遺品整理の時期について徹底解説

体重計の処分方法4選をご紹介!賢い捨て方やゴミの分別まで徹底解説!

体重計の処分方法4選!賢い捨て方を徹底解説

体重計は何ゴミで処分すればいい?
体重計の捨て方がわからない…

体重計の処分方法がわからずお困りの方はいませんか?

確かに、体重計にはアナログのものやスマホと連動できるデジタルのものがあり、どのように捨てればいいか悩みますよね。

そこで、この記事では体重計のゴミの分別や体重計の処分方法4選をご紹介します。

さらに体重計を処分する前に知っておくべき注意点まで詳しく解説します。

この記事を読めば、体重計を賢くお得に捨てられること間違いなしです!

体重計は何ゴミで処分できる?

体重計は何ゴミで処分できる?

そもそも体重計は何ゴミに捨てればよいのでしょうか。

結論から言うと、体重計のゴミの分別は自治体によって異なるため一概にはいえません。

しかし基本的には、一辺が30cm以内の体重計は可燃ゴミか不燃ゴミとして処分し、30cm以上のものは粗大ゴミに出しましょう。

電池が入っているものは、外して電池のみリサイクルに出します。

ゴミの分別は自治体ごとにルールが決められているので、体重計が可燃ゴミの不燃ゴミのどちらに該当するかは自治体のホームページで確認しましょう。

体重計のゴミの分別を比較

各地域での体重計のゴミの分別を比較してみましょう。

地域ゴミの分別
東京都練馬区不燃ゴミ
神奈川県横浜市燃やすゴミ(プラスチック製)
燃やさないゴミ(ガラス製)
小さな金属類(金属製)
大阪府大阪市普通ゴミ

表から分かるように、地域によってゴミの分別が大きく変わります。

ご自分の判断で、勝手に処分すると回収してもらえないこともあるため、お住いの地域のルールに従ってください。

【保存版】体重計の処分方法4選!

体重計の処分方法4選

体重計が何ゴミに分別されるのかわかりましたね。

では、体重計の処分方法4選をご紹介します。

処分方法それぞれの特徴を解説するので、ぜひ参考にしてください。

自治体のゴミに出す

上記でお伝えしたように、体重計は自治体のゴミに出すことができます。

自治体のゴミに出すときは3つの方法があります。

自治体のゴミに出す方法3選
  • 可燃ゴミまたは不燃ゴミに出す
  • 粗大ゴミに出す
  • 小型家電回収ボックスを利用する

自治体で処分する際は、まず何ゴミに分別されるのか確認してからゴミに出しましょう。

一辺30cm以上の体重計は、多くの地域で粗大ゴミに分類される傾向があります。

粗大ゴミに出すときは、自治体に申し込みが必要で、数百円程度の処分費用がかかります。

また、小型家電回収ボックスに体重計を投入し、無料でリサイクルすることも可能です。

回収箱は家電に使われている金属資源のリサイクルを目的として地域ごとに設置されています。

自治体のゴミに出すときの特徴
  • 可燃ゴミや不燃ゴミに出せば無料で処分できる
  • 粗大ゴミに出すときは手続きが必要
  • 粗大ゴミの処分にかかる費用は数百円ほど
  • 地域によっては無料で回収してくれる
注意点
体重計は小型家電の回収品目に含まれている地域と含まれていない地域があるので、小型家電回収ボックスを利用する場合は問い合わせてみましょう。

リサイクルショップで体重計を買い取ってもらう

まだ使用できる体重計であれば、リサイクルショップで買い取ってもらうことも可能です。

故障している体重計を処分する場合は、他の処分方法を選択しましょう。

リサイクルショップを利用すれば、処分費用をかけず体重計を処分することができます。

体重だけでなく、体脂肪率や筋肉量が測れるデジタル体重計は需要があります。

ただし、体重計は元値が安いこともあり、買取金額はさほど高くつかないでしょう。

出張買取を行なっている業者もありますが、査定だけで出張費がかかる、複数の家具や家電を処分しなければいけないなど業者ごとに規定があるので利用する前にホームページを確認しましょう。

リサイクルショップで買い取りするときの特徴
  • 買い取ってもらえれば無料で処分できる
  • 体重計の状態によっては買い取ってもらえない
  • お店まで持っていく必要があるため手間がかかる
注意点
体重計をリサイクルショップで買い取ってもらう方法は、品物をお店に持っていく必要があり、かつ必ず買い取ってもらえるとは限らないため、時間をかけずに処分したい人にはおすすめしません。

