エコリングで買取不可の商品を総まとめ!注意事項を確認してスムーズに買取をしよう!

エコリングで買取不可の商品を総まとめ!注意事項を確認してスムーズに買取をしよう!

エコリングって本当になんでも買取できるの?

買取不可の商品ってなにがあるの?

このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

エコリングは「なんでも買取」を謳ってはいますが、本当の意味でなんでも買取をしてくれるわけではありません。

買取不可の商品は法律などの都合上どうしても発生してしまいます。

そこで本記事ではエコリングの買取不可商品を一覧にまとめて徹底解説していきます。

利用する際の注意点なども詳しく解説していますので、ぜひとも最後までご覧いただきスムーズな買取を目指しましょう。

おすすめ着物買取業者はこちら

エコリングの基本情報

エコリングの基本情報

エコリングは「なんでも買取」を謳っている総合買取店です。

全国対応で、宅配買取はもちろんのこと、店頭での買取屋出張での買取など、幅広い方法でさまざまな商品を買い取ってもらえます。

送料なども一切発生せずに、査定後のキャンセルも可能なので、相見積もりに使用するのも一つの手です。

また随時さまざまなキャンペーンを開催しているので、キャンペーン時を狙えば他の業者よりも高価買取を期待できます

利用の際は、買取不可の商品だけでなく、キャンペーンなども確認しておきましょう。

エコリングで買取不可の商品をジャンルごとに一覧で解説!

エコリングで買取不可の商品をジャンルごとに一覧で解説!

それでは早速エコリングで買取不可の商品を紹介していきます。

買取不可の商品と一言で言っても、数多くあるため、ジャンルごとに分けて解説していきます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

家電に関わる買取不可の商品

家電に関わる主な買取不可の商品は以下の通りです。

  • プラズマテレビ
  • ブラウン管テレビ
  • 古いエアコン
  • 古い冷蔵庫
  • 古い冷凍庫
  • 古い洗濯機
  • 古い衣類乾燥機
  • 電気カーペット
  • 電池
  • 蛍光灯
  • 利用制限のかかったスマホ
  • 契約中・分割払い中のスマホ
  • ロックがかかったスマホ
  • Huaweiスマホ・ノートパソコン
  • 業務用の大型マッサージ器
  • 血圧器・補聴器・赤外線治療器などの医療機器
  • 灯油が入った石油ファンヒーター
  • 著作権侵害の疑いのあるCD・DVD

エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機などは古いと大きく価値が下がるため、買取不可になる可能性が高いです。

基本的に5年以上経っている場合は、買取ではなく処分になる場合が多いので理解しておきましょう。

また月額未払いで利用制限がかかってしまったスマホや、パスワードを忘れてロックがかかったスマホも基本的には利用できません。

データの削除なども自分で行う必要があるので、買取に出す際は初期化を行っておきましょう

飲食物に関わる買取不可の商品

飲食物に関わる主な買取不可の商品は以下の通りです。

  • 食べ物
  • お酒を除く飲み物
  • 薬・医薬品
  • サプリメント
  • タバコ・葉巻
  • ビール・日本酒・サワー・リキュール・焼酎

基本的に食品類は買取ができません。

お酒は買取ができる場合がありますが、ビールや日本酒などの一部酒類は買取ができません

買取ができるお酒はブランデー、ウイスキー、シャンパン、スピリッツなどが対象です。

たとえ買い取り対象のお酒でも開封済みの場合は買取できないので注意しましょう。

管理の都合上買取不可の商品

管理の都合上買取不可の商品は主に以下の通りです。

  • ボーリングボール
  • ウォーターサーバー
  • 3年以上使ったタイヤ
  • 開封済みのペンキ
  • 使用済みの樹脂タイヤチェーン
  • 観葉植物
  • 劣化の激しいゴルフバッグ
  • 故障したバッグ
  • 欠損した家具
  • 使用済みバッテリー
  • 肥料
  • レンガ・コンクリートブロック
  • リース品
  • スキー板・ボード
  • 故障した金庫
  • 使用済みの下着・靴下・水着

