遺品整理の時期について徹底解説

砂利の処分方法徹底解説!砂利の捨て方をご紹介

処分方法

砂利のような鉱物は可燃物でもない、金属でもない、石の一種とはいってもリサイクルできるような石でもありません。

庭に敷き詰めた砂利が不必要になったとき、処分方法が分からない、と困った経験のある方も多いのではないでしょうか。

少量の砂利であればまだましではありますが、たとえ一粒一粒が少量であっても専門の業者によって敷き詰められたような多量の場合、処理方法にかなり悩むと思います。

この記事では、不要になった砂利を処分する方法を紹介していきます。

砂利はどうやって捨てるのかな?

砂利の処分方法5選!

砂利の処分方法5選

砂利を処分すると一言でいっても、さまざまな方法があるため5つの方法に分けて紹介していきます。

自分に適した方法を見つけてみて下さい。

5種類の処分方法
  1. 自治体にゴミとして出す
  2. ホームセンターで処分する
  3. 業者に引き取ってもらう
  4. 庭に埋める
  5. 欲しい人に譲る

砂利の処分方法5選!①:自治体にゴミとして出す

まずは普通にゴミとして出せる場合です。

少量の砂利を処分する場合であれば、自治体にゴミとして処分依頼をすることができます。

不燃ゴミとして回収されたり、がれき・コンクリート扱いとなりごみ処理センターにて持ち込むことによって数百円ほどで処分して貰える可能性もあります。

ですがここで注意しなければならないのがゴミの分類やゴミとして出せる量などは、実際にお住まいの各自治体によって規定が異なるため、お住まいの自治体への事前確認が必須です。

更に、自治体によっては指定のゴミ袋や、専用の処分箱などがある場合も多いので気を付けましょう。

石や土、草などが混ざっていると処分してくれないこともあるため、なるべく綺麗な状態にしておくということも大切です。

しかし自治体は一般的に、砂利などの鉱物類に関しては処理困難ゴミとして回収不可能となっていることがほとんどなので担当の部署に事前に問い合わせる等して確認が必要です。

砂利の処分方法5選!②:ホームセンターで処分する

新しく砂利を購入する、という条件でホームセンターにて砂利を処分してもらえる場合があります。

砂利を新しくするために現在の砂利が不要になり、新しい砂利をホームセンターで購入する代わりに無料で古い砂利を処分しますという意味です。

下取りの感覚と似ていますね。

キャンペーンなどでやっている場合があるので事前にホームセンターに問い合わせたり確認するとよいでしょう。

砂利を新しくする予定なのであれば、無料で処分してもらえるので最も適している方法とも言えますね。

ですがただ撤去のみをしたいという方には向かない方法になってしまいます。

砂利の処分方法5選!③:業者に引き取ってもらう

砂利の処分に困った際は、業者に相談してみるのも良いです。

例えば、石材店や植木屋などだと、有料で砂利の回収サービスを行っているところがあるためこれらの業者に回収を依頼すると、費用は掛かりますが簡単かつ合法に不要な砂利を処分してもらうことができます。

砂利の処分方法5選!④:庭に埋める

自分が所持する庭に埋めるという処分方法もあります。

自分だけで行うとだいぶ大変な作業になりますが、もし庭を駐車場にしたりリフォームをするタイミングがある場合は、業者に依頼すると砂利を庭に埋めてくれます。

注意が必要なのが、後に土地を売却する場合です。

この場合はこちらの処分方法は使えません。

また、大量の砂利の場合施工業者に依頼しても断られてしまう場合があるため、土地の売却予定がないのであればまず業者に相談してみるといいかもしれません。

砂利の処分方法5選!⑤:欲しい人に譲る

砂利の処分に費用を掛けたくないと考えているのであれば、砂利が欲しいという人に譲るのが一番経済的です。

砂利を新しく購入するとなると、敷き詰める広さや石材の種類によってかなり値が張る為、出費も高額になります。

そのため、中古でも欲しいという人は存在するため知人の中に砂利が欲しいという人がいない場合は、掲示板やSNSなどで募って欲しい人に譲るのも1つの手です。

または、自治体が発行する情報誌やネット上など、あらゆる場所で募集を掛けると譲ってほしいという人が見つかりやすいのでおすすめです。

ですが、ネットで引き取り手を募集する場合は、運搬のことも考慮して取引するようにしましょう。

砂利が多量な場合や運搬距離が遠い場合は、郵送費用など運搬に高額な費用がかかってしまうことがあるため、費用を抑えたいのであれば、地域を絞るなどして探しましょう。

砂利処分の際あると便利な道具6選!

