革財布クリーニングは自分でできる?専門店の料金相場とおすすめ業者もご紹介!

革財布クリーニングは自分でできる?専門店の料金相場とおすすめの業者をご紹介!

結婚祝いでもらった革の財布が汚れてきたんだけど、自分で洗えるのかな?
小物類の汚れって意外と目立つのよね。
普通のクリーニング屋さんで洗ってくれるのかしら?

大切なお気に入りの革財布。

手で触ることも多く、「手垢がついてしまうのはしょうがない」とあきらめている人も多いのではないでしょうか?

色を修復したりほつれを直してほしいなら、プロのクリーニングに依頼すれば修理が可能です。

しかし料金はどのくらいかかるのか、またどこに頼めば良いのか迷ってしまいます。

プロに直してもらう方法を思いつく人もいるでしょうが、修理専門店やクリーニングの料金相場がわからないとためらいますよね。

ここでは革財布のクリーニングをしている業者と料金、ご自身での手入れの方法を紹介するので参考にしてください。

汚れや傷で古くなった革財布をきれいにできる?

汚れや傷で古くなった革財布をきれいにできる?

革製品は耐久性や手触りの良さからよく利用されているアイテムです。

特に革財布は利用頻度が高く、知らず識らずのうちに汚れが蓄積していき色あせもしていきます。

また革製品はすぐに傷がついてしまうことも玉に傷です。

革財布にありがちなトラブル
  • 手垢が蓄積してきた
  • 知らないうちに傷がついた
  • ボールペンのインクがついた
  • 飲み物をこぼしてしまった
  • 雨が降って濡れた跡がシミになった

傷や汚れは革製品用の保護クリームを利用して落とすことが可能です。

しかし蓄積した汚れや目立つ傷は素人では難しく、汚れを落とそうとしてかえってダメージを与えてしまうことがあります。

革製品の補修を専門に行っている業者への依頼がおすすめです。

プロなら丸洗いなど素人ではできないテクニックを使って古くなった革財布を蘇らせます。

革財布のクリーニング専門店の料金相場は?

革財布のクリーニング専門店の料金相場は?

革財布のクリーニングを依頼するとどのくらいの料金がかかるのでしょうか。

よく利用される専門業者の料金を調べましたので、参考にしてください。

革財布をクリーニングしてくれる業者名 料金(税込)
リナビス 17,600円(部分補色・簡単なリペア含む)
革水 6,600円(補色は別途4,400円)
協和クリーニング 9,800円、15,800円(補色、シミ抜き込み)
うさちゃんクリーニング 2,200円
DEA 7,000円、12,000円(シミ抜き込み)
革彩都 8,400円
クレアン 12,650円、17,600円(補色込み)、25,300円(色変え)
ル・サンク洗濯工房 ノーマルコース:2,400円、デラックスコース:3,400円
REAQUA 12,100円

同じ料金でもお店ごとにサービス内容が異なる

表を見ると料金にかなり差がありますが、依頼する前に料金に含まれていることを確認してください。

クリーニングのみの場合もあれば、クリーニング料金に簡単な補修(ほつれ補修や部分補色)が含まれている場合もあります。

ブランドや素材によっては割増料金がある業者もありので、必ず見積もりを取ってから依頼しましょう。

革財布のクリーニングを自分でする方法は?

革財布のクリーニングを自分でする方法は?

ご自宅でできる革財布のお手入れ方法を紹介します。

軽い汚れなら日常的にケアすることで、きれいな状態を保つことが可能です。

汚れを取るだけではなく保護し劣化を抑えていきます。

自分でクリーニングするときに必要なもの

まずはクリーニングに必要なものを用意しましょう。

革財布をご自宅でクリーニングする際に必要なもの
  • 革製品用のブラシ
  • 革製品用の保護クリーム
  • 柔らかな汚れがついてない布3枚
  • 革製品用の防水スプレー

自分でクリーニングする方法・手順

月に一度次の手順で財布のお手入れをしましょう。

STEP.1
ブラッシング
ブラッシンングすることでホコリを除去。

小さな傷ならていねいにブラッシングすることで目立たなくなります。

STEP.2
保護クリームを布を使って財布の表面全体に塗る
特に黒ずみなど気になる箇所にはたっぷり塗って汚れとなじませます。

全体にブラシで広げてもOK。

STEP.3
拭き取り
保護クリームを塗る際に使った布とは別のきれいな布で拭き取ります。
STEP.4
乾燥
直射日光の当たらない風通しの良い場所に財布を30分ほど置いて乾かします。
STEP.5
防水スプレーをかける
財布から30~50cm程度離れたところから全体にスプレーを吹きかけます。

