遺品整理の時期について徹底解説

スチールラック・シェルフの処分方法5選!今すぐ簡単に捨てられる方法まとめ!

スチールラックの処分方法5選!今すぐ簡単に捨てられる方法まとめ

スチールラックは粗大ゴミに出せる?何ゴミで処分できるの?

スチールラックをなるべく安く処分するにはどうすべき?
上記のようにお悩みの方はいませんか?

スチールラックやシェルフはサイズが大きく、持ち運ぶのが大変なのでどのように処分すべきか悩みますよね。

今回は、そもそもスチールラックは何ゴミで分別できるのか、スチールラックの処分方法5選をご紹介します。

処分方法それぞれのメリット・デメリットも解説していきます。

この記事を読めば、あなたに合った方法でスチールラックを簡単に処分できること間違いなしです!

スチールラックは何ゴミになる?素材や材質をチェック!

スチールラックは何ゴミになる?素材や材質をチェック!

スチールラックは基本的に粗大ゴミとして処分する地域が大半です。

ただし、自治体によっては、不燃ゴミや資源ゴミとして処分できるところもあります。

お住いの場所によって分別が異なるので、必ず自治体のルールを確認してください。

スチールラックの素材には、主に鉄やアルミニウムが使用されています。

しかしスチールラックとはいっても、鉄の他に木やガラスが使われていることもあります。

素材に合わせて、スチールラックを適切に処分しましょう。

スチールラックの特徴
  • 粗大ゴミとして処分できる
  • 自治体によっては不燃ゴミや資源ゴミで処分できるところも
  • スチールラックは一般的に鉄やアルミニウムが使われている

スチールラックとメタルラックの違いは?

スチールラックとメタルラックの違いは?

スチールラックやシェルフは何ゴミに分別できるかわかりましたね。

ところで、メタルラックはスチールラックと何が違うのかと疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、スチールラックとメタルラックの明確な違いはありません。

ただし、区別する場合は、以下のような違いがあげられます。

スチールラックとメタルラックとは
  • スチールラック:鉄でできた棚
  • メタルラック:アイリスオーヤマが商標登録した製品名、金属でできた棚
鉄と金属を使用したスチールラックも多いため、どちらも同じものを指していると考えて良いでしょう。

スチールラックやシェルフの処分方法5選!メリット・デメリットをまとめて解説

スチールラックやシェルフの処分方法5選!メリット・デメリットをまとめて解説

スチールラックとメタルラックの違いについて解説しました。

次に、スチールラック・シェルフの処分方法5選をご紹介します。

ご紹介する方法の中から、ご自身の都合に合った捨て方を選択しましょう。

自治体でスチールラックを処分する

自治体で粗大ゴミとしてスチールラックやシェルフを処分することができます。

お住いの地域によって処分するときのルールや処分費用が異なります。

回収条件や費用は、必ず事前に自治体のサイトを確認しましょう。

以下は、東京新宿区の粗大ゴミのルールと回収費用です。

品目条件回収費用
最長辺と2番目に長い辺の合計が135cm以下400円
最長辺と2番目に長い辺の合計が180cm以下800円
最長辺と2番目に長い辺の合計が270cm以下1,200円
最長辺と2番目に長い辺の合計が360cm以下2,000円
最長辺と2番目に長い辺の合計が360cm超2,800円
自治体で処分する方法のおすすめポイント
  • 処分費用が安く済む
  • 市区町村で処分しているから安心
自治体で処分するときのデメリット
  • 自治体で手続きをする必要がある
  • 自宅から運び出すのに手間がかかる

スチールラックを自治体で処分するときの手順

粗大ゴミで家具や家電を処分するときは、自治体で手続きをする必要があります。

自治体でスチールラックを処分するときの手順は以下の通りです。

STEP.1
粗大ゴミ受付センターに申し込む
粗大ゴミを捨てる時は、粗大ゴミ受付センターに申し込まなければいけません。電話またはホームページで申し込みましょう。
STEP.2
粗大ゴミ処理券を購入する
申し込み後、粗大ゴミ処理券を購入します。券はスーパーやコンビニで購入できます。粗大ゴミの処理手数料は家具のサイズによって異なるので、大きさを計測しておきましょう。
STEP.3
指定日にスチールラックを収集場所まで持っていく
粗大ゴミの回収日に指定の場所までスチールラックを持っていきます。

