遺品整理の時期について徹底解説

電子ピアノの処分方法5選|買取してもらえる基準と捨てる際の注意点

「電子ピアノってどうやって処分するの?」

「どうすればお得に捨てられる?」

子供が大きくなり使わなくなった電子ピアノ、買い替えなどにより処分しなければならない。

しかし、電子ピアノなんてそうそう捨てる機会もないので、どうやって捨てたら良いか分からない方も少なくないでしょう。

今回は、電子ピアノを簡単に処分するための5つの方法についてご紹介していきたいと思います。

【電子ピアノの処分方法①】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、粗大ゴミとして捨てられないゴミの殆どを処分することが出来ます。

トラックでの回収になるので、小さなゴミから大型家具など幅広い不用品を回収することが可能です。

自分で捨てるのが面倒な方や、大量のゴミを一度に処分したい方には最適な処分方法と言えるでしょう。

特に、電子ピアノはその大きさを考えると、1人で捨てることは大変難しいと考えられます。

不用品回収業者であれば、スタッフが運出作業をするので、女性の1人暮らしや高齢者の方でも問題なく処分することが出来ます。

メリット

不用品回収業者を利用するメリットは「手間」「時間」を省くことにあります。

先ほども説明したように、不用品回収業者では幅広い種類のゴミを処分することが出来ます。

つまり、分別や解体の必要がなく手間をかける必要がないということ。

「粗大ゴミとして捨てられる?」

と、迷ってしまうような判断に難しいゴミは不用品回収業者に依頼すれば案外あっさりと処分出来るかもしれません。

そして、不用品回収業者は見積もりから回収まで、とてもスピーディーであるということ。

専門スタッフは素人の私たちに比べて運出作業に慣れています。

回収にかかる時間は単品なら30分もかからないうちに処分してもらえるでしょう。

最近では、即日対応が可能な不用品回収業者も増えており、依頼したその日に処分してもらうことも出来るようになりました。

引っ越しやオフィス移転による急な処分に対応できるサービスの一つですが、普段使いとしても利用することが出来ます。

仕事で忙しい方や、時間を割くのが難しい方は、即日対応のサービスで手早く処分してしまうのも良いでしょう。

デメリット

対して不用品回収業者のデメリットは、「費用」の負担が大きいということです。

不用品回収業者によって料金がまちまちなので、一概に大きく費用が掛かるとは言い切れません。

しかし、粗大ゴミなどによる処分に比べるとその費用相場は高くなります。

また、不用品回収業者を名乗る悪徳業者の違法回収にも気を付けなければなりません。

悪徳業者は、金銭になるものだけを回収し、その他は山奥や人気の少ないところに不用品を放棄します。

これは不法投棄法違反であり、依頼者も罰金の対象として含まれいます。

それ他にも、追加料金による高額な費用の請求など、被害の報告は多くあります。

共通して言えることは、「無料回収しています」いった宣伝文句をしているという点。

不用品の処分には、例え自治体であっても処分費用は必ずかかります。

こうした詐欺の被害に遭わないよう、業者選びは十分注意を払わなければなりません。

引取までの流れ

STEP.1
問い合わせ
電話またはWebサイトから見積もりの申し込みをします。
STEP.2
不用品の数や、大きさ、ご自宅のタイプなどから費用の見積もりをしてもらいます。