なんでも買取とはいっても、結局はリユースしなければゴミとなってしまいます。

そのためリユースができないような管理が難しい商品は買取ができません

簡単に言えば、買い取ったとしても高確率で誰しもが「不要」と感じてしまう商品や、保管が難しい商品が該当します。

法律に関わる買取不可の商品

法律に関わる主な買取不可の商品は以下の通りです。

  • 希少動物の毛皮・剥製・標本・骨・牙・角
  • 希少動物を使った商品
  • 登録証が無い刃物
  • 実銃全般
  • エアガン・電動ガン・ガスガン
  • 殺傷能力のある商品

希少動物に関しては、ワシントン条約や、レッドリストに違反する可能性のある商品は買取してもらえません。

また、日本刀などの刃物や銃は、登録書がないと銃刀法に違反する恐れがあるため買取不可です。

その他の買取不可の商品

その他の買取不可の商品は以下の通りです。

  • 一部自転車
  • アダルト商品
  • ガスボンベ・花火などの火器類
  • PSEマークがないモバイルバッテリー
  • PSCマークがないバイク用ヘルメット

自転車は盗難品の持ち込みを防止するために、防犯登録解除証明書がなければ買取はしてもらえません。

またモバイルバッテリーやバイク用ヘルメットなど、一部の商品は規定を満たしたマークがない場合は買取不可となっています。

エコリングで出張買取が不可になる商品

エコリングで出張買取が不可になる商品

エコリングでは出張買取の場合に買取が不可になる商品があります。

出張買取での買取不可商品
  • ひとりで持ち運びできない商品
  • 大きさが1m以上ある商品
  • 重さが10kg以上ある商品

簡単に言えば出張買取では、大きな商品は買取してもらえません。

冷蔵庫や洗濯機などが主に該当するかと思います。

大きな商品を買い取ってほしい場合は、自分で商品を持って店頭まで足を運びましょう

エコリングで宅配買取が不可になる商品

エコリングで宅配買取が不可になる商品

エコリングでは宅配買取が不可になる商品も存在します。

宅配買取での買取不可商品
  • 宅配キットに入らない商品
  • 対象製品が入っておらず、ノンブランドだけの買取

宅配買取を利用する際は、対象商品が1つでも入っていなければ買取を利用できません。

例えばノンブランド商品だけの買取や、素材が不明なメッキアクセサリーだけの買取、家電だけの買取など、買い取り対象に入っていない商品だけだと、買取不可となります。

反対に買い取り対象商品が、1つでも入っていれば、一緒にノンブランド商品なども査定してもらえるようになります。

そのため、宅配買取を利用する際は、買取不可の商品ではなく、買取可能な商品を重点的に確認しましょう

エコリングで買取ができる商品一覧

エコリングで買取ができる商品一覧

エコリングで買取ができる商品は主に以下の通りです。

エコリングで買取ができる商品
  • ブランド物のバッグ・小物・時計
  • 金・プラチナなどの貴金属
  • ブランド物の香水
  • ブランドタオル・ハンカチ
  • ブランド食器・キッチン用品
  • 掛軸や茶道具などの骨董品・陶器
  • 毛皮製品

