遺品整理の時期について徹底解説

ベビーカーの処分方法7選!無料でお得に捨てたい方必見!

ベビーカーの処分方法7選!無料でお得に捨てられる方法

子供が成長して使わなくなったベビーカーを処分する方法は?

ベビーカーを処分したいけどいつ処分すればいいんだろう…

上記のように、ベビーカーをどのように処分すればいいかお困りの方はいませんか?

小さいお子さんの外出の際に活躍するベビーカーですが、大きくなって使わなくなり、そのまま家に放置されているケースは少なくありません。

しかし、ベビーカーは意外と大きいので、保管しておくにも場所を取ります。

そこで今回は、ベビーカーの処分方法7選やベビーカーをいつ処分するべきかをご紹介します。

この記事を読んで、今まで捨てられなかったベビーカーを思い切って処分しましょう!

ベビーカーはいつ処分すべき?捨てるタイミングをご紹介

ベビーカーはいつ処分すべき?捨てるタイミングをご紹介

ベビーカーはいつ処分するのが一般的なのか疑問をお持ちの方はいませんか。

そこで、まずベビーカーを捨てるタイミングをご紹介します。

基本的に、2歳半〜3歳でベビーカーを卒業するお子さんが多い傾向にあります。

そのため、お子さんが4,5歳になり、ベビーカーに乗らなくなったら処分する方が多いようです。

しかし、動物園やテーマパークといった出先で子供が疲れてしまった時に重宝するという理由で処分しない方もいます。

また、第二子が生まれた時のためにベビーカーをとっておくという方もいるようです。

ベビーカーを賢く捨てられる処分方法7選

ベビーカーの処分方法7選

一般的なベビーカーを捨てる時期がわかりましたね。

次にベビーカーを賢く捨てるための処分方法7選をご紹介します。

7つの方法はそれぞれ特徴が異なるため、ご自分の条件や都合に合わせて最適なものを選択しましょう。

自治体の粗大ゴミで処分する

ベビーカーは自治体の粗大ゴミに出して、処分することができます。

可燃ゴミや不燃ゴミに出せるものは、一定の大きさに限られているため、ベビーカーは粗大ゴミに分別されます。

ベビーカーを粗大ゴミに出すときは、自治体で手続きを行わなければいけません。

地域のクリーンセンターにご自身で搬入し、処分すれば手続きはいりません。

ただし自治体で収集してもらう場合、ご自身で運搬する場合のどちらにせよ、300円程度処分費用がかかります。

ベビーカーをクリーンセンターに持ち込んで処分するときは、自分の住所を証明できる保険証等の確認が必要な場合もあるので、忘れずに持っていきましょう。

粗大ゴミで処分する特徴
  • 300円ほどの処分費用がかかる
  • 事前に手続きが必要
  • 自分で搬入すれば、好きな時にベビーカーを処分できる

粗大ゴミに出すときの流れ

自治体でベビーカーを粗大ゴミとして収集してもらうときは、以下のような手順になります。

簡単な流れを頭に入れておきましょう。

STEP.1
粗大ゴミ受付センターに問い合わせる
粗大ゴミ受付センターに問い合わせます。電話またはホームページから申し込みが可能です。自治体によってはLINEが使えるところもあるようです。
STEP.2
粗大ゴミシールを購入する
粗大ゴミを処分するときの手数料を支払うため、郵便局やコンビニで粗大ゴミシールを購入します。料金は自治体ごとに異なりますが、300円程度です。シールはベビーカー本体に取り付けます。
STEP.3
指定の収集場所にベビーカー運ぶ
収集日の8時までに、指定された場所にベビーカーを運ぶと、回収してもらえます。

【無料で処分】解体して不燃ゴミに出す

ベビーカーは粗大ゴミに分別されますが、解体すれば不燃ゴミに出すことも可能です。

ハサミやノコギリを使って分解していきます。

普段からDIYを行なっている方や、刃物の扱いに慣れている方は別ですが、ベビーカーの解体には時間と労力がかかります。

なるべく費用をかけずにベビーカーを処分したいという方におすすめします。

自治体が指定しているゴミ袋に入れば、不燃ゴミに処分してよいとされている地域がほとんどですが、なかにはベビーカーを細かくして、不燃ゴミに出すのを認めていない地域もあるようです。

