遺品整理の時期について徹底解説

学習机はいつ・どう捨てる?簡単な処分方法を詳しく種類別にご紹介!

子供も大きくなったし、そろそろ学習机も処分しようかな…

学習机ってどうやって捨てるべきなんだろう。

兄弟、姉妹、一人っ子でも学習机の使用年数はおよそ数十年に及びます。
子どもの使う学習机はシールや傷、汚れなどでボロボロになっていることが殆ど。

何年もそのまま使っているので、簡単に汚れを取ることも出来ない状態になっています。

他の人に使ってもらおうと、リサイクルショップに出しても、汚れがひどい場合は受け付けてもらえないことも。

しかし、処分するにも持ち運びが困難でずっとそのままになってしまっていることもあるのではないでしょうか?

学習机を捨てる方法7選をご紹介!

意外と捨て方に悩みがちな学習机。しかし、さまざま工夫によって学習机は簡単に捨てることができます。

ここからは、学習机を捨てるための7つの方法について紹介していきたいと思います。

自分で解体して処分する

こんな人におすすめ
  • 費用をかけずに処分したい方
  • 時間に余裕がある方
  • 車をもっていない方

解体することによって、木材である学習机も燃やすゴミとして捨てる事ができます。

ゴミ袋で処分できるので、車での持ち運びは必要ありません。ありません。費用をかけたくない方や、車をもっていない方はこの方法で捨てることが出来ます。

ただし、燃やすゴミ袋の指定サイズに収める必要があるので、解体にはかなりの体力と時間がかかるでしょう。

仕事で忙しい方や、引越しなどで時間が限られている方には向いていません。

不用品回収の業者に依頼する

不用品回収の業者に依頼する

こんな人におすすめ
  • 時間や手間をかけたくない方
  • 車を持っていない方
  • 出来るだけ早く処分したい方
  • 学習机以外に捨てるものがある方

学習机を捨てる中で、最も簡単で早く処分できる方法は不用品回収業者に回収を依頼する事です。

分別の必要もなく、解体作業も必要ないので、手間をかけることなく楽に処分できます。

業者がトラックで回収してくれるので、車の有無は必要ありません。回収作業はスタッフが全て行ってくれるので、力が弱い女性や、高齢者でも問題なく処分できるのが嬉しいところ。

注意点としては、引越しシーズンなどの繁忙期になると予約がとれないことがあることです。

余裕をもって依頼する必要があります。また、出張回収には対応可能な地域と、そうでない地域がありますので、自分が住んでいるところは対応出来るかホームページから確認しておく必要があります。

