遺品整理の時期について徹底解説

学習机の捨て方/処分方法7選|おすすめの業者やそれぞれの処分費用を徹底解説!

学習机を捨てたいんだけどいい方法ないかな?

希望に応じた捨て方があるから見てみよう!

使わなくなって部屋の隅で埃がかぶっている学習机の扱いには困るものがあります。

学習机は子供が大きくなって家を出て行ってしまえば使われることはなくなります。思い出深いものですのでなかなか捨てる決心がつかず、部屋に置かれているのではないでしょうか。

しかし、学習机は大きなものですので、部屋のスペースをかなり占領しています。そんな部屋を占領している学習机を処分してしまえば、見違えるほど部屋がスッキリします。

家族が使っていた思い出のあるものかもしれませんが、思い切って捨ててみるのもいかがでしょうか。今回は、そんな学習机の捨て方について詳しく解説していきたいと思います。

→KADODE公式サイトはこちら

学習机の簡単な捨て方7選!

学習机の簡単な捨て方7選!

学習机はかなり大きな家具です。処分すると決めても、どうやって処分したらいいかわからないですよねよね…

当然ですが、燃えるゴミに出すことは出来ません。いくら木でできていて燃えそうなものでも、生ごみと一緒に出してはいけません。

学習机を処分するには、決められた方法がいくつかあります。紹介していきたいと思いますので、是非覚えていってください。

自治体に粗大ゴミとして回収してもらう

自治体のサービスを利用して処分することができます。自治体に依頼することで、決められた場所に捨てたい学習机を、指定された日時に置くことで回収してもらうことができます。

住んでいる地域によって方法は変わります。コンビニなどで処分費用を支払って、証書を張り付けたりなど、決まった方法がそれぞれあります。住んでいる自治体のホームページで確認しましょう。

年度ごとにゴミの出し方について書かれている冊子を住民に出している自治体もあります。冊子にも、粗大ゴミの出し方について、詳細に書かれていますので確認してみましょう。

自治体で回収を依頼する場合は、自分で持ち込まなければなりません。学習机は重量があって、大きくとても一人で運ぶことができないものが多いです。部屋から運び出す時は、必ず複数人で作業しましょう。

また、指定されたまで運ばなくてはならないので、軽トラックなどが必要です。

費用
300円~500円

自治体のゴミ処理場に持ち込む

清掃センターやリサイクルセンターなどのゴミ処理場へ直接持ち込むことで処分できます。

回収してもらう場合は自治体に依頼して、指定された日時に捨てに行く必要がありますが、自分で処分場へ持ち込むので、好きなタイミングで捨てることができます。費用も回収してもらうよりも安く済みます。

ただし、ゴミ処理場の受付時間内に持ち込む必要があるので、あらかじめ調べておきましょう。平日昼間受付で、土日は受付していなかったら仕事を休まなければいけません。

ゴミ処理場まで学習机を運ぶ必要があるので、軽トラックや人手用意する必要があります。

費用
200円~500円

フリマサイトで販売する

学習机は丈夫なものですので、古くなったとしても使えるものです。使えるものをお金を払って処分するのは勿体ないことだと思われる人もいるかと思います。

勿体なく感じたり、お金を払って処分することに抵抗がある人は、フリマサイトなどに出品することをおすすめします。

フリマサイトやオークションに出品することで、お金に換えることができます。また、自分で価格の設定ができるので、リサイクルショップに持ち込むよりも高い値段で売ることができます。

ただし、買い手が付くまでに時間がかかるデメリットがあります。最近ではフリマサイトは広く利用されていますので、売れやすくなっていますが、設定した価格が相場よりも高かったり、状態の良くないものだとなかなか売れません。

設定する価格を、相場と物の状態を見て適した金額にすることで手早く処分することができます。

汚れや傷は落とせる物でしたらなるべく落としておきましょう。汚れや傷が残る場合は出品する時に購入希望者に分かるようにしておくといいです。やり取りが終わった後に発覚すると後々トラブルになりかねません。