処分の差異便利な道具

砂利を処分する際には、作業に適した道具を揃えると作業好悪率がグンとアップします。

また、力が無くても重い砂利の袋を簡単に運べるようになったりするため道具を一式揃えておくというのはとてもおすすめです。

処分するにおいて用意必須な便利アイテムが下記です。

用意するべきアイテム
  • 角スコップ
  • ジョレン
  • 一輪車
  • レーキ
  • 麻袋・ビニール袋
  • 竹ぼうき

砂利処分の際あると便利な道具6選!①:角スコップ

角スコップは広い範囲の砂利をすくって袋に入れるのに便利です。

普通の形のスコップより角スコップの方が砂利を救いやすく運びやすいです。

どうしても手に入らない時は普通の形のスコップでも代用可能です。

砂利処分の際あると便利な道具6選!②:ジョレン

ジョレンとは、先端が平べったくなっているクワのような形をした農機具です。

この農機具を引くことによって砂利を集められるので、より少ない力で作業ができるため、力のない方や女性にはありがたい道具となっています。

砂利処分の際あると便利な道具6選!③:一輪車

なんと一輪車が砂利処分するにおいて便利な道具として取り入れられています。

実は一輪車を利用すると一度に大量の砂利を乗せて運ぶのにとても便利なんです。

砂利処分の際あると便利な道具6選!④:レーキ

広い範囲に広がっている砂利を一か所に集めるの際に必須な道具です。

非常に効率よく砂利を一気に集めることができます。

砂利処分の際あると便利な道具6選!⑤:麻袋・ビニール袋

こちらはいたってシンプルですが、集めた砂利を入れて口を縛る際に使います。

砂利処分の際あると便利な道具6選!⑥:竹ぼうき

ごく一般的で一見そんなに便利なの?と思ってしまうかもしれませんが、砂利集めにはかなり役立つ道具です。

大きな砂利を取った後に残った小さな砂利をかき集めるのに使いましょう。

砂利の処分にかかる費用相場はどれくらい?

砂利処分の費用相場

業者に頼むとなるとどのくらいの費用が必要になるのか、というのが一番気になるところかと思います。

処分に掛かる費用としては、目安ですが一般的に大体40円/kgと定めている業者が多いです。

回収した鉱物質のリサイクルやリユースのルートが豊富な業者の中だと、15円/kg程度と低価格での回収処分をしているところもあります。

例えば砂利を敷く際には1m×1mの正方形、つまり1㎡の広さに約60㎏~80㎏の砂利が必要となるため、1㎡の広さで2,400円~3,200円ほどの処分費用がかかります。

駐車場の砂利を撤去する場合は普通乗用車1台分で約2.7m×6m=16.2㎡であるため、この広さの砂利を処分するだけでも38,880円~51,840円かかります。

砂利の処分費用を安く抑えるには?

処分費用安くする方法

更に回収量が増えれば人件費がプラスされ、重機を使用するとさらにオプションで料金が追加されていき、どんどん高額になってしまいます。

安くするポイントとしてダンプカー1台分や土嚢袋○個分といった単位で処分してくれる業者もいますので、そこに頼んでみるのも1つの手です。

また、自分で袋に入れて業者まで持ち込むと、相場よりも安く引き取ってくれる場合もあります。

また業者のサイト上にて、無料査定を行っているところもあるためいくつかの業者で査定をしてもらいそれを比較してみるのも良いでしょう。

処分する砂利の量が多ければ多いほど砂利の処分費用はその分高くなるため、砂利の量や費用などを考慮して業者を選ぶようにしましょう。

砂利を処分するときの注意点

砂利処分の注意点

砂利を処分する際、注意しなければならない事は自然に返すという意味で公共の川や海、山などに捨ててしまうことです。

不法投棄という違反行為になってしまうため、気を付けましょう。

どうしても自然に返したいということであれば、自分が所持している土地に捨てるようにしましょう。

水槽の砂利はどうしたらいい?

水槽の砂利

ここからは、水槽の砂利について説明していきます。

魚を飼ったときなど、水槽の下に砂利を使用するかと思いますが、その水槽を使い終わったときや掃除などで替えるときその砂利をどのようにされていますか?