ネットオークション、フリマアプリにスチールラックを出品する

ヤフオクやメルカリといったネットオークションやフリマアプリに出品して、スチールラックやシェルフを処分する方法もあります。

購入者が現れれば、利益を得ることができます。

自分の好きな値段で販売することができるのも魅力です。

ただし、梱包や配送手続きをしなければいけないので、手間がかかります。

また、いつ売れるかわからず、買い手がいなければいつまでも処分することができないため、処分に時間をかけたくない場合はおすすめできません。

ネットオークション、フリマアプリのおすすめポイント
  • 購入者が現れれば、利益が得られる
  • 自分の好きな値段で売れる
ネットオークション、フリマアプリのデメリット
  • 梱包や配送手続きに手間がかかる
  • 購入者がいなければ処分できない

ネットオークション、フリマアプリでスチールラックを処分するときの手順

ネットオークションやフリマアプリでスチールラックを処分するときの手順は以下の通りです。

ここではメルカリでスチールラックを出品する方法をご紹介します。

STEP.1
アプリをインストールし登録する
メルカリ

メルカリをインストールし、会員登録をします。メールアドレスやパスワードを入力します。FacebookアカウントまたはGoogleアカウントで登録することも可能です。

STEP.2
スチールラックを出品する
スチールラックを出品する

登録後、スチールラックを出品しましょう。出品するときは、「写真」「販売する価格」「商品状態」などを掲載します。
商品に関する説明を詳しく書くと、信頼性が上がるため購入される確率が上がります。

STEP.3
購入者が現れたら、発送する
購入者が現れたら、スチールラックを発送します。商品の大きさによって、配送料金が異なるため事前に確認しておきましょう。梱包をやってもらえる大型らくらくメルカリ便という出品方法もあります。
参照元:メルカリ

リサイクルショップでスチールラックを買い取ってもらう

スチールラックの状態が良ければ、リサイクルショップで買い取ってもらうことも可能です。

リサイクルショップは出張買取を行なっているところもあるため、対応エリアにお住いの方はお店まで運ぶ必要もありません。

ただし、出張査定だけで費用を請求されることもあります。

無料で出張査定を行なっている業者を選ぶと良いです。

リサイクルショップのおすすめポイント
  • 売れればお金になる
  • 無料の出張査定なら家から運び出す手間が省ける
リサイクルショップのデメリット
  • お店が近くにないと利用することができない
  • 買取金額がお店によって異なる

スチールラックの買取が難しい場合

また、以下の項目に該当する場合は、買取は難しいといえます。

スチールラックの買取が難しい場合
  • 目立った汚れや傷がある
  • 製造年数が古い

スチールラックは、サビついていると買い取ってもらえません。

また、製造年数が5年以上前のものは売却できないと考えておきましょう。

お店の引き取りサービスでスチールラックを回収してもらう

家具の販売店で、不要になった家具の引き取りサービスを行なっている業者があります。

ただし、引き取りサービスを利用するにはお店で新たに家具を購入しなければいけません。

そのため、家具を買い換える予定がない方は他の方法を選択しましょう。

引き取りサービスのおすすめポイント
  • 新品の家具を届けてもらうタイミングで、引き取ってもらえる
  • 自分で処分する手間が省ける
引き取りサービスのデメリット
  • 購入者しか引き取りサービスを利用できない
  • 家具の購入代金とは別にお金がかかることもある

引き取りサービスでスチールラックを処分するときの手順

お店で家具を購入した時は、スタッフの方に引き取ってもらいたい家具がある旨を伝えましょう。

ネットショップで家具を購入したとき、引き取りサービスで家具を処分する時は、以下のような流れになります。

ここでは、ニトリの引き取りサービスの利用方法をご紹介します。

STEP.1
商品を選択する
ニトリの引き取りサービスを利用する時の流れ1
STEP.2
画面右上のカートをクリック
ニトリの引き取りサービスを利用する時の流れ2
STEP.3
引き取りサービスを利用するを選択する
ニトリの引き取りサービスを利用する時の流れ3
参照元:ニトリ

ニトリや大塚家具などのお店では家具の引き取りサービスを行なっています。

お店によってサービスを利用できる条件は異なるので、詳しい情報が知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して、スチールラックを処分することも可能です。

不用品回収サービスを利用すれば、スチールラック以外にもご自宅の不用品をまとめて処分することができます。

大きな家具・家電の処分にお困りの方におすすめの方法です。

不用品回収業者のおすすめポイント
  • ご自宅の不用品をまとめて回収してもらえる
  • 即日で回収してもらうことができる
  • 電話一本で簡単にスチールラックを処分できる
不用品回収業者のデメリット
  • 他の方法より処分費用がかかる
  • 悪徳業者に引っかからないように注意が必要

