遺品整理の時期について徹底解説

ライターのガス抜き方法は?ライターの正しい捨て方を徹底解説

ライターのガス抜き方法は?ライターの正しい捨て方を徹底解説

ライターってガス抜きしないとダメ?

どうやってライターのガス抜きをするの?

本記事ではこういった疑問をお持ちの方に向けて、ライターのガス抜き方法を徹底解説していきます。

ライターはガス抜きをしないと発火の危険があります。

事実、ライターがゴミ収集車の中で発火し火災に繋がるという事件は全国的に多発しています。

場合によっては人の命を奪いかねませんので、ライターのガス抜きは必ず行いましょう。

ライターのガス抜き方法から処分方法、ライター以外に発火の危険があるゴミなど詳しく解説していますので、ぜひとも最後まで読んでいただければと思います。

ライターのガス抜きの必要性とは?

ライターのガス抜きの必要性とは?

冒頭でもお伝えしたように、ライターはガス抜きをしなければ発火の危険性があります。

ガスが残っている状態でゴミ収集車の中でライターが破損するとオイルが漏れだして、それが原因となって火災に繋がってしまいます。

ガス抜きをすることで発火する危険性は無くなりますが、ガス抜き後も正しい処分をする必要があるので、ライターの処分には細心の注意を払ってくださいね。

ライターのガス抜き手順

ライターのガス抜き手順

早速ライターのガス抜き手順について解説していきます。

ライターにも様々な種類がありますが、まずはもっとも多く使われている100円ライターのガス抜き方法から見ていきましょう。

ライターを通常通り着火させてから吹き消す

まずは火の気がなく風通しが良い場所へ移動しましょう。

そこでライターを通常通り着火させてください。

ガスは火がついていなくても消費できるので、その後すぐに吹き消しましょう。

この際ガスのレバーは押し込んだままにしておいてください。

テープや輪ゴムなどを使いレバーを固定する

ガスのレバーを押し込んだまま、テープや輪ゴムなどを使い、レバーを固定します。

最近のライターはレバーが固いものが多いので、強力なガムテープなどを使うと安定して固定できます

レバーを固定すると火がつかないままガスが漏れている状態になります。

ライターの音をよく聞いて「シュー」とガスが漏れている音がしていれば問題ありません。

火の気がなく風通しが良い場所で放置

そのままライターのガスが漏れている状態にして風通しの良い場所で放置してください。

ガスは漏れている状態なので、屋外など必ず火の気がない場所で放置しましょう。

ガスの量にもよりますが、基本的に1日もあればガスは抜けきります。

1日経ったら再度ライターの着火を試みて、火がつかなければガス抜きは完了です。

注意点
火が着いた場合は、ガス抜きがうまくいっていないということになります。特にレバーの固定に気を付けて、再度同様の手順を行ってください。

注入式ガスライターのガス抜き手順

注入式ガスライターのガス抜き手順

続いて注入式ガスライターのガス抜き手順について解説していきます。

注入式ガスライターも100円ライターと同様にガス抜きをしないと火災に繋がる恐れがありますので、必ず以下の手順を行ってくださいね。

ガス注入口をつまようじなどで押し込む

100円ライター同様に、火の気がなく風通しの良い場所へ移動してからガス抜きを始めます。

用意するものは、つまようじやドライバーなどの先が細くてある程度頑丈なものです。

注入式ガスライターのガス注入口につまようじなどを押し込みます。

すると「シュー」とガスが漏れている音がします。

音がしない場合はうまく押し込めていないので、別のもので押し込むか、角度を変えるなどして調節してください。

音がしなくなるまで押し続ける

そのまま音がしなくなるまでガス注入口を押し続けます。

音がしなくなったらガス抜き完了です。

最後は念のため火が着かないか着火確認をしておきましょう。

火が着いた場合はもう一度ガス抜きをしてください。

ライター用ガスボンベのガス抜き手順

ライター用ガスボンベのガス抜き手順

注入式ガスライターを使っている方はライター用のガスボンベも持っているかと思いますので、そのガス抜き方法についても解説していきます。

ライター用ガスボンベもライター同様にガス抜きが必要なので、必ず以下の手順を行ってくださいね。

ボンベの先端を地面に押し込む

ライター同様に風通しの良い屋外へ移動してください。

周りに火の気が無いことをしっかりと確認したら、ボンベの先端を下に向けて地面に押し込みます。

地面に対して垂直だとガスが抜けにくいので、ある程度斜めに傾けて地面に押し込みましょう

ポイント
気化熱が働いてボンベが異様に冷たくなりますが危険はありませんので安心してください。

音がしなくなるまで押し続ける

そのまま音がしなくなるまでガスボンベを押し続けます。

残量にもよりますが、大体3分もあればガス抜きは完了します。

ライターの正しい捨て方

ライターの正しい捨て方