学習机は大きなものですので、梱包や発送が非常に大変ですが、その分利益を出すことができます。

費用
梱包・発送料金

知人や友人にあげる

知り合いに学習机を欲しがっている人に心覚えがあったら、その人に譲るのもひとつの処分方法です。

学習机は高いものだと50000円以上する高価なものです。子供がいる家庭ではほとんどが勉強机を持っていますが、子供が多い家庭は何個も学習机を購入するのは大変です。

そういった家庭に、学習机を譲ると非常に喜んでもらえます。とくに、新学期シーズン前の3月あたりは学習机の需要が高まりますので、近所の人に話しかけてみると欲しがる人がたくさんいます。

子供が長く使ってきた学習机は家族にとっても思い出深いものです。そんな思い出が詰まったものを、捨ててしまうのはなかなか忍びないことです。ですが、他人に譲って使ってもらうことは捨ててしまうよりもずっといい使い方です。喜んで受け取ってもらえるならそれに越したことはありません。

他人に譲るのでなるべく綺麗にしておくと良いでしょう。昔から馴染んだ落書きやシールにも思い出が待っているかもしれませんが、断腸の思いで消しましょう。

費用
0円

リサイクルショップに持ち込む

学習机を捨てる場合お金がかかります。通常、粗大ゴミを捨てる時はお金がかかるものですが、ゴミを捨てるだけでお金をかけなければいけないことに抵抗を感じる方がいると思います。

そういった方はリサイクルショップに持ち込みましょう。買い取ってもらえますので、お金をかけるどころか、お金をもらって処分することができます。

ただし、お金になるといっても数百円から1000円程度にしかなりません。期待できるほど高く売れませんので、お金をかけて処分するよりもマシだろうという気分で行きましょう。

リサイクルショップの買取金額に納得できなかったり、もっと高い値段で売りたい安倍はフリーマーケットサイトやオークションを利用しましょう。買い手が付くまで時間がかかることがありますが、自分で価格設定ができるので、好みの値段で売ることができます。

リサイクルショップに売りに行くので、持ち込む必要があります。学習机は大きくて重いものですので、軽トラックや人手を用意して持ち運びましょう。

費用
0円

団体に寄付・寄贈する

捨てるのがもったいなくて、周りに欲しがりそうな人がいない場合、寄付するのもひとつの処分方法です。

福祉施設や公共の施設などに連絡することで寄付することができます。学習机の寄付を募集しているような施設もあるので、連絡してみると快く受け取ってもらえます。

寄付をする場合学習机は綺麗にしておきましょう。寄付してしまえば不特定多数の人に利用されるものになるので、落書きなどの目立つ汚れは消しておかなくてはなりません。

落書きがあった方が逆に味があって逆に良いかもしれませんが、公共の場で使われるものです。誰が使っても良い状態にしておきましょう。

費用
0円

不用品回収業者に依頼する

早く、ラクに処分したい方は、不用品回収業者を利用して処分することをおすすめします。

不用品回収業者は多くの業者が24時間対応で、即日対応もしてくれますので、忙しい人でも、深夜や早朝などの仕事の合間でも気軽に利用することができます。

また、学習机は非常に重く大きなものです。部屋から出すだけでも一苦労です。階段があるような住宅だと危険を伴う作業になりかねません。そういった場合も不用品回収業者を利用することで安全に処分することができます。

不用品回収業者に依頼すると処分費用が高くかかりますが、その分プロに任せて処分することができるので、安心で、ラクに処分できます。

ただし、不用品回収業者には不法投棄をしたり法外な金額を請求するような悪徳業者が存在します。不用意に依頼すると悪徳業者に捕まりかねませんので、依頼する前にしっかりと業者について調べておきましょう。

費用
5000円~

学習机を自分で解体して処分する方法

学習机を自分で解体して処分する方法

学習机は粗大ゴミなので、通常の燃えるゴミとして出すことができません。

ただし、学習机は木でできているものがほとんどですので、ドライバーやのこぎりなどを使って木片にして小さく解体してまとめてしまうことで燃えるゴミとして出すことができます。

これならお金をかけずに自分で処分することができます。

お金をかけずに処分できますが、非常に重労働です。規定の大きさまで小さくしなくてはいけないので、何度ものこぎりで切る必要があります。とくに、天板は大きく分厚いものなので、のこぎりで何度も切ることはなかなか難しいです。電動のこぎりがあるとラクですがそれでも半日がかりで作業することになります。

一人で作業したり、女性の方がやるのは大変ですので、力自慢の男性を助っ人に手伝ってもらうといいでしょう。

必要な物
  • 電動のこぎり
  • ドライバー
  • 軍手
  • 屈強な男性

おすすめの不用品回収業者「KADODE」

KADODE

早く、ラクに処分したい場合不用品回収業者に依頼すると簡単に処分することができます。

今回は、不用品回収業者の中でもおすすめのKADODEを紹介していきたいと思います!