料金に問題が無ければ、回収日の日程を予約します。

STEP.3
回収作業
回収作業は専門スタッフにより行われます。

当日は、利用者が特に何かする必要はありませんが、立ち合いのもと回収作業を行うケースが多いでしょう。

STEP.4
支払い
回収作業が終わり次第、見積もりで提示された金額を支払います。

【電子ピアノの処分方法②】粗大ゴミとして出す

粗大ゴミとして出す

粗大ゴミとして、電子ピアノを回収してもらうことが出来れば、費用も比較的安く処分することが出来ます。

粗大ゴミとして処分するには2つの方法があります。

一つは戸別収集といった、自宅前や指定収集場所に置いておく方法。

もう一つは、処理施設まで持ち込む方法です。

「処分料・運搬料」として、リサイクル券を購入する必要があり、自治体によりこれらの料金は異なります。

また、自治体が粗大ゴミとして回収できる品目には限りがありますので、電子ピアノが対象品目に入っているか、事前に確認しておきましょう。

メリット

粗大ゴミとして処分すれば、費用はかなり抑えられます。

粗大ゴミの料金は、「縦・横・幅」の3辺の合計からなる大きさと、重さによって決まります。

一般的な電子ピアノくらいのサイズであれば、費用は2,000円〜3,000円が相場となっています。

「出来るだけ処分費用を抑えたい」

という方には、粗大ゴミとして捨てる方法がオススメです。

デメリット

粗大ゴミとして出す方法は、費用をかけずに捨てる事が出来ますが、その分デメリットもあります。

処分方法には「戸別回収」「持ち込み」の2つしか有りません。

つまり、いずれも自分で運び出しをする必要があるので、手間がかかりやすいというデメリットがあります。

電子ピアノは軽くても20kg〜30kgの重さがあります。

家の外に一人で運び出しをするのは難しく、最低でも2人での作業が必要になるでしょう。

また、自治体によっては「解体」しなければ、回収してもらえないというケースもあります。

こうした観点から見ると、粗大ゴミでの処分は手作業の工程が多く、時間がかかりやすいと考えられます。

引取までの流れ

STEP.1
申し込み
自治体のホームページ、または電話にて粗大ゴミの依頼申し込みます。
STEP.2
回収品の申請
回収してもらう不用品の申請をします。

1点ごとにリサイクル料金を提示されますので、メモを準備しておきましょう。

また、「縦・横・幅」の3辺の長さを聞かれるので、事前に計測しておくと申し込みがスムーズです。

STEP.3
リサイクル券の購入
提示された金額分のリサイクル券を購入します。

コンビニや郵便局で1枚500円前後で購入出来ます。

STEP.4
運び出し
指定された日時に申請した回収品を運び出せば処分完了です。

【電子ピアノの処分方法③】リサイクルショップ

リサイクルショップ

リサイクルショップでは、リサイクル品の販売だけでなく、食器などの小さなものから冷蔵庫や洗濯機のような大型家電などの買取もしています。

リサイクル品として電子ピアノを売ることが出来れば、費用もかからず処分が出来て嬉しいですよね。

ただし、買取をしてもらうには、リサイクルショップへ持ち込みをする必要があるので、車での移動が必須になります。

メリット

リサイクルショップのメリットは、買取サービスが利用できるという事にあります。

電子ピアノのような大きな不用品は、処分するとなると、費用もその分かかってしまいます。

買取サービスを利用すれば、売ることで手放す事が出来て、ちょっとした収入も得られます。

「お得に処分したい!」という方には、リサイクルショップはうってつけと言えるでしょう。

デメリット

良いこと尽くしのようなリサイクルショップですが、デメリットもあります。

注意しなければならないのが、「買取を受け付けてもらえない場合がある」ということです。

メーカーによる、電子ピアノの製造保管期間は約8年と言われています。

そのため、8年を過ぎて故障しても、部品が無くて修理が出来ないという可能性も。

そうなってしまうと、リサイクルショップでも買取は難しくなります。

「せっかく持ってきたのに売れなかった」

と無駄足になることもあるので、場合よっては時間を浪費してしまうというデメリットもあります。

引取までの流れ

STEP.1
買取依頼
不用品をリサイクルショップに持ち込み、窓口で買取を依頼します。
STEP.2
査定
札番号が渡され、専門スタッフにより、査定が始まります。
STEP.3
査定結果
番号が呼ばれ、スタッフの方から査定結果が報告されます。
STEP.4
買取契約
査定結果により、金額に問題がなければ買取契約に進みます。

契約書の必要事項に記入をして、身分証明書のコピーを取れば完了です。

【電子ピアノの処分方法④】楽器店を利用する

楽器店を利用する

楽器のことならメーカーに問い合わせをすれば回収してもらえるかも?

と、思う方も少なくないでしょう。

しかし、楽器メーカーでは、買取や下取り、回収などのサービスは取り扱いがありません。

メーカーで対応できるサービスは、せいぜい修理サービスくらいです。

ですので、楽器を回収してもらう為には、楽器店に問い合せをするのが一番でしょう。

特に、楽器店では買取を積極的に行っており、「出張買取」や「宅配買取」などサービスも充実しています。

楽器店であれば、楽器運搬専用車で回収しに来てくれるので、大きさを心配する必要もありません。

ただし、住んでいる地域や、楽器によっては出張買取が利用できない場合も。

その場合は、店頭で買取を依頼するか、宅配買取りサービスの取り扱いがある楽器店に買取を依頼するのが良いでしょう。

メリット

楽器店での買取は、リサイクルショップと同様、費用をかけずに捨てることが出来るというメリットがあります。

また、「出張買取」や、「宅配買取り」は楽器買取に特化したサービスとなっているので、大きな電子楽器でも利用できるのが嬉しいところです。

リサイクルショップに比べると、楽器の専門の知識をもっている方が査定してくれるので、納得のいく査定額が規定出来ます。

デメリット

今のところ、楽器店を利用する上でデメリットがあるようには見られませんが、いくつか懸念点もあります。

一つ目は、出張買取による対応エリアが限られている可能性があることです。

とくに、東北地方や中国地方は対応エリア外となっている楽器店が多く見受けられます。

また、宅配買取では、物品が店舗到着してからの査定となり、最短でも2、3日はかかるでしょう。

梱包を含めて考えると、宅配買取は手間と時間が少しかかってしまうことが予想出来ます。

仕事で忙しい方や、時間のない方にとってはこの処分方法はあまりオススメできません。

引取までの流れ(出張買取の場合)

