

不用品回収に関する法律をここでご紹介いたします。

サービスによって、どこまでの許可が必要なのかをご紹介いたします。

それではみていきましょう。

特定商取引法

訪問販売などに関して、クーリングオフを始め消費者のために業者が守らなければいけない法律のことを特定商取引法と言います。

内容

・氏名を明示することの義務化

・不当な勧誘行為の禁止

・企業広告の規制

・書面を交付する義務

当然業者は、法律の内容を守って営業をしなければいけません。違反している業者は法律違反になります。

この特定商取引法は、不用品回収にも適応されますので、要チェックです。

家電リサイクル法

家電リサイクル法とは、家庭からでた家電製品などの廃棄物を減量し、資源を有効活用するために作られた法律です。

冷蔵庫や洗濯機、衣類乾燥機などがそれにあたります。

壊れて使えなくなった電化製品でも、再生可能な部品などはリサイクルが義務付けられています。

と言っても、家電リサイクル法が定めているのは、全ての家電製品ではなく、エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機となっています。

これらの家電製品を不用品として処分する場合は、リサイクル料金を払わなければいけません。

そのため、違法な不用品回収業者などはこれらのリサイクル料金がかかる売れない家電製品を不法投棄をして問題になっています。

廃棄物処理法

廃棄物処理法は、廃棄物の処理の過程に関する規制です。

廃棄物を処理する過程で環境汚染や生活活環境の破壊を防ぐための法律です。

不用品回収業者は、不用品を回収して再生や分別、廃棄なども含めこの廃棄物処理法に沿って処理する必要があります。

古物営業法

古物営業法とは、新古品や中古品などの一回第三者の手に渡った物の売買を規制する法律です。

中古品や新古品などは、本物かなどしっかりと管理する必要があります。

不用品回収業者などでも、買取と売買などを行う業者はこの法律に沿って営業をする必要があります。

違法な不用品回収業者の特徴

違法な不用品回収業者の特徴

違法な不用品回収業者は現状、とても多く、それに騙されてしまう方も少なくはありません。

そこで、違法な回収業者に騙されないためには、まず違法業者を見極めることが大切です。

違法な不用品回収業者に依頼しないために、違法な業者の特徴を知っておきましょう。

【特徴1】ホームページがない業者

不用品回収業者の中には、ホームページなどがない業者がいます。それらの業者が違法とは限りませんが、

ホームページがないということは、会社名や代表者名などの基本的なことがわかりません。

それらの基本情報がわからない業者に依頼するのは、リスクに繋がるのであまりおすすめできません。

また、違法な業者の中にはFacebookなどでだけ宣伝などをし、許可を得ず個人的に回収をしている方もいます。

【特徴2】所在地がなく実態がない業者

所在地がない業者というのは、会社の住所が記載されていない業者のことです。

一般的に会社には登記をしてる業者があります。

何か問題などが起こった時に、電話やその所在地へ問い合わせることができますが、詐欺などの業者の場合はあえて住所を記載していないなどとても悪質です。

依頼する場合は、しっかりと会社の所在地が明記されており、代表者名も記載されている業者にしましょう。

【特徴3】領収書がもらえない

領収書を発行してもらえない業者は違法の可能性が高いです。

認可を受けていなかったりする業者は、領収書をそもそも発行できない場合が多く、領収書は消費者が支払った証明になるので、もらう義務がある物です。

過剰請求などで、後から払い戻しを求めて消費者が弁護士などに相談をしても、その業者に支払ったという証明である領収書などがないと、

法的に措置をとることもできない状態になってしまいます。

領収書を発行できないという業者は、即キャンセルした方がいいです。

【特徴4】訪問営業してくる業者

一般的な不用品回収業者は、訪問販売などは行いません。

報告されている不用品回収業者の詐欺として、訪問営業でお年寄りなどの家に来て、いらない物ならまだしも、高価なアクセサリーだったりを格安で買い取っていく事例がありました。

そのような悪質な業者は、お年寄りや独身の方を狙って訪問営業をしてくるので、注意してください。

評判が良く、仕事が入ってくる優良不用品回収業者は、そもそも訪問販売などはする必要もないことなのです。

【特徴5】地域を巡回している不用品回収トラック

地域を巡回して、「電化製品」などを回収しているトラックを知っていますか?