作業を始める前に、自治体のホームページを確認しておきましょう。

解体して不燃ゴミに出す特徴
  • ベビーカーを無料で処分できる
  • 時間と労力がかかる
  • なかにはベビーカーを不燃ゴミに出すことが認められていない地域もある

子供がいる知り合いやベビーカーが必要な施設に譲る

まだ生まれたばかりのお子さんがいる知り合いにベビーカーを譲ることで、処分費用をかけずにベビーカーを手放すことができます。

ベビーカーを使用するのは、子供が小さい時だけなので、あまりお金をかけたくないと考えている方も多いようです。

小さいお子さんのいる家庭や、子供が生まれる予定の知り合いに尋ねてみましょう。

知り合いに必要な方がいなければ、近くの保育園や子育てを支援する団体に譲るのも1つの手です。

ご自宅の近くにある保育園や施設に連絡し、問い合わせてみましょう。

子供がいる知り合いやベビーカーを必要とする施設に譲る特徴
  • 費用をかけずにベビーカーを手放せる
  • ベビーカーが必要な人に利用してもらえる
  • 知人に尋ねたり、情報を集める必要がある

不要になったベビーカーを寄付する

処分するのはもったいないから誰でもいいから使ってほしいという方は、ベビーカーを寄付するのがおすすめです。

ベビーカーの寄付は送料をご自身で負担する必要があるため、無料で処分できるわけではありません。

しかし、ベビーカーを必要としている人たちに届き、役立ててもらうことができます。

粗大ゴミに処分すると無駄になってしまう資源を活用し、社会貢献にもつながります。

費用はかかりますが、なかにはベビーカーを自宅まで回収に来てくれるサービスもあるので、忙しい方は回収サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

寄付する特徴
  • 寄付をするときに配送費用がかかる
  • 社会貢献につながる
  • 自宅まで回収に来てくれるサービスもある
おすすめのベビーカー寄付先

ベビー用品の専門店へ買い取りに出す

ベビー用品の専門店に買い取ってもらう方法もあります。

ベビーカーの使用感が少なく、綺麗な状態であれば売却できるでしょう。

しかし、製造年式が5年以上たっているベビーカーは、壊れてしまうリスクがあり、買取が難しいと言えます。

ですから、ベビーカーの買取を利用する場合は、なるべく早く持ち込みましょう。

リサイクルショップに持ち込むより、ベビー用品専門店の方が細かく査定してもらえるため、高く買い取ってもらえるようです。

業者の中には、出張買取や宅配買取を行なっているところもあります。

各業者で買取サービスを利用するときの条件が異なるため、ホームページを事前に確認しておきましょう。

ベビー用品の専門店へ買取に出す特徴
  • 買い取ってもらえれば処分費用は無料
  • 出張買取や宅配買取を利用すれば簡単
  • 買取査定だけでもお金がかかる場合がある
おすすめのベビー用品買取ショップ

フリマアプリやネットオークションに出品する

フリマアプリやネットオークションに出品してベビーカーを処分することも可能です。

出品や発送をご自身で行わなければいけませんが、購入者がいればお金になります。

中古のベビーカーを安く購入したいという方は多く、綺麗な状態の品物は売れる傾向があります。

自分の好きな価格で販売することができるのも、フリマアプリやネットオークションのメリットといえます。

ただし梱包や発送を自分で行わなければいけません。

また、買い手がいなければ、他の方法で処分する必要があります。

ベビーカーは送料が高いため、安く販売しすぎると赤字になってしまうこともあるので気をつけましょう。

フリマアプリやネットオークションに出品する特徴
  • 売れれば無料で処分できる
  • 梱包や手続きを自分で行う必要がある
  • 買い手がいなければ処分できない
おすすめのフリマアプリ・ネットオークション

不用品回収業者に依頼する

ベビーカーを含むベビー用品をまとめて処分したい方は不用品回収業者に依頼する方法もあります。

子供はあっという間に成長するので、使わなくなったベビー用品がタンスの肥やしになっているといったご家庭は少なくありません。

不用品回収サービスを利用すれば、買ってすぐに着れなくなってしまった服や遊ばなくなったおもちゃを一気に処分することができます。

ベビーカーを自治体のゴミに出す際は、決められたルールに従って日時やゴミの分別に気を配らなければいけません。

しかし、不用品回収業者に依頼すれば、何でも回収してもらえるので手間をかけずに簡単に処分できます。

不用品回収業者に依頼する特徴
  • 費用は不用品の量や大きさに応じて変わる
  • ベビーカーを含むベビー用品をまとめて処分できる
  • ゴミの分別や日時を気にせず簡単に処分できる