続いて、ライターの正しい捨て方について見ていきましょう。

場合によってはガス抜きをしなくてもライターは処分できますので、ガス抜きが面倒な方はぜひとも参考にしてくださいね。

ガス抜き後自治体の指示に従って出す

自治体の指示に従って出す方法が最も一般的な処分方法ですね。

前述したガス抜きを行い、自治体が指定する方法に従ってライターをゴミに出しましょう

可燃ゴミとして出す場合や、発火性危険物として別で出す場合や、不燃ゴミとして出す場合、などなど自治体によってさまざまなので、調べておいてください。

知人にあげる

知人にあげるのも一つの手です。

ガス抜きをする必要がありませんし、知人にとってもライター代が浮くのでメリットしかありません。

不用品回収業者を利用する

ガス抜きをしたくないし、貰ってくれる知人もいない場合は不用品回収業者がおすすめです。

お金がかかってしまうので、ライターの処分だけで依頼するのはもったいないですが、他にも処分に困った不用品がある場合はかなり重宝します

電話一本で場合によっては即日も受け付けているので、今すぐ家の不用品をまとめて処分したいなら、ぜひとも活用してみてはいかがでしょうか。

ライターの危険な捨て方

ライターの危険な捨て方

続いて、やってはいけないライターの危険な捨て方について解説していきます。

それでは早速見ていきましょう。

叩いてガス抜きをする

ライターは叩いてガス抜きをしてはいけません。

金槌で叩いたり地面に叩きつけることで、ライターが破損してガスが抜けはしますが、非常に危険です。

叩いた際に、ライターに火花がつくとあっという間に燃え広がってしまい、火災に繋がる恐れがあるので絶対にやめておきましょう。

ガス抜きをせずに解体する

ガス抜きをせずに解体するのも同様に理由で危険です。

ライターは自治体によっては解体を推奨していることがあります。

ガス抜きをしていない状態で解体をすると、解体の際に生じた火花が漏れ出たガスに引火して火災になりかねません。

解体をする場合は、必ずガス抜きをした後にしましょう。

ライター以外にガス抜きが必要なゴミ・危険なゴミ5選

ライター以外にガス抜きが必要なゴミ・危険なゴミ5選

最後にライター以外にガス抜きが必要なゴミ・危険なゴミ5選を紹介していきます。

ライター以外にもゴミ収集車の中で発火に繋がる恐れのあるごみはたくさんあります。

今回はその中でもメジャーなもの5選を紹介していきますので、ぜひとも覚えていただければと思います。

ライター以外にガス抜きが必要なゴミ・危険なゴミ

スプレー缶

スプレー缶はライター同様にガス抜きが必要です。

スプレー缶は、ガス抜きキャップを使ったり、専用の器具で穴をあけたりすることでガス抜きができます。

ライター同様に火の気がない屋外で必ず行ってくださいね。

ただし自治体によっては穴をあけずに提出する場合があるので必ず確認しておきましょう。

カセット式ガスボンベ

カセット式ガスボンベも基本的にガス抜きが必要です。

ただしスプレー缶と同様に自治体によっては処分方法は異なります。

カセット式ガスボンベはスプレー缶以上に危険なので、取り扱いには十分注意しましょう。

缶入り固形燃料

キャンプなどでよく使われる缶入りの固形燃料も、危険なゴミの1つです。

自治体で名指しで表記されることが少ないので、処分方法が分からないことも多いかと思います。

何もわからないまま可燃ごみなどに出すと危険なので、必ず自治体に問い合わせて処分方法を確かめてくださいね。

リチウム電池

リチウム電池は非常に危険です。

取り扱いを間違えると火災に発展しやすいので、必ず自治体の処分方法を確認してください。

基本的には可燃ゴミにも不燃ゴミにも出せません。

処分に不安がある場合は、近くのリサイクルサービスを利用しましょう。

加熱式・電子タバコ

加熱式・電子タバコも実はそのままゴミとして出してしまうと危険です。

近年のゴミ収集車の火災の原因の1つともなっていますので、必ず自治体の処分方法に従ってください。

ただし、まだ自治体が対応できていない場合があるので、自治体が処分方法を指定していない場合は、必ず電話などで問い合わせをしましょう。

まとめ

ライターのガス抜きは面倒ではありますが、処分をする上で非常に重要な工程となっています。

何も考えずそのままゴミに出してしまうと、大きな火災になる恐れがあります。

また、ガス抜きが必要なゴミや危険なゴミはライターだけでは無いので、気を付けてくださいね。

ガス抜きが面倒なら知人に譲るか、不用品回収業者に依頼するのも一つの手ですよ。

ライターのガス抜きまとめ
  • ライターはガス抜きをしないと発火の危険がある
  • 100円ライターはレバーを固定してガス抜きをする
  • 注入式ガスライターは注入口からガス抜きをする
  • ガスボンベは先端を押し付けてガス抜きをする
  • ガス抜き後は自治体の指示に従いゴミ出しする
  • 叩いてガス抜きをするのは危険
  • 加熱式・電子タバコも捨てる際は注意する