かなりどこの地域でも巡回しているので、聞いたことがある方は多いでしょう。

このような巡回トラックは、許可を得ていない場合が多く、無料回収と言っていても、積み込んでから料金を請求するケースも発生しています。

巡回している不用品回収業者のトラックには気をつけてください。

【特徴6】許可番号などがホームページに記載されていない

不用品回収業務には欠かせない、各種許可などを取得せずに業務をする違法な業者がいます。

それらの業者は、許可を得ていないので取得番号などもありません。

普通であれば、取得番号や許可証をホームページに記載しています。

それらの許可証や許可番号などの記載がない場合は、取得できていないまたは、取得できない状況であることが予想されます。

業者を選ぶ際は、しっかり許可を得ていて、ホームページに記載されている業者を選ぶようにしましょう。

【特徴7】無料回収をするという業者

無料回収をすると言っている業者は要注意です。

そもそも、回収した不用品はリサイクル料という費用が処分する際にかかります。

それは、業者が支払わなければいけない費用です。そのため、ただ単に不用品を無料で回収していては、赤字になりますよね。

こういったように、無料回収と謳っている業者のほとんどは、回収は無料だけれど、別途で出張費用だったり、リサイクル費用を請求してくる場合があります。

無料回収と言われていたから依頼したのに、高額なリサイクル費用を請求されてしまったら、騙された気分ですよね。

無料回収といっている業者に依頼する場合は、必ず追加料金などがあるのかどうかを聞くことでトラブルを防ぐことができます。

【特徴8】格安を謳っている業者

格安と宣伝している不用品回収業者はとても多いですよね。

しかし、実際のところ、何が格安なのか料金でいうとわかりませんよね。

格安だと言われたから頼んだのに、実際は高額な請求をされて本当に困ったなどの声が多くあります。

格安といっている業者は、実際はかなり料金が高かったりする場合もあるので、しっかりと見積もりをしてもらって料金を確認してから依頼することが重要です。

事前見積もりでやすかったのに、現地見積もりでとても高額になったなどの場合は、なぜ金額が違うのかを業者に確認しましょう。

【特徴9】料金プランなどを全く記載しているない

料金プランなどは本当はホームページに明記することは一般的です。

ホームページなどに料金に関する事項が全く記載されていない業者などは注意が必要です。

事前に料金設定を公開していない業者は、どこまででも料金を釣り上げることができるんです。

依頼するなら、しっかりと料金プランや料金設定、追加料金についての記載がある業者にしましょう。

ホームページに記載されていない場合は、電話などで直接問い合わせることも可能です。わからないことは、依頼する前に電話で相談してみましょう。

違法な業者に依頼してしまった時の対処法

違法な業者に依頼してしまった時の対処法

違法な業者に依頼してしまった時はどうして対処すればいいのでしょうか。

まずは、自分で対処するということは避けた方が良いです。もし相手が詐欺団体などの場合は、逃げられる可能性などもあります。

もし、違法な業者に騙された時は、弁護士、警察、自治体の消費センターに相談することができます。

その際に、被害に遭った内容、など具体的なことを事前にメモなどしておいて曖昧な被害報告にならないようにしましょう。

不用品回収業者のトラブル事例

違法な業者に依頼してしまった時の対処法

不用品回収でのトラブルは非常に多く、様々なトラブルが発生しています。

その中でも、特に多いトラブル事例をここでは一例としてご紹介させていただきます。

トラブル事例

・過剰請求されて支払ってしまった
・無料と言われたのに後から料金を請求された

過剰請求されて支払ってしまった

過剰請求されて支払ってしまった。

これは、一番多い被害事例です。

元々、不用品回収は量によって高額になる場合が多いです。なので、その金額にびっくりしてしまい「これは詐欺じゃないか」と思ってしまう方もいるようです。

こうならないためにも、依頼する前に相場を知っておくことが必要です。

過剰請求されてしまった場合は、おかしいなと思ったら支払ってはいけません。料金に納得がいかない場合は、その業者にその主旨を伝えましょう。

無料と言われたのに後から料金を請求された

無料と言われたのに、後から料金を請求されたという事例です。

まず、無料回収します!とホームページに記載があったから依頼をしたのに、現地に回収に来た作業員には追加料金を請求された場合です。

これはまず、無料回収自体が怪しい業者の可能性が高いです。

どこまでが無料なのか、見積もりが無料なのか、完全に無料なのかを事前にメールなどに明記してもらうことでこのトラブルは防ぐことができます。

回収してもらった不用品が不法投棄されてしまっていた

よくある違法な業者の被害報告として、お金を出して回収してもらったのに、違法に不法投棄されていたという事例です。

一般的に、不用品回収業者は不用品を回収し処分やリサイクルをするまでが業務です。

違法業者は、リサイクルもせずまたは処分もせず、不法投棄するケースがみられます。

お金を払ったにも関わらず、不法投棄で警察から連絡があったなどは、本当に迷惑ですよね。

このような違法業者には依頼しないようにしましょう。

おすすめの不用品回収業者「KADODE」

KADODE

KADODE
対応エリア日本全国の広い地域
最安値プランSSパック 5,000円
対応可能業務不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けなど
営業時間24時間365日
ホームページhttps://kado-de.jp
電話番号0120-966-926

KADODEは、評判・口コミ評価が高いおすすめの不用品回収業者です。

大手引越し会社の料金システムを採用しています。

そのため、とても明瞭な価格設定で人気です。

KADODEは、見積もり費用無料でお財布にも優しいです。

出張費用が無料になっているので、費用を抑えたい方にとってもお勧めなんです!

正直、どこの不用品回収業者に依頼していいかわからない方は、KADODEがおすすめですよ。

ぜひ、不用品回収について相談してみてくださいね。

まとめ

この記事では、違法な不用品回収業者の特徴と対処方法などをご紹介いたしました。

初めて不用品回収業者に依頼する方は、違法な業者に依頼してしまわないか不安。などという声もあるでしょう。

ちょっとした確認をするだけで、違法な業者や悪い業者に依頼することを防ぐことができるので、ぜひ確認してみてくださいね。

違法業者に依頼するのは、消費者にとってなんのメリットもありません。

しっかりと自治体の許可を得た業者に依頼しましょう。