そのまま直射日光の当たらない風通しの良いところでもう一度30分程度乾燥させます。

STEP.6
仕上げ
最後にきれいな布でもう一度拭いて仕上げます。

もしボールペンのインクなどのシミがついたら、同様に保護クリームを塗ってすぐに対応しましょう。

ただしボールペンのインクなどは除去が難しいので、専門家に依頼した方が良いでしょう。

革財布のクリーニングにおすすめ業者4選を徹底解説

革財布のクリーニングにおすすめ業者4選を徹底解説

おすすめの財布クリーニング業者を3社紹介します。

どのエリアに住んでいても利用しやすい業者ばかりですので、ご検討ください。

革財布のクリーニングにおすすめの業者4選

革彩都

革彩都

項目 概要
基本料金 3,520円
補色 3,520円〜(部分補色: 1,320円〜)
その他オプション ガラスコーティング・撥水加工・消臭加工・防カビ加工
日数 汚れ具合や依頼内容による
対応地域 全国(一部離島を除く)
公式サイト https://www.kawa-site.com/info/

革彩都は実店舗や百貨店の催事で累計2万点以上の取り扱いのある大手クリーニング業者です。

全て自社工場で作業を行なっているため、低コストで高品質な仕上がりになると定評があります。

宅配便でどの地域にお住まいの方でも利用可能で、お見積もりも無料なので問い合わせてみましょう。

革彩都の口コミ評判

革彩都の利用者の口コミ

財布の補色をお願いしました。料金の説明がわかりやすく丁寧でした。お値段はリーズナブルなのに出来上がりがとても綺麗で感動しました。これからも気持ちよく使用できるので大満足です。
傷ついて色落ちした部分を自分で修復しようとしても、どうしようもできなくなったので依頼しました。修復後の現物を見て見事に修復いただいたと大変感謝しております。

革彩都の利用者の口コミ

満足しています。お財布が古くなり、使えなくなったのですが、思い出のものだったので、使いたいと思い、革彩都さんにお願いしてみました。他店よりも、お願いしやすいお値段です。また、見積もりや相談など、丁寧な対応で、預けている間も安心でした。今後も、大切な鞄など、お願いするつもりです。ありがとうございました。引用元:革彩都の公式サイト

お気にいりの財布だったので、少し値段は高かったですが、とてもキレイにしていただいたのでとても満足しています😊まだまだ長くこの財布を使えてうれしいです。とても対応よくしていただいたのでわかりやすく、安心してお任せ出来ました。引用元:革彩都の公式サイト

白洋舎

白洋舎

項目 概要
基本料金 要相談(ちなみに革手袋は2,000円)
補色 要相談
その他オプション 傷・日光による変色・ほつれなどに対応
日数 汚れ具合や依頼内容による
対応地域 全国(一部離島を除く)
公式サイト http://www.hakuyosha.co.jp/

白洋舎は、日本全国にチェーン店を展開する大手です。

メインは衣類や布団のクリーニングですが、財布など革製品のクリーニングもスタッフが確認して受け付けます。

持ち込みか集荷サービスかで料金が異なり、補修も対応可能です。

白洋舎の口コミ評判

白洋舎の利用者の口コミ

衣類のクリーニングのイメージが強かったけれど、財布のクリーニングも行なっていて驚きました。帰ってきたものが新品のように綺麗になっていて満足です。
いつも依頼しているクリーニングのついでにお願いしました。思っていた以上に汚れが落ちていたので、また機会があれば利用したいです。

白洋舎の利用者の口コミ

革水

革水

項目 概要
基本料金 6,000円(税別)
補色 4,000円(税別)
その他オプション 革のコンディションを確認しながら話し合って決めていく
日数 約2ヶ月
対応地域 全国(一部離島を除く)
公式サイト https://www.kawasui.com/

革水(かわすい)は皮革製品のクリーニング・補修を専門にしている業者です。

皮革製品を専門にしているだけに、複雑な修復にも対応しています。

独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所との協力で、「洗う技術」を世界で初めて数値化しました。

安定した技術で外注は一切せず、常に自社でクリーニングを行なっているため信頼されています。

革製品をリペアした実績が多く、お手入れ用のレザーサプリメントを提供しており好評です。

革水の口コミ評判

革財布がとても綺麗になっていて、見違えました。またバッグなど綺麗にしていただきたいです。

革水の利用者の口コミ

革水の利用者の口コミ

想いのある品だったので嬉しさでいっぱいです。お願いしてよかったです。

リナビス|人気の大手宅配クリーニングでも依頼できる!

