遺品整理の時期について徹底解説

ヘッドホンの捨て方5選!正しい処分方法や費用をわかりやすく解説!

ヘッドホンの捨て方5選!正しい処分方法や費用を解説

壊れたヘッドホンはどうやって捨てればいい?
ヘッドホンの捨て方がわからない…

上記のようにヘッドホンの捨て方がわからず、お困りの方はいませんか?

ヘッドホンは日常生活で頻繁に使用する物なので、壊れてしまうことも多々ありますよね。

処分方法がわからず破損してしまったり、使わなくなったりしたヘッドホンを放置している方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はヘッドホンの正しい処分方法5選を詳しく解説します。

この記事を読めば、ヘッドホンを賢く処分できること間違いなしです!

知っておけば役立つ!ヘッドホンの寿命とよくある故障原因

ヘッドホンの寿命とよくある故障

まず、ヘッドホンの寿命やよくある故障についてご紹介します。

ヘッドホンの寿命はどれくらいなのかと気になりますよね。

ヘッドホンの寿命
一般的に、ヘッドホンの寿命は有線タイプが3〜5年ほど、無線タイプが2〜3年ほどが目安です。

しかし、ヘッドホンの寿命は使用状況によって異なります。

毎日ヘッドホンを使用している人と週に1度しか使用しない人では、毎日使用する人の方が壊れやすいといえます。

買い替えを検討している方は、故障する前に買い取りを利用すると良いでしょう。

ヘッドホンのよくある故障

ヘッドホンのよくある故障原因は以下の2つです。

ヘッドホンのよくある故障
  • 物理的破損:ヘッドホンの破損やケーブルの断線など
  • 経年劣化:イヤーパッドの劣化など

物理的破損とは本体を落としてしまったり、コードが切れてしまったりして使えなくなってしまった状態を指します。

経年劣化は使用に伴って、イヤーパッドの部分がボロボロになってしまうケースがあります。

ヘッドホンが故障してしまったときは、壊れやすい状態にあるため、修理するよりも買い換えるのがおすすめです。

次の章で、ヘッドホンの処分方法を見ていきましょう。

ヘッドホンを最も賢く捨てるための処分方法5選を解説

ヘッドホンを最も賢く処分するための方法5選

では、ヘッドホンの処分方法5選をご紹介します。

それぞれの処分方法を比較して、あなたの都合に合った方法を選択しましょう。

1つずつ詳しく見ていきます。

ヘッドホンを可燃ゴミまたは不燃ゴミに出す

ヘッドホンは、可燃ゴミや不燃ゴミといった普通のゴミとして処分することができます。

可燃ゴミまたは不燃ゴミに出せば、ヘッドホンを無料で捨てることができます。

お住いの地域によってゴミの分別は様々です。

粗大ゴミに分別しなければいけない地域もあります。

間違った方法で処分すると、回収してもらえない可能性があります。

ご自分で判断してヘッドホンを処分するのではなく、必ず自治体のホームページを確認してください。

可燃ゴミや不燃ゴミで処分するときの特徴
  • 処分費用:無料
  • 普通のゴミに捨てられるから簡単
  • ゴミの分別を確認する必要がある

ヘッドホンのゴミ分別を各地で比較

ここでは東京都、神奈川県、大阪府の3つの地域のゴミの分別を比較してみましょう。

地域東京都練馬区神奈川県横浜市大阪府大阪市
ゴミの分別不燃ゴミ可燃ゴミ
*金属製のものは小さな金属類へ
可燃ゴミ
小型家電回収ボックスでの回収×

比べてみると、地域によってヘッドホンの分別が異なることがわかりますね。

ですから、お住いの地域のゴミ分別は必ず確認してください。

小型回収ボックスでヘアアイロンを回収してもらう方法は後述しています。

ヘッドホンを回収ボックスに入れてリサイクルする

ヘッドホンを指定場所にある回収ボックスに入れて処分する方法もあります。

自治体によっては、ヘッドホンをリサイクルするために回収を行なっています。

小型家電リサイクル法が施行され、小型家電を回収する自治体が増えてきました。

小型家電リサイクル法とは、それまで処分していた小型家電の金属資源をリサイクルするために成立した法律です。

回収ボックスの場所は、地域ごとに異なりますがスーパーや家電量販店に設置されているところもあります。

お近くの回収ボックスがどこにあるか検索してみましょう。

自治体の回収ボックスで処分するときの特徴
  • 処分費用:無料
  • 自治体によってはリサイクルの対象品目となっている
  • スーパーや家電量販店に回収ボックスが設置されている地域も
  • 回収場所は自治体によって異なる