知っておけば役立つ!体重計を売るときのポイント3選

せっかく体重計を売るなら、なるべく高く売りたいですよね。

リサイクルショップに持っていく前に体重計を売るときに押さえておきたい3つのポイントをチェックしておきましょう。

体重計を売るときのポイント3選
  • 傷や汚れがないか、正常に機能するか確認する
  • 製造年式が新しい方が売れやすい
  • 人気のあるメーカーの商品かどうか
当たり前ですが、正常に機能しない体重計は買い取ってもらえないので、リサイクルショップに持っていくのはやめましょう。

汚れがある場合は、布や綿棒で掃除をしておくとよいです。

製造年式が古いと故障しやすくなってしまうため、買い取ってもらえないこともあります。

また、無名のメーカーの体重計より、タニタやオムロンといった有名なメーカーの体重計方が買い取ってもらえる可能性が高いです。

3つのポイントを確認した上で、リサイクルショップに持っていくようにしましょう。

フリマアプリで体重計を売却する

メルカリやラクマ!などのフリマアプリで体重計を売却する方法もあります。

フリマアプリに出品して、買い手が現れれば少なからずお金になります。

しかし、購入する人がいなければ、体重計をいつまでも捨てることができません。

梱包や配送の手続きをご自分で行わなければいけないため、手間もかかります。

体重計を発送する際は、大きさによって配送料金が異なるので気をつけてください。

フリマアプリで売却するときの特徴
  • 売れれば無料で処分できる
  • 梱包・発送手続きを行わなければいけない
  • 購入者がいなければ処分できない
注意点
「配送方法を考えずに出品したら、売上よりも配送費の方が高くなってしまった…」なんてことにもなりかねないため、配送費をご自分で負担する際は、金額をあらかじめ確認しておきましょう。

フリマアプリの登録から発送までの流れ

フリマアプリの登録から発送まで流れを紹介します。

まだフリマアプリを利用したことがない人は、以下の手順を参考に登録しましょう。

STEP.1
アプリをダウンロードする
まずメルカリのアプリをダウンロードします。
STEP.2
個人情報を登録する
アプリをダウンロードしたら個人情報を登録します。メールアドレスや電話番号を入力し、パスワードを設定します。メールアドレスだけでなく、FacebookまたはGoogleアカウントでも登録可能です。
STEP.3
体重計を出品する
登録後、体重計を出品します。出品するときは、商品の説明、写真、販売価格、配送方法を記入します。商品の写真は、複数枚掲載することで、適切なイメージを伝えることができます。傷の有無や汚れを隠して出品すると、後々トラブルになりかねないため、商品の情報は正確に書くようにしましょう。
STEP.4
配送手続きをする
購入者が現れたら、梱包をして配送します。コンビニまたは郵便局で発送することが可能です。購入者のもとに商品が届き、お互いに評価を付けたら取引完了となり、売上が入ってきます。

不用品回収業者に依頼して体重計を回収してもらう

掃除や引越しなどで、体重計以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。

不用品回収サービスを利用すれば、不要な家具や家電をまとめて処分することができます。

壊れてしまった家電やいらなくなった家具といった処分に困るものを手軽に捨てられるのが魅力です。

処分する不用品が多いときに不用品回収を依頼することで、処分費用を抑えることができます。

不用品回収業者のなかには最短即日で回収に来てくれる会社もあります。

仕事や子育てで時間のない方でも、自分の都合に合わせて予約を取れるのは大きなメリットといえるでしょう。

不用品回収業者に依頼するときの特徴
  • 作業費用は業者によって異なる
  • 不用品をまとめて処分できる
  • 最短即日で対応してもらえる
注意点
家具1品だけを回収してもらう場合、処分費用が高くつくことがあるため、事前に見積もりをしてもらいましょう。