まずは紹介するのはKADODEの対応エリアです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 東海(静岡・愛知)
  • 関西(大阪・兵庫・奈良・神戸)
  • 中国(岡山・広島・山口)
  • 九州(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島)

不用品回収業者は関東を中心に活動しているイメージがありますが、KADODEは地方に住んでいる方でも利用することができます。

24時間対応可能で、即日対応もできます。「今すぐ処分してほしい!」とお考えの方は以下の電話番号に電話するか、お問い合わせフォームから申し込みをしましょう!

TEL 0120-966-926 お問い合わせ

悪徳業者が多くある不用品回収業者ですが、KADODEには多くの実績がありたくさんのリピーターがいるので安心して利用することができます。

24時間対応で、即日対応もしてくれますので、忙しい方でも気軽に利用することができます。昼間仕事で時間がない場合自分で捨てに行くこともなかなか難しいものです。KADODEに依頼すれば、早朝や深夜などの仕事の合間に利用することができるので、忙しい現代人にとって強い味方です。

安心して手早く処分してしまいたい方は、KADODEに依頼するといいでしょう!

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者と一言にいっても様々な業者があります。悪徳業者に捕まらないように注意することも大切ですが、より良質な業者を選ぶことでより安く、より早く処分することができます。

ここからは良い御者を選ぶポイントについて紹介していきたいと思います。

評判の良い業者を選ぶ

口コミや評判はその業者を選ぶうえで重要な情報です。業者が公開している情報はその業者にとって都合の良いことしか載っていませんので、利用した人の生の意見は参考になります。

スタッフの対応や、言葉遣いなど、細かいポイントを指摘している口コミには、実際にその業者を利用したユーザーでないと分からないことが書かれています。口コミは業者選びの情報収集に非常に有力です。

たくさんの実績をこなしている業者は良質な業者が多いです。とくに、リピーターが多い業者は良業者です。また使いたくなるような業者は印象がよくないと、リピーターにはなりません。

追加料金の少ない業者を選ぶ

不用品回収業者に依頼するとまずは、概算見積もりを教えてれます。見積もりなので、実際に払う金額ではありません。作業中に追加で料金がかかったりしますので、見積り金額とは違う金額になることがあります。

回収したいゴミが依頼したトラックを超過するとトラックを変更しなければなりませんので、追加料金がかかります。ゴミの量が超過しても適した料金にすることができる追加パックがある業者もありますので、ゴミの量が分からないときはこういった業者を利用しょう。

他にも追加料金がかかるケースは、階層が高い住宅に住んでいたり、作業人数が複数人になったりしたときに、追加料金がかかります。

業者の定額プランには、「2階まで無料」や「作業員2人まで無料」など追加料金がかからない料金プランがある業者もあります。

安い見積金額でお客を釣って、作業が終わった後に追加料金で、高額な金額を請求するような悪徳業者がいますので、追加料金があまりかからないような業者を選びましょう。

スタッフ対応の良い業者を選ぶ

言葉遣いなどのスタッフの対応の良さは業者選びで非常に重要です。ユーザーに満足してもらうよう、丁寧な言葉遣いを心掛けているので、対応がよければそれだけで良質な業者か分かります。

見積もり依頼をするときなど電話をしたときに受付での対応を気にしてみましょう。受付はお客との最初のコンタクトですので、良い業者程ここに力を入れています。

スタッフの対応を見るとその業者が良い業者なのか分かります。やはり言葉遣いが丁寧な方が印象がいいですよね。

学習机の捨て方まとめ

今回は学習机の捨て方について詳しくまとめてみました。子供が小さい時から長い間利用されてきた額数机です。使わなくなって部屋の中で埃をかぶっているからと言って、そんな思い出深いものを簡単には捨てられませんよね。

もちろん邪魔なものであれば捨ててしまった方がいいですが、人に譲ったり、寄付したりして、また新しい形で利用されるほうが素敵な使い方にもなります。

学習机を処分したい時は是非参考にしてみてください。