不用品回収業者を利用するときの手順

不用品回収業者に依頼したことがない方はどのような流れで回収を行うのか想像がつきにくいですよね。

不用品回収は以下のような手順で依頼から回収作業を行います。

STEP.1
業者に問い合わせる
依頼する不用品回収業者に問い合わせます。電話またはホームページから受付を行なっている業者が多いです。
STEP.2
無料見積もり
申し込み後、見積もりをしてもらいます。見積もりは基本的に無料で利用できます。電話または訪問か選べますが、回収してもらいたい不用品の量が多い場合は、正確な金額を知るために、訪問見積もりを選択すると良いでしょう。
STEP.3
回収をしてもらう
見積もりの金額に納得いけば、不用品を回収してもらいます。電話の場合は、あなたの都合に合わせて回収日を決めます。訪問見積もりを利用した場合はそのまま回収してもらうことも可能です。
STEP.4
料金を支払う
回収作業をしてもらい、料金を支払ったら完了です。クレジットカードや交通系ICカードに対応していない業者もあるので、支払い方法も確認しておくとスムーズでしょう。

業者に依頼してベビーカーを処分するならKADODEがおすすめ!

kadode

KADODE
KADODEの対応エリア東京、埼玉、千葉、
神奈川、静岡、愛知、
兵庫、大阪、奈良、
広島、岡山、山口、
長崎、福岡、佐賀、
大分、宮崎、熊本、鹿児島
受付時間24時間
電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式サイトhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

ご自宅にあるベビー用品をまとめて処分したい方は不用品回収サービスを利用することで、比較的安く処分できます。

どの不用品回収業者に依頼すればいいかわからないという方はKADODEがおすすめです!

KADODEは全国1都20県で不用品回収事業を行う大手不用品回収業者です。

全国各地で不用品回収サービスをしており、年間10,000件の実績があります。

経験豊富なスタッフが見積もりから作業まで行なっているため、不用品回収業者を利用したことがない方でも安心して利用できます。

また、KADODEは口コミ評判がよく、リピーターも多いです。

24時間365日依頼を受け付けており、相談をすれば早朝や深夜の時間帯でも作業を依頼できるのは大きな魅力です。

KADODEは見積もりを無料で行なっているので、気になった方は金額を確かめてみましょう。

KADODEはここがおすすめ!
  • 24時間365日受付しており、早朝や深夜の時間帯でも対応可能
  • 口コミ評判がよく、リピーターも多い
  • 見積もりは無料で行なっている

KADODEの口コミ

みんなの口コミ
引越しがあり、退去日が近かったのですぐに対応してもらえる不用品回収業者を探していたところ、KADODEを見つけました。電話した当日に来てもらい、あっという間に作業を進めてくださったのでとても助かりました。
みんなの口コミ
不用品回収サービスを利用したことがなかったので、どの業者に依頼すればわからず、口コミが良かったKADODEに問い合わせました。対応していただいたスタッフの方が作業の流れや料金について詳しく説明してくださったので、不安が解消されました。スタッフの方がてきぱきと作業をこなしてくださり、思っていたよりもはやく終わったので良かったです。また機会があれば、利用したいと思います。

まとめ

今回はベビーカーを処分するタイミングやベビーカーの処分方法7選をご紹介しました。

ベビーカーは様々な方法で処分することができます。

選択する方法によって処分にかかる時間や費用が異なります。

お持ちのベビーカーの状態や、あなたの都合に合わせてベビーカーを賢く処分しましょう。

ご家庭の不用品の処分にお困りの方は、以下の記事もご覧ください。

体重計の処分方法4選!賢い捨て方を徹底解説体重計の処分方法4選をご紹介!賢い捨て方やゴミの分別まで徹底解説! ソファ引き取りサービス10社徹底比較!費用相場とおすすめ方法も掲載 電子レンジを簡単に処分|ヤマダ電機・ケーズデンキでは無料引き取り!?5つの処分方法を紹介! キャリーケースの処分方法を徹底解説!無料でお得に捨てる方法キャリーケースの処分方法を解説!無料でお得に捨てる方法は? MDの処分方法6選!MDの捨て方やデータの移行方法をご紹介MDの処分方法6選!MDの簡単な捨て方やパソコンにデータを移行する方法をご紹介!