体重計を処分する前に知っておきたい注意点2選

体重計を処分する前に知っておきたい注意点2選

体重計の処分方法4選をご紹介しました。

次に、体重計を処分する前に知っておきたい注意点2選を解説します。

知らずに損をすることがないように、ささっと確認しておきましょう。

業者に依頼するときは違法業者に注意

不用品回収業者に依頼するときは、悪徳業者に引っかからないように注意しましょう。

悪徳業者とは、営業資格を得ていないにもかかわらず不用品の回収を行う業者を指します。

怪しい業者に依頼すると、不法投棄や高額請求をされる可能性があり、思わぬトラブルに巻き込まれてしまいます。

不用品回収業者を選ぶときは以下の項目に注目しましょう。

不用品回収業者を選ぶポイント3選
  • ホームページに会社情報がきちんと掲載されている
  • 料金や実績が明確に示されている
  • 口コミ評判が良い

不用品回数業者に依頼する前に、会社の情報、料金、実績を見ておくと良いです。

営業を認められていない業者は、情報が正確に記載されていないことが多いためです。

また、違法業者は巡回車やチラシで無料回収をうたっていることがあります。

しかし、無料という回収文句を鵜呑みにすると、後から別費用として料金を請求されることもあるため、業者に依頼するときは事前にホームページを確認しておきましょう。

医療機器として使用していた体重計は適切な方法で処分する

処分する予定の体重計が病院の医療機器として使用されていた場合、決められたルールに沿って捨てる必要があります。

感染症が広がってしまう可能性があるため、病院で使われていた体重計を家庭のゴミと一緒に捨てるのは禁止されています。

ですから、医療機器として使っていた体重計は、専門業者に引きとってもらうか、病院内で焼却して捨てるようにしてください。

医療機器の専門業者は買取も行なっています。

体重計の状態によっては売却できるため、検討してみましょう。

不用品回収業者に依頼するならKADODEがおすすめ!

不用品回収業者kadode

対応エリア東京、神奈川、埼玉、
千葉、大阪、兵庫、奈良、
岡山、山口、広島、
愛知、静岡、大分、
宮崎、熊本、福岡、佐賀、
長崎、鹿児島
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
受付時間24時間365日受付
電話番号0120-966-926
公式ホームページhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

不用品回収サービスを利用すれば、ご自宅にある不用品を今すぐ簡単に処分することができます。

どの不用品回収業者に依頼すれば良いのかお悩みの方は、KADODEがおすすめです。

KADODEは全国1都20県で不用品回収業を展開しており、年間10,000件の実績があります。

24時間365日依頼を受け付けているため、早朝や夜間などでも対応してもらえるようです。

口コミ評判が高く、リピーターも多いため不用品回収サービスを利用したことがない方でも安心して利用できます。

KADODEの料金体系は定額パックプランなので、不用品をまとめて捨てる際に活用すると、とてもお得です。

KADODEの特徴
  • 24時間365日受付しているからいつでも回収に来てもらえる
  • 年間10,000件の実績があり、初めて利用する方でも安心
  • 口コミ評判が高く、リピーターも多い
  • 定額パックプランがあるから、サービスをお得に利用できる

KADODEの口コミ評判

口コミ評判
初めて不用品回収業者を依頼したのでどのような流れで作業を行うのか、わからないことも多く不安でしたが、スタッフの方が親切に説明してくださいました。素早く作業を進めてくださったおかげで、予想していた時間よりもはやく、あっという間に終わりました。即日で対応してもらえたため、本当に助かりました。また機会があれば依頼したいと思います。
口コミ評判
家を掃除した時に出た大量の不用品をまとめて処分したかったのでKADODEに依頼しました。細々したもから古くなったタンスやカーペットなど処分に困っていたものまで簡単に捨てることができました。スタッフの方の対応もよく、家もスッキリしたので大満足です。

まとめ

この記事では、体重計のゴミの分別や体重計の処分方法4選をご紹介しました。

4つの処分方法の特徴をおさらいしておきましょう。

まとめ
  • なるべく費用をかけずに体重計を処分したい人:自治体で処分する
  • 使用できる状態の体重計を処分したい人:リサイクルショップの買取に出す
  • 自分の好きな値段で体重計を出品したい人:フリマアプリで売却する
  • 体重計などの不用品をまとめて捨てたい人:不用品回収業者に依頼する

あなたの都合や、お持ちの体重計の状態によって最適な捨て方が異なります。

自分にあった方法を選んで体重計を賢く処分しましょう。

ご自宅の不用品の処分にお困りの方は以下の記事も参考にしてください。

ソファ引き取りサービス10社徹底比較!費用相場とおすすめ方法も掲載 電子レンジを簡単に処分|ヤマダ電機・ケーズデンキでは無料引き取り!?5つの処分方法を紹介! キャリーケースの処分方法を徹底解説!無料でお得に捨てる方法キャリーケースの処分方法を解説!無料でお得に捨てる方法は? エアコンの引き取りサービス9社徹底比較|無料で処分する方法も!?ヤマダ電機やケーズデンキも解説 MDの処分方法6選!MDの捨て方やデータの移行方法をご紹介MDの処分方法6選!MDの簡単な捨て方やパソコンにデータを移行する方法をご紹介!