STEP.1
問い合わせ
ホームぺージまたは電話から問い合わせをして、買取を依頼します。

住んでいる地域や、日程、買取してほしい楽器の種類について状況確認をします。

STEP.2
予約当日
STEP1で予約した日時にスタッフが訪問。

身分証のコピーをスタッフに渡します。

STEP.3
査定
楽器の査定をしてもらいます。

注意点として、店舗によっては、一度店まで持ち帰ってから査定をする場合もあります。

その場ですぐに査定してもらえない可能性もあるので気を付けましょう。

STEP.4
代金支払い
査定が完了したら、振り込み、または現金書留にて代金が支払われます。

【電子ピアノの処分方法⑤】フリマアプリやオークションに出品する

フリマアプリやオークションに出品する

フリマサイトやネットオークションは、わざわざ持込みや問い合わせをせずに売ることが出来ます。

特に、電子ピアノなどの楽器類は、一定の層に対して需要があり、買い手も見つかりやすい可能背があります。

個人同士で取引を行うため、買取とは違い自分で料金を設定することができるのがフリマサイトの特徴です。

リサイクルショップ、楽器店での買取と並び、お得に出来る処分方法の一つと言えるでしょう。

自分で値段を設定出来る分、納得のいく売買が出来るので「勿体ない」と後悔する心配もありあません。

メリット

フリマサイトやネットオークションを利用するメリットの一つは、販売により収入を得られる点にあります。

既に説明したように、自分で値段を決めることが出来るのも利点の一つと言えるでしょう。

そして、フリマサイトやネットオークションは住んでいる地域に関係なく、誰でも手軽に利用することが出来ます。

運送会社を利用して商品を発送するので、物品の受け渡しについて心配する必要もありません。

出張サービスなどのエリア対象外に住んでいる方や、車を持っていない方にはオススメの方法です。

デメリット

手軽に利用できるのがフリマサイトやネットオークションの利点です。

しかし、電子ピアノのような大きな荷物は送料が高くついてしまう可能性があります。

送料の比較(東京都内の場合)
運送会社サイズ(3辺合計)料金(税込み)
ヤマト運輸300cmまで10,945円
佐川急便300cmまで8,943円
日本郵便170cmまで2,860円

この表を見ても分かるように、都内での発送であっても5,000円以上はかかることが考えられます。

日本郵便では170㎝までの大きさしか対応できないので、電子ピアノの形や大きさによっては、利用出来ません。

こうしたことから、いくら高く売ることが出来たとしても、送料でかなり取られてしまうでしょう。

そのため、利用する際はあらかじめ送料で差し引かれることを考慮して値段を設定しなければなりません。

引取までの流れ

STEP.1
商品の掲載
売りたい物を掲載します。

商品の写真、大きさや性能、状態などを詳しく説明します。

STEP.2
取引
購入者が購入を申し出たら、取引を行います。

主に、購入者による値下げ交渉が入り、お互いに納得のいく額になるまで取引が行われます。

STEP.3
発送
購入が決定したら、商品を梱包して発送をします。
STEP.4
代金の支払い
商品が購入者の手元に届けば、代金が支払われます。

買取されない電子ピアノの特徴

買取されない電子ピアノの特徴

  • 年式が古いピアノ
  • 傷や汚れがあるピアノ
  • 元々安いモデルのピアノ

買取が難しいピアノの特徴は上のようなケースが挙げられます。

電子ピアノの寿命は約8年です。

8年以上経ってしまうと、メーカーによる修理も難しい為、買取すらしてもらえない可能性が高いと考えられます。

そして、年数に関係なく買取を断られるのは状態の良し悪しです。

傷や汚れによる使用感があると、買い手の需要も低くなります。

また、それと並んで元々安いモデルのピアノも同じく買取されないケースが多くあります。

希少価値のある物、もともと高価だったものを安く買うことにメリットがあるので、安いモデルのピアノはそれに当てはまりません。

上のいずれかに当てはまる場合は、買取以外の処分方法も念頭に置いておく必要があります。

電子ピアノを処分する際の注意点

電子ピアノを処分する際の注意点

電子ピアノはその大きさゆえに、持ち運びや送料の負担が大きくかかります。

特に、フリマサイトやネットオークションによる発送の受け渡しには、一般的な荷物より何倍もの送料がかかることが予想されます。

利用する際は、くれぐれも販売価格が送料を上回らないように注意しなければなりません。

そして、「無料回収」を宣伝文句にしている回収業者にも注意が必要です。

電子ピアノほどの大きさとなれば、業者での処分も容易ではありません。

粗大ゴミでも料金を支払う必要があるくらいですから、無料というのはおかしいと睨むべきでしょう。

その実、回収後にあらゆる理由をつけては「追加料金」と言い、高額な費用を請求する事例は数多く報告されています。

業者選びには、十分注意してください。

まとめ

電子ピアノは様々な処分方法についてご紹介しました。

大きさもあり、重さもあり、いろいろと融通が利かない点がるので、一番楽に捨てられる方法を選ぶことが、最適ではないかと考えます。

その中でも、「時間」「費用」など何を優先したいのかによって、処分の仕方も変わります。

それぞれのメリットやデメリットを把握しておくことで、状況に合わせて最適な処分方法を選ぶことが出来るようになるでしょう。

電子ピアノの処分に困っている方は、是非この記事を参考にしてみてください。