回収業者を選ぶなら、おすすめは「KADODE」です。他の回収業者に比べて、料金プランが豊富にあるところ。

荷物量に合わせて最適なプランで回収してもらえるので、無駄な費用がかからずに済みます。

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込む

こんな人におすすめ
  • ちょっとした収入にしたい方
  • 学習机を運べる大きさの車を持っている方
  • 学習机の状態が綺麗な方

せっかく捨てるなら、ちょっとした収入にしたい。
と考える方の場合は、リサイクルショップへの持ち込みが良いでしょう。

リサイクルショップは家電やブランド品以外にも、家具の買取が可能なので学習机の状態が綺麗な場合は、買取として受け付けてもらえます。

注意点として、ご自身で学習机をお店まで運ぶ必要がありますので、車が必須になります。
また、学習机を出来るだけ解体せずに持ち込まなければなりません。

車の中に十分、学習机を入れれるだけのスペースがあるかという点も注意が必要です。

ジモティなどのサービスを利用する

こんな人におすすめ
  • 費用をかけずに処分したい方
  • 学習机を運べる大きさの車を持っている方
  • 学習机の状態が綺麗な方

ジモティーなどの地域密着型サービスを利用すれば、自分の住んでいる地域で学習机を譲ることが出来ます。

手数料は一切かからないので、費用をかけずに処分したい方にはオススメの方法です。

注意点としては、学習机ほどの大きさになると引き取り手の方が車を持っていない場合は、ご自身が相手の自宅近くまで運ばなければならないという点です。

また、学習机が綺麗な状態でないと引き取り手がなかなか見つからないことも。

掲載してから、1か月以上引き取り手が見つからない場合は、他の方法で処分する方が良いかもしれません。

粗大ゴミとして出す

粗大ゴミとして出す

こんな人におすすめ
  • なるべく費用を抑えたい方
  • 時間に余裕がある方
  • 学習机を持ち運びできる人が複数いる方

処分するための費用を出来るだけ抑えたい方は、粗大ゴミとして学習机を捨てることが出来ます。

リサイクル券を購入して、自治体から指定された日時と収集場所に持っていくことで回収してもらえます。

ただし、自治体によっては解体しないと回収してもらえないことがあります。
学習机の解体も時間がかかりますので、時間に余裕がない場合は他の方法で処分しましょう。

また、解体が必要ない場合は学習机を収集場所まで持ち運ぶ必要がありますので、一人以上、力仕事が出来る人が必要になります。

オークションサイトやフリマサイトで売る

こんな人におすすめ
  • ちょっとした収入にしたい方
  • 時間に余裕がある方
  • 学習机の使用期間が浅い

オークションやフリマサイトを利用すれば、自分で値段を設定できるので希望に近い収入を得ることができます。

リサイクルショップや、粗大ゴミとして捨てるのに比べて、宅配による発送が出来るので、自分で持ち運ぶ必要がないのも嬉しいポイント。

注意点としては、使用感があり汚れや傷があると、なかなか買い手が見つからないので、学習机の状態が綺麗な状態に限るということです。

また、学習机を購入者に送る場合、発送料金が高額になってしまうという点にも注意しましょう。

家具の発送は特にかかりやすく、県を一つ越えるだけで1万円以上かかることもありますので、結果的に収入にならないこともあるので十分気を付けて下さい。

知人や友人の子供にお下がりとして譲る

知人や友人の子供にお下がりとして譲る

こんな人におすすめ
  • 費用を抑えたい方
  • 学習机を運べる車を持っている方
  • 知人や友人に子どもがいる方

知人や、友人に子供がいる場合は、お下がりとして譲ることで処分することが出来ます。

費用もかからず、自分の知っている人というだけあり、物寂しい気持ちにもならずに済みます。

誰かにまた使ってもらえるというのは、やっぱり嬉しいですよね。

せっかく知り合いの方に譲るのであれば、ある程度、状態復帰させた状態で渡すのがマストです。

シールや、落書きなどはしっかり取っておきましょう。

また、自分か相手が学習机を運べる車を持っているかという点に注意しておきましょう。

知人であれば解体してから渡すことも出来るので、どういった方法で受け渡しをするかしっかり相談しておくことが必要です。

学習机を回収する業者の選び方

学習机を回収する業者の選び方

回収業者を選ぶときは、悪質業者に気を付けましょう。

無断でチラシ配っていたり、街中をトラックでアナウンスしながら巡回したりしている殆どは、悪質業者の可能性が高いです。

ここからは、正しい回収業者を選ぶためのポイントについて見ていきたいと思います。

料金プランの詳細が明記されている

回収業者を選ぶときは、その料金プランの詳細がきちんと明記されているかを確認しましょう。

「回収料金タダ」というような宣伝文句を謳っている会社は悪質業者の可能性が高く、大変危険です。

タダで回収してもらえても、最終的に運搬料金や別の名目で高額費用を請求されることも。

安いからといってすぐに依頼せず、料金プランの詳細に違和感がないかどうか、しっかり確認したうえで、業者に依頼すること。

できるだけ分かり易い料金プランが設定されているところを選ぶのが良いでしょう。
費用の詳細が分かりずらいところは注意が必要です。

営業時間や対応時間が長い

営業時間や、対応時間が長いかどうかも選ぶポイントになります。
仕事などで忙しい場合でも、営業時間が長ければ気軽に依頼することができるのが嬉しいポイント。

営業時間が短い業者は、その時間のなかで複数の家に回収作業をして回るので、希望の日程や時間に対応してもらえないことも。

仕事おわりや、他の予定でなかなか都合が合わないという場合でも十分対応でしてもらえるように、営業時間が長いかどうかも合わせて確認しておくと良いでしょう。

無料見積もりを実施している

無料で見積もりをしてくれるか、という点も必ずチェックする必要があります。中には、見積もり後に不当な理由をつけて料金を請求するような悪徳業者がいるので注意しましょう。