処分方法をご存知でない方も多いのではないでしょうか。

また、水槽の砂は使い切りのものばかりだと思っているかもしれませんが、実は再利用可能なものがあります。

水槽に使用していた砂利の再利用方法5選!

砂利の再利用方法

底砂を再利用する際は、水道水で良く洗って天日干しをしてしっかり汚れを落とし天日で乾燥させつつ殺菌を行います。

再利用可能な砂の種類
  1. 大磯砂
  2. 五色砂利
  3. ガーネットサンド
  4. 田砂
  5. サンゴ砂
ここからは、水槽の砂利の処分方法と再利用方法についてご紹介します。

5種類の水槽の砂利の再利用方法①:大磯砂

水質がアルカリ性に傾きやすっく硬度上昇しやすいという特徴があるので、酸性の軟水での飼育が向いている生き物には向いていないため気を付けるようにしましょう。

この砂はとても硬い砂利なので、洗えば半永久的に再利用することが可能な砂です。

大きいものから小さいものまで大きさが多種多様です。

バクテリアが表面に棲みつきやすいので注意が必要です。

5種類の水槽の砂利の再利用方法②:五色砂利

メダカや金魚飼育での使用率が多い砂利になります。

この砂利は複数の色の異なる石が混ざっている砂利です。

こちらも洗うことで半永久的に使用可能ですが、色によって割れやすさが異なるため洗うときに石を割らないように、力加減に注意が必要です。

5種類の水槽の砂利の再利用方法③:ガーネットサンド

名前の通り、宝石の天然のガーネットを細かく砕いたものがこのガーネットサンドです。

大型魚や古代魚飼育で使われる底砂で粒はとても細かいですが、一粒一粒がとても硬く角がとがっているものもあるため、素手で洗うと怪我をする可能性があります。

手を切って怪我をしないように軍手をつけて洗いましょう。

5種類の水槽の砂利の再利用方法④:田砂

メダカの飼育に利用されることが多いです。

田砂自体の色合いが明るいため、底砂に使用することで水槽が明るくなることから、アクアリウムでもよく使われています。

粒が細かく、コリドラスなどの飼育にも使われますが、粘土質を含んでいることから水分を吸収すると固まりやすい特徴があります。

5種類の水槽の砂利の再利用方法⑤:サンゴ砂

サンゴという言葉はよく聞くかもしれませんがサンゴ砂とは、自然のサンゴの死骸が海で洗われながら砂状になったものをいいます。

サイズも微細なものからサンゴの形状がはっきりと分かる大きなものまで多種多様です。

大きなサイズはろ過で使用されたり、小さいものは底砂に使用されます。

固い砂であるため洗うことで使いまわしが可能ですが、かなり小さいサイズのものは水槽内での使用では嫌気層ができやすく、病原菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

洗った後に天日干ししてきちんと殺菌しましょう。

注意!再利用が困難な2種類の水槽の砂利

再利用困難な砂利

水槽の砂利の中にも、再利用が困難とされている砂利があります。

再利用困難な砂利
  • ソイル
  • ゼオライト

注意!再利用が困難な2種類の水槽の砂利①:ソイル

ソイルはメダカや熱帯魚飼育や水草飼育でおなじみの砂利の一つです。

土を焼いて固めたものなので手で簡単につぶれてしまいます。

基本的に1年程度で買い替える必要があります。

注意!再利用が困難な2種類の水槽の砂利②:ゼオライト

アクアリウムではろ材として使用されることの多い砂利の種類となります。

底砂用のものも販売されていて、アンモニアなどの成分を吸着するという特質があるものの、吸着できる量は限度があります。

再利用のためには同じ効果を得るために塩水で10回以上洗うことによって、やっとそこそこの吸着力が復活しますが、それだけでは足りません。

水槽に入れるにはしっかりと塩分を抜かなければならず、非常に手間がかかります。

上記の理由から再利用は不可能ではありませんが、買い替えをするのが望ましいです。

まとめ

まとめ

砂利の処分方法と再利用方法いかがでしたでしょうか?

砂利といっても庭で使われているものや水槽飼育などに使うものなど種類によって、処分するのか再利用するのか、処分するとしたら量や状況によってどの方法をとるのが適切なのか、吟味が必要なことが分かりました。

この記事を読んでご自身にとって適した処分方法、再利用方法を見つけてくださいね。