不用品回収業者でスチールラックやシェルフを処分するときの手順

不用品回収業者の依頼から回収作業までの流れは以下の通りです。

STEP.1
不用品回収業者を選び、申し込む
まず依頼する不用品回収業者を選び、申し込みをします。電話やメールで業者に問い合わせましょう。
STEP.2
見積もりをする
次に、見積もりをしてもらいます。見積もりは電話で行うか訪問に来てもらうか選べます。正確な料金を知りたい場合は、訪問の見積もりを選びましょう。見積もりは基本的にどの業者も無料で行なっているため、提示料金に納得できなければ断りましょう。
STEP.3
回収作業をしてもらう
見積もり金額に納得いけば、スチールラックを回収してもらいます。訪問見積もりの場合は、そのまま回収作業に入ります。電話で見積もりをしてもらった場合は、指定した日に業者が回収に来てくれます。
STEP.4
料金を支払う
回収作業が終わったら、料金を支払って完了です。クレジットカードを利用できる業者とできない業者があるので、気をつけてください。

スチールラックを分解して自分で処分することは可能?

スチールラックを分解して自分で処分することは可能?

スチールラックを分解して処分したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、スチールラックを解体して処分することは可能ですが、あまりおすすめはしません。

スチールラックを細かく解体できれば、不燃ゴミに出せるので、安く処分することができます。

ただし、ハンマーや電動ノコギリなどを使って無理やりカットしようとすると、怪我をする恐れもあります。

不燃ゴミで処分するとしたら、30センチ角以下にしなければなりません。

工具の扱いに慣れている人は別ですが、時間も労力もかかるため、ネジを外すなどできる範囲で解体しましょう。

スチールラックや不要な家具をまとめて処分するなら不用品回収サービスがおすすめ!

スチールラックや不要な家具をまとめて処分するなら不用品回収サービスがおすすめ!

スチールラックや不要な家具をまとめて処分するなら不用品回収サービスがおすすめです。

先ほどもお伝えしましたが、不用品回収業者を利用すれば、最短即日でスチールラックを回収してもらえます。

さらに、スチールラック以外の不用品もまとめて回収してもらえるため、不用品の処分に手間をかけたくない人におすすめです。

口コミ評判の良いおすすめの不用品回収業者「KADODE」

kadode

KADODEは全国1都19県で不用品回収サービスを展開している業者です。

年間10,000件の実績があり、即日対応も行なっています。

また、作業費用の見積もりを全て無料で行なっているのも人気の秘密です。

料金体系は、定額パックをとっており、作業費やスタッフ追加費など他の業者では追加料金となる費用がまとめて含まれています。

KADODEは24時間365日依頼を受け付けているため、急な予約にも対応してもらえます。

即日対応可能で、信頼できる不用品回収業者をお探しの方はKADODEを利用してみてはいかがでしょうか。

KADODEのおすすめポイント
  • 最短1時間で不用品を回収してもらえる
  • 24時間365日依頼を受け付けている
  • 定額パックがあるから、不用品をまとめて安く処分できる

KADODEの口コミ評判

みんなの評判
引っ越し前にどうしても家具を処分したいと思い、急な依頼も受けている業者を探し、KADODEを見つけました。
早く終わればありがたいと思ってのですが、伝えられていた何倍も早く作業が終わり、びっくりしました。
料金も定額プランを利用したのでそこまで高くなく、こちらの要望を柔軟に聞いてもらえたので、また何かあれば利用したいと思います。
みんなの評判
引越し前に不用品回収を依頼したいと思い、お願いしました。
不用品回収業者を利用したことがなかったため、依頼する前は少し不安がありましたが、スタッフさんが丁寧に説明してくれたので安心できました。
処分したい家具がいくつかあったので、いくらかかるか不安でしたが、定額パックを利用したので、思っていたよりも安く済みました。
スタッフさんは仕事のできる人で、スピーディーに作業をこなしてくださりとても助かりました。
上記のような口コミが見つかりました。

KADODEは口コミ評判が良く、リピーターも多いようです。

まとめ

まとめ
  • スチールラックを処分するときは素材を確認する
  • なるべく費用をかけずにスチールラックを処分するなら自治体で処分する
  • 自治体で処分するときは地域のルールに従う
  • 買い替えを検討しているなら引き取りサービスを利用する
  • 不用品をまとめて処分するなら不用品回収業者がおすすめ

今回はスチールラックとメタルラックの違いやスチールラックの処分方法5選をご紹介しました。

5つの方法からご自分の都合にあった方法を選びましょう。

ソファ引き取りサービス10社徹底比較!費用相場とおすすめ方法も掲載 エアコンの引き取りサービス9社徹底比較|無料で処分する方法も!?ヤマダ電機やケーズデンキも解説 ソファの処分方法9選!粗大ごみでの出し方やお得に処分する方法などを紹介 不要なマットレスを捨てる方法5選|IKEAやニトリ、無印良品の引き取りサービスはお得?