リナビス

項目 概要
基本料金 16,000 (消費税込 17,600)円
補色 部分補色は基本料金に含む
全体補色要相談
その他オプション キズや擦れの修復、色補正、仕上まで含む、カラーチェンジ8,250円(税込)
日数 10〜20営業日
対応地域 全国(宅配便利用)発送セット330円(税込)が必要
公式サイト https://rinavis.com/

リナビスは、兵庫県を本拠地にしている創業60年以上のクリーニング業者が母体です。

皮革製品のクリーニングを積極的に行なっています。

宅配便を利用して全国からの依頼を受け付けていますが、発送前にzoomによりオンライン相談できます。

エナメルなどで汚れがひどい場合はクリーニングできないこともあるのですが、発送前に確認が取れるので安心です。

リナビスの口コミ評判

リナビスの利用者の口コミ

大切にクリーニングしていただけると思い、安心して依頼できました。こちらに依頼して良かったです。
丁寧に扱っていただき綺麗になったのでとても嬉しかったです。本当に感謝しています、ありがとうございました。

リナビスの利用者の口コミ

革財布をクリーニング専門店に出すメリット・デメリット

革財布をクリーニング専門店に出すメリット・デメリット

革財布をクリーニング専門店に出すことにはメリットもデメリットもあります。

それぞれを考慮してクリーニング専門店に出すべきかどうか考えましょう。

革財布をクリーニング専門店に出すメリット・デメリット
  • メリット①プロだから酷い汚れも落としてもらえる
  • メリット②補正や染め直しで傷が隠れる
  • メリット③風合いが崩れない・風合いが戻る
  • デメリット①料金が比較的高額

迷う場合は、事前にzoomなどで見積もりをしてくれる業者に相談してみましょう。

革財布をクリーニングに出すときの注意点3選

革財布をクリーニングに出すときの注意点3選

革財布をクリーニングに出す前に、しておかなければならないことは次の3点です。

それぞれについて詳しく見ていきます。

サービス内容や仕上がりまでの日数を調べておく

革財布はポケットが多く芯材が入っている複雑な構造ですので、手作業で部分ごとにていねいにクリーニングを行なわなくてはいけません。

そのため、仕上がりまで時間と費用が想像以上にかかります。

業者によっては、「お急ぎオプション」というようなサービスを行っていますが、一般的には1ヶ月以上かかることがほとんどです。

時間に余裕を持ってクリーニングに出すようにしましょう。

またサービス内容にもチェックが必要です。

クリーニング専門店のサービス内容
  • 染め直し・部分的な色の補正
  • ほつれた糸の補正
  • 傷の補修
  • 撥水加工
  • シミ取り
  • 雨ジミ取り
次のような特殊な素材の革製品は扱っていない業者もあるので確認してください。
扱いが難しい革財布の素材
  • スエード
  • エナメル
  • クロコダイル
  • オーストリッチ
  • PVC合皮
扱っていても料金が高額になる場合もあります。

財布の中身を取り出しておく

財布に何かが入っていると作業をする人の邪魔になります。

洗う際に取り出して保管するなどの手間が生じてしまいますし、紛失してしまう可能性もあります。

必ず中身を空にしてクリーニングに出すようにしてください。

またキーホルダーなどのアクセサリーも外しておきましょう。

作業の途中で壊れたり、無くしてしまう可能性があるためです。

注意しないと起こってしまうトラブル!
  • 作業員の邪魔になる
  • 紛失・破損の可能性

クリーニングに出す前の財布の状態を確認する

クリーニングに出したために型崩れしてしまったり、シミの状態が悪化したりということもありえます。

お気に入りの一品ですから、クリーニング後に問題がないように財布の状態を確認しておくことが大切です。

記憶に頼らず、クリーニング前に財布全体やシミの状態、ほつれなど気になる箇所の写真を撮っておきましょう。

革財布をクリーニングに出した後にすべきこと2選

革財布をクリーニングに出した後にすべきこと2選

革財布がクリーニングから戻ったら、そのまま放置したり、袋から出さずに収納したりはNGです。

ここではクリーニングから戻ったらすぐにすべきことを解説します。

大切な財布をずっと使い続けるために、必ず行なってくださいね。

革財布の状態を確認する

革財布のクリーニングが終わったら、まずちゃんと依頼したシミ抜きやほつれの補正をしてもらっているかどうかチェックします。

ビニールに入れっぱなしにしておくと、湿気が原因でカビが発生してしまう可能性もあるので注意が必要です。

放置している間にカビやシミ、日焼けが起きたらクリーニング店に賠償責任はありません。

すぐに状態を確認し、クリーニング業者の仕事ぶりを見ておきましょう。

革財布は風通しの良い場所に保管する

革製品を長持ちさせるには、保管の方法も大切です。

革製品は密閉した場所に保管しておくと湿気でカビてしまうかもしれません。

ビニール袋から出したあと型崩れしないように詰め物をし、不織布の袋に入れて直射日光の当たらない風通しの良い湿気のない場所に保管してください。

また使ったときは、ブラッシングをする、または乾いた布で拭いて収納するなど日々のお手入れも大切です。

まとめ

革財布が汚れたり、古くなってツヤがなくなったりした際の対処方法を紹介しました。

革財布はご自宅でのお手入れも大切ですが、革製品を扱えるクリーニング業者に依頼するとしっかりと汚れを除去してもらえます。

おすすめした業者は次の3社です。

革財布のおすすめクリーニング業者3社
  • 白洋舎
  • リナビス
  • 革水
日本全国、どのエリアにお住まいでも利用できるので汚れが気になったら利用をご検討ください。