料金がどのくらいかかるのか知りたいだけなのに、見積もりで料金を取られてしまうと、もったいないから、そこに依頼するしかない…ということになりかねません。

他の業者と十分比較して、安心して依頼できるとうに、見積もりが無料で出来るかどうかは事前に確認しておきましょう。

回収実績が豊富

回収実績が豊富にあるかという点も確認しておきましょう。
実績が豊富な業者であれば、経験もその分あるということ。

経験が豊富な分、しっかりとした対応力を持っているで、安心して依頼することができます。

反対に、実績がない会社は対応力がないということになります。

こちらの要望に合わせて回収してもらえなかったり、スタッフの作業に不備があったりと、様々なトラブルに見舞われる可能性も。

おすすめの不用品回収業者「KADODE」!

KADODE

先ほど回収業者を選ぶポイントについていくつか紹介しましたが、その中でおすすめなのはKADODEという回収業者です。

料金プランがわかりやすく、無料見積もり、回収実績もしっかりと明記されており、安心して依頼することが出来ます。

また、KADODEがおすすめの理由は、料金プランが他に比べて豊富に提供されているということです。

自分のゴミの量に合わせて最適なプランを選べるので、無駄なコストが発生せずに費用を抑えて捨てることが出来ます。

KADODE基本情報

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
受付時間24時間・365日 対応可能
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

営業時間も24時間対応しているので、緊急での対応や、仕事終わりなどにも対応してもらえるというのが嬉しいところ。

口コミでの評価も高いので、信頼と実績があるという点で安心して依頼することができます。

また、KADODEは不用品回収以外に、ゴミ屋敷の清掃・買取・遺品整理など幅広いサービスを提供しています。

不用品回収をしてもらいながら、買取サービスを合わせて利用することも可能なので、費用を抑えることも出来ます。

KADODEの料金プラン説明

料金プラン一覧
種類面積の目安価格
SSパック1㎡10,000円
Sパック1.5㎡15,000円
Mパック3㎡30,000円
Lパック5㎡50,000円
LLパック10㎡100,000円
3L以上30㎡要相談

通常の回収業者は、乗り放題プランなどのようなトラックに乗るだけの料金でプランが提供されています。

KADODEの場合は、少量の不用品でも回収してもらえるようにゴミの面積量に合わせてプランを選ぶことができるので、無駄な料金を削減出来ます。

また、プランのカスタマイズも可能なので、中途半端なゴミの量にも十分対応できます。

「まごころパック」を利用すれば、当日に出たゴミもプランの料金内として回収してくれるので、追加料金が一切かからないのも嬉しいポイント。

学習机とセットの椅子の処分はどうする?

学習机とセットの椅子の処分はどうする?

学習机と共に処分したいのは椅子や、サイドチェストです。
フリマサイトや、オークションになるとこれらの発送をまとめてすると、高額な発送料がかかってしまいます。

リサイクルショップや、ジモティーの場合も同じように、1度に全てを車で運ぶのにはやはり限界があります。

回収業者であれば、これらの問題は全て解決できます。全ての不用品をまとめて捨てられるのが回収業者のメリット。

もし、学習机以外に捨てたいものが複数あれば、回収業者で処分するのが最も良いでしょう。

学習机の捨て方まとめ

まとめ

  • 学習机の状態が悪いとリサイクルショップで買取の受け付けは難しくなる。
  • ジモティーなどのサービスを利用する場合は、車での発送をしなければならない。
  • フリマサイトやオークションを利用する場合は、家具の発送料が高額になりやすい
  • 粗大ゴミとして捨てる際は、解体する必要があるか自治体のホームページを確認する
  • 不用品回収業者を利用する場合は、あやしい業者ではないかをサイトからしっかり確認してから依頼する

いかがでしたでしょうか。
学習机がいつまでも処分できないまま、眠ってしまっている場合は、今回ご紹介した中から、状況に合わせて捨ててみてはいかがでしょうか。

いままで、学習机で占領されていた分、スペースが広くなり色んなインテリアや収納に再利用できると良いですね。