販売店にヘッドホンを買い取ってもらう

販売店にヘッドホンを買い取ってもらうことも可能です。

人気のあるヘッドホンをお持ちの方は高価買取をしてもらえる可能性もあります。

ヘッドホンがまだ使用できて、綺麗な状態であれば買い取ってもらいましょう。

お店によって査定金額が異なります。

より高価に買い取ってもらいたい方は、何社か比較すると良いです。

すでに壊れてしまっていたり、傷のあるものは他の方法で処分するようにしましょう。

買取処分の特徴
  • 処分費用:無料
  • 人気のあるメーカーは高価買取の可能性もある
  • ヘッドホンの状態によって値段が異なる
人気のあるヘッドホンのメーカー
  • SONY(ソニー)
  • Beats(ビーツ)
  • AKG by HARMAN(アーカーゲー)
  • SENNHEISER(ゼンハイザー)
  • audio-technica(オーディオテクニカ)

買取りの注意点と取り扱い店

ヘッドホンを買取ってもらうためには、いくつか注意点があります。

以下の点をチェックしましょう。

ヘッドホンの買取で気をつけること
  • 製造年式が古すぎると買い取ってもらえない
  • 購入したときの付属品を揃えておく
  • 買取前にヘッドホンを掃除しておく
  • 買取には運転免許証などの身分証明書が必要
ヘッドホンの買い取りができるかは、製造年式や商品の状態によって変わります。

汚れなどは事前に掃除をしておくと良いです。

また、買取を利用する際は運転免許証などの身分証明書が必要です。

多くの場合、未成年の方は買取ショップを利用できません。

未成年でヘッドホンを買取に出したい場合は、保護者同意書を使用するか、保護者の方に申し込んでもらうようにしましょう。

ヘッドホンの買取を行う販売店

インターネットで売却する

ヘッドホンをインターネットで売却することもできます。

インターネットで売るときは、ラクマ!やメルカリを使用すると良いです。

メルカリなどのフリマアプリは知名度があり、多くの人が使用しています。

知名度がある分、出品することで売れる可能性が上がります。

しかし、購入者がいないといつまでも処分することができません。

梱包や発送をご自身で行う必要があるので、手間がかかります。

ネットで売却するときの特徴
  • 処分費用:発送費用のみ
  • ヘッドホンを好きな値段で売れる
  • 買ってもらえれば利益になる
  • 梱包や発送は自分でやる必要がある

不用品回収業者に依頼する

ヘッドホンの他に処分したい不用品がある方は、不用品回収業者を利用する方法もあります。

ご家庭にある大きな家具や家電も回収してもらえるので、不用品を簡単に処分することができます。

不用品回収業者によっては、連絡から回収作業まで最短即日で対応可能です。

忙しくて空いている日が限られているという方でも自分の都合に合わせて、日程を決めることができます。

見積もりは無料で行なっている業者も多いので、金額を確認してから依頼することが可能です。

時間や手間をかけずに不用品を処分したい方にぴったりです。

ただし、ヘッドホンのみを処分したい場合は不用品回収を利用すると高くついてしまう恐れがあります。

不用品回収業者の処分費用と特徴
  • 処分費用:処分する不用品の量によって異なる
  • ヘッドホンを含めた不用品をまとめて回収してもらえる
  • 依頼すれば最短即日で作業してもらえる
  • 悪徳業者に気をつける必要がある

ヘッドホンを含めた不用品をまとめて処分するなら不用品回収サービスがおすすめ

kadode

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、
千葉、静岡、愛知、
大阪、兵庫、奈良、
岡山、山口、広島、
福岡、佐賀、長崎、
大分、熊本、宮崎、鹿児島
受付時間24時間
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

ヘッドホンなどの不用品をまとめて処分するなら不用品回収サービスを利用しましょう。

どの不用品回収業者を利用するかお悩みの方は、KADODEがおすすめです。

KADODEは24時間365日依頼を受け付けています。

時間帯を問わず土日や夜間帯でも依頼できるため、忙しい方でも問題なく利用できます。

また、KADODEの料金体系は定額パックなので、他の業者では別費用となるスタッフ追加費用や掃除作業費がパックに含まれています。

数点の不用品をまとめて処分したいときに利用すると、とてもお得です。

見積もりは全て無料で行なっているので、見積もりを出してから利用するか決めると良いです。

KADODEの特徴
  • 依頼から最短即日で対応してもらえる
  • 料金プランがわかりやすく、見積もりは全て無料
  • リピーターが多く、顧客満足度も高い!

まとめ

今回はヘッドホンの捨て方や処分費用をご紹介しました。

ヘッドホンを簡単に処分するには、可燃ゴミまたは不燃ゴミで処分しましょう。

しかし、壊れていないヘッドホンなら買い取ってもらえる可能性もあります。

お持ちのヘッドホンの状態やあなたの都合に合わせて、処分方法を選択しましょう。

不用品の処分にお困りの方は以下の記事もご覧ください。

ヘアアイロンの捨て方4選!費用と正しい処分方法を紹介ヘアアイロンの捨て方4選!費用と正しい処分方法を徹底解説! MDの処分方法6選!MDの捨て方やデータの移行方法をご紹介MDの処分方法6選!MDの簡単な捨て方やパソコンにデータを移行する方法をご紹介! ソファの処分方法9選!粗大ごみでの出し方やお得に処分する方法などを紹介 エアコンの引き取りサービス9社徹底比較|無料で処分する方法も!?ヤマダ電機やケーズデンキも解説