基本的にブランド物を中心に買い取っています

ノンブランド商品もブランド品と一緒なら買い取ってもらえますが、ほとんど価値が付かないため、査定額には期待しないでおきましょう。

価値の低い商品を高く売りたいなら、買取店ではなくフリマサイトなどを利用することをおすすめします。

エコリングで高価買取をしてもらうための3つのコツ

エコリングで高価買取をしてもらうための3つのコツ

続いてエコリングで高価買取をしてもらうためのコツを紹介します。

エコリングで高価買取をしてもらうための3つのコツ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

できるだけ店頭買取を利用する

エコリングに限った話ではありませんが、買取店を利用する際はできるだけ店頭買取を使いましょう。

出張買取は宅配買取の方が楽なので、そちらを選びやすいですが、買取額が低くなりやすいというデメリットがあります。

宅配買取は査定員と対面できないので、価格の交渉ができませんし、出張買取は買取不可になる商品が多いです。

そのため、高価買取がしたいなら店頭買取を利用したほうが無難です。

汚れは綺麗に落とす

汚れは綺麗に落としましょう。

特に洋服を売る際はクリーニングをした方が、合計金額で考えるとクリーニング代を凌駕するほどに得をすることがあります

売る商品をクリーニングに出すのはさすがにもったいないと思うのであれば、自分でできる限り綺麗にしましょう。

付属品も一緒に出す

売る商品に付属品があるのなら、一緒に買取に出してください。

例えば家電なら取扱説明書や、商品が入っていた箱などが該当します。

保証書などもあるのなら出しておきましょう。

保証書の有無で買取額が2倍近くまで上がることも少なくありません。

エコリングを利用する際の注意点3選

エコリングを利用する際の注意点3選

最後にエコリングを利用する際の注意点を紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

買取後のキャンセルはできない

買取後のキャンセルはできません。

エコリングに限った話ではありませんが、買取が確定した後に「気が変わったから返品してほしい」と願い出ても、対応してもらえません。

もちろん査定後から買取が確定するまではキャンセル可能なので、買取が確定する前に今一度「売って後悔しないか」を見つめ直しましょう。

ノンブランドの商品はほとんど値段が付かない場合が多い

ノンブランドの商品は、ほとんど値段が付かない場合が多いです。

特にノンブランドの衣類は、0円になることがほとんどです。

そのため、ノンブランド商品を高く売りたい時は、買取店ではなくメルカリなどのフリマサイトで自分で販売しましょう。

家電は製造から5年以上たっていると価値が大幅に下がる

家電は製造から5年以上経っていると価値が大幅に下がります。

家電には寿命があるため、5年以上経つといつ壊れてもおかしくありません。

また保証書も5年以上有効な場合が少ないため、どれだけ状態が良くても価値は大きく下がります。

そのため、5年以上経った家電は0円となる場合が多く、他の買取店では回収費用が掛かってしまうことも少なくありません。

小型の家電ならフリマサイトでも売りやすいですが、大型の家電は高額な送料がかかってしまうためおすすめはしません。

大型の家電を少しでも高く売りたいなら、ジモティーで家まで来て家電を買ってくれる人がいないか探してみましょう

エコリングで買取不可の商品まとめ

エコリングはなんでも買取を売りにしてはいますが、結局のところノンブランド商品ではほとんど値段が付きません。

また宅配買取ではノンブランド商品だけの買取は不可ですし、他にも買取不可の商品はいくつもあります。

特に宅配買取では、買取不可の商品を送ってしまいがちなので注意してください。

買取不可の商品やノンブランドの商品を高く売りたいのであれば、フリマサイトなどを利用しましょう。

お酒買取におすすめ!人気の買取業者5選を口コミ・評判とともに徹底解説! お酒買取におすすめ!人気の買取業者5選を口コミ・評判とともに徹底解説! 不用品買取おすすめ業者9選!何でも買い取ってくれるリサイクルショップも地域別に解説! おすすめの洋服買取10選!売るならどこがいい?高く売るコツもご紹介 古銭買取ができるおすすめ業者7選!口コミや特徴など徹底比較 古銭買取ができるおすすめ業者9選!売るならどこがいい?口コミや特徴など徹底比較 食器買取おすすめ5選を徹底比較!ブランド・使用済みの食器を高く売るコツは? 食器買取のおすすめ業者10選を徹底比較!ノンブランド・使用済みの食器を高く売るコツは?